中小企業経営者に必要な能力とは?

経営者に必要な能力が不足した場合の弊害 その2

経営者に必要な能力が不足した場合の弊害 その2

 

中小企業経営者に必要な能力が不足した場合の弊害その2です。

 

 

倒産の危機に瀕するような中小企業の経営者は、総じて経営能力が低いです。

 

中小企業経営者に必要な能力が不足した場合の弊害は、会社の業績悪化だけに止まりません。

 

経営者の経営能力が低いと会社の業績悪化を招くだけでなく、社員のストレスの元凶となり、社員を不幸に導く先導者になっているケースも見受けられます。

 

経営能力の低い中小企業経営者の実例は、反面教師として、或いは、経営改善のヒントとして有効に活用することができます。

 

 

経営者の能力不足が招いた弊害の一例

 

過去に再建に関わった中小企業の、経営者に対する問題点をまとめた実例(調査結果)の一部を紹介します。

 

中小企業経営者の能力不足が招く会社経営の弊害と共に、経営者に必要な能力が理解できると思います。

 

ぜひ、会社の経営状況、或いは、日頃の行いと照らし合わせて読んでみてください。

 

 

C社のケース

 

社員は経営者の資質と、家族で牛耳られている不透明な経営姿勢に不信感を抱いています。先ずは、家族と経営者自身の公私混同を改め、社内外の関係者に公平且つ公正な態度で接し、透明性のある経営をすることです。

 

殆どの社員は会社の危機的経営状態を認知していませんでした。経営者が経営情報を開示し、具体的な経営目標指標を社員に提示しないということは、経営を放棄していることと同じです。

 

経営指標・経営目標がなければ、社員は自身の仕事の成果に手ごたえを感ずることができません。経営者は、月単位の経営情報(主に損益計算書)を社員に開示し、然るべき目標を社員に提示し、リーダーシップを発揮する必要があります。

 

多くの社員は、経営者から使用人か奴隷のような扱いを受けていると感じています。これでは、双方の信頼関係が築けないだけでなく、愛社精神も育ちません。社員がいなければ会社は運営できず、経営は成り立ちません。このことを自覚して、日頃から、社員を愛し、感謝の気持ちをもっと持つことが大切です。

 

赤字経営の放置、社員への対価支払の拒絶、費用対効果の検証放棄、保守修繕の要請無視等々、正常なコスト感覚ではありません。会社にとって何が大切か、優先順位をつけて客観的に判断し、必要経費を投じることが大切です。

 

会社を良くするも悪くするも経営者の能力次第です。社長業を一から学ぶ必要があります。

 

 

D社のケース

 

社員は経営者の経営姿勢を問題視しています。また、身内で牛耳られている不透明な経営姿勢、知人・友人を優遇した人事、男尊女卑の人事、経営方針に、不信感を抱いています。

 

経営者としての資質を磨くにはこれからの経験と努力が必要ですので、時間が多少かかります。先ずは、経営者自身の公私混同や不公平人事を改め、社内外の関係者に公平公正な態度で接することが重要です。

 

また、経営指標、経営目標は、精神論などの抽象的な目標ではなく、具体的な経営数値目標と指標を社員に示さなければなりません。そのうえで、経営目標を社員と共有し、経営を行うことをお薦め致します。

 

経営方針が行き当たりバッタリ、現場に情報が伝わる前に変わる、伝わっても長続きせずに立ち切れになる、等々、経営方針に一貫性がないと、多くの社員が指摘しています。

 

考えられる原因は、現場の意見を聞かずに決めた決定事項を、一方的に押し付けるところにあります。

 

会社の方針や取組みを決める際は、先ず、広く現場の意見を聞いて、現場のスタッフに賛否を協議させて、その意見を参考に決めることをお薦めします。

 

会社の方針や取組みに一貫性がないと、社員にもお客様にも会社の文化が伝わりません。独自文化を作り上げるためにも、会社の基本方針や経営姿勢は一貫性のあるものでなければなりません。

 

 

経営者の能力不足を解消するには?

 

中小企業は、経営者ひとりの能力次第で、会社の業績の良し悪しが決まります。

 

上記実例に、少しでも心当たりがあるようであれば、早急に是正することをおススメします。

 

➡NEXT「数字に弱い社長が、数字に強くなる方法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ