計画が経営の成功を支える

経営は計画がなければ成功しない

経営は計画がなければ成功しない

 

建築家アントニオ・ガウディ(1852-1926)は計画で成功した人物です。

 

ガウディは世界的建造物であるサグラダ・ファミリア(1880年代初頭着工-2026年完成予定)の設計主であり建築家です。

 

本人没後も今なお建築が継続され、没後100年後に完成の目途がたっているのは、ガウディが当該建築物の緻密な完成モデル(模型やデッサン)を残していたからです。

 

完成モデルは、計画の最終到達点を示します。

 

ガウディの弟子達は、この完成モデルをもとに設計図、つまり、完成までの計画を作りました。

 

ガウディの計画が、工期150年あまりの世界的建造物の建築を成功させたのです。

 

 

中小企業の会社経営においても、計画の重要性は変わりません。

 

計画なくして経営の成功はあり得ないといっても過言ではありません。

 

資本力の乏しい中小企業の場合、場当たり的経営、勘や経験に頼った経営、など等、計画のかけらもない会社経営は必ずどこかで行き詰ります。

 

ましてや、会社がより大きく成長するといったことは皆無でしょう。

 

ひとことに経営の計画といっても、その範囲はとても広いです。

 

事業計画であれば単年計画や3~5年の中期計画、予算管理や資金繰り計画、将来の投資計画や新規事業展開の計画など等、挙げたらキリがありません。

 

どの経営分野の計画であっても、適当な計画であれば、適当な結果しか生まれません。

 

わたしの経験上も、倒産の危機に瀕した中小企業には計画が存在していませんでした。

 

「成功の陰に計画あり」

 

計画は失敗しない会社経営を支える重要な要素なのです。

 

 

計画は誰が作るのか?計画作りのコツは?

 

会社経営の計画を作るのは経営者の仕事です。

 

成功の秘訣は段取り八分と云われる通り、精度の高い計画ができていれば大きく経営を誤ることはありません。

 

注意すべき点は、独りよがりな計画を作らないことです。

 

緻密で成功率の高い計画を作るには、現場を観察する、成功者を真似る、専門家に学ぶなどの姿勢が不可欠です。

 

予算管理であれば現場の意見に耳を傾ける。

 

経営改善であれば経営のプロの意見に耳を傾ける。

 

新規事業であれば、先行して成功している事例に目を向ける。

 

事業計画であれば、本業の限界点と新規ビジネスの種に目を向ける。

 

など等、成功の条件をつぶさに観察、或いは、しっかり学んだ上で、目標達成までの過程を示す緻密な計画を作らなければ、計画は途中で頓挫してしまいます。

 

成功の条件を正しく捉えることが、精度の高い計画作りの秘訣なのです。

 

 

経営改善の計画作りは成功のもと

 

経営改善とは、会社をあるべき姿に近づけるための経営努力のことです。

 

経営改善なくして会社経営の成功はないといっても過言ではないほど、経営改善は会社経営の根幹を成すものです。

 

中小企業の経営者で、経営改善の計画を持っている方は非常に少ないです。

 

わたしの感覚からいうと、正しい認識のもとに経営改善の計画が作成できている経営者は10人中1~2人くらいかと思います。

 

経営改善の計画を作るには、資産状況なり、損益状況を正すためのあるべき基準というものが必要です。

 

会社の成長に欠かせない適正な利益の水準、売上に見合った適正な経費の水準、人件費の水準など等、確固たる基準がなければ、現状の問題点を捉えることができません。

 

当然ながら、現状の問題点が分からなければ、適正に経営改善を進めることができなくなります。

 

そもそも、経営改善しようにも、どこから手をつけていいのかも分からなくなってしまいます。

 

何の強みも、何の取り柄もない会社であっても、継続して経営改善を進めると、いつしか弱みが強みに変わっていくものです。

 

正しい経営改善は、会社経営を成功に導くのです。

 

経営改善の結果、利益がグングン増え始めると、経営という仕事が楽しくなります。

 

また、確かな経営改善計画(実績含め)は、会社の心証を高め、銀行融資のハードルを一段と下げる働きも期待できます。

 

➡NEXT「経営のリスクマネジメント手法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ