中小企業の経営ノウハウ情報サイト

中小企業に適した経営指標と経営分析手法

中小企業に適した経営指標と経営分析手法

 

 

管理会計の基本「中小企業に適した経営指標と経営分析手法」

 

 

会社経営において、経営指標は会社の成長を支える重要な情報となります。

 

正しい経営指標のもとに行う経営改善は会社の成長に貢献しますが、誤った経営指標のもとに行う経営改善は会社の成長を妨げます。

 

中小企業の成長を後押しし、なお且つ、中小企業に適した経営指標と経営分析手法を紹介しています。

 

経営指標と経営分析手法は管理会計の運用に欠かせない経営技術でもあります。中小企業の経営に有効な経営指標と分析手法をご理解頂き、是非、経営に活かしてください。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


中小企業に適した経営指標と経営分析手法記事一覧

管理会計入門|経営力をグッと上げる管理会計とは?

管理会計とは、財務諸表等の経営データの数値を有益な情報に変換、管理、運用し経営力を高める会計手法のことです。例えば、財務諸表に記載されている数字は紛れもない事実の羅列です。財務諸表をみれば、資産がいくらある、負債がいくらある、売上がいくらある、利益がいくらある、など等、それぞれの実績金額を把握するこ...

≫続きを読む

 

安全な売上成長率と危険な売上成長率

会社は売上がなければ生きていけません。売上が伸びれば会社は成長しますし、売上が下がれば会社の成長が停滞します。会社の売上が、どの程度成長したかを表す経営指標を「売上成長率」といいます。売上成長率をみれば、その会社の将来性が自ずと見えてきます。会社の売上成長率の適正具合が判定できれば、現時点の立ち位置...

≫続きを読む

 

必要運転資金の計算式と適正水準

運転資金とは、事業活動を円滑に進めるために必要な現金・預金のことです。事業活動とは、端的に説明すれば、売り上げを作るための活動のことです。つまり、運転資金とは、売上を作るために必要な経費の支払いに充当する現金のことです。売上に対応する経費は、商品の仕入れ、人件費の支払い、家賃の支払い、水道光熱費の支...

≫続きを読む

 

自己資本比率の計算方法と適正水準

自己資本比率とは、会社の資本力や安定経営の度合を示す経営指標のことです。自己資本比率の算定対象は、「自己資本(純資産=自分のお金)」と「他人資本(負債=他人のお金)」です。自己資本とは、自身で調達した資金(資本)のことです。自身で調達した資金(資本)ですので返済義務がありません。一方、他人から調達し...

≫続きを読む

 

事業撤退の判断基準とタイミング

「見切千両」という言葉がある通り、事業を見限る選別眼は経営者にとって大事な能力のひとつです。事業を見限るうえで大切なのは、事業撤退の判断基準とタイミングです。事業撤退の判断基準とタイミングが間違っていれば、会社の将来の種を潰す結果になるかも知れませんし、逆に、会社を倒産に陥れる結果になるかも知れませ...

≫続きを読む

 

労働分配率の計算方法と適正水準

労働分配率とは、売上総利益に占める人件費の構成比率のことです。労働分配率は、会社の分配可能な付加価値(売上総利益、或いは粗利)が、どの程度労働の対価(人件費)に支払われているかを示す経営指標です。労働分配率の高い会社は、沢山の労働力を要する人的投下が大きい労働集約型の企業で、労働分配率の低い会社は、...

≫続きを読む

 

コストダウンの目標指標と手法

会社の支出に関わる経費は全て会社のコストです。商品仕入もコスト、人件費や水道光熱費、地代家賃もコストです。コストゼロで儲けることができれば笑いが止まりませんが、事業活動はそれほど甘くはありません。一定の売上を上げるには、必ず、一定のコストがかかります。そして、売上に対するコストが少なければ少ないほど...

≫続きを読む

 

中小企業の収益性の分析方法

企業の経済活動の成果、いわゆる利益のことを「企業の果実」といいます。企業の果実が多ければ多いほど、企業の果実が効率よく得られれば得られるほど、その会社の収益性は高いといえます。つまり、企業の果実の収縮が把握できれば、会社の収益性と共に競争力の判定もできるといえます。企業の果実は営業利益の金額や利益率...

≫続きを読む

 

経費率と人件費率の計算方法と適正水準

会社の経費や人件費バランスが適正に保たれているのか?そもそも、経費や人件費バランスの適正な水準はあるのか?等々、経費率や人件費率のコントロールにお困りの経営者は多いかと思います。一般的には、経費率の計算式は、「(経費÷売上)×100」で求めます。人件費率であれば、「(人件費÷売上)×100」で求めま...

≫続きを読む

 

流動比率の計算式と適正水準

流動比率とは、会社の支払能力を示す経営指標です。流動比率は、1年以内に現金化される流動資産と1年以内に支払期限が到来する流動負債を用いて算出します。流動資産よりも流動負債が下回っていれば支払能力が高く、流動資産よりも流動負債が上回っていれば支払能力が低いと判断できます。流動比率の計算式流動比率の計算...

≫続きを読む

 

当座比率の計算式と適正水準

当座比率とは、会社の支払能力を示す経営指標のひとつです。当座比率は、1年以内に現金化される流動資産の中でも換金性の高い現金、売掛金、受取手形等の当座資産と1年以内に支払期限が到来する流動負債を用いて算出します。当座資産よりも流動負債が大きく下回っていれば支払能力が高く、当座資産よりも流動負債が大きく...

≫続きを読む

 

中小企業の借入金限度額の計算方法

中小企業は上場企業に比べて資金調達の方法に限りがあります。資金調達の方法に限りのある中小企業の資金調達方法は殆どが銀行借入です。銀行借入は会社の成長を助ける働きがありますが、会社の支払余力を超えて借入してしまうと返済に苦しくなり、経営が傾いてしまうことがあります。従って、銀行借入を検討する際は、事前...

≫続きを読む

 

投資のタイミングと安全な投資金額は?

投資をせずに日々を過ごしていては、会社は成長しません。会社を成長させるには、投資を継続しなければなりません。しかしながら、投資のタイミングや投資金額を計るうえで適正な指標や基準がなければ、投資に失敗することがあります。実際に、過剰投資で会社が倒産するケースは後を絶ちません。そもそも、会社の投資とはど...

≫続きを読む

 

在庫回転率の計算方法と適正水準

商品がなければ会社の経営は成り立ちません。商品があるだけでも会社の経営は成り立ちません。商品は販売された時に初めて、会社に収益をもたらします。従って、いつまでも会社に商品が残っていたら、会社の収益は一向に上がりません。商品が効率よく売上に転換されているかを計る経営指標を「在庫回転率」といいます。在庫...

≫続きを読む

 

利益目標と営業利益率の適正な水準

会社経営は利益を生み出すことによって初めて成り立ちます。利益がなければ赤字経営に転落し、何れは会社が倒産してしまいます。従って、安定経営を目指すのであれば、然るべき利益目標を立てて、適正な利益水準を維持することが大切な心がけとなります。なぜなら、然るべき会社の利益目標、或いは、適正な営業利益率の水準...

≫続きを読む

 

総資本回転率の計算式と適正水準

総資本回転率とは、資本効率の適正度合いを判定する経営指標のことです。総資本回転率の算定対象となる資本とは、会社の事業活動の元手のことです。例えば、会社の設立時点の資本は、資本金である資金、いわゆる現金しかありません。会社経営が始まると、現金が商品に姿を変え、商品が売上となり、再び、資金、いわゆる資本...

≫続きを読む

 

固定比率の計算方法と適正水準

固定比率とは、購入した固定資産が自己資金でどの程度まかなわれているかを示す経営指標のことです。固定比率の算定対象となる固定資産とは、長期間に亘って使用可能な資産のことです。固定資産には、土地、建物、機械設備等の有形固定資産と、営業権、特許権、商標権等の無形固定資産がありますが、何れも会社成長のために...

≫続きを読む

 

負債比率の計算方法と適正水準

負債比率とは、返済余力を表す経営指標のことです。負債比率の算定対象は、「自己資本(純資産=自分のお金)」と「他人資本(負債=他人のお金)」です。自己資本とは、自身で調達した資金(資本)のことです。自身で調達した資金(資本)ですので返済義務がありません。一方、他人から調達した資金(資本)のことを、他人...

≫続きを読む

 

売上総利益率の計算方法と適正水準

売上総利益とは、売上から売上原価(仕入等)を差し引いた金額のことです。一般的に、売上総利益のことを「粗利(あらり)」ともいいます。売上総利益の構成は下図の通りです。売上に占める売上総利益の構成比が高ければ高いほど、商品、またはサービスの付加価値が高いといえます。売上に占める売上総利益の構成比のことを...

≫続きを読む

 

持株比率の計算方法と株主の権利

持株比率とは、株式の出資割合を示す経営指標のことです。持株比率の算定対象は会社に出資された「株式数」です。株式会社を設立するには資本金の出資が必要です。設立資本金の出資者のことを株主といいます。現在は1円の設立資本金で株式会社の設立が可能ですが、2006年4月以前は、1,000万円の設立資本金が必要...

≫続きを読む

 

売上原価率の計算方法と適正水準

売上原価とは、売上から売上総利益(粗利)を差し引いた金額のことです。売上原価の構成は下図の通りです。売上に占める売上原価の構成比が小さければ小さいほど、商品、またはサービスの付加価値が高いといえます。売上に占める売上原価の構成比のことを「売上原価率」といいます。主に、会社の収益性を求める経営指標とし...

≫続きを読む

 

会社の付加価値の計算方法

付加価値とは、ある「モノ」が有している価値と、それを生み出す元となった「モノ」の価値との差のことです。例えば、100円のものを加工細工して500円で売ったとすると、付加価値は400円ということになります。では、会社の付加価値は、どのように算定すれば良いのでしょうか?会社の付加価値は、いろいろな算定方...

≫続きを読む

 

社員一人当たりの付加価値の計算方法

社員一人当たりの付加価値とは、一人の社員が生み出す会社の付加価値のことです。社員一人当たりの付加価値は、会社の付加価値を社員数で割ると算出できますが、このままでは労働生産性を計る経営指標として有効活用できません。労働生産性を計る経営指標として活用するのであれば、社員数に加えて社員の労働時間も加味した...

≫続きを読む

 

本部経費の公平な配賦方法と配賦基準

本部経費とは、主に管理部門の経費のことです。営業部門が複数ある場合は、管理部門である本部経費と、営業部門の損益を分けて集計しないと、営業部門の真の利益が見えなくなってしまいます。従って、本部経費の集計は大切な経営管理のひとつといえます。本部経費の配賦とは??本部経費には、総務や経理等の管理部門のほか...

≫続きを読む

 

中小企業の公平な役員報酬の決め方

中小企業の場合、会社のオーナー兼経営者であることが多いです。会社のオーナーは、自身の役員報酬の金額を自由に決定することができます。オーナー自身が株式を100%保有していれば、第三者に対して経営帳簿の開示義務がありませんので、他人に詮索されることなく、際限なく役員報酬を引き上げることも可能です。一代限...

≫続きを読む

 

中小企業の売上ABC分析方法

販売先毎に優劣をつける分析方法をABC分析といいます。ABC分析は、あらゆる経営分析に応用できますので、覚えておきたい分析手法のひとつです。ABC分析を行う上で、必要な基準が「20:80の法則」です。「20:80の法則」は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則で、パレートの法則と...

≫続きを読む

 

中小企業の販売先のリスク管理手法

中小企業は販売先毎にリスク管理を行わないと思わぬところで倒産の危機を迎えることがあります。販売先のリスク管理の項目は、売上構成比率(占有率)、与信リスク、品質リスク等々、様々あります。どれも重要なリスク項目ではありますが、リスク管理を怠った場合に最も倒産のリスクが高い、「売上構成比率(占有率)」のリ...

≫続きを読む

 

損益分岐点分析に必要な固定費と変動費の分別

損益分岐点を分析するには、売上に対応する全ての費用を、「固定費」と「変動費」に分ける必要があります。売上高(生産高)との関係性に基づいて、費用を「固定費」と「変動費」に分けることを「費用分解」といいます。費用分解の方法は様々ですが、費用分解の正確性が低いと、利益構造を分析する損益分岐点の分析に大きな...

≫続きを読む

 

損益分岐点の計算方法と適正水準

損益分岐点とは、損失が出るか利益が出るかの境目のことです。つまり、損益分岐点は、会社の採算ラインを示す経営指標のことです。例えば、売上が損益分岐点に達すれば赤字になることはありませんが、売上が損益分岐点を下回ってしまうと損失が生じて赤字経営となり倒産のリスクが高まります。損益分岐点上の売上のことを、...

≫続きを読む

 

労働生産性の計算方法と労働生産性の向上方法

労働生産性とは、労働の投下に対する収益性の評価のことです。労働生産性は、少ない労働で大きな収益を生み出す割合が大きいほど良いとされています。そして、労働生産性は、常に「労働の投下」と「労働に対応する収益」が対の関係にあります。つまり、労働生産性が高い会社は、少ない労働で大きな収益を、労働生産性の低い...

≫続きを読む

 

人時生産性の計算方法と人時生産性の向上方法

人時生産性とは、労働の投下に対する時間当たりの収益性の評価のことです。人時生産性(にんじせいさんせい)は、少ない人員且つ少ない労働時間で大きな収益を生み出す割合が大きいほど良いとされています。そして、人時生産性は、常に、「労働の投下」と「労働の投下に対応する収益」が対の関係にあります。つまり、人時生...

≫続きを読む

 

飲食業に有効な経営指標

飲食業は景気や流行に左右されやすく、安定した経営を実現するのが非常に難しい業種です。健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが必要です。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標です。営業利益率の水準経費率と人件費率の水準...

≫続きを読む

 

美容業に有効な経営指標

美容業は景気や流行に左右されやすく、安定した経営を実現するのが比較的難しい業種です。健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが必要です。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標です。営業利益率の水準経費率と人件費率の水準...

≫続きを読む

 

製造業に有効な経営指標

製造業は景気や流行に左右されにくく、比較的安定経営を実現しやすい業種ですが、健全な会社経営並びに効率のいいモノづくりを実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが必要です。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標です。損益分岐点固定比率労働生産性適正水準に達して...

≫続きを読む

 

小売業に有効な経営指標

小売業は景気や流行に左右されやすく、安定した経営を実現するのが比較的難しい業種です。健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが必要です。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標です。営業利益率の水準経費率と人件費率の水準...

≫続きを読む

 

ホテル・旅館業に有効な経営指標

ホテル・旅館業は景気に左右されやすく、安定経営を実現するのが比較的難しい業種です。健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが必要です。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標です。損益分岐点固定比率労働生産性適正水準に達...

≫続きを読む

 

ネットショップ・通販業に有効な経営指標

ネットショップ・通販業は購入者が一般消費者ですので、一定水準の顧客数を確保できれば安定した経営を実現しやすい業種ですが、健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが必要です。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標です。営...

≫続きを読む

 

経営に使えるパレート分析の活用方法

パレート分析とは、「20:80の法則(パレートの法則)」を活用した分析方法です。パレート分析の根底を支える「20:80の法則」は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(べきじょうそく)で、パレートの法則といいます。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素...

≫続きを読む

 

投資回収期間の適正水準と計算方法

投資は会社経営の至るところに関わってきます。設備増設や商品開発だけが投資ではありません。人材採用、社員教育、広告展開、試験研究など等、投資の分野は多岐にわたります。失敗しない投資を実現するには、投資計画の妥当性を徹底的に検証する必要があります。なぜなら、過大投資や杜撰な投資計画は、経営の失敗リスクを...

≫続きを読む

 

大型設備投資の判断基準とタイミング

大型設備投資の判断基準とタイミングを誤ると、会社経営に大きなダメージを受けるリスクが高まります。当然ながら、適正な判断基準とタイミングを持たずに闇雲に設備投資を行っても、せっかくの投資が経営の足を引っ張ることもあり得ます。そして、大型設備投資の「判断基準」と「タイミング」は、何れも正しくないと失敗リ...

≫続きを読む

 

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒


 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ