中小企業の経営ノウハウ情報サイト

中小企業の成長発展を支える経営技術

中小企業の成長発展を支える経営技術

 

 

身につけたい「中小企業の成長発展を支える経営技術」

 

 

中小企業の経営者が考えなければならないことは多岐に亘ります。

 

安定経営、業績拡大、資金調達、資金繰り、投資拡大、組織掌握、人材育成など、挙げたらキリがありません。いずれにしても、会社を成長発展させるには優れた経営技術が必要です。

 

成長発展なくして企業の存続はありません。

 

成長発展に必要な経営技術のノウハウを紹介しています。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


中小企業の成長発展を支える経営技術記事一覧

経営の勉強を基本原則から学ぶ

「会社を経営する」ということは、事業の営みを永遠に経ける(続ける)ということです。つまり、未来永劫にわたる事業の存続こそが、会社経営の本質なのです。会社経営の本質を極めるには、経営者自身がプロフェッショナルな経営技術を身につける必要があります。そして、プロフェッショナルな経営技術を身につけるためには...

≫続きを読む

 

会社経営の手法は何が正しいのか?

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。どんぶり経営のすすめ、赤字経営のすすめ、赤字でも借金できる方法など等、逆説的な経営手法をまとめた書籍、中小企業の成功経営、成功するマーケティング、老舗の成功パターンなど等、成功事例をまとめた書籍、カルロスゴーンの経営論、ジャック・ウェル...

≫続きを読む

 

運転資金の把握は経営の基本技術です

運転資金とは、会社を経営するために必要な経費のことです。仕入から人件費、水道光熱費や家賃に至るまで、事業活動を行ううえで必要な、ありとあらゆる必要経費が対象となります。毎月の運転資金がこのくらいかかるという見積りが出来ていれば、絶対必要な売上、或いは、絶対必要な売上総利益(粗利)の金額が分かります。...

≫続きを読む

 

飛躍的に業績を上げる方法

飛躍的に業績を上げるには、現状とあるべき姿をしっかり捉えることが必要です。なぜなら、現状とあるべき姿のギャップの解消こそが、飛躍的に業績を上げる確かな方法だからです。下の図は、現状とあるべき姿のギャップを示したものです。ギャップを解消するために何をすべきかを真剣に考え、それらの経営課題を一つひとつ改...

≫続きを読む

 

持続的成長を支える企業経営を理解する

経営とは営みを経(続)けるということです。つまり、未来永劫、倒産させることなく会社経営を続ける事が経営の本質です。会社経営の存続を支えている要素は持続的成長です。企業の持続的成長がなければ経営は行き詰ってしまいます。逆に、持続的成長さえできていれば経営は行き詰ることなく100年、200年続くといえま...

≫続きを読む

 

売上低迷の原因を捉え売上を上げる方法

トップダウン構造にある多くの中小企業において、経営者は絶大な権限を持つ絶対君主的な立場にあります。一般的に、経営者の耳には、良い情報は入ってきても悪い情報はなかなか入ってくるものではありません。例えば、・営業の失敗・取引先とのトラブル・お客様からのクレーム・社内の人間関係トラブルなど等、売上の低迷に...

≫続きを読む

 

従業員の不満を捉え満足度を上げる方法

従業員の不満の原因の多くは会社側、つまり経営者にあります。例えば、・経営者の私欲優先の経営方針・経営者の経営能力の低下からくる労働環境の悪化等は、従業員の不満の原因になりうる最たる理由です。例えば、経営者が私欲優先で、従業員の報酬を抑えて経営者自身の報酬ばかりを上げ続けていたら従業員はどう感じるでし...

≫続きを読む

 

中小企業の経営指標一覧表

経営指標とは、経営の目標となりうるひとつの基準です。・目標のある経営・目標のない経営ハッキリとした将来が見えるのは「目標のある経営」です。中小企業の会社経営の道筋を立てるうえで経営指標は大変有効に機能します。しかしながら、経営指標を有効に活用している中小企業の数は意外と多くありません。下のグラフは経...

≫続きを読む

 

経営目標と経営目標管理シートの記入例

経営目標は、将来のあるべき姿を表します。また、企業の成長発展の源泉でもあります。・経営目標のある会社・経営目標のない会社両者の違いは、時の経過と共に大きなものになっていきます。例えば、経営目標がなければ将来の指針がないに等しく、経営者のみならず、そこで働く社員達もどこに向かって進んでいいのか分からな...

≫続きを読む

 

使える経営目標と使えない経営目標

使える経営目標、使えない経営目標、あなたの会社が選択しているのはどちらでしょうか?経営目標を掲げて経営改善に取り組む姿勢なくして企業の成長発展はあり得ません。しかしながら、使えない経営目標を闇雲に掲げてしまうと、的外れな経営改善、或いは非効率な経営改善に陥ることがあります。例えば、次のような経営目標...

≫続きを読む

 

中小企業の社員教育を成功させる秘訣

「どうしてうちの社員はレベルが低いんだろうか?」「普通はこれくらい教えなくても出来るだろう?」「普通は、これくらいは気が付くだろう?」と、自分の会社の社員のレベルの低さに思わず嘆く中小企業経営者は少なくありません。普通の20歳代や30歳代だったら、、、或いは、普通の40歳代だったら、、、極めつけは普...

≫続きを読む

 

倒産防止共済に頼らずに倒産を防止する秘訣

中小企業倒産防止共済制度(経営セーフティ共済)とは、取引先事業者の倒産の影響を受けて、中小企業が連鎖倒産や経営難に陥ることを防止するための共済制度です。中小企業倒産防止共済法に基づき、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。倒産防止共済は少額の掛け金から加入でき、一定の契約期間を経て解約し...

≫続きを読む

 

数字に強い経営者はここが違う!

経営と数字は切っても切れない関係にあります。なぜなら、会社の事業活動の結果は全て数字に集約されるからです。会社経営は数字そのものと言っても過言ではなく、経営者の数字力の高低が、そのまま会社の業績に直結します。下のグラフは、会社の数字を経営に活用する管理会計導入率と赤字経営率を表したものです。ご覧の通...

≫続きを読む

 

スワット(SWOT)分析で会社の強みと弱みを知る方法

スワット(SWOT)分析とは、自社の強みと弱み、外部の機会と脅威を明らかにして、会社を更なる成長に導く経営戦略を考える情報分析手法のことです。スワット分析は下記4つの要素の頭文字を取ってSWOT分析ともいいます。強み(Strengths)弱み(Weaknesses)機会(Opportunities)...

≫続きを読む

 

経営管理手法と安定経営の極意

会社の経営状態や経営者の考え方に触れて、「あぁ、この会社は長く続かないな」と思うことがあります。このような思いを抱かせる会社の特徴は「経営管理が杜撰」ということです。因みにこの特徴は、倒産の危機に瀕する会社にも共通しています。今現時点の会社経営が安定していたとしても、経営管理が杜撰な会社は経営者が交...

≫続きを読む

 

経営の根幹を支える判断力と決断力

会社経営を全うする基本は、判断と決断です。物事を判断し決断する。その判断と決断が正しいのか、正しくないのか、常に検証する。それが会社経営の基本です。こう判断すれば会社が良くなる。こう判断すれば会社が悪くなる。物事を判断し、決断することから会社の歴史は始まっていくのです。判断と決断こそが会社経営の存続...

≫続きを読む

 

経営を支える予算管理の作成と運用方法

予算管理とは、事業計画の実効性を高めるために収入と支出の計画を作成・運用する管理会計手法のひとつです。予算管理の目的は、事業活動の計画性を高めるところにあります。例えば、収入予算は販売計画を示し、支出予算は経費計画を示します。販売計画は、営業活動、開発活動、商品活動などの予算を管理し、経費計画は、投...

≫続きを読む

 

できる社長の部下の𠮟り方

経営者の部下の𠮟り方ひとつで社員のモチベーションが一気に低下することがあります。叱るというのは、こちらの不満を感情のままに相手にぶつける「怒る」のとは少し違います。あくまで人材育成の一環で相手(部下)の不足している部分を諭す、教える、励ます、育むといった、前向きな姿勢が「叱る」ということです。一時...

≫続きを読む

 

会社を成長に導く経営ブレーン

会社経営者が考えるべき事柄は多岐にわたります。トップダウン構造にある中小企業は全ての経営判断と決断が経営者に集中しますので、その範囲は果てしなく広がります。会社の規模が小さいうちは、経営者の経営能力(知識)が多少偏っていても、それなりの会社経営できると思います。しかしながら、一定の年商規模を超えてく...

≫続きを読む

 

経営力を高める情報収集法

情報を制するものは、経済を制するといわれていますが、情報の影響力は経済だけに留まりません。権力、政治、戦争、そして会社経営に至るまで、情報の優劣如何で勝敗が決する領域は数多にあります。たとえ相手よりも能力が劣っていたとしても、情報の優劣如何で勝負に勝てることもあります。例えば、日露戦争はロシアよりも...

≫続きを読む

 

経営を誤らない意思決定の方法

経営と意思決定は深いかかわりを持っています。なぜなら、事業活動の結果は、経営者の意思決定の連続で形作られていくからです。事業活動の結果は、創業分野や創業アイデアによっても大きく変わりますが、経営者の意思決定次第で、大きくもなれば、小さくもなります。年商が1億円で止まる会社もあれば、あっという間に10...

≫続きを読む

 

安定経営と拡大経営の極意

企業の持続可能な経営環境は、事業活動を経て然るべき利益を上げ、成長投資へ還元することで整っていきます。利益を上げるには黒字経営が大前提となりますが、利益を拡大する事ほど困難を伴うことはありません。1円の利益を、10円、20円と如何に拡大していけばよいのか?多くの経営者が頭を抱える難題ともいえるのでは...

≫続きを読む

 

経営は計画がなければ成功しない

建築家アントニオ・ガウディ(1852-1926)は計画で成功した人物です。ガウディは世界的建造物であるサグラダ・ファミリア(1880年代初頭着工-2026年完成予定)の設計主であり建築家です。本人没後も今なお建築が継続され、没後100年後に完成の目途がたっているのは、ガウディが当該建築物の緻密な完成...

≫続きを読む

 

経営のリスクマネジメント手法

リスクマネジメントは安定経営に不可欠な要素です。なぜなら、安定経営の秘訣は、徹底したリスクマネジメント(リスクヘッジ・リスク回避)にあるからです。経営のリスクマネジメントには様々な手法がありますが、最も有効なリスクマネジメントの手法は「小さなリスクを放置しない」ということです。例えば、上場企業の大型...

≫続きを読む

 

ボトルネックの解消方法

ボトルネックとは瓶の首にあたる部分で、流れをせき止めている部分、つまり、流れの障害になっている部分を表します。経営課題、会社の弱み、顧客の要望など等、会社の成長を阻害する要因は全てボトルネックといえます。当然ながら、ボトルネックを解消せずに放置したままでは、会社の成長は鈍化、或いは、衰退する一方とな...

≫続きを読む

 

製造業の生産性向上方法

生産性は、常に「経営資源の投下」と「経営資源が生み出す収益」が対の関係にあります。つまり、生産性が高い会社は、少ない経営資源で大きな収益を、生産性の低い会社は、大きな経営資源で少ない収益を生み出していることになりますので、生産性は、会社経営の良否を左右する重要な要素のひとつといっても過言ではありませ...

≫続きを読む

 

コスト削減/経費削減の方法

コスト削減(経費削減)は、事業価値を高めるうえで必要不可欠な活動です。なぜなら、同じ商品やサービスを競合他社よりも低コストで提供できれば、市場競争を優位に展開することが可能になるからです。市場での優位性が高まれば、結果として事業価値が高まります。また、会社の事業価値、いわゆる、利益(収益)は、売上の...

≫続きを読む

 

経営者の仕事は優先順位を決定すること

中小企業は限られた経営資源を最大活用することで、大企業や競合他社の脅威から逃れることができます。なぜなら、経営資源を最大化すると、会社の成長スピードが一層早まるからです。そして、経営資源の最大化に欠かせないのが、仕事の優先順位です。経営資源には人材、商品、設備、会社の強みなど等、様々な要素が含まれま...

≫続きを読む

 

お客様をリピート顧客に育てる方法とは?

企業はお客様を選べませんが、お客様は企業を選ぶことが出来る、というのが商売の原則です。企業が提供する商品、ないしはサービスは、常にお客様の選択の脅威のなかにあることを忘れてはなりません。つまり、一度買ってくれたら今後も安心という保障はどこにもないということです。また、お客様は物言わぬ存在であるという...

≫続きを読む

 

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒


 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ