会社経営の基本原則

安定経営と拡大経営の極意

安定経営と拡大経営の極意

 

企業の持続可能な経営環境は、事業活動を経て然るべき利益を上げ、成長投資へ還元することで整っていきます。

 

利益を上げるには黒字経営が大前提となりますが、利益を拡大する事ほど困難を伴うことはありません。

 

1円の利益を、10円、20円と如何に拡大していけばよいのか?

 

多くの経営者が頭を抱える難題ともいえるのではないでしょうか?

 

 

利益拡大の原則とは?

 

利益拡大の理屈は、利益拡大を支える要素を理解すると見えてきます。

 

利益拡大を支える要素は何か?

 

それは、「安定」と「拡大」です。

 

事業の安定は、リピート購入、継続利用、支出圧縮等々、事業の継続を担保する要素の安定化を意味します。

 

顧客や取引先が継続して商品やサービスを購入している限り、事業の安定が破綻することはありません。

 

事業の拡大は、顧客の増加、新商品の投入、新事業の展開等々、規模の拡大を意味します。

 

昨年よりも今年、今年よりも来年という風に、常に顧客や新商品、新事業が増加している限り、事業の拡大傾向が止まることはありません。

 

このように、「安定」と「拡大」は利益拡大の両輪を成しています。

 

従って、一方が欠けた状態での利益拡大はあり得ません。

 

どんな時代、

 

どんな業種であっても、

 

「安定」と「拡大」は利益拡大の変わらぬ原理原則です。

 

では、「安定」と「拡大」の両輪を意識した会社経営とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

 

安定経営の極意とは?

 

事業の安定は、リピート購入、継続利用等々、事業の継続を担保する要素の安定化を意味します。

 

 

企業の商品やサービスは比較の脅威から逃れることがありません。

 

経営者は、どんな商品であっても、どんなサービスであっても比較されたうえで選択(購入)されていることを忘れてはなりません。

 

お客様に商品やサービスを継続購入いただくためには一定の品質をキープ、或いは、品質を上げ続けなければなりません。

 

では、品質を上げ続けるためにすべきことは何でしょうか?

 

品質を上げる最も有効な手段は、本業分野の深掘りです。

 

既存の商品と市場であっても、見方を変えると改善部分は無限に出てきます。

 

深堀りすればするほど成長につながるのが本業分野ですが、多くの中小企業は本業分野に注意を払っておりません。

 

本業分野の深堀りに欠かせないのが、技術研究とテクノロジーの導入、そして時流にのるひたむきな経営努力です。

 

例えば、どんなに本業分野を極めたとしても、月日が過ぎると共に事業価値の陳腐化が始まっていきます。

 

事業価値の陳腐化が始まるということは、競合他社との差が縮まっていくということです。

 

万が一、事業価値が競合他社よりも下回ってしまうと、お客様からの比較競争に敗れる結果となります。

 

従って、本業の深堀りに終わりはありません。

 

お客様が求めるサービスは何か?

 

お客様が求めている商品を提供するにはどうすべきか?

 

お客様が喜ぶ独自商品やサービスを提供するためには何をすべきか?

 

本業の深掘りなしに、事業の安定を手にすることは出来ません。

 

 

拡大経営の極意とは?

 

事業の拡大は、新商品の投入、新規事業の展開等々、規模の拡大を意味します。

 

 

新商品や新規事業の展開を成功させるうえでまず抑えなければならない点は、事業を成立させている要素を理解することです。

 

事業を成立させている要素とは一体何でしょうか?

 

全ての事業は2つの構成で成り立っております。

 

ひとつは、「市場」(お客様、小売店、取引先、末端消費者等々)、

 

もう一つは、「商品」(商品、サービス等々)です。

 

当然のことながら、市場と商品の一方が欠けると、事業は成り立ちません。

 

事業の拡大を図るには、

 

「市場」を拡大するか、「商品」を拡大するか、

 

どちらか一方でも拡大すれば自ずと事業規模が拡大していきます。

 

但し、闇雲な展開は事業失敗のリスクを高め、成長発展はおろか、事業衰退のきっかけを作りかねません。

 

事業拡大を失敗しないための秘訣は、何よりも優先して、会社の本業をオンリーワン市場(規模は小さくてよい)に育て上げ、安定経営の軌道に乗せることです。

 

なぜなら、本業の市場、或いは本業の商品の要素(独自ノウハウ)が事業拡大の成功率に深く関わってくるからです。

 

会社を創業し、事業を続けていくと、自社が保有する「市場」と「商品」に独自性(オリジナリティー)が生まれてきます。

 

独自性が高まれば高まるほど、「市場」と「商品」に独自のノウハウが蓄積されていきます。

 

市場の独自性が高まれば、「ここで買いたい」というファンが増えます。

 

商品の独自性が高まれば、「これが買いたい」というオンリーワンの要素が濃くなります。

 

そして、市場と商品、双方の独自性が高まれば、オンリーワン市場(独占市場)が築けます。

 

先に、事業の構成は、「市場」と「商品」のふたつの構成で成り立っているとお伝えしました。

 

そして、本業の市場と商品の独自性が高まると、双方の要素に、独自のノウハウが蓄積されていくこともお伝えしました。

 

新商品や新規事業の展開を失敗させない秘訣は、本業の「市場ノウハウ」、或いは「商品ノウハウ」の一方を利用することです。

 

例えば、本業の市場に、全く新しい商品(事業)を投入する。

 

或いは、本業の商品(事業)を、全く新しい市場に投入する。

 

「本業ノウハウ(市場・商品)×新規」の掛け合わせが、事業拡大の成功率を高める秘訣です。

 

何故、本業ノウハウ(市場・商品)の一方を利用するかというと、独自性が高まった本業ノウハウは、プロの領域に達しているからです。

 

どちらか一方がプロの領域に達していれば、成功の確率は五分五分となります。

 

もしも、市場と商品が共に全く未知の新しい分野、つまり完全に素人領域の市場と商品、「新規(素人)×新規(素人)」の掛け合わせで新規事業等を展開すると、成功の確率は限りなくゼロに近づきます。

 

市場も商品も共に素人領域の事業が成功するはずありません。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「成長発展を支える経営技術」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営の勉強を基本原則から学ぶ
経営のことを勉強するのであれば、基本原則から学ぶのが最も有効な方法です。経営者が抑えるべき経営の基本原則と共に、経営の勉強をする上での大切なポイントを紹介しています。
会社経営の手法は何が正しいのか?
巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?
運転資金の把握は経営の基本技術です
運転資金の把握は、普段の会社経営のみならず、新規事業、事業買収や吸収、事業の立て直しなど全ての局面における会社経営を成功に導く基本になります。安定経営と運転資金について説明しています。
飛躍的に業績を上げる方法
飛躍的に業績を上げるには、現状とあるべき姿をしっかり捉えることが必要です。当然ながら、現状認識を誤ると業績は悪化します。しっかり業績を上げる具体的方法を紹介しています。
持続的成長を支える企業経営を理解する
持続的成長なくして企業の存続はありません。持続的成長さえできていれば経営が行き詰ることはありません。持続的成長を支える企業経営の仕組みを紹介しています。
売上低迷の原因を捉え売上を上げる方法
売上が低迷する原因は低迷の予兆を見逃すところに第一の原因があります。特別な経営技術がなくても売上低迷の原因は見抜けます。売上低迷を見逃さない方法と共に売上を上げる方法を紹介しています。
従業員の不満を捉え満足度を上げる方法
従業員の不満を捉え満足度を上げるには不満の種を見逃さない経営技術を身につけることが大切です。経営者が身につけておきたい従業員の不満を捉える具体的手法と共に満足度を上げる方法を紹介しています。
中小企業の経営指標一覧表
経営指標とは経営の目標となりうるひとつの基準です。中小企業の会社経営の道筋を立てるうえで経営指標は大変有効に機能します。中小企業が活用すべき経営指標を一覧表で紹介しています。
経営目標と経営目標管理シートの記入例
経営目標は将来のあるべき姿を表します。経営目標がなければ経営者も社員達もどこに向かって進んでいいのか分からなくなってしまいます。経営目標と経営目標管理シートの記入例を紹介しています。
使える経営目標と使えない経営目標
使えない経営目標を闇雲に掲げてしまうと、的外れな経営改善、或いは非効率な経営改善に陥ることがあります。使えない経営目標と使える経営目標の一例を紹介しています。
中小企業の社員教育を成功させる秘訣
社員のレベルの低さに思わず嘆く中小企業経営者は少なくありません。中小企業の社員教育は社長自身が積極的に関わらない限り成功しません。中小企業の社員教育を成功させる秘訣を紹介しています。
倒産防止共済に頼らずに倒産を防止する秘訣
倒産防止共済(保険)に頼って日々の経営を疎かにしてしまっては、企業の発展成長は見えてきません。やはり、保険に頼ることなく安定経営の基盤を作ることが最も安全な保険といえます。主な倒産防止対策を紹介しています。
数字に強い経営者はここが違う!
経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。
スワット(SWOT)分析で会社の強みと弱みを知る方法
スワット(SWOT)分析とは、自社の強みと弱み、外部の機会と脅威を明らかにして、会社を更なる成長に導く経営戦略を考える情報分析手法のことです。会社の強みと弱みを成長に繋げる具体的手法を紹介しています。
経営管理手法と安定経営の極意
会社経営は何でもかんでも管理すれば良いというものではありませんが、最低限おさえなければならない経営管理を放棄してしまっては不安定な経営に陥ってしまいます。経営管理手法と安定経営の極意を紹介しています。
経営の根幹を支える判断力と決断力
物事を判断し決断する。その判断と決断が正しいのか、正しくないのか、常に検証する。それが会社経営の根源です。経営者の判断力と決断力を磨くコツを紹介しています。
経営を支える予算管理の作成と運用方法
予算管理とは事業計画の実効性を高めるために収入と支出の計画を作成・運用する管理会計手法のひとつです。中小企業に適した実効性のある予算管理の作成と運用方法を紹介しています。
できる社長の部下の𠮟り方
叱るというのは人材育成の一環で部下の不足している部分を諭す、教える、励ます、育むといった、前向きな姿勢を意味します。正しい叱り方は人材を人財に育てます。正しい部下の叱り方とは?
会社を成長に導く経営ブレーン
元気の良い会社には社内であれ社外であれ、必ず経営者のそばに優れたブレーンの存在があります。経営者が自身の能力以上の経営能力を発揮するにはブレーンの活用が欠かせません。
経営力を高める情報収集法
情報を制するものは経済を制するといわれています。会社経営においても情報の優劣如何で勝敗が決することが多々あります。情報収集法と共に会社経営に影響を与える重要な情報を紹介しています。
経営を誤らない意思決定の方法
経営と意思決定は深いかかわりを持っています。なぜなら、事業活動の結果は経営者の意思決定の連続で形作られていくからです。正しい意思決定を下す方法と秘訣を紹介しています。
経営は計画がなければ成功しない
計画なくして経営の成功はあり得ないといっても過言ではありません。場当たり的経営、勘や経験に頼った経営、など等、計画のかけらもない会社経営は必ずどこかで行き詰ります。計画の重要性を説明しています。
経営のリスクマネジメント手法
リスクマネジメントは安定経営に不可欠な要素です。リスクマネジメントを怠ると、ほんの少しのきっかけで会社が大きく傾くことがあります。経営者が身につけるべきリスクマネジメントの手法を紹介しています。
ボトルネックの解消方法
ボトルネックとは瓶の首にあたる部分で流れの障害になっている部分のことです。経営課題、会社の弱み等の会社の成長を阻害する要因は全てボトルネックです。ボトルネックの解消法を紹介しています。
製造業の生産性向上方法
生産性は会社経営の良否を左右する重要な要素です。事実、生産性を高めたいと考えている経営者は少なくありません。製造業の生産性工場の方法を紹介しています。
コスト削減/経費削減の方法
どんな会社にも無駄なコストというのは存在します。しかしながら、コスト削減は闇雲に進めても正しい効果は出ません。正しいコスト削減の進め方と方法を紹介しています。
経営者の仕事は優先順位を決定すること
中小企業は限られた経営資源を最大化することで競合他社の脅威から逃れることができます。経営資源の最大化に欠かせないのが仕事の優先順位です。仕事の優先順位次第で将来が決まるといっても過言ではありません。
お客様をリピート顧客に育てる方法とは?
お客様は企業を選ぶことが出来るというのが商売の原則です。そして、企業とお客様との接点で、たった一回でも落ち度があると、リピート率が低下してしまいます。リピート顧客を育てる秘訣を紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ