多角化の失敗が成長を阻む

経営の多角化に失敗する会社の末路

経営の多角化に失敗する会社の末路

 

経営の多角化に乗り出した結果、その多角事業が失敗に終わる中小企業は少なくない。

 

経営の多角化に失敗すると、会社には負債だけが残る。

 

銀行融資で多角化を進めていれば借金だけが残る。

 

当然ながら、本業の利益も、多角化失敗の穴埋めに使われることになる。こうなると、会社が倒産に傾くのは時間の問題だ。

 

多角化失敗の末路は悲惨なものだが、本業が成功して資金に余裕が出てくると、多角化に乗り出す中小企業経営者は少なくない。

 

事業の多角化は収益のリスク分散に繋がるので決して悪い選択ではないが、資金が豊富な大企業と比べて、中小企業にはリスクのある経営判断である。

 

なぜなら、多角化とは、本業とは違う分野で事業を成功させる、ということだからだ。

 

会社を新たに立ち上げて事業を成功に導くのと同様、多角化の事業成功率は極めて低い。

 

従って、中小企業が会社の持続的成長を狙うのであれば、競合他社に圧倒的な差をつけるための本業への成長投資が、最も優れた経営判断ということになる。

 

例えば、

 

☑設備投資を行い製造効率を飛躍的に向上させる

 

☑商品の品質改善を行い、付加価値を飛躍的に向上させる

 

☑ITのインフラ投資を行い購入者の利便性を飛躍的に向上させる

 

等々、本業で生み出した利益を本業に還元投資すれば、競合他社に圧倒的な差をつけることができ、会社の経営基盤は益々安定したものになる。

 

冷静に考えれば理解できそうなものだが、利益が拡大し資金がダブついてきたり、経営者同士の交友で新しい事業分野に興味を持ったり、隣の芝生が青く見えたり、等々、その動機は様々だが、多角化に走る中小企業経営者は後を絶たない。

 

「経営者自身が、他の事業分野に関しては経営の素人であること」を忘れて多角化に乗り出した場合の多角化事業の失敗確率は極めて高い。

 

多角化に走る前にすべきことは沢山ある。

 

失敗の代償を払う前に、冷静に立ち止まって考えることも、時には必要なのだ。

 

 

経営の多角化の前にすべきことがある!!

 

中小企業は経営の多角化を目指さず、オンリーワンの分野でナンバーワンになることが、最も美しい姿である。

 

もし既に、本業が成功している会社であれば、その地位を築くことは簡単なことだ。

 

「ひたむきに本業を成長させる経営努力を続けること」、ただそれだけである。

 

下図は、中小企業が市場創出を検討する際に活用する事業戦略マトリックスだ。

 

 

 

『既存×既存』の本業分野

 

「既存×既存」は、既存の市場と顧客×既存の技術・ノウハウで形成される事業分野である。

 

この分野を「本業」という。

 

じつは、多くの会社で本業に対する深堀アクションが疎かにされている。

 

☑既存の市場や顧客の拡大

 

☑既存の技術やノウハウを使った用途開発、商品開発、品質改良、生産性改善等々

 

慣れ親しんだ本業分野であっても、考えれば考えるほど至らない点が沢山出てくるものだ。

 

会社の持続的成長基盤を盤石にするには、多角化に走る前に、本業分野の深堀りアクションを徹底的にやり尽くすことが欠かせない。

 

至らない点を解消するひたむきな経営努力を続けていけば、徐々に競合他社よりも優位な立場に立つことができる。

 

一度競合他社よりも優位な立場に立ってしまえば、そこから落ちることはそうそうない。

 

 

『新規×新規』の危険な多角化分野

 

「新規×新規」は、新規の市場と顧客×新規の技術・ノウハウで形成される事業分野である。

 

この分野を「素人の多角化事業」という。

 

一般的に、多角化に伴う新規事業資金は本業で稼いだ「利益」になるが、”お金はあるが知恵がない”というのが「素人の多角化事業分野」である。

 

この分野で事業を成功に導くのは至難の業だ。また多角化で失敗するケースの殆どはこの分野に該当している。

 

「素人の多角化事業」は、中小企業が最も手をつけてはならない危険な分野である。

 

経営者自身が「素人の多角化分野」にどうしても乗り出したいというのであれば、経営者個人の資金で事業を始めるのが望ましい。

 

なぜなら、会社として多角化に乗り出して失敗して、万が一、会社が倒産するようなことになったら、経営者のみならず、社員や家族、関係者全員を不幸にしてしまうからだ。

 

多角化ではなく、本業への成長投資が長期的な安定経営の秘訣だ。

 

➡NEXT「会社の強みを見誤ると衰退する」へ

 

 

 

無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」

 

無料オンライン経営講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している儲かる会社経営の極意を説いた経営講座です。プロの経営術を習得したい中小企業経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」はこちら

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ