会社経営者が抑えるべき倒産ノウハウ

倒産しそうな会社の特徴

倒産しそうな会社の特徴

 

 

反面教師に最適な「倒産しそうな会社の特徴」

 

 

会社経営の原理原則を踏み外したまま経営を続けていると、いまは黒字経営であっても、少しのきっかけで赤字経営に転落することがある。

 

当然ながら、従来の経営を省みることなく赤字経営を続けていくと、その先は倒産だ。

 

このカテゴリーでは、倒産しそうな中小企業の特徴を紹介している。

 

失敗から学ぶ姿勢ほど、安定経営に役立つものはない。

 

会社の倒産リスクを解消する方法を学び取ると共に、反面教師として経営に活かしてほしい。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

 

全ノウハウ300タイトル一覧へ

倒産しそうな会社の特徴記事一覧

会社が倒産する原因とは?

経営とは、営みを経ける(続ける)ということを意味する。一方、倒産とは、会社経営が破たんすることを意味する。つまり、「経営」と「倒産」は対極の意味を成す会社の状態ということになる。従って、経営を存続させ、倒産を防止するためには、次のふたつの学びが最も重要になる。経営を継続する術を学ぶこと倒産を防止する...

≫続きを読む

 

会社が倒産する前兆

会社が倒産する前兆を知る前に、会社の倒産がなぜ起こるのか?まずは、その根本原因から解説していこう。会社が倒産する根本原因は簡単だ。会社のお金が無くなったとき、会社は倒産する。例外的に、無一文でも経営者の信頼ひとつで首の皮一枚繋がるときがあるが、殆どの会社はお金が無くなると同時に会社も終わりを迎える。...

≫続きを読む

 

経営に失敗する社長は数字を軽視する

会社経営に失敗する中小企業経営者は「根拠のない経営判断」、つまり、勘に頼った会社経営で行き詰っている。会社は経営判断の連続で運命を形作るので、根拠のない経営判断ほど経営の失敗リスクを押し上げる要因はない。例えば、社長の日々の経営判断の繰り返しで、成長発展の末に幸せを手に入れる会社もあれば、低迷衰退の...

≫続きを読む

 

どんぶり経営の会社は倒産する

どんぶり経営とは、どんぶり勘定でお金を管理している経営状態のことだ。会社のお金の流れを大きく分けると、「収入と支出」、ふたつある。つまり、「入るお金」と「出るお金」だ。どんぶり経営とは、この二つのお金の流れの管理がいい加減ということだ。分りやすい例をいくつか挙げてみよう。▶A店舗とB店舗の売上を、一...

≫続きを読む

 

粉飾決算に手を染める倒産会社の事例

粉飾決算(※1)は他人を欺く犯罪行為である。当然ながら、真っ当な会社経営を目指す経営者は、絶対に手を出してはならない。粉飾決算の動機は、上場企業であれば株価操作、経営責任の回避など等、中小企業では、助成金や銀行融資の受取り、事業承継時の株価操作など等、さまざまあるが、先に述べた通り、粉飾決算は他人を...

≫続きを読む

 

品質重視の経営から外れた会社の末路

世界のモノづくりを牽引してきた日本を代表する製造業のモラルが崩壊しつつある。タカタのリコール隠し(2014年)、旭化成建材のマンション強度偽装(2015年)、東洋ゴム工業の検査データ改ざん(2015年、2017年)、三菱自動車の燃費不正(2016年)、日産自動車の無資格検査(2017年)、神戸製鋼所...

≫続きを読む

 

有能な社員が辞める会社は倒産が近い

有能な社員とは、経営者の右腕、創業からの古株社員、次期後継者候補、など等、さまざまだが、有能な社員が辞める会社は、倒産のリスクが高まっている可能性がある。特に、会社を辞める理由が独立等ではなく、経営者に対する不満から会社を去る場合は、倒産のリスクが極めて高い可能性がある。経営者に対する不満はさまざま...

≫続きを読む

 

倒産する会社は組織が崩壊している

組織の崩壊は、業績悪化に繋がる由々しき事態だ。なぜなら、大企業であれ中小企業であれ、ひとたび組織が崩壊すると、それにつられて会社の業績も悪化するからだ。事実、倒産する会社の組織は、すでに崩壊しているケースが非常に多い。わたしが過去に再建調査に入った全ての中小企業でも、組織に何らかの問題を抱えていた。...

≫続きを読む

 

問題社員の対応を誤ると倒産する

会社のなかに非協力的な問題社員が一人でも現れると、組織の力は大きく損なわれてしまう。更に、その問題社員の対応を誤ると、会社はいとも簡単に倒産の危機に瀕してしまう。組織力の強化なくして会社の成長はあり得ないが、多くの中小企業は、雇用できるキャパシティーに限りがあるため、ゆとりをもって社員を抱えることが...

≫続きを読む

 

経営改善を放棄すると業績が悪化する

経営改善を放棄すると会社の業績が悪化し、加速度的に倒産の危機に瀕することがある。例えば、中小企業の業績の伸び悩みは、「自社にマッチした経営ノウハウが蓄積されていない」ことが最大の原因だが、自社にマッチした経営ノウハウを蓄積するには、経営課題を解消するための経営改善を継続的に行う必要がある。真摯な姿勢...

≫続きを読む

 

倒産する会社には稟議制度がない

稟議制度とは、会社経営に関わる事案に対して、稟議書を作成し、社内の役職者の承認を経て最終的に社長が決裁する仕組みのことだ。大企業では一般的な稟議制度だが、導入している中小企業は決して多くない。じつは、稟議制度が導入されていない中小企業は、経営管理が杜撰になり、会社の倒産リスクが高まる傾向がある。わた...

≫続きを読む

 

部門別の損益を把握しないと倒産する

会社の規模が徐々に大きくなり事業部や店舗が増えた場合、必ず部門別の損益管理(独立採算)を導入しなければならない。なぜなら、部門別の損益管理(独立採算)を行わないと、その事業(もしくは店舗)が、儲かっているのか、あるいは儲かっていないのかが、まったく分からなくなってしまうからだ。当然ながら、部門別の損...

≫続きを読む

 

棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高い

棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高い。なぜなら、棚卸を毎月行わないと、毎月の損益計算がいい加減なものになってしまうからだ。当然ながら、いい加減な損益計算から、正しい会社経営は生まれない。中小企業において、棚卸(※1)を年1回(決算月)だけ行う会社は少なくないが、この方法だと、毎月の原価と利益が不明...

≫続きを読む

 

原価計算をしない会社は倒産リスクが高い

原価計算をしない会社は倒産リスクが高い。事実、倒産の危機に瀕した中小企業の調査に入ると、会社の損失原因になっている赤字取引や赤字商品が必ず出てくる。赤字取引や赤字商品は、原価計算をしない会社の最たる弊害だ。当然ながら、赤字取引や赤字商品の原価を検証せずにそのまま放置していると、会社の倒産リスクは高ま...

≫続きを読む

 

減価償却をしない会社は倒産リスクが高い

減価償却をしない会社は倒産リスクが高い。事実、倒産の危機に瀕した中小企業の調査に入ると、減価償却の管理が杜撰なケースが多い。減価償却とは、資産性の高い設備等を耐用年数に応じて費用化していく制度だが、法人の場合は任意償却ということもあり、減価償却を適正に行っている中小企業は決して多くない。杜撰な減価償...

≫続きを読む

 

社長が仕事をしない会社は倒産する

社長が仕事をしない会社は倒産する。例えば、社長の仕事のなかでも特に重要な経営管理を放棄すると、会社はいとも簡単に倒産の危機に瀕してしまう。社長が経営管理を放棄している状態を端的に表すと、「会社のなかに経営を行っている人間がいない」ということだ。そんな会社があるのか?と思う方もいるかも知れないが、実際...

≫続きを読む

 

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ