中小企業の売上拡大戦略

中小企業の売上拡大を図る経営戦略

中小企業の売上拡大を図る経営戦略

 

中小企業の売上拡大を図る経営戦略は、十人十色、企業の数だけ戦略があります。

 

従って、大手企業の販売ノウハウ、売上拡大のための成功ノウハウ本は役に立ちません。

 

中小企業の売上拡大を実現するために必要なことは、正しいノウハウを理解し、行動することだけです。

 

ノウハウを理解して立ち止まっているだけでは売り上げは1円たりとも増えません。

 

 

売上を作るために、なければならないもの

4P

製品(product)

価格(price)

流通(place)

販促(promotion)

 

売上を成立させるための大切な要素

4C

4P

顧客価値(Customer value)

製品(product)

顧客コスト(Cost)

価格(price)

顧客利便性(Convenience)

流通(place)

顧客コミュニケーション(Communication)

販促(promotion)

 

 

売上拡大を図る経営戦略を展開するうえで理解すべき点

 

売上を拡大するためには、4Pと4Cのニーズが合致していなければなりません。

 

製品/顧客価値

会社の商品やサービスのことです。

 

双方の価値観が合致しないと売上は成立しません。顧客は与えられた情報でしか製品価値を計ることができません。従って、商品やサービスの価値をしっかり把握し、明確な価値情報を発信することが大切です。

 

 

価格/顧客コスト

商品やサービスの価格のことです。

 

顧客にとって価格はコストです。コストに見合う価値がなければ売上は成立しません。製品価値同様、顧客は与えられた情報でしかコストの妥当性を計ることができません。従って、顧客コストを超える価値情報を発信することが大切です。

 

 

流通/顧客利便性

購入できる環境、つまり販売環境のことです。

 

商品やサービスを提供していても、顧客が購入できなければ売上は成立しません。販売環境を整えるために必要なことは、「顧客は誰なのか?」、「その顧客はどこにいるのか?」の2点を明確にすることです。あとは、顧客ニーズに合わせた販売環境を整えることができれば自然と売上が拡大していきます。

 

 

販促/顧客コミュニケーション

会社の商品やサービスを顧客に認知させるための販促環境のことです。

 

製品/顧客価値、価格/顧客コストを認知させるには、顧客とのコミュニケーションツールが必須です。大企業のようにテレビCMを活用することができない中小企業は工夫力で販促環境を作り上げなくてはなりません。

 

 

4Pと4Cのニーズが合致しないと売上は一向に拡大されない!?

 

4Pと4Cのニーズが合致しないと売上の拡大はおろか、売上の成立すら危うくなります。

 

また、大企業と中小企業の販売戦略は全く違います。中小企業に適した販売戦略を展開しないと、売上拡大が失敗に終わり、結果として会社全体の業績が傾くこともあり得ます。

 

従って、中小企業の販売戦略に則り、4Pと4Cのニーズの合致、並びに売上の拡大を目指すことが重要です。

 

売上拡大のために中小企業がとるべき経営戦略は様々ありますが、主だったものを挙げると次の通りです。

 

 

売上拡大のために中小企業がとるべき経営戦略

 

製品(product)

付加価値を高く

価格(price)

良いものを高く

流通(place)

ニッチ市場を形成

販促(promotion)

顧客コミュニケーションツールの創出

 

付加価値を高く

商品やサービスの付加価値が高いという条件は、売上拡大に必要不可欠な要素です。

 

なぜなら付加価値が高いということは、魅力が高いということだからです。従って、商品やサービス作りはより付加価値の高い方向に向かって作り上げることが大切です。他では買えない魅力的な商品やサービスがあれば、比較的容易に売上を拡大することができます。

 

また、商品やサービスはオリジナル性がなければなりません。他人の作った商品やサービスをそのまま販売しているうちは、売上が拡大することはありません。

 

 

良いものを高く

良いものは高く売らなければなりません。

 

良いものを安く売っては意味がありません。利益は残りませんし、会社の成長も鈍化してしまいます。適正な範囲で、良いものを高く売ってこそ、適正な利益が会社に残り、再投資の循環が作れます。

 

例えば、100円で販売していた商品の価値を見直し、高い商品価値が伝わるデザインに改めて120円で販売し直し、顧客に受け入れられることができれば、売上は20%成長します。価格は、顧客コストに見合う限界ラインまで引き上げる意識を持つことが大切です。

 

 

ニッチ市場を形成

中小企業は市場規模が小さくとも参入障壁の高いニッチ市場を保有しなければなりません。

 

ニッチ市場を築くと、価格面、情報面等々、全ての面において優位な販売環境を作ることができます。直営店等の実店舗を持っていなくてもネットショップを活用すれば全国対象に販売することも可能ですので、顧客ニーズに合わせた販売環境の構築も難しくありません。

 

販売環境を構築する際は、「顧客は誰なのか?」、「その顧客はどこにいるのか?」の2点を常に考慮し、商品やサービスに適した販売環境を構築する必要があります。例えば、高価な高級品を安売店においても、顧客は見向きもしないでしょう。

 

なお、売上金額は市場の川上に位置する法人取引の方が大きいですが、購入の安定度は市場の川下に位置する個人顧客の方が高いです。会社として、法人取引、個人取引のどちらを主流に定めるかも重要なポイントのひとつです。

 

 

顧客コミュニケーションツールの創出

顧客とのコミュニケーションの場が多ければ多いほど、製品(product)、価格(price)、流通(place)の3Pと、顧客価値(Customer value)、顧客コスト(Cost)、顧客利便性(Convenience)の3Cのニーズが合致し、売上が最大化されます。

 

大企業は積極的にテレビCMを展開して3Pと3Cのニーズを合致させ売上を最大化しておりますが、資本力のない中小企業は、別のアプローチで販促を展開する必要があります。

 

中小企業の場合、一番効果的な顧客コミュニケーションツールは「口コミ」です。口コミ効果は、個人の場合は直販で10,000名(世帯)を超えると、速度が著しく加速していきます。

 

集客の手段は、影響者の活用が有効です。その業界で影響力のある方、もしくは情報発信力がありマスコミ等に対して影響力のある方に商品やサービスを愛用頂くと効果が表れてきます。

 

フリー(無料)で利用できるネットサービスの活用も効果的です。但し、ネットサービスはやってみないと集客効果の判定ができませんので、実践しながら相性の向き不向きを検証する必要があります。

 

売上を成立させるための大切な要素のおさらい

4C

4P

顧客価値(Customer value)

製品(product)

顧客コスト(Cost)

価格(price)

顧客利便性(Convenience)

流通(place)

顧客コミュニケーション(Communication)

販促(promotion)

 

4Cと4Pを徹底して深堀りしていくことが売上拡大の経営戦略ポイントです。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

品質重視の経営戦略で会社の収益を上げる方法
高品質=高価,低品質=安価というように、「品質」は商品やサービスの「価格」を決定づける重要な要素です。従って、品質重視の経営戦略は中小企業の収益を向上させる優れた戦略といえます。
売上アップの施策|本業集中の経営戦略
売上アップの施策の代表例は、新商品や新規市場の開拓等が挙げられますが、新しい事業には失敗リスクが付きまといます。失敗リスクを抑えつつ、売上をアップさせるための施策を紹介してます。
ニッチ戦略でニッチ市場を創出し収益力を高める方法
ニッチ戦略とは、ニッチ市場の構築・保有を最優先とする経営戦略のことです。競争の少ないニッチ市場の構築・保有は、会社の安定経営を実現する一番の近道です。ニッチ戦略の方法論を紹介しています。
経営と投資|会社経営を支える投資戦略の考え方
経営と投資は一心同体です。なぜなら、会社の投資活動が、会社の成長の原動力となるからです。会社経営に必須の投資戦略、並びに経営者が持つべき投資基準を紹介しています。
利益重視の経営戦略で会社の収益を上げる方法
収益力を上げるには売上の多寡よりも利益の多寡を優先すべきです。なぜ、利益の多寡を優先するのかというと、会社の利益が成長投資の原資となるからです。利益重視の経営戦略は中小企業の収益力を向上させる優れた戦略です。
中小企業に適したファブレス経営戦略
ファブレスとは自社で生産設備を持たずに外部の協力工場に100%生産委託しているメーカーのことです。ファブレス経営は、資本力のない中小企業に適した経営戦略といえます。
中小企業の利益拡大を図る経営戦略
中小企業が利益を拡大するには徹底的に損失(赤字)を排除することが大切です。損失(赤字)を排除するためには、事業収支を細分化し各事業の損益を明確に捉えなければなりません。利益拡大の戦略と共に損失を排除する具体的手法を紹介しています。
中小企業の補助金と助成金の活用戦略
中小企業の資金調達の手段のひとつに国や地方自治体からの補助金と助成金があります。返済義務のない補助金と助成金は、中小企業にとって最も負担の少ない資金調達戦略といえます。
中小企業が独占市場を拡大する経営戦略
中小企業が独占市場を拡大するためには市場に提供している事業価値を減少させないことが大切です。そのうえで、事業価値を高めながら、或いは事業価値をキープしながら、市場の拡大を目指すことが重要なポイントとなります。
中小企業の人材育成を成功させる戦略
最も効果的で費用対効果の高い人材育成の経営戦略は、社員の活動を徹底的にサポートする体制を構築することです。社員の行動に対して会社全体がサポートする体制が構築されると収益効果が高まると同時に社員の活動の質もみるみる向上します。
失敗に学ぶ会社経営の戦略 その1
失敗には法則があります。失敗するべくして失敗すると云われるほど、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。天下の剣術家であった宮本武蔵が追求した剣は、勝負に勝つ剣ではなく、勝負に負けない剣でした。会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。
失敗に学ぶ会社経営の戦略 その2
失敗には法則があります。失敗するべくして失敗すると云われるほど、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。天下の剣術家であった宮本武蔵が追求した剣は、勝負に勝つ剣ではなく、勝負に負けない剣でした。会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。
失敗に学ぶ会社経営の戦略 その3
失敗には法則があります。失敗するべくして失敗すると云われるほど、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。天下の剣術家であった宮本武蔵が追求した剣は、勝負に勝つ剣ではなく、勝負に負けない剣でした。会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。
中小企業の逆境を乗り越える経営戦略
会社経営を続けていると必ず逆境がやってきます。逆境を乗り越えるためには日頃から逆境に備えた経営を心掛けなければなりません。中小企業の経営者が心掛けたい、逆境に負けない経営戦略を紹介しています。
中小企業に適した営業戦略の立て方
営業戦略の立て方を誤ると貴重な営業力が無駄に終わってしまうことがあります。中小企業に適した営業戦略を立てるには、まず初めに、会社の将来像を決めるゴールを設定することが大切です。会社の将来像を決めるのは会社の経営理念です。
中小企業のブランディング/基本戦略
中小企業のブランディングを成功させるには基本の戦略を理解することが大切です。最も重要な基本戦略は、徹底した大企業との差別化です。差別化の中でも、伝える内容と伝える相手は最も重要なポイントとなります。
ブルー・オーシャン戦略は中小企業を救う
ブルー・オーシャン戦略は中小企業を救う優れた経営戦略です。ブルー・オーシャン戦略とは競争のない市場を創出し、競争自体を無意味化する経営手法のことです。会社の商品やサービスに強みを持つ中小企業であれば、チャレンジの価値は十分にあります。