中小企業の経営ノウハウ情報サイト

倒産しそうな会社の特徴

倒産しそうな会社の特徴

 

 

反面教師に最適な「倒産しそうな会社の特徴」

 

 

経営の原理原則を理解せずに会社経営を続けていると、いまは黒字経営でも、何れ赤字に転落するケースが沢山あります。赤字経営の行く先は倒産です。

 

倒産しそうな会社の特徴を紹介しています。

 

倒産リスクを回避するコツをご理解いただくと共に、反面教師として経営に活かしてください。

 

失敗から学ぶ経営姿勢は安定経営の秘訣です。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


倒産しそうな会社の特徴記事一覧

経営と倒産|会社が倒産する原因とは?

経営とは、営みを経ける(続ける)ということを意味します。一方、倒産とは、会社経営が破たんすることを意味します。つまり、「経営」と「倒産」は対極の意味を成す会社の状態ということになります。経営を存続させ、倒産を防止するためには、・経営を継続する術を学ぶこと・倒産を防止する術を学ぶことこの2つの学びが重...

≫続きを読む

 

会社が倒産する前兆

会社が倒産する前兆を知る前に、会社の倒産がなぜ起こるのか?まずは、その根本原因を理解する必要があります。会社が倒産する根本原因は簡単です。会社のお金が無くなったとき会社は倒産します。例外的に、無一文でも経営者の信頼ひとつで首の皮一枚繋がるときがありますが、殆どの会社はお金が無くなると同時に会社も終わ...

≫続きを読む

 

経営改善に取り組まない会社は倒産する

中小企業の業績の伸び悩みは、「自社にマッチした経営ノウハウが蓄積されていない」ことが最大の原因です。自社にマッチした経営ノウハウを蓄積するには、経営判断の正否を正すため、或いは、経営課題を解決するための「経営改善」を継続して行わなければなりません。経営改善の結果、独自の経営ノウハウが蓄積されてくると...

≫続きを読む

 

稟議制がない会社は倒産リスクが高い

稟議制度とは、会社経営に関わる事案に対して、稟議書を作成し、社内の役職者の承認を経て最終的に社長が決裁する仕組みです。大企業では一般的な稟議制度(※1)ですが、多くの中小企業では導入されていません。過去の経験からいうと、稟議制度が導入されていない会社は経営管理が杜撰になり、会社の倒産リスクが高まりま...

≫続きを読む

 

会社の組織を重要視しないと倒産リスクが高まる

中小企業の場合、組織体制に何らかの問題を抱えているケースが少なくありません。また、事業部門や店舗が複数に増え始めて組織が大きくなってくると、組織体制に綻びがでるケースも珍しくありません。事実、私自身が過去に再建調査に入った全ての会社で組織体制に問題を抱えていました。組織体制の問題を一部抜粋すると、情...

≫続きを読む

 

部門別の損益を把握しないと倒産リスクが高まる

会社の規模が徐々に大きくなり事業部や店舗が増えた場合は、必ず部門別の損益管理(独立採算)を行う必要があります。なぜなら、部門別の損益管理(独立採算)を行わないと、その事業(もしくは店舗)が・儲かっているのか?・儲かっていないのか?を判定することが出来なくなるからです。部門別の損益を把握していないと、...

≫続きを読む

 

いい加減な棚卸業務は倒産リスクを高める

棚卸業務がいい加減だと、会社の倒産リスクが高まります。いい加減な棚卸(※1)の最たる例は、決算月に年1回だけ棚卸を行うケースです。棚卸業務を毎月行っていないということは、売上原価の算定がいい加減ということです。そして、棚卸業務を毎月行わない会社は、総じて在庫管理もいい加減です。当然ながら、売上原価の...

≫続きを読む

 

経営管理を放棄すると会社は倒産する

経営管理を放棄するとは、「会社のなかに経営を行っている人間がいない」ということです。そんな会社があるのか?と思う方もいるかも知れませんが、実際にそういう会社は存在します。例えば、・業績は誰が把握してますか?・会社の問題点を把握していますか?・経営改善の手を打ってますか?倒産の危機に瀕した会社の再建調...

≫続きを読む

 

組織力の強化なくして会社の成長なし

組織力の強化なくして、会社の成長はありません。しかしながら、多くの中小企業は、雇用できるキャパシティーに限りがありますので、ゆとりをもって社員を抱えることができません。従って、全社員の協力体制がなければ組織力が強化されず、業績も伸び悩んでしまいます。当然のことながら、会社の中に非協力的な問題社員が一...

≫続きを読む

 

不適正な原価計算は倒産リスクを高める

会社の利益は、費やしたコスト以上の価格で商品を提供することによって初めて生み出されます。逆に、費やしたコスト以下の価格で商品を提供すれば利益は生み出されず、商品の販売収支は赤字となってしまいます。当然ながら、赤字商品が原因で会社全体が赤字経営に転落すると、会社の経営は行き詰り、やがて倒産してしまいま...

≫続きを読む

 

不適正な減価償却は会社の倒産リスクを高める

減価償却とは、資産性の高い設備等を耐用年数に応じて費用化していく制度です。個人事業の場合は強制償却ですが、法人の場合は任意償却となっています。中小企業の場合、減価償却を適正に行っていない会社が意外と多くあります。減価償却を適正に行わないと、会社の倒産リスクが高まります。減価償却の仕組みとは?減価償却...

≫続きを読む

 

どんぶり経営の会社は倒産する

どんぶり経営とは、どんぶり勘定でお金を管理している経営状態のことです。会社のお金の流れを大きく分けると、「収入と支出」、ふたつあります。つまり、「入るお金」と「出るお金」です。どんぶり経営とは、この二つのお金の流れの管理がいい加減ということです。分りやすい例をいくつか挙げます。・A店舗とB店舗の売上...

≫続きを読む

 

粉飾決算に手を染める会社。その事例とは

粉飾決算(※1)は他人を欺く犯罪行為です。従って、全うな会社経営を目指す経営者であれば絶対に手を出してはなりません。粉飾決算の動機は、上場企業であれば、株価操作、経営責任の回避等々、中小企業では、助成金や銀行融資の受取り、事業承継時の株価操作等々、様々ですが、先に示した通り、何れも、他人を欺くために...

≫続きを読む

 

会社の数字を軽視すると経営に失敗する

会社は経営判断の連続で運命を形作ります。成長発展の末に幸せを手に入れる会社もあれば、低迷衰退の一途を辿り倒産の危機に瀕する不幸な会社もあります。一見するとヒトの人生と似ているかのように思えますが、大きな違いがひとつあります。それは、ひとつの判断にのしかかる責任の重さです。ヒトの人生には、人生に大きな...

≫続きを読む

 

有能な社員が辞める会社は倒産が近い

有能な社員とは、経営者の右腕、創業からの古株社員、次期後継者候補、など等、様々ですが、有能な社員が辞める会社は、倒産のリスクが高まっている可能性があります。特に、会社を辞める理由が独立等ではなく、経営者に対する不満から会社を去る場合は、倒産のリスクが極めて高い可能性があります。経営者に対する不満は様...

≫続きを読む

 

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒


 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ