業績を上げる経営技術

飛躍的に会社の業績を上げる方法

飛躍的に会社の業績を上げる方法

 

飛躍的に会社の業績を上げるには、現状とあるべき姿をしっかり捉えることが必要だ。

 

なぜなら、現状とあるべき姿のギャップの解消こそが、会社の業績を飛躍的に上げる確かな方法だからだ。

 

下の図は、現状とあるべき姿のギャップイメージを示したものである。

 

 

ギャップを解消するために何をすべきかを真剣に考え、それらのギャップ(経営課題)を一つひとつ解消することで、いつしかあるべき姿に到達する。

 

これが、会社の業績を上げる正攻法である。

 

当然ながら、現状が分からない、或いは、あるべき姿が分からない、といったことでは、会社の業績を上げることは不可能だ。

 

ここで、わたしが実際に経営指導に入った中小企業の実例を紹介しよう。

 

下のグラフは、経営指導開始1年前の主な経営指標(業績)の現状とあるべき姿のギャップを示したものである。

 

 

ご覧の通り、すべての経営指標(業績)があるべき姿(適正水準)に達していないことが分かると思う。

 

この会社の直近5年間の業績は、売上成長率5%~15%で順調に推移していたが、利益は一向に伸びず、収支はトントン程度、赤字決算の年もあった。

 

売上が伸びているにも関わらず、手元に利益が残らず、現金が一向に増えない...。

 

収益性の低さが様々な経営課題の根源になっていた。

 

そして、下のグラフは、経営指導開始1年後の主な経営指標(業績)の現状とあるべき姿のギャップを示したものである。

 

 

ご覧の通り、殆どの経営指標(業績)のギャップが解消され、あるべき姿(適正指標)に達していることが分かると思う。

 

ギャップが解消されたことで、会社の業績が飛躍的に上がったのだ。

 

なお、各種経営指標の適正水準の求め方は下表の通りだ。

 

経営指標

計算式

適正水準

現金水準

{〔月商-(減価償却費+営業利益金額)〕×2.0}=標準水準

標準以上

当座比率

(当座資産÷流動負債)×100

120%以上

自己資本比率

〔自己資本(純資産)÷総資本(負債の部+資本の部の合計)〕×100

50%以上

売上総利益率

(売上総利益÷売上)×100

業種業態による

売上総利益高営業利益率(粗利高営業利益率)

(営業利益÷売上総利益)×100

20%

 

 

会社の業績を上げる経営課題の探し方

 

会社の業績を上げるための経営課題の探し方にはコツがある。

 

既に説明したが、会社の業績を上げるには、現状とあるべき姿をしっかり捉えることが欠かせない。

 

なぜなら、誤った現状認識や誤ったあるべき姿の設定からは、正しい経営課題を捉えることができないからである。

 

当然ながら、誤った経営課題に一生懸命取り組んでも、会社の業績は上がらない。

 

例えば、

 

☑一所懸命動いているのに会社が良くならない

 

☑売上が伸びているのに現金が増えない

 

☑経営に漠然とした不安を抱えていて安心できない

 

☑経営改善を行っているが一向に効果が実感できない

 

といった状況に陥っている会社は、経営課題を誤っている可能性が高い。

 

現状を正しく認識するには、正確な業績分析が必要だ。

 

最低限必要な根拠資料は「5年分の決算書」と「24か月分の月次決算書」である。

 

過去から現在までの業績推移を緻密に分析すると、過去・現在・未来の経営課題(或いは、経営リスク)が見えてくる。

 

そして、会社の業績を上げるための目標(あるべき姿)は、自社にマッチした経営指標の適正水準をセットする事で見えてくる。

 

 

会社の業績を上げる経営改善の進め方

 

経営課題が明確になった段階で、経営改善の具体的プランを作成しなければならない。

 

当然ながら、経営課題を放置したままでは、現状とあるべき姿のギャップは解消されず、会社の業績は一向に上がらない。

 

実行なくして、会社の業績が上がることはないのだ。

 

実効性の高い経営改善プランを作りには、「優先順位の選別」と「マイナスリスクの評価」、そして、「付加価値の追求」が欠かせない。

 

優先順位とは、会社の業績を上げるために優先してやるべきことを順位付けすることである。

 

マイナスリスクの評価とは、会社の業績を上げるための経営改善が、マイナスのリスクを生み出さないか否かを評価することである。

 

例えば、収益性を上げるために価格を上げた結果、売上が下がってしまっては元も子もない。

 

マイナスのリスクが極力ゼロになるまで徹底的に方法論を検討することが、会社の業績を上げる理想の経営改善プランを仕上げる秘訣なのだ。

 

付加価値の追求とは、端的にいえば「会社の強み」のことである。

 

会社の強みは、実効性のある経営改善プランを進める上で、至るところで必要になってくる。

 

うちの会社には強みなんか無いと諦めてしまう経営者もいるかも知れないが、深掘りを徹底すれば、どんな会社でも何かしら会社の強みが発見できるものだ。

 

じつは、会社の強みがあればあるほど、経営改善のスピードが早まる。

 

経営改善のスピードが早まるということは、あっという間に、あるべき姿に到達するということだ。

 

つまり、飛躍的に会社の業績が上がるのだ。

 

➡NEXT「安定経営と拡大経営の手法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ