会社経営の基本は数字にある

会社の数字を経営に活用する方法

会社の数字を経営に活かす方法

 

会社の数字ほど、明確な根拠を示す判断材料はない。

 

当然ながら、会社の数字を活用しなければ、会社が大きく成長することはない。

 

場合によっては、根拠のない意思決定ミスを招いて、経営が行き詰ってしまうこともある。

 

中小企業においては、経営者ひとりが数字に強くなれば、会社全体の経営力が一段と高まる。

 

なぜなら、経営者は、会社の代表者であり、意思決定の最高責任者だからである。

 

副社長以下は自身の決断を委ねる相手がいるが、経営者は意思決定の最後の砦であり、全て自分の責任で決断をしなければならない。

 

会社の業績は意思決定の連続で形作られていくので、経営者の意思決定の精度が高まれば、業績が傾くことはない。

 

逆に、経営者の意思決定の精度が低下すると、業績は下降線を辿る。

 

中小企業の業績が経営者の能力に比例し、更に、経営者の業績責任が重いと云われる所以は、ここにあるのだ。

 

会社の数字は正直である。

 

経営者が会社の数字と向き合うところから真っ当な会社経営が始まる。

 

数字の活用がない会社経営は、必ず行き詰る。

 

会社の数字をもとに経営戦略を協議・検証し、方針を決定し行動に移し業績を改善する。

 

この一連のサイクルが、会社の成長発展を加速させる経営の正攻法サイクルなのだ。

 

 

数字を活用して、赤字経営を黒字化する。

 

数字を活用して、黒字経営を維持する。

 

数字を活用して、黒字経営を更に拡大する。

 

会社の数字の活用から出発する経営の正攻法サイクルは、どんな経営状態であっても通用する会社経営の基本である。

 

 

数字の活用を最大限に活かすには?

 

数字の活用を最大限に活かすには、経営の正攻法サイクルを高い精度で、尚且つ、スピーディーに回すことが求められる。

 

そのために必要なことは、経営の正攻法サイクルを構成する3つの領域の経営能力を高めることが欠かせない。

 

3つの領域の経営能力とは、会社の数字を分析する「分析エリア」、経営戦略を協議検証し方針を決定する「思考エリア」、経営戦略を行動に移し業績を改善する「実行エリア」の3つである。

 

 

「分析エリア」は基本的な数字の分析能力もさることながら、理解力や洞察力も必要なエリアである。

 

何気ない数字の羅列から優れた分析結果を導く社長、或いは、1を聞いて10を理解する社長、更には、何気ない会話の中から経営のヒントを見出す洞察力に優れた社長など等、思わず感心させられる社長は意外と多い。

 

「思考エリア」は経営者の思考力や過去の経験が試される重要なエリアである。

 

YES or NOの意思決定が会社の将来を形作る。老舗社長やプロ経営者は、大概正しい思考と判断基準を持っている。

 

「実行エリア」は読んで字のごとく行動力が試されるエリアである。

 

元気のいい会社の社長は大概、猪突猛進型の素晴らしい実行力を持っている方が多い。実行力のある社長は、成功すれば勢いに乗るし、たとえ失敗しても挽回力が半端ない。

 

なお、この3つのエリアを自己採点すると、会社の経営力が見えてくる。

 

各エリアの配点は、分析エリア10点×思考エリア10点×実行エリア10点=経営力1,000満点である。

 

自己採点は何点くらいになっただろうか?

 

得意なエリアがふたつあったとしても、不得意なエリアがひとつでもあると経営力の点数は著しく低下する。

 

当然のことながら、0点のエリアがひとつでもあると結果も0点になる。

 

 

経営力の合格ラインは?

 

経営力テストの合格ラインは、分析エリア7点×思考エリア7点×実行エリア7点=「経営力343点」である。

 

ちょうど、プロ野球の一流バッターの基準である3割強だ。

 

成功率が100発100中の経営者などこの世にいない。

 

失敗しながら成長していくのが無理のない姿である。

 

しかしながら、失敗続きでは会社経営は何れ行き詰る。

 

やはり、3割強の経営力がなければ成長発展を実現することは困難である。

 

中小企業において、会社の命運は、経営者ひとりが握っているといっても過言ではない。

 

会社の数字の活用法を習得し、数字の活用効果を最大化するための経営能力を高める努力が成功をもたらす。

 

たとえ、不得意分野があったとしても悲観する必要はない。

 

これから補って行けばいいのだ。

 

➡NEXT「統計学は経営に活かせる分析手法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ