中小企業の経営ノウハウ情報サイト

会社経営で大切なこと

会社経営で大切なこと

 

 

「抑えるべき会社経営で大切なこと」

 

 

会社経営において、経営者の勘の鋭さやカリスマ性の高さは重要な要素のひとつですが、会社を安定的に成長させるために必要な大切な要素は他にも沢山あります。

 

経営者が自身の能力を過信して会社経営で大切なことを見落としてしまうと、取り返しのつかない事態を招き寄せるリスクが高まります。

 

安定経営の第一歩は経営の原理原則を学ぶことからです。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


会社経営で大切なこと記事一覧

中小企業の経営実態とは?

日本国内の中小企業(※1)の数は約430万社(※2)です。大企業を含めた全企業数に占める中小企業の割合は99.7%(※2)です。中小企業の従業員数は2,800万人(※2)で、大企業を含めた全従業員数に占める割合は約70%(※2)です。つまり、日本で働く10人に7人は中小企業に勤めていることになります...

≫続きを読む

 

会社経営の基本原則とは?

会社を経営するとはどういう事なのか?家業を守る為、社会に貢献する為、ヒトを育てる為、など等、経営者によって考えが分かれるかも知れませんが、突き詰めて考えると一つの結論に行き当たります。経営とは「営みを経ける(続ける)こと」です。経営という仕事の意味を鍋で煮詰めていくと、最後に残るのは、この一点に尽き...

≫続きを読む

 

中小企業の寿命は永遠か?

日本国内で株式会社は毎年どのくらい誕生しているのでしょうか?日本国内における株式会社は、毎年8万社強の株式会社が誕生しています。その一方で、実に、2万5千社もの株式会社がその寿命を終えています。株式会社の99%以上が中小企業ですので、この数字は中小企業の実態を表しています。この数字からも分かる通り、...

≫続きを読む

 

事業を永遠に継続させる方法

事業を永遠に継続するために欠かせない条件は次の二つです。・黒字経営を継続すること・利益を拡大し続けること会社の黒字経営を継続する秘訣は難しくありません。会社経営の原理原則を学んだうえで会社の数字をしっかり把握し、日頃から小さな赤字経営のリスクを摘み取り続けることです。毎日毎日、小さな赤字経営のリスク...

≫続きを読む

 

会社の業績が低迷する原因と対策

中小企業の業績が低迷する原因は様々ですが、ある日突然、会社の業績が低迷することはありません。会社の業績が低迷する原因には、必ず予兆があります。当然ながら、業績低迷の予兆を見逃してしまうと、ずるずると業績が低迷していき、復活のきっかけが掴めないまま、もがき苦しむ経営状況に陥る可能性が高まります。会社の...

≫続きを読む

 

会社の安定経営を実現する秘訣

会社の安定経営を実現するためには、次のふたつのポイントが大切です。・安定的に利益を出すこと・継続的に成長投資を行うこと成長投資なくして、会社の安定経営はあり得ません。そして、投資を行うには原資となる利益を出さなければなりません。利益がないのに投資を行うと、過剰投資となり会社倒産のきっかけになる場合が...

≫続きを読む

 

経営者が業績に責任を持つ理由

会社の代表者である経営者は、意思決定の最高責任者でもあります。副社長以下は自身の決断を委ねる相手がおりますが、経営者は意思決定の最後の砦であり、全て自分の責任で決断をしなければなりません。会社の事業活動は意思決定の連続で構成されていますので、事業活動の結果である「業績(※1)」に対する経営者の責任は...

≫続きを読む

 

社員のモチベーションを上げる方法

社員のモチベーションをどう維持し、どのようにして上げていくか?社員のやる気をあげるために如何に動機づけをしていくか?多くの中小企業が悩む課題かと思います。組織力は会社の業績に直結する重要な要素です。従って、社員のモチベーションと共に組織力を上げることが出来れば、業績は自ずと上向いていきます。実は社員...

≫続きを読む

 

明確な経営目標は将来性を形作る

会社を創業からたった一代で大企業並みに拡大し、大成功を収めた経営者は多くありません。二代目、三代目と会社を継いだ後継者であっても、なかなか大企業レベルの規模まで成長させることは難しいものです。この手の成功を収めることのできた経営者は秀でた才能を持っていたのかも知れませんが、決して才能だけで成功を収め...

≫続きを読む

 

経営者の孤独は解消できるか?

経営者は孤独です。経営者には、社内に本音を打ち明けられる相手がいません。社外に相談相手を見つけるのも大変です。家族でさえ、心から理解してくれることはありません。そのような状況下で社員全員の生活を保証し、業績に責任を持たなくてはなりません。業績が不安定だと、ひとりで不安と向き合わなければなりません。こ...

≫続きを読む

 

経営者のハッピーリタイアメント

会社の経営者に定年はありません。会社のオーナー兼経営者であれば、なおさらです。とはいっても、一生、仕事人間では、、、人生の楽しみや喜びを満足に得られないでしょう。経営者がハッピーリタイアメントを実現したいのであれば、”経営者自身”と”会社を承継する側の人間”が、共に幸せになれる方法で会社を承継するの...

≫続きを読む

 

経営者に必要な資質 その1

会社経営の本質は黒字経営を継続し、未来永劫、会社経営を続けることです。そのために経営者は、長期的な会社経営を実現するために必要な資質を身につけなくてはなりません。果たして、経営者に必要な資質とは、、、。黒字経営を実現している社長黒字経営の実現は、経営者に必要な資質の絶対条件です。なぜなら、赤字経営は...

≫続きを読む

 

経営者に必要な資質 その2

会社経営の本質は黒字経営を継続し、未来永劫、会社経営を続けることです。そのために経営者は、長期的な会社経営を実現するために必要な資質を身につけなくてはなりません。身につけるべき経営者に必要な資質は、「黒字経営を実現している社長」、「謙虚な社長」、「相手の立場に立てる社長」、「頭を下げられる社長」のほ...

≫続きを読む

 

経営者に必要な能力が不足した場合の弊害 その1

経営者に必要な能力が不足した場合の弊害 その1倒産の危機に瀕するような会社の経営者は総じて経営能力が低いです。経営者に必要な能力が不足した場合の弊害は、会社の業績悪化だけに止まりません。経営能力が低いと会社の業績悪化を招くだけでなく、社員のストレスの元凶となり、社員を不幸に導く先導者になっているケー...

≫続きを読む

 

経営者に必要な能力が不足した場合の弊害 その2

経営者に必要な能力が不足した場合の弊害 その2倒産の危機に瀕するような会社の経営者は総じて経営能力が低いです。経営者に必要な能力が不足した場合の弊害は、会社の業績悪化だけに止まりません。経営能力が低いと会社の業績悪化を招くだけでなく、社員のストレスの元凶となり、社員を不幸に導く先導者になっているケー...

≫続きを読む

 

経営のプロを積極的に活用するメリット

中小企業の成功ノウハウは企業の数ほどあります。なぜなら、ヒト、モノ、カネ、情報などの経営資源のみならず、経営者の考え方や企業文化に至るまで、企業によって経営を取り巻く環境が十人十色に分かれているからです。例えば、社長業を長くしている経営者であれば、他社の成功ノウハウや知り合いの社長から聞いた成功ノウ...

≫続きを読む

 

社員のモチベーションアップは会社の将来性で決まる

社員のモチベーションアップは、会社の将来性で決まります。なぜなら、中小企業の場合、社員が会社の将来性に不安を感じると、積極的な姿勢が損なわれ、内にこもった消極的な姿勢の会社組織になってしまうからです。従って、社員に対して、会社の将来性を示すことができなければ、社員の心の中に安心とゆとりが生まれず、モ...

≫続きを読む

 

家業から事業への成長に欠かせないもの

多くの会社は家業から始めり、成長と共に事業へと変貌していきます。そして、多くの起業家は家業から事業への成長を目指し、会社を経営していることと思います。一方で、せっかく、家業から事業レベルへ成長しても、経営の考え方が「家業のまま」という中小企業も少なくありません。経営者の考え方が「家業のまま」の場合、...

≫続きを読む

 

組織力の向上に役立つツール

組織力の向上は業績を押し上げます。一方、組織力の低下は業績を押し下げます。従って、いかに強い組織を築き上げるかが業績を伸ばすポイントとなります。組織力を形成する社員、いわゆるヒトは、経営者の活用次第で100の力が10にもなれば200にもなる不思議な経営資源です。また、中小企業は限られた人材で事業活動...

≫続きを読む

 

なぜ経営理念が必要なのか?

会社の経営理念は、人に例えると名前と一緒です。例えば、・あなたの名前は何ですか?・あなたはどこに住んでいますか?・あなたはどのような将来を望んでいますか?道端を歩いている方に上記質問を投げかければ、大よその方は明確な答えを返してくれると思います。では、同じ質問を、個人格ではなく法人格に投げかけるとど...

≫続きを読む

 

数字に弱い社長が、数字に強くなる方法

一般的に、数字に弱い社長が数字に強くなろうと思ったら、簿記を習う、会計を習う、ビジネススクールに通う、経営塾に入塾する、などの方法が挙げられますが、時間が限られている経営者にはハードルが高い面があります。しかも、財務諸表をスラスラと読み解くには、最低限、日商簿記2級に合格する知識が必要です。知識ゼロ...

≫続きを読む

 

クレームの対応で経営者が心掛けること

会社を経営していると不測のクレームや非常の事態に直面することがあります。このような時に、起きたことを悔いたり、パニックになったり、責任を追及したり、など等、事態の解決に役立たない言動は意味を成しません。クレームの対応等、非常の事態が発生した時は、いま起きている事に意識を集中させ、最善を尽くすことが大...

≫続きを読む

 

個人情報保護法の概要と概略

個人情報保護法は、お客様や従業員情報を保有する全ての会社にかかわる法律です。「個人情報の保護に関する法律」(以下「個人情報保護法」といいます。)は、情報化の急速な進展により、個人の権利利益の侵害の危険性が高まったこと、国際的な法制定の動向等を受けて、平成15年5月に公布され、平成17年4月に全面施行...

≫続きを読む

 

マイナンバー制度の概要と概略

マイナンバーの取得・利用・提供は、番号法によって限定的に定められています。マイナンバー制度は行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現のための社会基盤として導入されました。マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人物の情報...

≫続きを読む

 

経営者に必要なコミュニケーション能力を高める方法

人材(ヒト)は、1+1が5にも10にもなることもあれば、1+1がマイナスにもなり得る、不思議な経営資源です。人材を活かし組織力を高めるには、経営者のコミュニケーション能力が欠かせません。なぜなら、経営者のコミュニケーション能力ひとつで人材の能力が引き出され組織力がみるみる高まることもあれば、人材の能...

≫続きを読む

 

中小企業に適した節税の秘訣とコツ

中小企業の場合、会社の経営者兼オーナーであることが多く、行き過ぎた節税で浪費している社長、或いは、税務調査を極度に怖がって節税におよび腰な社長など、節税に対するスタンスが定まっていない経営者が少なくありません。なかには、「あの会社は税務調査の結果、倒産した」などの噂を信じ込み、税務署と敵対する経営者...

≫続きを読む

 

儲かる在庫管理の方法

商品を仕入れて販売する会社の場合、如何に効率よく商品在庫を回転させるかが儲かりの秘訣になります。例えば、商品100個を仕入れて、30個が売れずに廃棄処分になってしまうと、会社の利益は損なわれてしまいます。また、商品を50個仕入れて、その50個があっという間に売り切れてしまい、補充が間に合わずに販売機...

≫続きを読む

 

新規事業を成功に導く損益管理の手法

新規事業の損益管理を疎かにすると、事業の成功確率が低下すると共に、会社全体の損益管理が不明瞭になってしまいます。例えば、新規事業の損益を独立採算で管理しなければ、新規事業はもちろん、会社全体の損益も不明瞭になります。また、新規事業の成功と失敗の境界線も不明瞭になりますので、事業撤退、或いは、事業への...

≫続きを読む

 

「売上」と「利益」、2倍にするのはどちらが簡単か?

「売上」と「利益」、2倍にするのはどちらが簡単でしょう?結論から言うと、売上と利益、2倍にするのが簡単なのは「利益」です。そして、会社の安定経営にとって重要なのも利益の方です。例えば、多くの経営者は「売上」の拡大に目くじらを立てますが、会社の存続を保証するのは、売上ではなく「利益」の方です。現金の貯...

≫続きを読む

 

キャッシュフローを重視すると数字はこう変わる

会社はお金で始まりお金で終わります。つまり、会社からお金が無くなれば倒産してしまうということです。会社のお金の流れのことを、キャッシュフローといいます。中小企業の経営で大切にしたいポイントは、キャッシュフローを重視することです。キャッシュフローを経営用語に変換すると、「現金の流入と流出」を意味します...

≫続きを読む

 

大企業と大口取引するうえで注意すべきこと

中小企業が大企業との付き合い方を誤ると、いとも簡単に倒産の危機に瀕することがあります。なぜなら、大企業と中小企業では、会社を取り巻くすべての環境に違いがあるからです。特に、大企業と大口取引を検討する際は、相当、慎重になる必要があります。例えば、大企業は大きな市場を保有しておりますので、薄利多売の条件...

≫続きを読む

 

管理会計の基本|管理会計は中小企業の経営力を上げる

管理会計の基本は、会社の数字を理解するところから始まります。会社の数字は、事業活動が始動された瞬間から生み出されていきます。例えば、人を雇えば人件費が発生しますし、モノが売れれば売上が発生します。そして、全ての事業活動は会社の数字に集計されます。集計された数字の羅列を漠然と眺めるだけでは何も得るもの...

≫続きを読む

 

新規事業アイデアの作り方と事例

新規事業は会社成長の源泉となります。従って、新規事業の展開なくして、会社の成長はあり得ません。しかしながら、新規事業アイデアの作り方を誤ると、簡単に会社が倒産の危機に陥ってしまうことがあります。新規事業アイデアの作り方を誤らないためには、事業を成立させている要素を理解することが大切です。新規事業を構...

≫続きを読む

 

接待営業は売上増加に有効か?

接待営業は売上増加に有効か否か?結論から言うと、有効ではありません。接待営業とは、取引攻勢をかけている相手先、或いは既に取引のある特定のキーマンに対して飲食機会や贈答物を提供するなど、いわゆる接待交際を通じて取引を担保する営業手法のことです。接待営業の当事者同士の関係は密になるかも知れませんが、そこ...

≫続きを読む

 

経営判断を誤らない方法

経営者が経営判断を誤らないためには、事業に関わる経営活動、或いは経営行動に根拠を与えることが大切です。なぜなら、根拠のない経営活動、或いは経営行動は経営判断を誤る元凶となり得るからです。経営活動、或いは経営行動に根拠を与えるには、会社の数字を把握する必要があります。なぜなら、経営活動、或いは経営行動...

≫続きを読む

 

近江商人から学ぶ会計と戦略眼

近江商人は、経営のお手本として代表的な存在といえます。江戸中期に近江商人が提唱した、三方よし「買い手よし、売り手よし、世間よし」の商売理念は、あまりに有名です。三方よしの商売理念を支える要素は「会計」と「戦略眼」ではないかと思います。会計とは簡単にいって事業活動の帳簿付けです。儲かっているか、儲かっ...

≫続きを読む

 

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒


 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ