ワンマン社長が中小企業を滅ぼす

ワンマン経営の会社は持続的成長が困難

ワンマン経営の会社は持続的成長が困難

 

ワンマン経営とは、独裁色の強い経営者が会社に君臨して、独りで経営の采配をしている状態のことです。

 

創業から一代で会社経営を長く行っていると、ワンマン経営に陥りやすい傾向にあります。

 

ワンマン経営の強みは、意思決定のスピードが速いことです。

 

ワンマン社長が独りで経営判断を次々と裁決していきますので、経営判断が当たり続ければ会社は急成長していきます。

 

会社創業から10年くらいはワンマン経営の方がスピード感があり時流に乗りやすい面があると思います。

 

しかしながら、天才的な経営の才能があったとしても、会社経営は生き物のようなものですので、全ての采配が見事に当たることは、まずありません。

 

また、長期的な会社経営を目指すのであれば、会社創業から10年を超えて会社経営が安定してきた段階で、ワンマン経営から徐々に抜け出し、チームでの経営体制に移行した方が望ましいです。

 

なぜなら、長期的にワンマン経営を続けていくと、会社に様々な弊害をもたらすからです。

 

 

ワンマン経営の弊害と行きつく先は!?

 

会社は経営者ひとりのものではありません。

 

社員もいますし、取引先も関わっています。またその背後には、関係者の家族もいます。

 

関係者全員の総意を会社経営に反映することは難しいですが、社員の理解を得ずに社長の独断で物事を決めていくと、いつしかワンマン経営の弊害が出てくるものです。

 

会社経営の全責任を一心に背負い、公明正大な姿勢でリーダーシップを発揮しているワンマン経営であれば問題ありませんが、ひとりの経営者が10年、20年と会社の頂点に居座り続けると初心が薄らぐものです。

 

長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。

 

ワンマン経営の弊害の代表例をご紹介いたします。

 

 

ワンマン経営の弊害「イエスマンの増殖」

 

ワンマン社長の独裁色が強まると、自分の意見に同調しない社員と距離を置き、自分の意見に同調する社員を重宝する傾向が強くなります。

 

この状況が長く続くと、役員から一般社員まで、イエスマン揃いとなり、指示待ち症候群の組織となってしまいます。

 

会社組織として、これほど軟弱な体制はありません。

 

また、有能な社員が会社に意見を提案したり、有能な役員が社長の言動を諫めたとしても、その提案や諫言がワンマン社長の意にそぐわないと、有能な社員も有能な役員も、会社の中枢から遠ざけれらてしまうことがあります。

 

自ずと、有能な人材が続々と社外に流出し、会社の組織は、益々、イエスマン天国となってしまいます。

 

イエスマン天国は、ワンマン経営の末期状態です。

 

過去に再建調査に入った会社でのことです。

 

年商50億を売り上げており、その地域のなかでは業界1位のシェアを持つ会社でした。

 

創業から長期にわたって安定的に成長していて順調な会社経営を実現されていましたが、数年前に出店した新規営業所が大赤字になり、会社が黒字経営から赤字経営に転落していました。

 

新規営業所の赤字額は年間2億です。改善の見込みはなく、5年も放置すれば10億円の赤字です。現場も視察しましたが、立地条件が悪く、出店前に黒字経営が困難であることは容易に想像がつきそうなものでした。

 

経営者に対して「何故出店したのか?」と尋ねたところ、

 

「役員、部長含め、全員賛成のうえでの出店だった」

 

と返答されました。

 

つぎに、経営者のいない会議室で意思決定に関わった当時の役員と部長に同じ質問を投げかけました。

 

役員と部長からは、

 

「あの場では言えなかったが、心の中では全員、反対でした」

 

と、経営者とは真逆の答えが返ってきました。

 

 

この会社は、創業者が長く経営のトップとして経営の采配をとっていました。

 

そして、経営者自身も気がつかない間にワンマン経営に陥り、いつしか組織がイエスマンだらけになっているという典型的なケースでした。

 

経営者が部下からの進言を受け入れる度量を示さないと、会社はいつしか恐怖政治となり、ワンマン経営に拍車がかかります。

 

この場合、意思決定に関わった役員、部長は責められません。やはり、ワンマン経営を推し進めた経営者の責任が一番重いと言わざる得ません。

 

このように、

 

創業から順調に経営されている会社であっても、ワンマン経営に陥っている会社の場合は、ワンマン社長のたった一つの誤った経営判断で会社が倒産に傾くことがあります。

 

ワンマン社長になりたくなければ、時には経営者にとって耳の痛い内容であったり、意に反する意見であっても、受け入れられる度量が必要です。

 

 

ワンマン経営の弊害「ナンバー2不在」

 

長期的にワンマン社長の経営体制が続くと、本来、経営判断を司るべき立場にいる役員や部長の経営判断能力が一向に磨かれません。

 

組織上では役職者が存在したとしても実質的にワンマン社長のワントップ体制で会社が経営されている場合、役職者は会社経営に参加していない状態に等しくなります。

 

これでは経営者の代わりに会社経営の采配を揮うナンバー2は育ちません。

 

経営者自身が元気であれば問題ありませんが、経営者の身に万が一のことがあったらどうするのでしょうか?

 

経営判断は、責任ある立場で繰り返し経験しなければ、一朝一夕に磨かれるものではありません。

 

経営のナンバー2不在の状態でワンマン社長が会社から居なくなってしまったら、その会社の成長はそこで止まってしまいます。

 

何かしら重要な経営判断に直面したら、恐らく、戸惑ってしまうでしょう。

 

 

 

中小企業はワンマン経営が当たり前!?

 

中小企業の経営体制はワンマン経営の方が圧倒的に多いと思います。

 

むしろ、ワンマン経営ではない経営体制の方が珍しいといってもいいかも知れません。

 

そして、ワンマン経営であっても元気よく業績を伸ばしている中小企業があるのも事実です。

 

しかしながら、そのような会社には、社長の右腕と呼ばれるナンバー2の存在や、社員の気持ち忖度する社長の人望の厚さがあったりします。

 

社長のアイデアをどんどん具現化していく社長の右腕と呼ばれるナンバー2の存在、或いは、人望の厚い社長の存在は、行き過ぎたワンマン経営のうえにはなかなか成立するものではありません。

 

右腕を育てる、或いは社員への気遣いを丁寧にするという社長の意識ひとつでワンマン経営の性質はガラリと変わります。

 

 

成功しているワンマン経営社長の特長とは?

 

成功しているワンマン社長の特長として挙げられるのは「数字に強い」という面です。

 

数字は経営判断、或いは、指揮命令の正しい根拠となり得ますので社員の反発を受けにくいというメリットがあります。

 

そして、数字に強いワンマン社長が駆使しているのが管理会計です。

 

管理会計とは財務諸表等の経営データの数値を有益な情報に変換、管理、運用し経営力を高める会計手法のことです。

 

管理会計は決して難しいものではありません。例えば、収益性を示す売上総利益高営業利益率のモニタリングも立派な管理会計です。四則演算(加減乗除・+-×÷)の世界ですので、簿記や会計の知識ゼロであっても誰でも習得することができます。

 

管理会計は会社経営を志す全ての方にお薦めの経営技術です。

 

⇒⇒管理会計の基礎習得に役立つ「中小企業に適した経営指標と経営分析手法」はこちら

 

 

無料経営講座「会社を永遠に成長発展させる原理原則が分かる」

 

無料オンライン講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が事業成長の真理を説いた経営講座です。確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「会社を永遠に成長発展させる原理原則が分かる」はこちら

 

 

 




 


人気記事ランキングTOP3


数字に弱い社長が比較的短期間で数字に強くなる方法があります。その方法は「管理会計を導入」することです。簿記や会計の知識ゼロであっても誰でも習得することができます。

管理会計とは決算書の数値を、有益な情報に変換、管理、運用し、企業の経営力を高める会計手法のことです。

ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営者の仕事は持続的成長にあり
経営者の最も大切な仕事は会社の持続的成長を成し遂げて会社経営を破たんさせないことです。持続的成長を実現するために欠かせない経営者の仕事を紹介しています。
中小企業の事業承継の課題と三代目経営者の宿命
中小企業は三代目で会社を潰す例が多いです。わたしの経験上でも倒産の危機を迎えるのは三代目が6割弱と最も多い傾向にあります。中小企業の事業承継が如何に難易度の高いことか理解できると思います。では、何故?三代目が会社を潰すのでしょうか?
会社の強みがない会社は持続的成長が困難
会社の強み(キーテクノロジー)を持っていない会社は持続的成長が困難です。更に価格しか競合他社に勝てる要素がないのであれば長期的な会社の存続は難しいです。価格以外の会社の強みを持たなければ、会社経営は何れ行き詰ります。
離職率の高い企業は持続的成長が困難
離職率の高い会社は持続的成長が難しいです。なぜなら、ヒト、即ち社員の能力を最大限に活用できれば会社の業績がみるみる良くなるからです。逆にいえば、社員の活用ができなければ、社員は会社の業績の足を引っ張る存在になるだけです。
後継者を育成しない会社は持続的成長が困難
会社経営は社長である経営者がいなければ成り立ちません。更に会社経営を引き継ぐ後継者がいなければ会社はいとも簡単に終わってしまいます。後継者育成は長期的な会社経営を実現するために避けては通れない経営者の大切な仕事です。
広告塔に頼った会社は持続的成長が困難
代表者自身が著名人で、なお且つ、会社の広告塔である場合、会社が成長する過程で商品力やサービス力を磨く努力や広告塔のネームバリューに頼らない経営努力を怠ると、広告塔の寿命と共に会社の寿命も尽きてしまいます。
経営の多角化に失敗する会社は持続的成長が困難
経営者自身が他の事業分野に関しては経営の素人であることを忘れて多角化に乗り出した結果、新規事業が失敗に終わるケースは少なくありません。多角化に失敗すると、会社には負債が残ります。本業の利益も多角化失敗の穴埋めに使われることになります。
経営努力なくして会社の成長なし
経営努力を継続しなければ会社が持続的安定成長を遂げることはありません。会社の成長は経営者が立ち止まった途端に止まってしまいます。中小企業は経営者の能力がそのまま会社の業績に反映されますので、その影響は決して小さくありません。
カリスマ社長がいる会社は持続的成長が困難
カリスマ社長の会社は一代で急成長するケースが多いですが、二代目で業績が悪化し、三代目で倒産に傾くケースが多いように思います。カリスマ社長がいる会社の次世代の後継者がとるべき行動はひとつです。それは「基本に忠実になること」です。
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長が難しい
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長を遂げるのが難しいです。例えば、キャッシュフローを重視せず、現金収支が大きくマイナスに陥ってしまうと、支払いに充当する現金が底をつき、黒字経営であっても倒産することがあります。