中小企業経営者の業績責任は重い

経営者が業績に責任を持つ理由

経営者が業績に責任を持つ理由

 

会社の代表者である経営者は、意思決定の最高責任者です。

 

なぜなら、副社長以下は自身の決断を委ねる相手がいますが、経営者は意思決定の最後の砦であり、全て自分の責任で決断をしなければならないからです。

 

当然ながら、経営者は、自身の決断の失敗や誤りを他人のせいにしたり、責任転嫁できる立場にありません。すべて自分のせい、というが経営者のあるべき立場です。

 

会社の事業活動は意思決定の連続で構成されていますので、事業活動の結果である「業績(※1)」に対する経営者の責任は非常に重いものになります。

 

また、トップダウン構造が多い中小企業は、経営者の能力がそのまま会社の業績に反映されます。

 

従って、業績が下降線を辿り、赤字経営に転落するようなことになれば、その責任は全て経営者に帰属します。

 

中小企業経営者が、会社の業績に責任を持つ理由は、ここにあるのです。

 

 

経営者の業績責任の正しい取り方とは?

 

中小企業の経営者は、会社の事業活動に対して全責任を負う最高責任者です。

 

従って、万が一、会社が赤字経営に転落してしまった場合、経費の中で真っ先に削減する必要があるのは経営者自身の報酬です。

 

赤字経営脱却のための経営改革の本気度と共に、経営者の責任を社員に示すために経営者自身の報酬を真っ先に削減することが大切なのです。

 

中小企業の場合、経営者自身が身を切る覚悟を社員に示せば、社員は多少苦しくても最後までついてくるものです。

 

逆に、経営者自身の報酬は一切下げず、真っ先に社員を解雇したり、社員の報酬を下げるような経営者であれば、社員の気持ちが会社から離れてしまい、黒字化に向けた経営改善がうまく進まないことがあります。

 

場合によっては業績が更に悪化することがあります。

 

深刻な赤字で厳しい会社再建が必要な際は社員の解雇や社員の報酬削減も致し方ありませんが、

 

①経営者

 

②社員

 

という順番で報酬を削減する意識が大切です。

 

過去に再建に入った中小企業の経営者の中には、業績に責任を持たない社長が沢山いました。

 

・赤字なのに、毎日、愛人宅に通う社長

 

・赤字なのに、損益管理を放棄する社長

 

・赤字なのに、自身の報酬を下げない社長

 

・赤字なのに、毎日接待狂いをやめない社長

 

・赤字なのに、オロオロするだけの社長

 

等々、業績に責任を持たない中小企業経営者が本当に沢山いました。

 

⇒⇒おススメ記事「会社経営に失敗するダメな社長の特徴」はこちら

 

そして、このような経営者には共通した特徴がありました、、、。

 

 

業績責任を取れない経営者の特徴とは?

 

業績責任を取れない中小企業経営者には共通の特徴があります。

 

それは、「数字に弱い」ということです。

 

赤字経営というのは分っていても、その深刻度が全く理解できていない。中には、資金繰りがあと3ヶ月でショート(※2)する、という中小企業もありました。

 

繰り返しますが、中小企業は、経営者の能力が、そのまま会社の業績に反映されます。

 

つまり、黒字経営も赤字経営も経営者次第ということです。

 

会社にとって赤字経営は即、倒産(死)に繋がります。従って、黒字経営は幸せを運びますが、赤字経営は不幸を運ぶ、ともいえます。

 

云い換えれば、「従業員の幸も不幸も社長次第」、「関係者の幸も不幸も社長次第」、「取引先の幸も不幸も社長次第」、ということになります。  

 

経営者の業績理解が不十分だと、赤字経営のリスクは高まるばかりとなります。

 

即ち、社員を不幸にするリスクも高まるということです。

 

また、業績が理解できない(数字に弱い)中小企業経営者ほど、

 

業績悪化 = 社員の責任

 

と考えがちです。

 

逆に、業績が理解できる(数字に強い)中小企業経営者は、

 

業績悪化 = 社長の責任

 

と考えます。

 

社員の立場になれば、どちらが望ましい経営者か分りますね。

 

業績が理解できないと正しい会社経営ができないといっても過言ではないほど、会社の業績は経営判断の根幹を成すものです。

 

中小企業経営者は、業績に責任を持つために、業績を理解する能力を身につけなければならないのです。

 

 

経営者が業績責任から解放されるには?

 

会社の経営状況を他人事で片付けられないのが経営者の辛いところです。

 

しかしながら、たとえ1円の利益であっても黒字経営さえ実現できていれば業績責任を問われることはありません。

 

社員としても健全な経営状態が維持されている限りは雇用の不安を抱くことはなく、経営者を信頼し、会社の為に能力を尽くしてくれるでしょう。

 

経営資源の限られているないない尽くしの中小企業にとって黒字経営の実現は多少の困難を伴うケースもありますが、経営者自身が数字に強くなることは誰でも実現できることです。

 

そして、経営者さえ数字に強くなれば黒字経営の道筋がきっと見えてきます。

 

出来る範囲で歩み出すことが業績責任を払しょくする秘訣でもあります。

 

※1:会社の業績とは経営活動の過程を一定期間で区切り集計した損益のことです。黒字経営とは損益がプラスのこと。赤字経営とは損益がマイナスのこと。例えば売上100円-経費110円=▲10円であれば赤字経営ということになります。

 

※2:資金繰りがショートするとは、会社の現金が底をついて支払不履行に陥ることです。支払手形を振り出している場合は倒産する場合もあります。

 

➡NEXT「なぜ経営理念が必要なのか?」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ