中小企業の経営ノウハウ情報サイト

会社経営に活かせるレアな知識

会社経営に活かせるレアな知識

 

経営者必見の「会社経営に活かせるレアな知識」

 

会社を経営するうえで悩みはつきものです。

 

中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤が長年の経験で培った「会社経営に活かせるレアな知識」を紹介しています。

 

中小企業の経営を助ける知識、或いは経営者が知っておいて損をしないレアな知識ばかりです。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


会社経営に活かせるレアな知識記事一覧

見逃せない債務不履行のリスク

取引先の債務不履行を見逃すと、会社経営に大きな被害を受けるリスクが高まります。債務不履行とは、債務者が、正当な事由がないのに債務(※1)の本旨に従った給付をしないことをいいます。例えば、・契約内容の約束を守らない・商品の購入代金を支払ったのに商品を送付してくれない・商品代金の支払いの約束日に代金を支...

≫続きを読む

 

社員に利益を意識して働いてもらう方法

社員に利益を意識して働いてもらう方法は簡単です。それは「会社の数字を社員に開示すること」、ただそれだけです。会社の数字を社員に開示すると、社員は利益を意識して働き始めます。会社の数字を開示すれば、現状の業績が全て把握できます。経営課題も明確に抽出でき、改善目標も明確に示すことができます。数字のある目...

≫続きを読む

 

中小企業の困ったときの資金調達方法

中小企業が困ったときの資金調達方法はあります。例えば、・会社の現金水準が芳しくなく・経営者の手元資金は底をついた・銀行融資も受けられないしかしながら、「一時の運転資金があれば、経営改革に着手でき何とか経営を継続することができる」となった場合の緊急的な処置として「支払いの延期」による資金調達があります...

≫続きを読む

 

業績予想で将来の不安を払拭する方法

業績の先行きが見えていない経営者は不安に駆られるものです。逆に、業績の先行きが見えている経営者は不安感が少なく、様々な外的影響が発生したとしても、さほど動揺することはありません。では、先行きの不安を払拭するにはどうしたらいいのか?将来の業績を予測できれば不安を払しょくできる先行きの不安を払しょくする...

≫続きを読む

 

新規事業を成功に導く秘訣

新規事業を立ち上げて成功に導くことは容易なことではありません。なぜなら、新規事業には失敗がつきものだからです。失敗を工夫や改善で乗り越えてこそ、事業の成功が見えてくるものです。また、新規事業を成功に導くには、事前の入念な準備と緻密なリスク分析が必要です。例えば、下の図は事業マトリックスを表したもので...

≫続きを読む

 

独立開業に失敗しないための経営準備

独立開業して、事業を成功に導くことは容易なことではありません。しかしながら、独立開業する前に、事業の損益を予測し、独立リスクを簡易判定することは可能です。参考例として、独立開業が多い分野である、飲食店美容サロンの損益予測の手法を紹介したいと思います。独立開業に失敗しない損益予測まずは、独立開業する前...

≫続きを読む

 

非課税贈与を活用した株式譲渡の方法

株式会社を設立するには資本金の出資が必要です。資本金の出資者のことを株主といいます。会社は出資額に応じて株主に「株式(株券)」を交付し、出資割合を明確にします。中小企業の場合、創業者自身が資本金を100%出資し、100%株主&代表取締役であることが多いです。従って、会社の事業承継者も、親から子へとい...

≫続きを読む

 

中小企業に適した税理士の選び方

殆どの中小企業は、顧問税理士を抱えています。顧問税理士が行う、経理方針の指導や確定申告に伴う決算書作りには、会社経営を左右する重要な要素が含まれています。従って、税理士選びは、経営者の重要な仕事のひとつといっても過言ではありません。しかしながら、税務の専門知識のない経営者にとって、最適な税理士選びは...

≫続きを読む

 

税理士費用の相場と仕事内容

税理士費用は依頼する仕事内容に応じて変動しますが、大よその相場を理解していれば納得したうえで仕事を依頼することが出来ます。税理士の決算報酬相場税理士の決算報酬の適正相場は15万円~25万円の範囲内です。仕事内容は、決算書の作成、確定申告書の作成、税務官公署への書類提出等々、一連の確定申告手続きです。...

≫続きを読む

 

中小企業における弁護士の業務と役割

弁護士は、社会生活のなかで生じた「事件」や「紛争」について、法律の専門家として、適切な予防方法や対処方法、解決策を指南する役割を担っています。弁護士の活動範囲は、法廷活動、紛争予防活動、人権擁護活動、立法や制度の運用改善に関与する活動、企業や地方公共団体などの組織内での活動など、社会生活のあらゆる分...

≫続きを読む

 

中小企業における司法書士の業務と役割

司法書士になるには法務省が実施する司法書士試験に合格する必要があります。司法書士は、登記・供託の手続き代理、裁判事務、成年後見業務を扱う資格です。身近な法律トラブルを手助けするサポートも提供しておりますが、原則、法律行為を代理することも、法律相談を行うことも認められていません。但し、弁護士人口の不足...

≫続きを読む

 

中小企業における行政書士の業務と役割

行政書士は、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、主に、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理等の行政手続の代理を行います。行政書士になるには、総務省が実施する行政書士試験に合格するなど、一定の資格を得た上で、各都道府県の行政書士会を経由して、日本...

≫続きを読む

 

中小企業における社会保険労務士の業務と役割

社会保険労務士は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、会社経営の重要資源であるヒト、モノ、カネ、情報のうち、「ヒト」の採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題に対応し、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。社会保険労務士のことを略して社労士(しゃろうし)...

≫続きを読む

 

経営者の役割と効果的な人事評価の方法

経営者の役割は、然るべき目標を達成することにあります。目標を達成するためにやるべきことは、経営資源を効率的に最大限活用することです。会社経営における経営資源は、ヒト、モノ、カネ、情報等があります。そして、この中で一番管理が困難で、重要な経営資源が「ヒト」です。ヒトには、感情、欲望、性別、性格、等々、...

≫続きを読む

 

中小企業の利益改善/シンプル手法と着眼点

会社のロスは”しずく”のごとく小さくとも、やがては水たまりを形成し、何れは川にもなり得ます。ロスの垂れ流しは、いってみれば利益の垂れ流しです。利益が一定水準を下回ると、行きつく先は赤字経営となります。中小企業の利益改善のコツと手法とは?中小企業の利益改善を行うには、利益のロス(喪失)を発見することが...

≫続きを読む

 

銀行融資の条件とは/お金を借りるコツ

銀行融資の条件を理解するには、銀行側の融資の審査基準を理解することが大切です。銀行の融資基準は、「債権者区分」、「信用格付」、「取引方針区分」の、大きく3つの審査基準に集約されます。この3つの審査基準をクリアすることで融資を受ける道が開けます。なお、債権者区分は金融庁の金融検査マニュアルに基づいて査...

≫続きを読む

 

銀行融資で投資資金を賄うメリット

銀行融資で投資資金を賄うメリットは、少ない自己資金で大きな投資循環を実現し、事業の成長スピードを加速させるところにあります。また、自己資金を抑えて、銀行融資を大きく活用した方が、投資効率と資金効率が格段に高まります。銀行融資の活用と投資・資金効率の関係性は、「銀行融資あり」と「銀行融資なし」の投資収...

≫続きを読む

 

なぜ大企業はニッチ市場に参入して来ないのか?

大企業は、中小企業が得意とするニッチ市場に参入してくることはありません。なぜなら、大企業と中小企業とでは、得意とする市場ニーズが夫々相反しているからです。例えば、食事を食べようと思ったら、手作りと機械作り、どちらが美味しいでしょうか?答えは、手作りですね。品質を追い求め、少量生産少量消費のニッチ市場...

≫続きを読む

 

中小企業の経営診断手法/基本のステップ

会社の経営状況を経営診断したいと思っていても、どこから手を付けて良いのか分らない、といった経営者の方もいらっしゃると思います。経営診断の能力を磨くには、経営診断の手法と共に、基本のステップを理解することが大切です。例えば、会社の売上の状況を経営診断する場合、まず初めに、現状の売上を知る必要があります...

≫続きを読む

 

中小企業が理解すべき節税の本質

法人税は、会社の売上から費用を差し引いた利益に対して課税されます。課税の対象となる利益のことを「課税所得」といいます。課税所得を決定する要素は、「売上」と「費用」の2つしかありません。従って、正しい会計処理の範囲内において、課税所得が最小化されるような「売上」と「費用」の計上がされていれば、支払う税...

≫続きを読む

 

中小企業の組織力を強化する方法

会社の組織力は、責任と役割を明確にすると、飛躍的に強化されます。中小企業の場合、責任と役割りを組織に示すのは、経営者の仕事です。責任と役割りを効率的に組織に浸透させるには、組織の位置づけを区分けする必要があります。最も一般的な組織の階層分けは、「経営者」、「経営幹部」、「一般社員」の3つの区分けです...

≫続きを読む

 

中小企業に適した予算の作成方法

会社の予算は、経営管理の根幹を司る重要なツールです。例えば、会社の事業活動は、経営計画(Plan)、行動(Do)、実績検証(Check)、計画改善立案(Action)のPDCAサイクルで回っています。そして、PDCAサイクルの中の経営計画(Plan)、並びに、実績検証(Check)の比較対象となるデ...

≫続きを読む

 

日本の長者番付からみる産業の変化

長者番付を辿ると、産業の変化が手に取るように理解できます。日本の長者番付の発祥は江戸時代に遡ります。長者は産業のトップとして社会発展に貢献し、大資産家の地位を確立しています。従って、長者番付をみると産業の変化が手に取るように理解することができます。日本の長者番付江戸末期1850年から2000年までの...

≫続きを読む

 

中小企業の組織の問題は経営者ひとりで解決できる

中小企業の経営者に悩みを聞くと、組織面(人事面)の悩みが最も多いような気がします。例えば、会社に問題社員が現れ、その問題社員が会社組織の秩序を乱し始めると、1が10に、10が100にという風に、ガン細胞のごとく様々な弊害が増殖し始め、やがて会社全体が蝕まれ、倒産の危機に瀕することがあります。事実、過...

≫続きを読む

 

個人情報漏えい防止対策と漏えい時の対応

個人情報保護法は、お客様や従業員情報を保有する全ての会社にかかわる法律です。万が一、会社から個人情報が漏えいしたら、企業の信用は失われます。企業の存続にかかわる個人情報の漏えいを防ぐには、日頃から防止対策を意識することが何よりも大切です。経営者が知っておきたい個人情報の漏えい防止対策、並びに漏えい時...

≫続きを読む

 

自社ビルと賃貸/資産購入とリースはどちらが得か?

自社ビルと賃貸、或いは、資産購入とリースはどちらが得なのでしょうか?資産購入と賃貸或いはリースのどちらが得かを判断するには、双方の違いを理解する必要があります。双方の違いは、費用の種類、費用の総額、費用の内訳、の3つの特徴が挙げられます。賃貸とリースの費用特性とは?費用の種類自社ビル購入、若しくは、...

≫続きを読む

 

中小企業の売上を倍増させる方法

中小企業の場合、並大抵の努力では売り上げを倍増させることはできません。また、中小企業は大企業とは違い組織力が盤石ではありませんので、急成長の後に倒産したり、多角化を進めて倒産したり、経営者が交代した後に倒産したりと、事業成長と組織力のバランスが崩れて会社が傾いてしまうことがあります。事業と組織、双方...

≫続きを読む

 

中小企業の事業計画書の作り方と精度を高めるコツ

経営者が大いに期待した事業計画が、失敗に終わることは良くあることです。そもそも、期待と結果は反比例の関係にあります。期待すればするほど、結果にがっかりすることは、よくあることです。ノーベル化学賞を受賞するような大先生であっても、失敗した実験が成功に転じた、或いは、全く期待していなかった実験データが成...

≫続きを読む

 

統計学は経営に活かせる分析手法

統計学とは、データ分析と推測の方法論を体系化したものです。統計学(※1)は中小企業の経営に活かせる経営分析手法です。そして、多くの経営者は知らず知らずのうちに統計学に接しています。例えば、業績予測や予算管理、市場動向予測等は統計学の範囲です。また、財務諸表等の経営データを有益な情報に変換する管理会計...

≫続きを読む

 

中小企業の事業再生/基本のステップと成功の秘訣

事業再生ほど経営者の経営手腕が試される機会はありません。なぜなら事業再生には、経営者に必要な能力のすべてが集約されているからです。中小企業の事業再生を成功させる秘訣は基本のステップを外さないことが大切です。事業再生の成功を左右する「事業再生に着手するタイミング」とは?事業再生の失敗リスクを格段に引き...

≫続きを読む

 

 




 


人気記事ランキングTOP3


数字に弱い社長が比較的短期間で数字に強くなる方法があります。その方法は「管理会計を導入」することです。簿記や会計の知識ゼロであっても誰でも習得することができます。

管理会計とは決算書の数値を、有益な情報に変換、管理、運用し、企業の経営力を高める会計手法のことです。

ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒