人事組織の実践ノウハウ

強い組織を作り上げる実践ノウハウ

強い組織を作り上げる実践ノウハウ

 

組織力と業績は比例関係にある。

 

つまり、組織力が高まれば、業績が上向くということだ。

 

会社の人事組織に悩みを抱えている中小企業経営者は少なくないが、このカテゴリーでは、強い組織を作り上げる実践ノウハウを数多く紹介している。是非とも、参考にしてほしい。

 

 

 


 


 


 


 


 


強い組織を作り上げる実践ノウハウ記事一覧

なぜ社員の評価基準が必要なのか?

なぜ、社員の評価基準が必要なのか?その答えは難しくない。明確な社員の評価基準があれば、社員の能力が最大化されて、会社の業績が上がるからだ。例えば、社員の評価基準が明確になっていれば、社員自身、何をすれば評価されるのかが分かるので、評価基準に向かって、効率よく能力開発に励むことができる。一方の会社側も...

≫続きを読む

 

能力開発に役立つ人事評価の基準

明快な人事評価の基準は、社員の能力開発と離職防止に役立つ。なぜなら、明快な人事評価の基準があれば、社員自身がその基準に自分の能力を照らし合わせて何をすべきかを考え、自主的に能力開発に努めるようになるからだ。当然ながら、経営者が明快な人事評価の基準を持ち合わせていなければ、社員の能力開発を手助けするこ...

≫続きを読む

 

費用ゼロで効果大の社員教育の方法

社員教育なくして、会社の成長はない。なぜなら、社員が成長しなければ、会社が成長しないからだ。社員教育には一定の教育費用がかかるので、社員教育に消極的な中小企業が少なくないが、新卒採用が殆どなく、限られた社員で勝負せざる得ない中小企業こそ、積極的に社員教育に取り組んでほしいと思う。また、社員教育は費用...

≫続きを読む

 

指示待ち人間を改善する社員教育の方法

指示待ち人間の改善なくして、会社の成長はない。なぜなら、社員が自ら考える自主性を持たなければ、現場の仕事の質が向上しないからだ。現場の仕事は、内勤であれば総務経理や開発、外勤であれば営業や販売スタッフなど等、多岐にわたるが、何れにしても、現場の社員が経営者や上司の指示がなければ動けないといった指示待...

≫続きを読む

 

中小企業が有能な社員を獲得するための採用基準

中小企業が有能な社員を獲得するために重視すべき採用基準はふたつある。ひとつは「経営者の理念に共感していること」、もう一つは「会社の内情を理解していること」である。この二つの採用基準に合致している社員を採用することができれば、採用時点の能力が少し劣っていたとしても、教育次第でいかようにも才能を伸ばすこ...

≫続きを読む

 

社員の採用コストと教育コストの費用対効果

社員の採用コストと社員の教育コストを比べた場合、費用対効果が高いのはどちらか?中小企業においては、社員の採用コストよりも教育コストの方が、圧倒的に費用対効果が高い。なぜなら、中小企業が、有能な人材を採用しようと思ったら、いくらお金があっても足りないからだ。有能な人材を採用するための募集コストや給与コ...

≫続きを読む

 

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談