経営者の正しい叱り方

できる社長の部下の叱り方

できる社長の部下の𠮟り方

 

経営者の部下の叱り方ひとつで社員のモチベーションが一気に低下することがある。

 

何といっても部下の性格は十人十色である。同じように叱っても反応がみな違う。

 

叱り方を誤ると、会社を辞めると言い出す部下もいる。

 

部下の叱り方に頭を悩ます中小企業経営者も多いのではないかと思うが、そもそも、叱るというのは、こちらの不満を感情のままに相手にぶつける「怒る」のとは少し違う。

 

あくまで人材育成の一環で相手(部下)の不足している部分を諭す、教える、励ます、育むといった、前向きな姿勢が「叱る」ということだ。

 

一時は憎まれても、時の経過と共に恩人化していく経営者は、けっして怒ることなく、叱って人材(部下)を伸ばす上手な叱り方のポイントを抑えている。

 

それでは一体、正しい部下の叱り方とは一体どのようなものなのだろうか?

 

事例を交えて詳しく解説していこう。

 

 

正しい部下の叱り方とは?

 

部下を叱る口調は、大声でも、穏やかな口調でも、どちらでも大丈夫だ。

 

大事なのは「罪を憎んで人を憎まず」の言葉通り、けっして怒ることなく、叱る理由を正しく伝えることが重要である。

 

例えば、

 

☑事実だけを伝える

 

☑なぜ叱るのかを教える(損失論、筋論、安全論、道徳論、組織論など等)

 

など等、けっして怒ることなく、愛情と事実を持って淡々と叱ることが大切だ。

 

また、叱った後に、「叱った部分が直ったらどうなるのか」を、具体的に教えてあげることも重要だ。

 

例えば、「その部分が直れば一流になる」、或いは、「その部分が直れば昇進できる」などのフォローである。

 

叱ってすぐに直る社員などそうそういるものではないが、こうしたフォローは時間が経っても頭に残るものだ。

 

一時は憎まれても、時の経過と共に恩人化していく経営者はこうした叱り方のポイントを上手に抑えている。

 

ちなみに、人材育成機関がない中小企業の場合は、我慢せずにその場その場で叱った方が部下の成長スピードが早まる。

 

叱ることに辛抱は不要だ。

 

そして、上手な叱り方は、間違いなく組織を成長させる。

 

 

やってはいけない部下の叱り方とは?

 

部下の叱り方は、言葉の扱いや言動ひとつで失敗に陥ることがある。

 

例えば、叱り方ひとつで、部下の反抗、非協力、離職、など等といった、組織力を低下させる原因を誘発することがある。

 

部下の叱り方を誤らないためには、やってはいけない叱り方のポイントを抑える必要がある。

 

経営者がやってはいけない部下の叱り方の主な例を紹介しよう。

 

 

ダメな叱り方「部下の人格を傷つけない」

 

ダメ、アホ、バカ、カス、お前の代わりはいくらでもいる、出来ないのはお前だけ、男なのに、女なのに、など等、部下の人格を否定する、或いは、部下の人格を傷つける言葉は絶対に使ってはならない。

 

このような卑怯かつ汚い言葉を部下にぶつけると、心の距離が一気に離れて、信頼関係が破綻し、離職に繋がるリスクが飛躍的に高まる。

 

部下の人格を尊重する秘訣は、経営者自身の価値尺度を放棄して、徹底して客観性を保つところにある。

 

例えば、

 

☑自己中心(自分中心の考えで相手を裁く)

 

☑自善他悪(自分が善くて相手が悪い)

 

☑自己独善(自分一人が善い・正しい)

 

など等、近視眼的な価値基準を相手に押し付けるような考え方では、部下の人格を尊重することはできない。

 

自分も部下と同じ立場だったらどうだろうか?という、常に部下の立場になって考える客観性なくして、上手な叱り方は実践できないのだ。

 

 

ダメな叱り方「部下を叱ったことを引きずらない」

 

部下を叱ったことを引きずって、「あの時もそうだった」、「また同じことをやって」、「どうせまた同じ失敗をするだろう」など等、過去を引きずって、部下を追い詰めることは絶対にやってはいけない。

 

部下を叱った後に無視をするなどの陰険な仕打ちも勿論NGである。

 

部下を叱るときは、その時に起こった事実のみを叱ることが大切だ。過去の失敗を持ち出したり、想像で結果を決めつけたりする女々しさは不要だ。

 

経営者自身が過去を引きずっている自分に気付いた場合は「執念深い!!」と自身を一喝すると心が晴れる。

 

(これは、ぜひ試してほしい)

 

過去を引きずらない経営者のもとでは社員が委縮することはないが、過去を引きずる経営者のもとでは社員が委縮してしまい生産性が著しく低下することがある。

 

そもそも、部下を叱る目的は、生産性を上げるためでもある。

 

誤った部下の叱り方で生産性を低下させてしまっては元も子もない。

 

 

ダメな叱り方「物に当たらない」

 

物に罪はない。

 

物に当たるのはお門違いというものだ。

 

物に当たるという高圧的な態度を経営者が取っていると、社長に進言する風土が失われ、ナンバー2不在、イエスマン天国など、ワンマン経営の末期状態に陥ってしまうリスクが高まる。

 

物に当たる叱り方は、論外である。

 

部下を圧倒する風格や威厳が経営者に身についていれば、物に当たらなくても上手に叱れるはずだ。

 

 

 

経営者と部下の信頼関係が悪化すると離職が加速する

 

部下が会社を辞める最大の原因は、経営者(もしくは上司)との信頼関係の悪化、或いは破綻である。

 

従って、経営者が部下とのコミュニケーションをしっかり深めていれば、部下の離職はそうそう起こり得ない。

 

経営者が心掛けるコミュニケーションの手段は難しくない。

 

普段の声掛けや差し入れなどの気遣いで十分である。

 

そして、部下がミスを犯したときは、けっして怒ることなく、正しい叱り方を持って部下と接することが大切だ。

 

叱り方ひとつ意識するだけで、人材が人財に育つ。

 

じつは、わたし自身も、過去に叱り方で失敗したことがある。

 

まだ上場企業に勤めていた時のことである。とある部署の管理職として部下を持つ立場にいた私は、仕事のミスを犯した部下に対して人格を傷つけるような言葉をぶつけてしまった。

 

それからわずかひと月もしない内に、部下は会社を去っていった。

 

自分の非を猛省しても後の祭り。

 

罪を憎んで人を憎まず、けっして怒ることなく正しい叱り方を持って部下と接しようと心に決めたのはそれからである。

 

➡NEXT「数字に強い経営者はここが違う!」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談