経営セミナー「中小企業の成長と衰退の法則が分かる」の詳細カリキュラム

経営セミナー「中小企業の成長と衰退の法則が分かる」の詳細案内

 

本経営セミナーの狙い

 

 

中小企業の経営環境は厳しく、一時は業績が良くても、少しのきっかけで会社が倒産の危機に瀕する中小企業は後を絶ちません。

 

中小企業の経営者が無能だから会社が衰退すると思われている方も多くいますが、そんなことはありません。業績が低迷している会社の経営者であっても、成功のメソッドさえ分かれば難なく会社を成長軌道に乗せてしまうケースは数多く存在します。

 

本経営セミナーでは「経営者の必須スキルとマインド」と「企業の永続性を確立する経営システムの構築法」について事例を交えて分かりやすく教えます。経営者のみならず、将来、経営者を目指しているビジネスパーソンにもお薦めの経営セミナーです。

 

 

本経営セミナーの概要

 

 

会社経営をひと言で表すと、営みを経ける(続ける)、ということです。つまり、企業の永続性を確立することが経営であり、経営者本来の使命です。

 

本セミナーは「経営者の必須スキルとマインド」と「企業の永続性を確立する経営システムの構築法」について事例を交えて分かりやすく教える経営セミナーです。講義と質疑応答からなる二部制&少人数制のセミナーです。

 

講義では、わたしの過去のコンサル経験と事業再建事例からたどり着いた会社経営の失敗(衰退)と成功(成長)の法則、つまり、失敗の必然性から見えてきた、成功の必然性を高める鍵をしっかりお伝えします。

 

また、数多くの企業経営に関わった経験から、会社経営に失敗しないために絶対に伝えておきたいことも分かりやすくお話しします。さらに、セミナー内容は常にアップデートしていますので、今に通用する経営実学で溢れています。講義時間は充実の120分です。

 

質疑応答では、セミナーの講義内容、或いは、日頃の会社経営の悩みや課題解決の方法論について時間の許す限り質問を受け付けます。近い距離間で、より具体的にお答えし、しっかり経営のお悩みを解決します。質疑応答の時間は充実の90分です。

 

 

参加できるのは5名(5社)限定

 

 

経営セミナーは一人ひとりの参加者と向き合えるように少人数制にしています。講師と参加者の距離感が近いので、お互いに真剣に向き合え、集中的に学ぶことができます。しかも、堅苦しい雰囲気はなく、秘密厳守の空間なのでお互いに腹を割ってお話しできます。

 

 

遠方からも殺到する人気の経営セミナー

 

 

毎回、飛行機や新幹線に乗って遠方から参加される経営者や後継者が沢山います。受講者アンケートでは、常に5段階評価で平均4.8以上という高評価を頂いている経営セミナーで、満席になり次第、先着順でお申込みを締め切りますので、お早めにお申し込みください。

 

 

経営者人生が変わるきっかけになる

 

業績は悪くないのに不安感が消えない。売上が伸びれば幸せになれると思っていたのに何故か満足感が得られない。それは、あなたの会社の奥底に、何らかの経営課題が眠っているからです。

 

たった半日足らずの経営セミナーですが、ご参加頂ければ、そうした経営課題が明らかになります。不安や迷いがない地に足の着いた会社経営が実践でき、次第に満足感も高まるはずです。「参加者の経営者人生を幸せにしたい」。私が経営セミナーを開催する目的はココにあります。きっと経営者人生が変わるきっかけになるはずです。

 

経営セミナーの開催概要

 

開催日程:12/11(金),来年1/21(木)何れも13:30~17:30迄

 

受講定員:5名

 

受講時間:講義120分・質疑応答90分 合計210分(3.5h)

 

受講料金:10,000円(消費税込み)

 

開催場所:弊社セミナールーム(東京都)

 

※マンツーマンセミナーは随時受け付けています。マンツーマンのメリットは集中的に学べる点と周囲を気にせず経営相談できる点です(Web受講可)

 

 

ご記入いただいた個人情報は、当サイト運営者からのメール配信とご案内のみにご使用させていただくものです。ご登録いただいた個人情報が第三者に渡ることはありません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

 

 

経営セミナーの講義プログラム

 

1.企業成長と衰退の原理原則

 

企業成長の条件/企業衰退の根本原因/会社経営の目的/経営者の使命

 

2.企業の永続性確立の条件

 

企業の永続性を確立する3つの条件/企業の永続性の確立に不可欠な〇〇力/経営の勉強の重要性/経営者が勉強すべきこと

 

3.経営バランスの整え方

 

経営バランスが崩れた状態/危険な経営バランスの崩れ方/経営バランスが崩れる11の原因/経営バランスの整え方

 

4.経営計画の作り方

 

経営計画の重要性/経営計画の骨子/経営計画作りのコツ/計画のゴールを決める3つの問いかけ/計画のゴールを近づける3つの数値目標/経営計画運用の注意点と失敗パターン

 

5.経営計画推進に不可欠なスキル

 

経営計画推進に不可欠なスキル/経営者の仕事は決断すること/決断のスピードを上げる経験と体験/決断の質を高める管理会計・情報・専門家の活用法/決断の検証精度を上げる管理会計・組織力・マネジメント力/企業の永続性を確立する経営システムの総括

 

6.経営努力の仕方

 

正しい経営努力の仕方/経営努力の失敗パターン/A社の衰退事例(年商200億企業の自主再建失敗事例)/B社の衰退事例(年商40億企業の再建成功事例)

 

7.成功社長の軸足

 

経営の勉強や経営姿勢の軸足はどこに置くべきか?/経営者の軸足がブレると経営がブレる!?/予測困難な時代を先読みするには?/経営者が結果を出すための言動・マインド/経営者が人生で成功するための絶対条件

 

 

経営セミナー受講者の声

 

経営セミナー受講された経営者の声を紹介します。

 

 

二度目の参加でしたが、改めて学びになりました。会社の状況も常に変化し、前回と同じ内容でも捉え方が違いました。経営課題と向き合うきっかけになるはずです

 

 

実際にテーブルをはさんで、直接問いかけて即時に肉声で返して貰えるのは頭と心に入り易くて、大変有益だった。あいまいな回答は殆どなく、具体的に語ってくれるので信頼できる。

 

 

経営者は相談できる人がなかなかいないのと、仮にいたとしても問題解決には至らない事がほとんど。セミナー後半の質問タイムは良かったです。

 

受講者から好評を得ています!!!

受講満足度

・普通のセミナーは大人数なので、悩みに対する回答が十分に得られない。このセミナーは少人数なので、今抱えている悩みを相談でき、その場で回答頂ける点がとても良い。

受講満足度

・社内の人間だけの取り組みでは視野が狭くなってしまいがちで、やはり客観的に判断や指導をしてもらう存在が必要だと改めて感じた。半年前から思わぬ業績の落ち込みで精神的にも参っていたが、まだ打つ手はあるということが分かっただけで少し楽になった。

受講満足度

・これから起業する方や業績が伸び悩んでいる会社はもちろんですが、業績が良い会社の経営者ほど受講する意味が大きいと思った!

受講満足度

・さまざまな経営事例や経営者としての体験を元に、経営の基本から応用まで細かく説明して頂けたので満足しました。

受講満足度

・従業員とのコミュニケーションの重要さ(社員のモチベーションを上げるにはお金ではなくコミュニケーションだという点)が非常にためになった。

 

経営セミナー講師プロフィール

経営コンサルタント伊藤敏克

1976年生まれ。ビジネスコンサルティング・ジャパン(株)代表取締役社長。業界最大手の一部上場企業に約10年間在籍後、中小企業の経営に参画。中小企業経営の傍ら、法律会計学校にて民法・会計・各種税法を習得し、2008年4月に、ビジネスコンサルティング・ジャパン(株)を設立。会社設立後は、経営コンサルタントとして様々な会社の経営指導を行う。経営者への指導実績は100名以上、経営コラムのメルマガ会員は2,000名以上、あらゆる業種の経営指導実績も多くあり、営業利益20倍、現金残高60倍、キャッシュフロー1億円改善等の指導実績がある。各業界団体の講演実績も多数。主な著書「小さな会社の安定経営の教科書」
⇒⇒詳細プロフィールはこちら

 

 

 









 


人気記事ランキング
企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。この記事では、企業存続の3つの条件について詳しく解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る