損益分岐点で採算ラインを理解する

損益分岐点の計算方法と適正水準

損益分岐点の計算方法と適正水準

 

損益分岐点とは、損失が出るか利益が出るかの境目のことです。

 

つまり、損益分岐点は、会社の採算ラインを示す経営指標のことです。

 

例えば、売上が損益分岐点に達すれば赤字になることはありませんが、売上が損益分岐点を下回ってしまうと損失が生じて赤字経営となり倒産のリスクが高まります。

 

損益分岐点上の売上のことを、損益分岐点売上高といいます。

 

損益分岐点売上高は、損益分岐点売上高を上回れば黒字経営、損益分岐点売上高を下回れば赤字経営というように、比較的シンプルに会社の損益状況を判断することができますので、簿記や会計が苦手な中小企業経営者でも運用しやすい経営指標です。

 

損益分岐点売上高の計算方法は下記の通りです。

① 固定費の集計

 

② 変動費の集計

 

③ 変動比率の算定=(変動費÷売上高)×100

 

④ 損益分岐点売上高=固定費÷(1-売上高変動比率)

 

例えば、下表の損益例で損益分岐点売上高を計算してみます。

項目

金額

計算式

売上

1,000万円

 

固定費

500万円

 

変動費

400万円

変動比率=(400÷1,000)×100=40%(0.4)

 

損益分岐点売上高

 

500万円÷(1-0.4)=833.3万円

 

この例の場合は、833.3万円が損益分岐点売上高となります。

 

損益分岐点売上高は損益分岐点を意味しますが、言い換えると「最低限必要な売上目標」、或いは「回収すべき最低コスト」ともいえます。

 

つまり、損益分岐点売上高が分かると、絶対的に達成しなければならない、売上目標が明確になります。

 

また、損益分岐点売上高に占める売上実績の割合を求めると、会社の安全性の評価も可能となります。

 

 

損益分岐点比率の計算方法

 

損益分岐点売上高に占める売上実績の割合を「損益分岐点比率」といいます。

 

損益分岐点比率の計算式は下記の通りです。

損益分岐点比率=(損益分岐点売上高÷売上実績)×100

 

計算例は下表の通りです。

損益分岐点売上高

売上実績

計算式

損益分岐点比率

1,000万円

1,250万円

1,000÷1,250

80%

1,000万円

1,000万円

1,000÷1,000

100%

1,000万円

800万円

1,000÷800

125%

 

損益分岐点比率が100%であれば、売上実績が採算ライン上(損益分岐点上)にあるということです。100%を下回ると利益が出て、100%を上回ると損失が生じていることになります。

 

 

損益分岐点比率の適正水準

 

中小企業の損益分岐点比率の適正水準は下記の通りです。

80%以下

損益分岐点比率80%以下は安全水準です。景気動向等の外部要因に対しても比較的強い水準です。

 

 

80%~

損益分岐点比率80%~89%は標準水準です。但し、急激な景気悪化に左右される可能性があります。

 

 

90%~

損益分岐点比率91%~100%は要改善水準です。少しの売上減少で採算ラインを割り込む可能性があります。なるべく早い段階で80%台に改善できるよう、売上増加対策、もしくは経費削減対策を講じる必要があります。

 

 

101%~

損益分岐点比率101%以上は危険水準です。損失が生じており、採算ライン以下の水準となっています。早急な経営改善を講じないと会社経営に支障が生じます。対策を先送りすると会社倒産のリスクが著しく高まります。

 

 

損益分岐点の構成でリスク構造が変わる!?

 

損益分岐点を構成する固定費と変動費のバランスによって、会社のリスク構造は変わります。

 

例えば、固定費が大きくて変動費が小さい固定費中心型の会社と、固定費が小さくて変動費が大きい変動費中心型の会社では、リスク構造に大きな違いがあります。

 

夫々の特徴は下記の通りです。

 

固定費中心型

ハイリスク・ハイリターンの事業構造です。

 

損益分岐点が高い位置にありますので、利益が出るのが遅いですが、損益分岐点を超えると大きな利益が出ます。

 

黒字化するのが遅い、赤字リスクが高い、黒字後の利益増加率が高い、等々の特徴が挙げられます。

 

経営リスクを引き下げるには、固定費削減を主体とした経営改善策が重要です。

 

 

変動費中心型

ローリスク・ローリターンの事業構造です。

 

損益分岐点が低い位置にありますので、利益が出るのが早いですが、損益分岐点を超えても大きな利益があまり出ません。

 

黒字化するのが早い、赤字リスクが低い、黒字後の利益増加率が低い、等々の特徴が挙げられます。

 

経営リスクを引き下げるには、変動費削減を主体とした経営改善策が重要です。

 

➡NEXT「必要運転資金の計算式と適正水準」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ