ダメ経営者が会社を倒産させる

経営に失敗するダメな社長の特徴

会社経営に失敗するダメな社長の特徴

 

 

反面教師に最適な「経営に失敗するダメな社長の特徴」

 

 

中小企業の経営成績は経営者の能力で決まる。

 

当然ながら、経営能力の低いダメな社長の下での安定経営は困難である。

 

また、資本力の乏しい中小企業は、ほんの些細な経営者の判断ミスで経営が悪化することがある。

 

このカテゴリーでは、会社経営に失敗するダメな社長の特徴を紹介している。

 

失敗から学ぶ経営姿勢ほど、安定経営に役立つものはない。

 

中小企業経営者の能力不足が招いた経営の失敗事例やダメな経営者の特徴を参考に、経営者に必要な能力を学び取ると共に、反面教師として経営に活かしてほしい。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


経営に失敗するダメな社長の特徴記事一覧

会社経営の失敗を防ぐ失敗経営学

経営ノウハウに関連する情報世界を見渡すと成功事例をもとにした方法論で溢れている。また、成功する方法から何かを学ぶ姿勢が当たり前のこととして世間に受け容れられているためか、多くの経営者も成功から学ぶことに対して何の疑問も抱いていない。ビジネスの多様化は加速度的に進んでいる。中小企業も多様化の例外ではな...

≫続きを読む

 

ダメな社長の節税対策は浪費

中小企業の場合、会社のオーナー(株主)=経営者というケースが一般的である。オーナー兼経営者という支配構造にある中小企業において、稀に、会社を私物化している社長がいる。会社の私物化が過ぎる社長のなかには、節税対策と言い張り、自己消費や無駄遣いなど等のただの浪費に走るダメな社長もいる。会社を私物化して好...

≫続きを読む

 

愛人を作るダメな社長

中小企業経営者のなかには、会社の調子が良くなると羽振りが良くなり、次第に女性遊びに夢中になる社長さんがいる。そして、最初は遊びのつもりが、いつしか心を奪われて、愛人を作ってしまう社長さんもいる。家庭の事情はさておき、経営者として落ち度のない仕事をしているのであれば問題ないが、やはり、会社経営に影響を...

≫続きを読む

 

数字に弱いダメな経営者

中小企業の経営者に最も必要な能力は何か?と問われれば、「会社の数字が読み解けるか否か」だろうか。こと経営能力に関して個人的な性格の欠点は、さほど重要ではない。過去の経験から、会社の数字が読み解けるか否かが、経営者の経営能力を決定づける大きな要因といえる。従って、数字に弱い社長は、ダメな経営者といわざ...

≫続きを読む

 

会社の数字を開示しないダメな経営者

中小企業の経営者が社員の仕事ぶりをみて、色々と思うことがあるだろう。☑もっと利益を意識して働いてほしい☑もっとロスや無駄を省いて働いてほしい☑もっと効率の良い人員体制で働いてほしいなど等、思わず口に出して社員に要望すると「十分に考えてやってます」という返事が返ってくることもあるだろう。ロス、無駄、効...

≫続きを読む

 

売上至上主義のダメな経営者

高度成長期(1950~1970年代)の規模拡大の名残が今でも残っているのだろうか?未だに、会社の至上目標に「売上」を掲げている売上至上主義の経営者を見かける。売上を経営の至上目標に掲げる経営方針を「売上至上主義」というが、売上しか見ていない経営者は、ダメな社長の典型例である。確かに、会社経営において...

≫続きを読む

 

ダメな経営者のどんぶり勘定

どんぶり勘定の経営者と聞くと、ダメな社長と連想する方も多いと思う。どんぶり勘定とは、会社の「収入と支出」、つまり、「入るお金」と「出るお金」のお金の管理がいい加減ということである。どんぶり勘定の経営者は、貸借対照表や損益計算書等の財務諸表をみることなく、主に預金通帳、つまり現金残高を経営判断の根拠と...

≫続きを読む

 

横領されるダメな経営者の現金管理方法

杜撰な現金管理は、業績悪化の原因になるばかりか、不正や横領の温床にもなりかねない。事実、会社のお金を社員が着服する横領事件の殆どは、杜撰な現金管理が原因で起きている。下記は、杜撰な現金管理から端を発した主だった横領事件の一例である。なかには24億円という途方もない横領金額もある。大手電力グループ会社...

≫続きを読む

 

ブラック社長は社員を使い捨てにする

会社の経営資源である、ヒト、モノ、カネ、情報の中で最も大切なものは「ヒト」である。なぜなら、社員の能力を最大限に活用することができれば会社の業績は伸びるが、社員の能力を活かせなければ会社の業績は下降線を辿るからだ。また、社員と経営者のコミュニケーションが充実している限りは、社員のモチベーションが低下...

≫続きを読む

 

株式投資で失敗したダメな経営者

会社の経営が順風満帆に進むと、つい本業以外の事業や株式投資に手を出して失敗するダメな経営者がいる。例えば、下記ニュースはある企業の民事再生法適用の記事だが、本来、倒産するような事業構造の会社ではなかった。生活情報誌等出版、通信販売を手がける最大手U社は2009年3月30日、東京地裁へ民事再生法適用を...

≫続きを読む

 

会社に宗教を持ち込むダメ経営者

宗教文化ほど尊いものはないと思う。恐らく、この世から宗教がなくなれば人間社会は崩壊するだろう。従って、会社の経営者が宗教心を持つことは、とても大切なことだ。但し、注意も必要である。例えば、会社に宗教を持ち込むと、さまざまな弊害を生み出すことがある。以前、調査に入ったことのある会社での話である。この会...

≫続きを読む

 

ダメな社長ほど公私混同が酷い

ダメな社長ほど公私混同が酷い傾向にある。そして、公私混同の酷い社長は、至るところで会社経営に弊害をもたらす。例えば、社員の不平不満、労働環境の悪化、会社の業績低迷、など等、社長の公私混同から端を発する弊害は挙げたらキリがないほどある。会社経営に弊害をもたらす社長の公私混同のポイントはさまざまあるが、...

≫続きを読む

 

会社の法律違反を見逃すダメ経営者

経営者にとって法律順守は最低限のマナーである。従って、会社の法律違反を見逃す経営者はダメ社長といわざる得ない。会社経営に関わる法律違反は多岐にわたる。法定労働時間の超過や残業代の未払いは労働基準法違反、脱税は税法違反、粉飾は会社法違反や金融商品取引法違反、販売価格の強制や不公平な取引解消は独立禁止法...

≫続きを読む

 

指示待ち人間のダメな経営者

社会人たる者、指示がなければ動けないという「指示待ち人間」では、社会で通用しない。ましてや会社の経営者が指示待ち人間であれば、社長失格といっても過言ではない。社長が指示待ち人間という事は、経営者に強い意思が備わっていないというである。意志も向上心もない指示待ち人間のもとで、会社が成長するわけがない。...

≫続きを読む

 

ブランド志向のダメな経営者

ブランド品は誰がどこから見ても、それ相応の客観的評価を得ている。ブランド品を持っていれば周りからの評価を気にせず安心していられるというメリットがある。もしも、ブランド志向の人がノンブランド品を身に着けると周囲の評価が気になってしまい不安が付きまとうかも知れない。一方、ノンブランド品はどうだろうか?ノ...

≫続きを読む

 

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ