問題社員の出現は倒産の黄信号

問題社員の対応を誤ると倒産する

問題社員の対応を誤ると倒産する

 

会社のなかに非協力的な問題社員が一人でも現れると、組織の力は大きく損なわれてしまう。

 

更に、その問題社員の対応を誤ると、会社はいとも簡単に倒産の危機に瀕してしまう。

 

組織力の強化なくして会社の成長はあり得ないが、多くの中小企業は、雇用できるキャパシティーに限りがあるため、ゆとりをもって社員を抱えることができない。

 

当然ながら、全社員の協力体制がなければ組織力は強化されず、業績が伸び悩むことになる。

 

冒頭で述べた通り、万が一、協力の輪を乱す問題社員が一人でも現れると、組織の力は大きく損なわれることになる。

 

さらに厄介なのは、中小企業においては、一度、非協力的な問題社員が現れると、同調する社員が次々と現れ、最終的に、経営者vs社員という構図になりやすい特徴もある。

 

腐ったミカンではないが、一人の非協力的な問題社員を放置すると、組織全体が腐っていき、組織力がどんどん低下してしまう。

 

会社の規律や倫理観も弱まっていき、いつしか業績も低迷し始める。

 

そして、経営者が問題社員を放置すればするほど、会社の寿命はどんどん縮まってしまう。

 

それでは一体、問題社員が現れた場合、中小企業経営者は、どのような対応を取れば良いのだろうか?

 

 

問題社員の対応次第で組織力が強化される

 

過去のわたしの経験から、倒産の危機に陥るような中小企業には、ほぼ100%の確率で問題社員の存在がある。

 

問題社員に頭を悩ませている中小企業経営者も多いと思うが、組織力の強化に繋がる対応方法はふたつ考えられる。

 

ひとつ目の対応は、問題社員の「配置転換」だ。そして、ふたつめ対応は、問題社員の「解雇」である。

 

それぞれの対応方法を詳しく解説していこう。

 

 

問題社員の対応 その1「配置転換」

 

会社が黒字経営で、配置転換の余力があるのであれば、まずは配置転換で問題社員の更生を試みてみよう。

 

但し、問題社員を配置転換しただけでは、本人が簡単に更生することはない。

 

配置転換が仇となって、かえって非協力的な態度がますます悪化する場合があるからだ。

 

従って、問題社員の配置転換は、必ず経営者自身(若しくは人事部長等の経営幹部)が問題社員と対峙して、直接、配置転換の理由を伝える必要がある。

 

大切な点は、問題社員を頭ごなしに非難しないことだ。

 

非難を受けた社員が防衛的態度に陥ってしまうと、仕事ぶりが益々悪化するからだ。

 

従って、客観的事実(問題行動、周囲の声、成績不振等々)を示して、お互いに改善点を話し合い、明確な目標を与えることが大切だ。

 

万が一、問題社員が抵抗してきたら決して反論せずに、言い分を十分に聴いてあげるとよいだろう。

 

我慢強く、社員の欠点を責めずに長所に着眼し、社員の能力を引き出す努力が必要だ。

 

配置転換で問題社員の更生を図る場合、経営者に必要なのは「忍耐」だ。

 

 

問題社員の対応 その2「解雇」

 

会社が業績悪化、もしくは赤字経営であれば、会社側に解雇するための合理的理由があるので、「解雇」もやむ得ない。

 

経営者にとっては断腸の思いもあるだろうが、経営基盤が脆弱で、組織がさほど大きくない中小企業の場合、解雇は最も手早く組織を立て直す方法でもある。

 

問題社員にとっては納得のいかない気持ちも残るだろうが、自業自得の面もあるので、経営者は割り切って決断した方が良いだろう。

 

解雇予告通知は1ヵ月(30日)前に、書面(下記記載)で行う。

 

解雇通告の日付

解雇者の氏名

解雇理由

解雇日

会社名、代表者名等

 

実際に社員を解雇する場合は、会社状況によってケースバイケースなので、社会保険労務士の先生にしっかりと相談したうえで、具体的な書面内容、及び解雇の流れを確認する必要がある。

 

この点は注意が必要だ。

 

解雇者は、解雇予告通知を受領の日から1ヵ月後の解雇日まで会社に在籍することになるが、実際は1~2週間ほどで業務の引継ぎを済ませてもらい、その後は、自宅待機で、解雇日を迎えてもらうことが多い。

 

理由は、解雇者自身が会社で働きづらかったり、会社も仕事を任せづらかったり、又は、解雇者からの風評被害等の混乱を避けるため、等々、様々ある。

 

会社組織の中から、問題社員の存在を解消すると、組織が見違えるように変化する。

 

たった一人の問題社員を解消しただけで、これほどまでに変わるのかというほど、組織力が飛躍的に強化される。

 

 

経営者の意識次第で問題社員は生まれない!!

 

中小企業において、会社と社員の関係が悪化する一番の理由は、経営者(若しくは経営幹部)と社員の信頼関係の低下から端を発することが殆どだ。

 

つまり、経営者と社員の間に良好な信頼関係があれば、問題社員が生まれることは殆どない。

 

経営者が社員と良好な信頼関係を築くために必要なことは特にない。

 

毎日の挨拶や声掛け、時折の差し入れや気遣いができていれば自ずと良好な関係になっていくものだ。

 

中小企業は限られた人材で、最大限の効果を生み出せるように、経営者自身が努力しなければならない。

 

こと人材育成に関しては、大企業よりも中小企業の方が難しい仕事といえるだろう。

 

➡NEXT「経営改善を放棄すると業績が悪化する」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ