中小企業の経営ノウハウ情報サイト

よく分かる財務諸表のミカタ

よく分かる財務諸表のミカタ

 

 

よく分かる「財務諸表のミカタ」

 

 

決算書、貸借対照表、損益計算書等々、会社の財務諸表を読み解かなければ会社の数字を把握することは出来ません。

 

財務諸表を読み解くには、仕組みと診るポイントを理解することです。また、大企業(上場企業)と中小企業では、会計の基準や考え方が違います。

 

会社の経営課題を明らかにするため、或いは、銀行や取引先、従業員の信頼を勝ち取るためにも、中小企業の会計基準や考え方を理解し、適切な財務諸表を作成することが大切です。

 

財務諸表を読み解くコツとポイントを紹介しています。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


よく分かる財務諸表のミカタ記事一覧

中小企業の会計基準と会計の考え方

全ての会社は商法に基づいて、「公正なる会計慣行を斟酌した」決算書を作成する義務が課せられています。しかしながら、大企業と中小企業では決算書を作成するうえでの会計の基準や考え方に大きな違いがあります。例えば、大企業(上場企業)の財務諸表は、税法の他、金融商品取引法、証券取引法、会社法、投資家保護法、国...

≫続きを読む

 

中小企業の財務諸表とは/見方と仕組み

財務諸表とは、会社の資産状況や業績状況等の経営状態を表す経営資料のことです。財務諸表を読み解くことが出来れば、会社の経営状態を理解することができます。逆に、財務諸表を読み解くことが出来なければ、会社の経営状態は一切理解できません。従って、財務諸表と会社経営は切っても切れない関係にあります。一般的に、...

≫続きを読む

 

貸借対照表とは/見方と仕組み

貸借対照表とは、会社の資産状況を表す経営資料です。貸借対照表には資金の調達方法と、調達した資金で購入した資産の保有状態が表されています。貸借対照表の構成を大別すると、資産の部、負債の部、資本の部の3つで構成されています。資金調達の手段を「負債の部(借金)と資本の部(自己資金)」で表し、調達した資金で...

≫続きを読む

 

損益計算書とは/見方と仕組み

損益計算書とは、会社の業績状況を表す経営資料です。損益計算書は、プロフィットアンドロス(Profit and loss statement)、略してP/L(ピーエル)とも呼ばれています。損益計算書は、営業取引、営業外取引、特別取引の「3つの収支」で構成されています。そして、3つの収支は、営業利益、経...

≫続きを読む

 

株主資本等変動計算書とは/見方と仕組み

株主資本等変動計算書とは、貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち、主に株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成される決算資料です。株主資本等変動計算書は、2006年5月に施行された「新会社法」で作成が義務付けられました。作成義務付けの理由は、同法で、株主...

≫続きを読む

 

キャッシュフロー計算書とは/見方と仕組み

キャッシュフロー計算書とは、会社のお金の流れを表した経営資料です。キャッシュフロー計算表は、中小企業においては商法上作成義務がありませんが、大企業においては、決算書を構成する財務諸表のひとつです。キャッシュフロー計算書は、キャッシュフロー(Cash flow statement)、略してC/Sとも呼...

≫続きを読む

 

会社の決算とは?決算の仕組み

会社の決算とは、会社の会計期間末に取引勘定記録をもとに収入と支出を計算し、保有資産残高と利益を確定させ、経営成績を明らかにする一連の手続きのことです。決算手続きに於いて作成される資料のことを決算書といいます。中小企業の決算書は、「貸借対照表」、「損益計算書」、「株主資本等変動計算書」の3つの資料で構...

≫続きを読む

 

月次決算書(月次試算表)とは

月次決算書とは、会計期間を1ヵ月に区切って作成する月単位の決算書のことです。月次決算書のことを、月次試算表、残高試算表ともいいます。月次決算書は、貸借対照表と損益計算書の2つの経営資料で構成されています。会社のひと月分の業績が集計されており、効率的な経営改善を行う上で必要不可欠な資料となります。従っ...

≫続きを読む

 

法人の確定申告とは

法人の確定申告とは、事業年度の課税標準(※1)を確定させて法人税額を決定するために、管轄税務署に必要な計算書類を申告する一連の手続きのことです。全ての法人は、事業年度終了日の翌日から2カ月以内に確定申告の手続きを取らなければなりません。確定申告は税務署から連絡が来るわけではありませんので、期限内に忘...

≫続きを読む

 

損益計算書の重要なチェックポイント

損益計算書とは、会社の業績状況を表す経営資料です。会社経営は業績を理解するところから始まりますので、損益計算書の情報を読み解く能力は経営者にとって必須条件となります。損益計算書の構成は下図の通りです。損益計算書の情報を読み解くうえで重要なチェックポイントは、赤枠で囲っている5つの利益です。経営者がチ...

≫続きを読む

 

貸借対照表の重要なチェックポイント

貸借対照表は、会社の資産状況を表す経営資料です。損益計算書が「経営の収益性」を表すのに対して、貸借対照表は「経営の質」を表します。例えば、100m走のタイムは「損益計算書(結果測定〔今この瞬間〕)」に記録され、100m走を走るための練習過程や体力は「貸借対照表(状態把握〔過去からの蓄積〕)」に記録さ...

≫続きを読む

 

倒産の危機を知らせる資本欠損とは?

資本欠損を理解するには、資本金の仕組みを理解する必要があります。資本金は、会社を設立するために必要な最初の運転資金です。そして、資本金が払い込まれて順調に会社経営がスタートすると、事業活動を通じて生み出された利益が会社に上積みされていき、会社の自己資本が徐々に増加していきます。自己資本とは、自分自身...

≫続きを読む

 

倒産状態に等しい債務超過とは?

債務超過を理解するには、資本金の仕組みを理解する必要があります。資本金は、会社を設立するために必要な最初の運転資金です。そして、資本金が払い込まれて順調に会社経営がスタートすると、事業活動を通じて生み出された利益が会社に上積みされていき、会社の自己資本が徐々に増加していきます。自己資本とは、自分自身...

≫続きを読む

 

減価償却費とは/見方と仕組み

減価償却とは、資産性の高い設備等を耐用年数に応じて費用化していく制度です。例えば、工場に機械設備を導入した場合、機械設備に投じた費用は、全て資産計上されます。なぜ、費用にならずに、資産に計上されるのかというと、機械設備等の資産性の高いモノは、ボールペンやノートのように消費財的な性格を伴っていないから...

≫続きを読む

 

リース資産とは/見方と仕組み

リース資産とは、リース契約に基づいて会社に導入した資産のことです。リース契約とは、お金を支払いモノを借りる取引のことで、広義的には、賃貸借取引のことです。中小企業の場合、パソコンや複合機などのOA機器をリース契約で導入するケースが多く見受けられます。リース契約の当事者は3者に集約されます。夫々の取引...

≫続きを読む

 

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒