経営の基本は数字の開示にある

会社の数字を開示しないダメな社長

会社の数字を開示しないダメな社長

 

経営者が社員の仕事ぶりをみて、

 

「もっと利益を意識して働いてほしい」

 

「もっとロスや無駄を省いて働いてほしい」

 

「もっと効率の良い人員体制で働いてほしい」

 

等々、社員に対して思うことがあると思います。

 

思わず口に出して社員に要望すると、「十分に考えてやってます」という返事が返ってくることもあるでしょう。

 

ロス、無駄、効率、、、全て会社の利益に直結する要素です。

 

従って、「十分に考えてやってます」などという抽象的な返答ではなく、

 

「今月は先月よりも○○万円コストダウンが達成できました」

 

等々、具体的な返答を期待したいところです。

 

 

会社の数字を開示しなければ社員は変わらない!

 

経営改善を推進するうえで欠かせない主な目標基準は「会社の数字」です。

 

当然ながら、他人の会社の数字は目標になり得ません。あくまで、自分の会社の数字が目標基準の前提となります。

 

しかしながら、会社の数字を利益に至るまで社員に開示している中小企業の経営者は、意外と多くありません。

 

会社の数字を知らない社員は、経営改善の目標基準は勿論、会社の利益も分りません。

 

例えば、社員に対して会社の数字を開示していない会社は、会社が儲かっているのか、損をしているのか、社員が理解できていないことが殆どです。

 

わたし:「この会社儲かってますか?黒字経営ですか?」

 

社 員:「儲かってるんじゃないですか?たぶん...」

 

この会話は、わたしが赤字会社の再建調査で行った社員面談の一幕です。

 

自分が働く会社が儲かっていると思っている社員が、日ごろから必死でロスや無駄をなくそうと努力するでしょうか?

 

恐らく、しないですよね。

 

 

会社の数字を開示しないと倒産リスクが高まる!!

 

会社の数字を社員に開示しないと、効率的な経営改善は期待できません。

 

また、会社の数字が開示されていなければ、たとえ会社のロスや無駄を省いたり、人員体制を効率よく改善したとしても、その改善効果を社員自身が実感することはできません。

 

改善効果を実感することができなければ、社員は自分の経営改善の収益効果を計ることができません。

 

経営者も、社員の行動を評価する合理的な尺度が生まれません。

 

このように、会社の数字を開示しない会社では、

 

日々、

 

経営者:「ちゃんとやっているか?」

 

社 員:「はい、ちゃんとやってます。」

 

という抽象的なやり取りでの会社経営が行われることになります。

 

社員に対して会社の数字を開示せずに、このような抽象的なやり取りを続けていると、ひとつの経営判断の誤りで、会社の業績が傾くことがあります。

 

事実、わたしが再建に関わった会社は、たとえ年商規模が50億~100億程度であっても、社員に対して会社の数字を開示している会社は殆どありませんでした。

 

会社の数字を理解しなければ正しい事業運営ができない事業部長や店長クラスの幹部社員ですら、会社並びに自分の事業の数字を把握していませんでした。

 

辛うじて把握しているのは、会社の売上だけです。

 

売上に対して売上原価がどれくらいで、販売管理費がどれくらいかかっており、最終的にどれくらいの営業利益が確保できているかを正確に把握している事業部長は殆どいませんでした。

 

これではまともな会社経営はできません。

 

 

経営者の数字に対する意識が社員を変える!!

 

経営者が会社の数字の重要性を意識すると様々なメリットが業績に表れてきます。

 

例えば、社員に対して会社の数字を開示すると、具体的な数値目標を掲げて経営改善を進めることができます。

 

売上原価が業界平均よりも高ければ、あと○%改善しようという数値目標を社員に示すこともできます。

 

数値目標は全社員が共有できる共通言語でもあります。

 

数値目標という共通言語が導入されると、材料費を削減する担当社員、労務費を削減する担当社員、製造経費を削減する担当社員、それぞれの立場の社員達が、同じ目標に向かって効率的かつ効果的に経営改善に取り組むことができます。

 

また、経営改善と共に、業績推移をモニタリングすることで数値の改善状況も把握できます。

 

経営者に会社の数字を活かす意識が身につくと、会社全体の業績改善が面白いように進んでいくのです。

 

 

会社の数字は経営の道しるべ!!

 

会社の数字は、会社経営の道しるべとなる重要な情報です。

 

経営者は、会社の数字を頼りに経営改善を推進し、利益を拡大していくのです。

 

少なくとも、事業部や店舗が複数ある中小企業の場合、最低でも事業部長や店長に対する数字の開示は必須です。

 

例えば、ある事業部や店舗の利益が拡大されれば、その事業部長や店長の手腕を評価することが可能となります。

 

逆に、利益が減少していれば経営者自ら出向いて経営指導を行い、その事業部長や店長と共に経営改善を進めることができます。

 

お互い数字という共通言語を持つことで正しい経営判断が可能となり、会社の経営が安定していくのです。

 

もしも、数字という共通言語がなければ、勘と経験に頼った会社経営に偏り、ひとつの誤った経営判断が致命傷となる場合があります。

 

これでは常に爆弾を抱えているような経営状態ともいえます。

 

赤字会社の経営者ほど、社員に対して会社の数字を隠したがります。しかしながら、数字の開示なくして、正しい経営判断と経営改善を行うことは至難の業です。

 

経営者と社員が会社の数字を共有することは、安定経営に欠かせない要素でもあるのです。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

失敗経営学のススメ/失敗は成功のもと
中小企業の安定経営に失敗事例ほど役立つものはありません。なぜなら安定経営を支えるのは失敗のない連続性だからです。失敗は成功のもと。成功の秘訣は失敗しないこと。成功の論理はいつも失敗の陰に潜んでおります。
現金管理を丸投げするダメな社長
会社のお金を社員が着服する横領事件の殆どは杜撰な現金管理にあります。また、横領事件が後を絶たない背景には現金管理にだらしのない経営者の存在があります。従って、現金管理を丸投げする経営者はダメな社長と言わざるえません。
ブラック社長は社員を使い捨てにする
社員を消耗品のように使い捨てるブラック社長は意外と多いものです。しかしながら、会社の経営資源である、ヒト、モノ、カネ、情報の中で最も大切なのは「ヒト」です。社員を大切にしない会社に明るい未来はありません。
株式投資で失敗するダメな社長
会社の経営が順風満帆に進むと、つい本業以外の事業や株式投資に手を出して、失敗するダメな社長がおります。素人が一時の成功に酔いしれて、まったく別の分野に投資するのは愚の骨頂です。
どんぶり勘定のダメな社長
どんぶり勘定の経営者と聞くとダメな社長と連想する方も多いと思います。どんぶり勘定とは、会社の収入と支出のお金の管理がいい加減ということです。どんぶり勘定の典型的な思考に陥ると容易に倒産の危機に瀕することがあります。
節税方法に気を取られて浪費するダメな社長
節税方法に気を取られて浪費を繰り返す経営者はダメな社長です。行き過ぎた節税はただの浪費です。長期的に黒字経営を続けるためには利益を継続的に生み出し、その利益を将来の投資に回す、という循環が何よりも大切です。
会社に宗教を持ち込むダメな社長
ひとたび誤った方向に宗教を持ち込むと弊害が出ることもあります。従って、会社に宗教を持ち込む経営者はダメな社長と言わざる得ません。以前、調査に入ったとある会社は宗教が原因で会社が倒産してしまいました。
売上至上主義のダメな社長
会社の利益の重要性を見落とし売上しか見ていない売上至上主義の経営者はダメな社長の典型例です。経営者の頭のなかに「利益」という意識が常にあると会社の経営判断は全く質の違うものになります。
公私の区別がだらしないダメな社長
公私の区別がだらしない経営者は至るところで会社経営に弊害をもたらします。また、公私混同が酷い経営者は社員だけでなく取引先からもダメな社長という評価を受けやすいです。公私混同がエスカレートすると最後は収集のつかない状況に陥ってしまいます。
法律違反にルーズなダメな社長
法律順守にルーズな経営者はダメな社長と言わざるえません。また、経営者は法律の範囲なら何でもOKという行動も取るべきではありません。倫理観なくして長期的且つ安定的な会社経営を実現することは困難といっても過言ではありません。
愛人を作るダメな社長
愛人を作る経営者はダメな社長の典型例です。愛人を作った場合の倒産リスクはかなり高いです。事実、わたしが知っている愛人を作った経営者の会社は全て倒産の危機に瀕しました。欲は魔物です。時には行き過ぎた欲を戒めることが大切です。
数字に弱いダメな社長
経営者に最も必要な能力は?と問われれば「会社の業績を読み解けるか否か」でしょうか。従って、数字に弱い社長はダメ社長といわざるえません。事実、過去に調査に入った赤字企業は、全ての経営者が数字に弱く業績把握ができておりませんでした。
ブランド志向のダメな社長
会社経営者がブランド志向だと物事の本質を見落として経営判断を誤ったり、自身の経営判断に自信を持てなくなったりすることがあります。従って、行き過ぎたブランド志向の経営者はダメな社長といわざる得ません。
指示待ち人間から脱却できないダメな社長
社会人たる者、指示がなければ動けないという「指示待ち人間」では、社会で通用しません。ましてや会社の経営者自身が指示待ち人間であればダメな社長と言わざるえません。因みに指示待ち人間からの脱却は並大抵の努力ではなし得ません。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ