中小企業の経営ノウハウ情報サイト

持続的成長が難しい会社の特徴

持続的成長が難しい会社の特徴

 

 

反面教師に最適な「持続成長が難しい会社の特徴」

 

 

経営の原理原則を理解せずに会社経営を続けていると、優れた技術や資源があるにも関わらず、短命で終わる会社がたくさんあります。

 

持続成長が難しい会社の特徴を紹介しています。

 

持続的成長のコツをご理解いただくと共に、反面教師として経営に活かしてください。

 

失敗から学ぶ経営姿勢は安定経営の秘訣です。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


持続的成長が難しい会社の特徴記事一覧

経営者の仕事は持続的成長にあり

経営とは、営みを継ける(続ける)ということです。従って、経営者の最も大切な仕事は、会社経営を破綻させないために「持続的成長」を成し遂げることに尽きます。会社の持続的成長なくして、企業の存続はありません。そして、持続的成長を成し遂げるには、経営者が然るべき「経営者の仕事」を全うしなければなりません。と...

≫続きを読む

 

中小企業の事業承継の課題と三代目経営者の宿命

「長者三代続かず」とは、お金持ちは三代目で破産するということわざです。会社経営も同様、創業者から数えて三代目で会社を潰す例が非常に多いです。特に中小企業の場合は、その傾向が顕著です。下のグラフは、私自身が過去に会社再建に関わった会社の代表者の代数を表したものです。ご覧の通り、会社が倒産の危機を迎える...

≫続きを読む

 

保身に走る組織は持続的成長が困難

保身に走る組織に明るい未来はありません。組織の自己保身が原因で経営に失敗した会社は沢山ありますし、長い歴史を振り返っても、失敗の実例は山ほどあります。保身に走る組織の特徴的な症状を挙げると、・失敗の隠蔽(表面化すると問題になるので、ひとまず隠す)・責任のなすりつけ(ひとまず他人のせいにして自分の言動...

≫続きを読む

 

会社の強みがない会社は持続的成長が困難

中小企業は、大企業と同じような安価で画一的に大量生産される商品、もしくはサービスと同じ土俵で勝負しても、勝てる見込みはありません。中小企業が大企業に勝つには、「大企業の商品やサービスと比べて如何に差別化できているか」、つまり、会社独自の強みを持っているか否かが会社存続の重要なポイントとなります。従っ...

≫続きを読む

 

離職率の高い企業は持続的成長が困難

経営者の役割は経営資源を最大限に有効活用して黒字経営を継続することです。有効活用すべき会社の経営資源には、ヒト、モノ、カネ、情報、経営ノウハウ、会社の強み、会社の理念、経営方針、、、等々、沢山ありますが、この中で、一番、管理が困難でありながら、一番重要な経営資源があります。それは、何でしょうか?答え...

≫続きを読む

 

後継者を育成しない会社は持続的成長が困難

会社経営は、社長である経営者がいなければ成り立ちません。特に、中小企業においては、会社の業績が経営者の能力に比例しますので、経営者の存在は重要です。当然ながら、経営能力の高い経営者が会社にいる限りは、会社の寿命は永遠に続くかも知れませんが、経営能力の高い経営者が会社からいなくなれば、状況が一転し、会...

≫続きを読む

 

広告塔に頼った会社は持続的成長が困難

中小企業の場合、会社の広告塔は経営者自身であることが多いです。会社のことも、商品のことも、全てを熟知しているのは経営者自身ですので、それが自然な姿であり、経営者=営業本部長(宣伝部長)という会社も少なくないと思います。会社の商品やサービスに一番の自信を持っている経営者自身が、自負を持って会社の宣伝を...

≫続きを読む

 

経営の多角化に失敗する会社は持続的成長が困難

本業が成功して資金に余裕が出てくると、多角化に乗り出す経営者が稀にいます。事業の多角化は収益のリスク分散に繋がりますので決して悪い選択ではありませんが、資金が豊富な大企業と比べて、中小企業にはリスクのある経営判断です。なぜなら、多角化とは、本業とは違う分野で事業を成功させる、ということだからです。会...

≫続きを読む

 

経営努力なくして会社の成長なし

経営努力を継続しなければ、会社が持続的安定成長を遂げることはありません。しかしながら、ごく稀に、経営努力をしなくても会社経営がうまく運ぶことがあります。例えば、ふとしたきっかけでヒット商品が生まれて、一気に会社の経営が安定するということがあります。ヒットするまでは日々汗をかいて会社経営に没頭していた...

≫続きを読む

 

ワンマン経営の会社は持続的成長が困難

ワンマン経営とは、独裁色の強い経営者が会社に君臨して、独りで経営の采配をしている状態のことです。創業から一代で会社経営を長く行っていると、ワンマン経営に陥りやすい傾向にあります。ワンマン経営の強みは、意思決定のスピードが速いことです。ワンマン社長が独りで経営判断を次々と裁決していきますので、経営判断...

≫続きを読む

 

流行に乗った商売は危険が多い

流行に乗った商売は、上がるのも早いですが、下るのも早いです。従って、流行は、経営者が最も注意すべき事象です。最も避けるべき行動は、流行に乗った商売、或いは、新規事業を安易に始めないということです。商売を始めたころには流行が終わり、オープンしてみたら閑古鳥というパターンがあるからです。このように、流行...

≫続きを読む

 

カリスマ社長がいる会社は持続的成長が困難

社員や関係者が、自分の会社の社長のことを教祖のように崇めている場合があります。教祖のように崇められるほどカリスマ性が強い、、、いわゆる、「カリスマ社長」です。カリスマ社長の会社は一代で急成長、もしくは、安定経営を実現するケースが多いですが、やはり、二代目で業績が悪化し、三代目で倒産に傾くリスクが高い...

≫続きを読む

 

キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長が難しい

会社は現金で始まり、現金で終わります。つまり、会社の現金が底をつくと、会社が倒産するということです。会社の現金の流れのことを、キャッシュフローといいます。経営用語で「現金の流入と流出」を意味します。現金の流入より流出が少ないと、キャッシュフローがプラスで黒字、現金の流入より流出が多いと、キャッシュフ...

≫続きを読む

 

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒


 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ