中小企業の社長の仕事

会社の内と外、社長の仕事はどっちが重要か?

会社の内と外、社長の仕事はどっちが重要か?

 

会社の内と外、中小企業の社長の仕事はどっちが重要なのでしょうか?

 

結論からいうと、どっちも重要です。

 

会社の内の仕事の代表例は、経営管理、計数管理、実績検証、計画策定、研究開発などがあります。

 

会社の外の仕事の代表例は、営業、市場調査、アイデア発掘、人脈開拓などがあります。

 

例えば、社長が内にこもって、外の仕事を経営幹部やナンバーツーに任せっきりの経営では、中小企業は成長しません。

 

また、社長が経営の数字や計画を省みずに、外に出ずっぱりの経営でも中小企業は成長しません。

 

やはり、内と外の仕事の両方をバランスよくこなして、はじめて経営者としての仕事が成り立ち、中小企業の成長が見えてきます。

 

少なくとも、従業員が50名以下(アルバイト・パート含む)の中小企業は、社長の仕事の質で会社の成長が決まるといっても過言ではありません。

 

経営者は内にこもった管理者ではありませんし、外に出ずっぱりの営業マンでもありません。

 

中小企業を成長に導くには、社長が先頭に立って、会社の内と外の仕事をこなさなくてはならないのです。

 

 

社長はなぜ外に出なければならないのか?

 

中小企業であっても、うちには営業部長がいるから社長は外に出なくてもいいだろう、という意見もあるかも知れませんが、社長が外に出るメリットは計り知れません。

 

例えば、会社のことを熟知している社長の言動は全てが説得力に満ちています。また、相手の対応も社長と副社長以下では大きな差が生じます。

 

中小企業の場合、社長が外に出ることで、取引の成約率を大きく押し上げることがあるのです。

 

また、経験豊富な社長の目線(目の付け所・感性・センス・察知能力)は、副社長以下とは根本的に違います。

 

例えば、同じ景色を見たとしても、経験豊富な社長と副社長以下の感じ方には大きな開きが生じます。領域によっては、大人と小学生くらいの差が生じる場合もあります。

 

思わぬご縁、棚ぼた的な新規取引、成功のピースを埋めるアイデアは、こうしたきっかけで生み出されることが少なくありません。

 

中小企業が少ないチャンスを掴むためには、社長自身が外に出て営業を補助する、或いは、自分の目で現実を見る習慣をつけることが大切なのです。

 

 

会社の内の仕事の重要性とは?

 

中小企業において、会社の内の仕事を管理部に任せっぱなしで、外に出ずっぱりの営業マン気質の社長さんは少なくありません。

 

社長の行動の良し悪しは、すべて会社の数字に表れます。

 

社長の行動が正しければ会社の数字は上向きますし、行動が誤っていれば会社の数字は悪化します。

 

当然ながら、社長の行動の良し悪しを判定することなく、行き当たりバッタリの経営をしていては、いつまで経っても会社が良くなることはありません。

 

少なくとも、「会社の数字を診る計数管理」と「行動結果の検証と修正」は、社長自身が積極的に関わる必要があります。

 

社長の頭の中で、行動と結果の相関関係が整理されてくると、徐々に経営の勘が研ぎ澄まされていきます。

 

経営の勘が研ぎ澄まされてくると、外の仕事の精度も自然と上がっていきます。

 

社長自身が、内と外の仕事の両方をバランスよくこなして、はじめて経営者としての仕事が成り立つと云われる所以は、ここにあるのです。

 

内にこもってばかりの日々を送っていませんか?

 

或いは、外に出ずっぱりの日々を送っていませんか?

 

中小企業の成長は、社長の動きひとつで決まります。

 

➡NEXT「中小企業の経営課題と解決のヒント」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ