組織が保身に走る心理

保身に走る組織は持続的成長が困難

保身に走る組織は持続的成長が困難

 

保身に走る組織に明るい未来はありません。

 

組織の自己保身が原因で経営に失敗した会社は沢山ありますし、長い歴史を振り返っても、失敗の実例は山ほどあります。

 

保身に走る組織の特徴的な症状を挙げると、

 

・失敗の隠蔽(表面化すると問題になるので、ひとまず隠す)

 

・責任のなすりつけ(ひとまず他人のせいにして自分の言動を正当化する)

 

・イエスマンの増殖(本当はノーだけど、ひとまずイエスといっておく)

 

・問題の先送り(目の前の問題を解決せずに、ひとまず放置する)

 

・事なかれ主義(ひとまず悪いことを見て見ぬふりをする)

 

など等ありますが、何れも組織を無責任集団に仕立て上げる由々しき症状です。

 

このような症状を改善することなく放置していると、時間の経過と共に組織の責任感が麻痺していきます。

 

万が一、無責任集団に陥ってしまうと、

 

①有能な人材がいなくなる

 

②組織の不協和音が大きくなる

 

③新しいことにチャレンジしなくなる

 

④お客様へのサービスが低下し、業績が下降する

 

⑤責任のなすりつけ合いが激化する → ①に戻る

 

という悪循環が始まり、業績悪化のスパイラルから抜け出せなくなってしまいます。

 

当然ながら、どこかで軌道修正することができなければ、会社は倒産してしまいます。

 

保身に走る組織の最初の犠牲者は「社員」で、その次は「お客様」ですが、最後は、巡り巡って経営者自身に回ってくるのです。

 

 

保身に走る組織を作らない秘訣

 

組織が保身に走る理由にはワケがあります。

 

例えば、「自分ひとりの立場が悪くなる」、「やっても報われない」、「やってもやらなくても変わらない」などの状況は保身を生み出す原因になります。

 

このような状況を解消する方法として有効なのは、「信賞必罰」と「連帯責任」です。

 

 

信賞必罰

 

信賞必罰(しんしょうひつばつ)とは、賞罰を厳格に行うことをいいます。

 

賞すべき功績のある者には必ず賞を与え、罪を犯し、罰すべき者は必ず罰するという意味ですが、金銭が伴わない信賞必罰でも全く問題ありません。

 

経営者から社員に対する「賞賛」、或いは、「叱責」だけで十分に機能します。

 

問題は、経営者の目が曇っていないかどうかです。

 

例えば、経営者の良否や善悪の判断基準が偏っている、或いは、曖昧では、信賞必罰ではなく、依怙贔屓や不公平感を生み出すだけとなり、かえって保身に走る社員を増やすだけという結果になりかねません。

 

経営者が公平な基準を持ち、信賞必罰を実行することが大切なのです。

 

 

連帯責任

 

連帯責任(れんたいせきにん)とは、関わったもの全員が共同で責任を負うことをいいます。

 

わたしの場合、連帯責任と言われると、すぐに軍隊を思い浮かべます。

 

祖父が職業軍人、叔父と従弟が自衛隊という、割かし軍隊に馴染みのある環境で育ったことも影響しているのかも知れませんが、身内の軍隊話を聞くと連帯責任が徹底されていることに驚きます。

 

強い人も弱い人も、できる人もできない人も軍隊の中では横並びです。誰かが失敗したら全員で責任を取る。弱い人やできない人に責任を押し付けることなく、組織全体の責任と受け止めて、素直に罰を受け入れる。

 

このような連帯責任が徹底されていると、強い人や出来る人が弱い人や出来ない人を助ける土壌が自然と生まれ、組織の力が底上げされるそうです。

 

A隊員:「自分が失敗しました。自分の責任であります。」

 

B隊員:「いやチェックしなかった自分の責任であります。」

 

C隊員:「いや昨日のうちにチェックしなかった自分の責任であります。」

 

と失敗の隠蔽がなされるどころか、みんなで失敗の責任を取り合う始末になる場合もあるようです。

 

会社組織で連帯責任をうまく機能させるには、罪を引きずらないことが大切です。

 

「誤ったら許す」という「罪を憎んで人を憎まず」の基本スタンスが組織全体に浸透していない限りは、連帯責任がうまく機能することはありません。

 

誤っても許されないと分かっている人間が自分の非を素直に認めるでしょうか?

 

むしろ、保身に走る社員が増えてしまうことは容易に想像ができるでしょう。

 

社員のミスは、上司の責任でもあり、上司の監督である経営者の責任でもあります。

 

一方、上司のミスは上司と経営者の責任、経営者のミスは経営者ひとりの責任です。

 

社員のミスを、社員ひとりの責任として押し付けていませんか?

 

経営者と上司のミスを、社員の責任として押し付けていませんか?

 

保身に走る組織の結末は哀れなものです。

 

時には、冷静かつ公平な目で組織を振り返ってみるのもおススメです。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営者の仕事は持続的成長にあり
経営者の最も大切な仕事は会社の持続的成長を成し遂げて会社経営を破たんさせないことです。持続的成長を実現するために欠かせない経営者の仕事を紹介しています。
中小企業の事業承継の課題と三代目経営者の宿命
中小企業は三代目で会社を潰す例が多いです。わたしの経験上でも倒産の危機を迎えるのは三代目が6割弱と最も多い傾向にあります。中小企業の事業承継が如何に難易度の高いことか理解できると思います。では、何故?三代目が会社を潰すのでしょうか?
会社の強みがない会社は持続的成長が困難
会社の強み(キーテクノロジー)を持っていない会社は持続的成長が困難です。更に価格しか競合他社に勝てる要素がないのであれば長期的な会社の存続は難しいです。価格以外の会社の強みを持たなければ、会社経営は何れ行き詰ります。
離職率の高い企業は持続的成長が困難
離職率の高い会社は持続的成長が難しいです。なぜなら、ヒト、即ち社員の能力を最大限に活用できれば会社の業績がみるみる良くなるからです。逆にいえば、社員の活用ができなければ、社員は会社の業績の足を引っ張る存在になるだけです。
後継者を育成しない会社は持続的成長が困難
会社経営は社長である経営者がいなければ成り立ちません。更に会社経営を引き継ぐ後継者がいなければ会社はいとも簡単に終わってしまいます。後継者育成は長期的な会社経営を実現するために避けては通れない経営者の大切な仕事です。
広告塔に頼った会社は持続的成長が困難
代表者自身が著名人で、なお且つ、会社の広告塔である場合、会社が成長する過程で商品力やサービス力を磨く努力や広告塔のネームバリューに頼らない経営努力を怠ると、広告塔の寿命と共に会社の寿命も尽きてしまいます。
経営の多角化に失敗する会社は持続的成長が困難
経営者自身が他の事業分野に関しては経営の素人であることを忘れて多角化に乗り出した結果、新規事業が失敗に終わるケースは少なくありません。多角化に失敗すると、会社には負債が残ります。本業の利益も多角化失敗の穴埋めに使われることになります。
経営努力なくして会社の成長なし
経営努力を継続しなければ会社が持続的安定成長を遂げることはありません。会社の成長は経営者が立ち止まった途端に止まってしまいます。中小企業は経営者の能力がそのまま会社の業績に反映されますので、その影響は決して小さくありません。
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。傲慢で私欲にまみれたワンマン社長の行きつく先は「裸の王様」です。
流行に乗った商売は危険が多い
流行は博打的要素が強くマイナスの副作用が大きいです。もしも、会社が流行に乗った場合は気を引き締めて経営采配しなければなりません。流行に上手に対応する経営の秘訣を紹介しています。
カリスマ社長がいる会社は持続的成長が困難
カリスマ社長の会社は一代で急成長するケースが多いですが、二代目で業績が悪化し、三代目で倒産に傾くケースが多いように思います。カリスマ社長がいる会社の次世代の後継者がとるべき行動はひとつです。それは「基本に忠実になること」です。
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長が難しい
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長を遂げるのが難しいです。例えば、キャッシュフローを重視せず、現金収支が大きくマイナスに陥ってしまうと、支払いに充当する現金が底をつき、黒字経営であっても倒産することがあります。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ