独自の経営指標は業績改善に役立つ

製造業に有効な経営指標

製造業に有効な経営指標

 

製造業は景気や流行に左右されにくく、比較的安定経営を実現しやすい業種だが、健全な会社経営並びに効率の良いモノづくりを実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが欠かせない。

 

例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標である。(それぞれの経営指標をクリックすると計算方法と適正水準が分かる)

 

営業利益率の水準

 

経費率と人件費率の水準

 

労働生産性

 

上記3つの経営指標の適正水準をクリアすることが、製造業の成長を実現する最低限の条件といっても過言ではない。

 

各経営指標が適正水準に達していない製造業者は、早急な経営改善をおススメする。

 

なお、製造業の経営改善をすすめる上で役立つ、業界特有の経営指標は下記の通りである。

 

製造業の経営改善に役立つ経営指標を活用して現状を分析し、然るべき目標を立てると、経営改善を効率的に進めることができる。

 

 

製造業の経営改善に有効な経営指標とは?

 

経営改善を進めるうえで、最も即効性のある改善方法は、現場のムダムラの解消である。

 

現場のムダムラを見つけるには、財務諸表の分析だけでは不十分である。効率的に現場のムダムラを解消するには、業界特有の経営指標を活用する必要がある。

 

次に紹介する経営指標は、製造業の経営改善に有効活用できる経営指標ばかりである。是非とも、参考にしてほしい。

 

 

製造原価

 

製造原価とは、商品製造にかかる製造原価のことである。

 

製造原価は、材料費、労務費、製造経費の3つの要素に分類される。

 

例えば、材料費が15円、労務費が20円、製造経費が15円であれば、(15+20+15)=製造原価は50円になる。

 

製造業にとって製造原価は、会社の収益体質を決定づける重要な指標になる。

 

例えば、製造原価の管理を疎かにすると、儲けの実態が不明瞭になるので、赤字経営に転落するリスクが飛躍的に高まる。

 

なお、製造原価の計算は、歩留まり率も加味しないと正確な原価計算ができないので注意が必要だ。

 

経営が悪化する製造業は、例外なく製造原価の計算がいい加減である。

 

 

歩留まり

 

歩留まりとは、製造ラインに投入した商品材料の数量に対して、実際に商品となった数量の割合を示す経営指標である。

 

例えば、商品100個分の材料を製造ラインに投入して、実際に商品となった数量が90個であれば、(90÷100)×100=歩留まりは90%になる。

 

歩留まりが高いほど投入材料のムダが少なく、歩留まりが低いほど投入材料のムダが多い、ということになる。

 

歩留まり率は、一般的には100%以下になる。

 

(例外的に、食品等、インラインで蒸気滅菌するような商品は投入材料に蒸気である水分が加算されて歩留まりが100%を超える場合がある)

 

そして、歩留まりは、製造ラインの構造によって、大きく数値が変わる。

 

例えば、素材、或いは半製品を材料に用いて加工する製造ラインは歩留まりが低くなり、完成品の組立加工に近い製造ラインは歩留まりが高くなる。

 

なお、歩留まりは、1%改善するだけで大きなコスト削減効果を生み出す。コスト改善のための目標指標としても大いに活用できる指標である。

 

 

不良率

 

不良率とは、製造ラインにて商品化された数量のうち、検品検査で不適合となり最終的に商品化されなかった商品の割合を示す経営指標である。

 

例えば、商品100個が商品化されて、検品検査で10個が不良品として判定された場合、(10÷100)×100=不良率は10%になる。

 

不良率は、製造ライン上のさまざまな要因で上昇する。例えば、オペレーターの技術力、メンテナンス不足、機械の故障、物性特性、等々、その要因は多岐にわたる。

 

不良率の高い商品は、二次クレームを引き起こすリスクが高い。商品によっては二次クレームが重大事故に繋がるケースもあるので、重要視したい指標でもある。

 

また、同じ商品を製造しているにも関わらず、急に不良率が著しく上昇した場合は、製造ライン上に何かしら支障が生じている可能性が高い。その場合は、無理に製造を続けずに、製造を停止したうえで原因究明を図った方が良いだろう。

 

不良率を左右する合格基準は、企業の品質レベルを担保する重要な要素である。

 

当然ながら、不良率を改善するために合格基準を下げるのは本末転倒である。

 

高品質を目標に、合格基準を維持、或いは合格基準を高めつつ不良率を下げる努力を行うことが、優れた品質レベルを生み出すコツである。

 

不良率も歩留まり同様、1%改善するだけで大きなコスト削減効果を生み出す。コスト改善のための目標指標として大いに活用できる指標である。

 

 

製造能力

 

1時間当たりの商品製造個数を示す経営指標である。

 

例えば、1時間に100個の商品を製造できる製造ラインであれば、製造能力は100個/1hになる。

 

製造能力が高いほど、商品1個当たりの製造原価は低くなる。

 

製造能力は商品1個当たりの製造原価の簡易算定のほか、様々な原価計算に応用できる指標でもある。

 

ちなみに、製造能力は、製造工程間のラインを短縮すると品質と共に製造能力も上がる。

 

また、製造能力は、製造ラインで最も遅い工程以上の能力が出ない。

 

当然ながら、ひとつの工程だけに製造能力の高い最新鋭の製造設備を導入しても、ライン全体の製造能力が対応していなければ、全体の製造能力は上がらない。

 

 

➡NEXT「中小企業に適した経営指標と経営分析手法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ