会社経営の基本原則

安定経営と拡大経営の極意

安定経営と拡大経営の極意

 

中小企業の持続可能な経営環境は、事業活動を経て然るべき利益を上げ、成長投資へ還元することで整っていきます。

 

利益を上げるには黒字経営が大前提となりますが、利益を拡大する事ほど困難を伴うことはありません。

 

1円の利益を、10円、20円と如何に拡大していけばよいのか?

 

利益拡大は多くの中小企業経営者が頭を抱える難題ともいえるのではないでしょうか?

 

利益拡大の理屈は、利益拡大を支える要素を理解すると見えてきます。

 

利益拡大を支える要素は何か?

 

それは、「安定」と「拡大」です。

 

事業の安定は、リピート購入、継続利用、支出圧縮等々、事業の継続を担保する要素の安定化を意味します。

 

顧客や取引先が継続して商品やサービスを購入している限り、事業の安定が破綻することはありません。

 

事業の拡大は、顧客の増加、新商品の投入、新事業の展開等々、規模の拡大を意味します。

 

昨年よりも今年、今年よりも来年という風に、常に顧客や新商品、新事業が増加している限り、事業の拡大傾向が止まることはありません。

 

このように、「安定」と「拡大」は利益拡大の両輪を成しています。

 

従って、一方が欠けた状態での利益拡大はあり得ません。

 

どんな時代、どんな業種であっても、「安定」と「拡大」は利益拡大の変わらぬ原理原則です。

 

それでは一体、「安定」と「拡大」の両輪を意識した中小企業の会社経営とは、どのようなものなのでしょうか?

 

 

安定経営の極意とは?

 

事業の安定は、リピート購入、継続利用等々、事業の継続を担保する要素の安定化を意味します。

 

中小企業の商品やサービスは、顧客からの比較の脅威から逃れることがありません。

 

中小企業経営者は、どんなに優れた商品であっても、どんな優れたサービスであっても、顧客に比較されたうえで選択(購入)されていることを忘れてはなりません。

 

つまり、お客様に商品やサービスを継続購入いただくためには、一定の品質をキープ、或いは、品質を上げ続けなければならないのです。

 

では、品質を上げ続けるためにすべきことは何でしょうか?

 

中小企業において、品質を上げるための最も有効な手段は、本業分野の深掘りです。

 

既存の商品と市場であっても、見方を変えると改善部分は無限に出てきます。

 

深堀りすればするほど成長につながるのが本業分野ですが、多くの中小企業は本業分野に注意を払っておりません。

 

本業分野の深堀りに欠かせないのが、技術研究とテクノロジーの導入、そして時流にのるひたむきな経営努力です。

 

例えば、どんなに本業分野を極めたとしても、月日が過ぎると共に事業価値の陳腐化が始まっていきます。

 

事業価値の陳腐化が始まるということは、競合他社との差が縮まっていくということです。

 

万が一、事業価値が競合他社よりも下回ってしまうと、お客様からの比較競争に敗れる結果となります。

 

従って、本業の深堀りに終わりはありません。

 

お客様が求めるサービスは何か?

 

お客様が求めている商品を提供するにはどうすべきか?

 

お客様が喜ぶ独自商品やサービスを提供するためには何をすべきか?

 

本業の深掘りなしに、中小企業が事業の「安定」を手にすることは出来ないのです。

 

 

拡大経営の極意とは?

 

事業の拡大は、新商品の投入、新規事業の展開等々、規模の拡大を意味します。

 

新商品や新規事業の展開を成功させるうえでまず抑えなければならない点は、事業を成立させている要素を理解することです。

 

事業を成立させている要素とは一体何でしょうか?

 

全ての事業は2つの構成で成り立っております。

 

ひとつは、「市場」(お客様、小売店、取引先、末端消費者等々)、もう一つは、「商品」(商品、サービス等々)です。

 

市場

 

商品

 

当然のことながら、市場と商品の一方が欠けると、事業は成り立ちません。

 

事業の拡大を図るには、「市場」を拡大するか、「商品」を拡大するか、どちらか一方でも拡大すれば自ずと事業規模が拡大していきます。

 

但し、闇雲な事業規模の拡大は事業失敗のリスクを高め、成長発展はおろか、事業衰退のきっかけを作りかねません。

 

事業拡大を失敗しないための秘訣は、何よりも優先して、会社の本業をオンリーワン市場(規模は小さくてよい)に育て上げ、安定経営の軌道に乗せることです。

 

なぜなら、本業の市場、或いは本業の商品の要素(独自ノウハウ)が事業拡大の成功率に深く関わってくるからです。

 

会社を創業し、事業を続けていくと、自社が保有する「市場」と「商品」に独自性(オリジナリティー)が生まれてきます。

 

独自性が高まれば高まるほど、「市場」と「商品」に独自のノウハウが蓄積されていきます。

 

市場の独自性が高まれば、「ここで買いたい」というファンが増えます。

 

商品の独自性が高まれば、「これが買いたい」というオンリーワンの要素が濃くなります。

 

そして、市場と商品、双方の独自性が高まれば、オンリーワン市場(独占市場)が生まれます。

 

先に、事業の構成は、「市場」と「商品」のふたつの構成で成り立っているとお伝えしました。

 

そして、本業の市場と商品の独自性が高まると、双方の要素に、独自のノウハウが蓄積されていくこともお伝えしました。

 

新商品や新規事業の展開を失敗させない秘訣は、本業の「市場ノウハウ」、或いは「商品ノウハウ」の一方を利用することです。

 

例えば、本業の市場に、全く新しい商品(事業)を投入する。

 

或いは、本業の商品(事業)を、全く新しい市場に投入する。

 

「本業ノウハウ(市場・商品)×新規」の掛け合わせが、事業拡大の成功率を高める秘訣なのです。

 

なぜ、本業ノウハウ(市場・商品)の一方を利用するかというと、独自性が高まった本業ノウハウは、プロの領域に達しているからです。

 

どちらか一方がプロの領域に達していれば、成功の確率は五分五分となります。

 

もしも、市場と商品が共に全く未知の新しい分野、つまり完全に素人領域の市場と商品、「新規(素人)×新規(素人)」の掛け合わせで新規事業等を展開すると、成功の確率は限りなくゼロに近づきます。

 

市場も商品も共に素人領域の事業が成功するはずありません。

 

➡NEXT「経営の勉強を基本原則から学ぶ」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ