中小企業の経営ノウハウ情報サイト

お客様の声

東京都 サービス業 30代 女性経営者

 

 

わたしは、美容関連サービス業の創業社長です。

 

自社のオリジナル商品を製造販売する企画が失敗したのをきっかけに、伊藤さんにお世話になり始めました。

 

会社は黒字経営でしたが、この失敗が原因で今後の見通しに不安を感じたのが理由です。

 

今までの会社経営は社長である私の勘と経験でやってきたようなもので、それでも黒字だったので特に問題視することはありませんでした。

 

しかし大きな失敗をすると自分の経験や直観で動くことに不安を感じ、慌てて社外の人間で的確な分析やアドバイスをしてくれる人材を探しました。

 

失敗は失敗で痛手でしたが、それが何故失敗に繋がってしまったのか、予算管理に始まり様々な面にわたり伊藤さんの見解を教えて頂きました。

 

納得のいく説明をもらい、失敗から学ぶ、というのはこういう事なのかと思いました。

 

時には耳の痛い内容もありますが、穏やかな口調で落ち着いた話し方をされるせいか、上から物を言われている感じがまったくなく、普段は人の言う事を聞かずに自分のいいように突っ走るタイプの私でもすんなり聞けたのは不思議です。

 

人徳なんでしょうね。

 

現在は経営全般を健康診断のように毎月スキャンして頂いております。

 

いつも、税理士さんからは得られないような多角的な経営アドバイスを沢山もらっております。(実は、コンサルをお願いするまでは税理士さんと何が違うのか、、、と半信半疑でしたが、その存在は全く違うのだと実感させられました)。そしてそれらを順序立てて経営改善できるスケジュールを提案してくれました。

 

実践してみると、本当に経営内容がよりスマートになり、利益が拡大していき、みるみると現金がたまっていくようになりました。

 

これなら、前回の失敗を踏まえて再チャレンジが出来る日も近いと考えています。

 

あんなに目の前が真っ暗になったのに、あの時が嘘のように思えます。

 

私の心の勢いはそのままに、数字から裏付けされた安心感を得ました。

 

もう一つ良いことがあります。

 

それは、数字の面でのアドバイスに重点をおいてもらい、業務方針は尊重してもらっていることです。

 

でも伊藤さんの言葉は数字について話しているはずなのに、会話の中で私の方は色々と業務に関するアイディアや今までに無かった発想が出てきたりします。

 

サービス業の経歴はない伊藤さんですが、どうやら業種を超越した哲理があるようです。

 

 

 

和歌山県 製造業 50代 男性経営者

 

 

わたしの会社は食品製造業です。

 

製造業の中でも6次産業といわれる分野で農業分野から製造販売まで経営の範囲が広いのが特徴です。

 

会社は両親が創業し、わたしで二代目です。

 

会社を引き継ぐ前は中古車販売業の経営者を17年務めておりました。その会社は後継者が育ったのを機に全てを後進に譲り渡しました。

 

実家の製造業の経営を引き継いで現在に至りますが、6次産業はストックビジネスとフロービジネスが混在した全てのビジネス形態が集約された業態でもあります。

 

以前経営していた中古車販売業とは違い、目の前の事業活動の利益がいつ上がるのか?投資の結果がいつ出るのか?などの疑問を持ちながらも、良くも悪くもない感じで経営を続けておりました。

 

そんな時です。

 

友人関係にあった伊藤さんが経営コンサルタントとして独立したのを機に、一度経営診断をお願いしてみました。

 

会社の診断結果は3時間ほどかけて丁寧に説明頂きました。

 

プロの眼からみた会社の問題点や課題、改善すべき点や目指すべき会社の姿は納得のいくものばかりでしたので、その場で、すぐに経営指導を申し込みました。

 

経営指導が始まって半年が経過しますが、3カ月ほどで自分自身の変化に気が付き始めました。

 

以前は6次産業という複雑な事業形態のため会社の数字を漠然としか理解できませんでしたが、常に今月はどうだったか、半年後、一年後がどうなるのかなど、ものすごくハッキリとした数字が見えるようになりました。

 

会社の経営改善の効果も顕著に表れ、売上が少しずつ増加する一方で経費が減少していき利益がどんどん拡大し、目に見えて会社が良くなってきました。

 

驚いたこともあります。

 

ある日の経営指導面談の際に、伊藤さんに「この月だけ水道光熱費が変化しているので調べてみてください」と、指摘を受けました。

 

会社に帰って調べてみると、その月は水道管にヒビが入り水道光熱費が通常月よりも上がっていたことが分りました。

 

経理担当者や税理士の先生も見逃した小さな変化を見逃さないプロの眼と繊細な分析能力に驚きました。

 

つい先日は、創業以来の顧問税理士さんに、

 

「社長、会社の数字が少しずつ良くなってますよ!伊藤さんの効果ですかね!」と言われました。

 

この税理士さん、実は、伊藤さんとコンサル契約を交わすことを報告した時は少し嫌な顔をされたのですが、正直、嬉しい気持ちになりました。

 

このことを伊藤さんに報告したら、「コンサル契約を交わした以上、会社の数字を良くしないと何をやっても意味がないですよ」と言われ、本当にその通りだとしみじみ思いました。

 

結果が全てである。結果は会社の利益の拡大であり、それができない経営指導であれば何の意味もない、とハッキリと言い切ってくれる伊藤さんの姿勢に、すごく安心感と一緒にやれる信頼を強く感じました。

 

また、大口取引先との取引が消滅する可能性が浮上した時は、取引消滅後の損益予測と取引消滅を穴埋めする具体的な対策をご指導いただきとても安心しました。

 

他にも私が感心しているというか、非常に安心している点は、うちの会社と私自身の個性をすごく大切にしたうえで経営指導して下さっているところです。

 

個性はどの会社、どの経営者も持っているものだと思いますが、うちはモノづくりをしておりますので品質や安全性にはとことんこだわります。

 

非効率な作業や工程があったとしても会社の個性を守るものであれば伊藤さんは積極的に後押ししてくれます。

 

会社や私自身の個性を尊重してくれるところも安心して相談できるところでもあります。

 

伊藤さんにコンサルを依頼して本当に良かったと思います。

 

何より、会社の将来が楽しみになってきました。

 

 

 

神奈川県 卸売販売業 50代 女性

 

 

伊藤さんにお世話になり始めて5年が経過します。

 

いつも定期的な訪問、更にはクレーム等の問題にも迅速に対応頂き、大変感謝しております。その際の適切なアドバイスにも助かっております。

 

年間の営業状況の分析、その他の外因条件も含めて分かりやすく説明頂き助かります。

 

小さな同族会社ですが、これからも伊藤さんのお力をお借りして進んで参りたいと思っております。

 

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 




 


人気記事ランキングTOP3


数字に弱い社長が比較的短期間で数字に強くなる方法があります。その方法は「管理会計を導入」することです。簿記や会計の知識ゼロであっても誰でも習得することができます。

管理会計とは決算書の数値を、有益な情報に変換、管理、運用し、企業の経営力を高める会計手法のことです。

ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒