中小企業経営者に必要な能力とは?

経営者に必要な能力が不足した場合の弊害 その1

経営者に必要な能力が不足した場合の弊害 その1

 

中小企業経営者に必要な能力が不足した場合の弊害その1です。

 

 

倒産の危機に瀕するような中小企業の経営者は、総じて経営能力が低いです。

 

中小企業経営者に必要な能力が不足した場合の弊害は、会社の業績悪化だけに止まりません。

 

経営能力が低いと会社の業績悪化を招くだけでなく、社員のストレスの元凶となり、社員を不幸に導く先導者になっているケースも見受けられます。

 

経営能力の低い中小企業経営者の実例は、反面教師として、或いは、経営改善のヒントとして有効に活用することができます。

 

 

経営者の能力不足が招いた弊害の一例

 

過去に再建に関わった中小企業の、経営者に対する問題点をまとめた実例(調査結果)の一部を紹介します。

 

中小企業経営者の能力不足が招く会社経営の弊害と共に、経営者に必要な能力が理解できると思います。

 

ぜひ、会社の経営状況、或いは、日頃の行いと照らし合わせて読んでみてください。

 

 

A社のケース

 

社長の所在が分からない、赤字事業を放置している、社長が業績を把握していない、等々、社員の声を総括すると、社長が会社経営を行っておらず、全部門の経営を放置したままにしていると言わざる得ない状況です。

 

社長が会社の経営を放置している以上、会社が良くなるはずがありません。

 

会社の経営方針、理念が不明です。社長が社員に対して経営方針や理念を伝えないため、社員が何を基準に判断し、何を拠り所に仕事をして良いのか理解できずにいます。

 

また、自社の弱みと強みが把握されておらず、開発すべき新商品や販路開拓の方向性も不明瞭です。会社がより良い方向に向かって行くよう、明確な方針や理念、損益目標をしっかりと掲げる必要があります。

 

経営の要である損益管理が杜撰です。社長が損益管理を重要視せず会社の利益を意識しないため、社長をはじめ社員の多くが業績を把握していません。

 

利益意識が希薄なため、商品の赤字販売、赤字取引が多々存在しています。商品が販売されるまでの正確な経費と商品原価を把握し、適正な売価設定を行い、将来の販売計画や経費管理を行う必要があります。

 

経営上、多くのの問題が放置されています。会社の赤字、問題ある社員、問題ある取引先に対し、社長が何ら対策を講じていないため、社員の間で不安・不満が溜まりつつあります。

 

問題の解決は社員の協力の下、社長が先頭に立って行う必要があります。

 

 

B社のケース

 

会社の損益管理、製造製品の原価計算、在庫管理、予算管理、業績目標など会社経営の要といえる業務がなされていません。会社の経営がなされていない、いわゆる経営者不在の状況にあるといっても過言ではありません。

 

経営者不在ゆえに会社の組織が脆弱で、上司部下の権限が不明瞭、指示系統が不明瞭、情報の共有・伝達がなされない、社員や部門間同士の協力が希薄等、多くの問題を引き起こしています。

 

経営者が不在で、組織力が脆弱ゆえに、お客様へのサービスの質も自ずと低下するという悪循環に陥っています。

 

会社が赤字であるにも関わらず多くの社員に切迫感がなく、どこか他人事のような気持ちで仕事に当たっている風潮も見受けられました。このこともサービスの質を低下させている要因と考えます。

 

社員の中には一所懸命日々の仕事に取り組んでいる方もいます。しかしながら、社長や経営幹部が社員に対して経営方針や業績目標を伝えない上に、部下の相談にも応じていない状況のため、社員が何を基準に判断し、何を拠り所に仕事をして良いのか理解できずにいます。

 

また、自社の弱みと強みが把握されておらず、お客様の新規開拓や新商品の開発の方向性も不明瞭です。会社がより良い方向に向かって行くよう、明確な方針や理念、業績目標をしっかりと掲げる必要があります。

 

社員が会社に対して経営改善案を提案しても、説明のないまま放置されたり、聞き入れてもらえなかったりして、社員の意見が経営に反映されていません。

 

このような会社の対応(反応)に対して、社員は新たな提案を断念している様子さえ見受けられます。(優秀な人材やベテラン社員の退職にも繋がっています)

 

経営に関する意見は、社員からも広く受け入れ、出来るだけ早く話し合いの場を設けて、回答してあげることなどの心がけが必要です。

 

 

経営者の能力不足を解消するには?

 

中小企業は、経営者ひとりの能力次第で、会社の業績の良し悪しが決まります。

 

上記実例に、少しでも心当たりがあるようであれば、早急に是正することをおススメします。

 

➡NEXT「経営者に必要な能力が不足した場合の弊害 その2」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ