中小企業の経営ノウハウ情報サイト

中小企業がとるべき経営戦略

中小企業がとるべき経営戦略

 

 

成長発展を支える「中小企業がとるべき経営戦略」

 

 

会社経営において、経営戦略は会社の将来を形作る重要な道しるべとなります。

 

正しい経営戦略のもとには明るい将来がやってきますが、誤った経営戦略のもとには明るい将来はやってきません。

 

中小企業の成長を後押しし、なお且つ、中小企業に適した経営戦略を紹介しています。

 

中小企業に適した経営戦略、骨太経営のコツとノウハウをご理解頂き、是非、経営に活かしてください。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


中小企業がとるべき経営戦略記事一覧

品質重視の経営戦略で会社の収益を上げる方法

商品やサービスの価値を計る基準のひとつに「品質」があります。高品質=高価,低品質=安価というように、「品質」は、商品やサービスの「価格」を決定づける重要な要素です。そして、商品やサービスの「価格」は、企業の収益力を決定づける重要な要素となります。例えば、競合他社よりも優位な価格帯で安定した需要を確保...

≫続きを読む

 

売上アップの施策|本業集中の経営戦略

売上アップの施策の代表例は、「新商品や新サービスの投入」、「新規市場の開拓」など等が挙げられます。新商品や新サービスの投入、新規市場の開拓は売上アップの施策として有効な面もありますが、闇雲に新商品を開発したり、新規市場の開拓に資金を投じたとしても、期待する結果はなかなか得られるものではありません。場...

≫続きを読む

 

ニッチ戦略でニッチ市場を創出し収益力を高める方法

ニッチ戦略とは、ニッチ市場の構築・保有を最優先とする経営戦略のことです。競争の少ないニッチ市場の構築・保有は、会社の安定経営を実現する一番の近道です。なぜなら、競争の少ないニッチ市場を保有することができれば、他社よりも優位な価格で勝負することができるからです。他社よりも優位な価格で販売できれば、収益...

≫続きを読む

 

会社経営を支える投資戦略の考え方

経営と投資は一心同体です。なぜなら、会社の投資活動が、会社成長の原動力となるからです。会社経営において投資は欠かせない活動のひとつですが、資金の調達手段に限りがあり、資本力の乏しい中小企業の場合、積極的な投資が仇となり倒産の危機に陥る会社も少なくありません。投資による経営の失敗リスクを抑えつつ、効率...

≫続きを読む

 

利益重視の経営戦略で会社の収益を上げる方法

中小企業が収益力を上げるためには、利益重視の経営戦略を展開しなければなりません。例えば、売上100円で利益が10円の商品と、売上50円で利益が20円の商品があれば、迷うことなく後者の商品を選択すべきです。売上は半減しますが、利益は2倍となります。収益力を高めたいのであれば、売上の多寡よりも、利益の多...

≫続きを読む

 

中小企業に適したファブレス経営戦略

ファブレスとは、自社で生産設備を持たずに、外部の協力工場に100%生産委託しているメーカーのことです。ファブレス経営は、自らは商品の設計やマーケティング、販売などに特化し、生産を外部の工場に委託することにより、小規模なメーカーでも製造設備の資産や人員を保有することなく、自由に製品を生産できる経営形態...

≫続きを読む

 

中小企業の売上拡大を図る経営戦略

中小企業の売上拡大を図る経営戦略は、十人十色、企業の数だけ戦略があります。従って、大手企業の販売ノウハウ、売上拡大のための成功ノウハウ本は役に立ちません。中小企業の売上拡大を実現するために必要なことは、正しいノウハウを理解し、行動することだけです。当然ながら、売上拡大の戦略ノウハウを理解して立ち止ま...

≫続きを読む

 

中小企業の利益拡大を図る経営戦略

会社の数字は、様々な事業収支の集合体で、形作られていきます。従って、会社の収益構造を正しく把握することができなければ、どこに利益の源泉があり、どこに損失の原因があるのかを発見することができません。中小企業が利益を拡大するには徹底的に事業の収支構造を分解し、損失(赤字)を排除することが大切です。例えば...

≫続きを読む

 

中小企業の補助金と助成金の活用戦略

中小企業の資金調達の手段のひとつに、国や地方自治体からの補助金と助成金があります。銀行融資とは違い、国や地方自治体からの補助金と助成金は原則的に返済義務がありません。従って、補助金と助成金は、中小企業にとって最も負担の少ない資金調達手段といえます。例えば、☑社員採用、或いは、アルバイトの社員化☑設備...

≫続きを読む

 

中小企業が独占市場を拡大する経営戦略

中小企業が独占市場(オンリーワン市場)を拡大するためには、市場に提供している事業価値を減少させないことが大切です。例えば、1kgの純金の延べ棒を100gに10分割すれば、価値も1/10に減少します。事業価値も同様、売上1店舗1,000万円の店舗を近隣に10分割すれば、価値が1/10まで減少する可能性...

≫続きを読む

 

人材育成を成功させる中小企業の戦略

会社の経営理念や方針に則り、営業、製造、開発等々、会社のあらゆる現場で手足を動かし会社の事業活動を推進しているのは社員です。社員の活動がなければ、業績が上がることはなく、事業は成立しません。また、経営計画、実績検証、計画改善計画の策定等々、あらゆる立派な経営政策や采配があったとしても、活動が伴わなけ...

≫続きを読む

 

失敗に学ぶ会社経営の戦略 その1

失敗に学ぶ会社経営の戦略 ケース1多くの経営者は成功に学ぶことに何の疑問も持っていません。しかしながら、成功は偶然の産物であり、成功の法則というものは存在しません。また、中小企業は人、モノ、カネ、情報が盤石でないため、大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しません。経営参考書に書かれて...

≫続きを読む

 

失敗に学ぶ会社経営の戦略 その2

失敗に学ぶ会社経営の戦略 ケース2多くの経営者は成功に学ぶことに何の疑問も持っていません。しかしながら、成功は偶然の産物であり、成功の法則というものは存在しません。また、中小企業は人、モノ、カネ、情報が盤石でないため、大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しません。経営参考書に書かれて...

≫続きを読む

 

失敗に学ぶ会社経営の戦略 その3

失敗に学ぶ会社経営の戦略 ケース3多くの経営者は成功に学ぶことに何の疑問も持っていません。しかしながら、成功は偶然の産物であり、成功の法則というものは存在しません。また、中小企業は人、モノ、カネ、情報が盤石でないため、大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しません。経営参考書に書かれて...

≫続きを読む

 

逆境を乗り越える中小企業の経営戦略

会社経営を続けていると、必ず逆境がやってきます。当然ながら、何も考えずに日々を過ごしていては、逆境がやってきたときに委縮してしまい、会社全体がパニックに陥ってしまいます。逆境を乗り越えるために必要な経営戦略は山ほどあります。逆境がやってきてから慌てて動いても手遅れです。逆境を乗り越えるには有事に備え...

≫続きを読む

 

中小企業に適した営業戦略の立て方

営業戦略の立て方を誤ると、貴重な営業力が無駄に終わってしまうことがあります。中小企業に適した営業戦略を立てるには、まず初めに、会社の将来像を決めるゴールを設定することが大切です。会社の将来像を決めるゴールを設定するうえで欠かせないのは会社の経営理念です。経営理念なくして、確かなゴールも会社の将来像も...

≫続きを読む

 

中小企業のブランディング戦略

ブランディングとは、会社名や商品・サービスの認知度を高める活動のことです。ブランディングの結果、会社名や商品・サービスの認知度が高まると、必然的にブランド力がついてきます。会社名や商品・サービスのブランド力が高まると市場影響度が高まり、競合他社よりも優位な立場で競争を展開することが可能となります。な...

≫続きを読む

 

ブルー・オーシャン戦略は中小企業を救う

ブルー・オーシャン戦略とは競争のない市場を創出し、競争自体を無意味化する経営手法のことです。ブルー・オーシャンとは字のごとく、見渡す限り地平線が見渡せる青々とした大海原を表します。視界を阻む障害物は何もなく、競争のない世界観を表した言葉です。ブルー・オーシャンを気ままなペースで航海できたらどんなに気...

≫続きを読む

 

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒


 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ