中小企業を成長させる事業計画書

中小企業の事業計画書の作り方

中小企業の事業計画書の作り方と精度を高めるコツ

 

事業計画書は会社の未来を決定づける重要なツールです。

 

なぜなら、事業計画書は会社の成長発展を効果的に後押しするからです。

 

また、事業計画書は、銀行、投資家、ベンチャーキャピタルなど等からの資金調達の際にも重要な経営資料として活用されます。

 

当然ながら、事業計画書の精度が低ければ、会社の成長も、資金調達もうまくいかない可能性が高まります。

 

精度の高い事業計画書が、会社の成長発展、或いは、資金調達を成功に導くのです。

 

それでは一体、中小企業が精度の高い事業計画書を作るうえで気を付けるべきポイントは何なのでしょうか?

 

中小企業が精度の高い事業計画書を作成するには、「会社の数字の予測と推定」の精度を上げることが大切です。

 

会社の数字の予測と推定の精度を上げるには、管理会計の導入が欠かせません。

 

なぜなら、管理会計を会社に導入すると、経営が可視化され、将来の会社の数字が見通せるようになるからです。

 

 

実効性の高い事業計画書の作成ポイント

 

管理会計に馴染みのない経営者の方もいらっしゃるかも知れません。事実、中小企業の約8割に管理会計が導入されていないと言われています。

 

管理会計とは、会社の数字を、有益な情報に変換、管理、運用し、企業の経営力を高める会計手法のことです。

 

会社のあらゆる数字を活用して業績を分析する手法ですので、効率的な経営改善を実現する手助けとなります。

 

因みに、管理会計は難しいものではありません。例えば、売上に占める売上総利益(粗利)の構成比率である売上総利益率(粗利率)をモニタリングすることも立派な管理会計です。

 

 

管理会計は事業計画書作りに役立つツール

 

管理会計は、事業計画書作りに大いに活用できます。

 

なぜなら、事業計画書に含まれる損益計画や予算計画の作成は、管理会計の手法の一部だからです。

 

管理会計は長期運用することで予測の精度を高めることができます。当然ながら、管理会計の予測精度が高まると、自ずと事業計画書の精度も高まります。

 

更に管理会計を運用していれば、常に計画と実績のモニタリングができますので、仮に計画と実績に差異が生じても、その都度、修正(補正)に対応することができます。

 

 

精度の高い事業計画作りは予算管理にあり!!

 

精度の高い事業計画書を作成するにはコツがあります。

 

それは、事業計画の土台となる予算計画を高い精度で作成することです。

 

精度の高い予算計画を作成する場合、既存事業は、前年実績を採用します。新規事業の場合は、詳細に確度分析を行い、どちらかというと消極的予算を作成します。

 

次に、推定の売上成長率を加減し、更に、確度の高い加算要因と減算要因を加減します。

 

「ベース予算」、「売上成長率」、「加算要因」、「減算要因」の4つの調整を経て作成された予算計画には、期待値が殆ど含まれていません。

 

従って、実績とのかい離も小さく済み、実現度の高い事業計画書に適した計画となります。

 

また、期待値を高く見積もる予算を積極的予算といい、期待値を低く見積もる予算を消極的予算といいますが、事業計画書に添付する予算計画は、売上は消極的予算で作成し、売上原価と販売管理費は積極的予算で作成した方が計画の実現度が高まります。

 

 

中小企業の事業計画書の構成とは?

 

社内運用するために事業計画書を作成する場合は、主に損益計画(予算計画)だけで問題ありませんが、銀行等から資金融資を受けるために外部に開示、或いは提出する場合は、損益計画だけでは物足りません。

 

外部に提示、或いは提出する場合の中小企業が作成すべき事業計画書の主な構成は下記の通りです。

 

事業計画書の主な構成

会社概要

目的(定款上)、目標(理念・ビジョン)、基本戦略、資本金、本社所在地、役員構成、主要商品或いは主要サービス、ポテンシャルバイヤー、セールスポイント、等々

事業計画概要

5ヵ年計画、損益計画、資金計画、資本計画、等々

市場について

市場の定義、市場の規模、市場の動向、市場の仕組み、市場セグメント、販売戦略、販売先リスト、等々

統計資料

世界動向、国内動向、業界動向、競合動向、等々

 

 

事業計画の精度は損益計画で決まる!!

 

中小企業の事業計画書の良し悪しは、損益計画(予算計画)の精度で決まります。

 

例えば、損益計画の精度が高ければ、会社の業績が安定すると共に、銀行等からの信頼が増し、融資を引っ張りやすい環境が整います。

 

逆に、損益計画の精度が低ければ、会社の業績悪化のリスクが高まると共に、銀行等からの信頼が低下し、融資のハードルが高くなります。

 

事業計画は、期待値が過度に混入していない、精度の高いものがベストです。

 

なぜなら、事業計画が外れると、借金返済や資金繰りに窮したり、赤字経営に転落したり、最悪、会社が倒産したりと、マイナスのリスクが高まるからです。

 

期待と結果の差異を小さくするには、精度の高い事業計画書作りが欠かせません。

 

そして、精度の高い事業計画書作りには、管理会計の導入が欠かせません。

 

➡NEXT「中小企業に適した税理士の選び方」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ