社長!!その〇〇、大丈夫ですか?

会社経営者を助ける極上ノウハウ

会社経営者を助ける極上ノウハウ

 

中小企業の社長業ほど専門性の高い職業はないと思います。

 

中小企業において社長業は、基本、一人家業ですので、組織に頼ることも、チームに頼ることもできません。

 

何といっても、中小企業経営者は孤独なのです。

 

経営の悩みも沢山抱えます。

 

放っておくと経営課題も山積します。

 

中小企業経営者は、それら諸々のことをうまく対処しながら会社を経営しなければなりません。

 

中小企業の成功ノウハウは企業の数ほどありますので、経営者ひとりの力で孤独や悩みを解消するのは至難の業です。

 

社長!!その〇〇、大丈夫ですか?

 

例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。

 

中小企業の経営者が、冷静に物事を判断したい時、壁にぶつかった時、経営の正否を振り返ってみたい時、どんな経営状況においても新鮮な視点を提供したいと思い、厳選した極上ノウハウを出し惜しみなく公開し、分かりやすく徹底解説しています。

 

 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

 

全ノウハウ300タイトル一覧へ

会社経営者を助ける極上ノウハウ記事一覧

経営力と商品力が会社を拡大する

会社を経営するということは、未来永劫、営みを継ける(続ける)ということです。中小企業が営みを続けるためにすべきことは二つです。ひとつは「黒字経営を継続すること」、そして、もう一つは「独自のノウハウを蓄積すること」です。黒字経営の継続は利益を生み出し、成長投資のサイクルを作ります。独自ノウハウの蓄積は...

≫続きを読む

 

儲かる売上を上げる方法

売上は会社の生存に欠かせない重要な要素です。当然ながら、売上が無ければ会社にお金が貯まることはありません。運転資金であるお金がなければ事業活動は止まります。そして、最終的に会社のお金が底をつくと、会社は倒産します。殆どの中小企業の社長さんにとって、売上は喉から手が出るほど欲しいものであり、道端に落ち...

≫続きを読む

 

会社の利益を最大化する方法

会社の利益は、会社の事業価値と存在意義を決定づける重要な要素です。例えば、大きな利益を生む会社は、事業価値と存在意義が大きいといえます。事業はボランティアでは成立しません。事業は競争原理の中で成立しますので、「利益を出し続ける、或いは、利益を拡大する」という真っ当な目標を見失うと、事業価値と存在意義...

≫続きを読む

 

成功する経営計画の立て方

計画なくして、成功なし。会社経営にとって、計画はそれほどに重要な要素を持っています。社会的にも計画の重要性は増しており、例えば、人事評価などでも、結果と同等以上に計画(プロセス)を評価する動きが加速しています。段取り八分、準備万端、人事を尽くして天命を待つ、など等、計画の重要性を表した云われやことわ...

≫続きを読む

 

投資で経営に失敗しない法則

中小企業の会社経営をするうえで、投資はとても大切な要素です。なぜなら、投資をしなければ、会社が成長することは無いからです。投資には、色々なものがあります。お金のかかる投資、お金のかからない投資、或いは、新規市場の開拓、新商品の開発、新規人材の採用、人材の育成、設備投資、設備保全、システム開発、システ...

≫続きを読む

 

借金で経営に失敗しない法則

他人からお金を借りることを「借金」といいます。借金を元手にすれば、自分の財布の中身を減らすことなく、商売を始めることができます。場合によっては、元手0円から儲けを生み出すすことさえできます。例えば、お金を100万円借りて、100万円の商品を仕入れて、その商品を300万円で販売すれば、200万円の儲け...

≫続きを読む

 

会社の生産性を上げる方法

生産性とは、労働の投下に対する収益性の評価基準の一種です。例えば、生産性の高い仕事を提供すれば、少ない労力で大きな収益を得ることが可能になります。逆に、生産性の低い仕事を提供してしまうと、大きな労力にも関わらず少ない収益しか得られない、ということになります。中小企業はヒトだけではなく、あらゆる領域の...

≫続きを読む

 

経営に失敗する危険なリスク

会社経営において失敗しないことは、成功することよりも重要なことです。なぜなら、資本力の小さな中小零細企業の場合、ほんの小さな失敗が原因で経営が傾くことが往々にしてあるからです。中小企業の失敗リスクは会社経営の至るところに潜んでいます。万が一、潜在リスクが顕在化(現実化)してしまうと、即、経営の失敗に...

≫続きを読む

 

見通しの精度が業績を上げる

見通しは、会社経営のみならず、人生にも深く関わりがあります。なぜなら、人の言動の大部分は、未来の見通しを起点に、今(現在)が決まってくるからです。農耕、狩猟、生活、仕事、そして、会社経営に至るまで、見通しが無ければ、物事がうまく成り立たないのは容易に想像できるかと思います。会社を経営していると、様々...

≫続きを読む

 

多角化で経営に失敗しない法則

多角化とは、事業を幅広く展開していく事業戦略のことです。多角化には、事業収益のリスク分散のメリット(リターン)がある一方で、失敗に伴う業績悪化のデメリット(リスク)があります。資本力の小さい中小企業においては、メリットよりも、デメリットの方が上回っているのではないかと思います。なぜなら、多角化事業が...

≫続きを読む

 

確かな決断力を鍛える秘訣

社長の仕事は決断する事といっても過言ではありません。なぜなら、トップダウン構造にある多くの中小企業は、社長の決断次第で会社の未来が決まってしまうからです。例えば、新商品開発のゴーサインの決断を先送りしている最中に、ライバル会社の社長が同様の新商品開発のゴーサインを決断してしまったら、どうなりますか?...

≫続きを読む

 

確かな実行力を高める思考法

事業活動は実行が伴うことで初めて成り立ちます。当然ながら、営業活動もせず、広告活動もせず、開発活動もせずに、ただただボーっとしていては、競争から脱落するのみとなります。中小企業の事業活動は幅広いものがありますが、企業の存続にかかわる最も重要な活動は「経営改善」です。なぜなら、経営改善を実行しないと、...

≫続きを読む

 

社長の数字力を上げる方法

社長の数字力は中小企業の経営を成功に導くうえで欠かせないものです。なぜなら、中小企業は、経営者の数字力の高低で、ビジネスの成功確率が決まってくるるからです。事実、業績を伸ばしている中小企業の社長さんは概ね数字に強いです。一方、倒産の危機に瀕するような中小企業の社長さんは数字に弱いです。数字力は、算数...

≫続きを読む

 

社長が持つべき経営判断の基準

会社は、経営者が下した「経営判断の連続」で事業が形作られていきます。経営判断が功を奏せば会社は一段と成長しますし、経営判断を誤れば会社は衰退の道を辿ることになります。そう考えると、「経営者の判断力」ほど安定経営に直結する要素はないのではないかと思います。事実、経営判断の誤りが原因で倒産の危機に瀕する...

≫続きを読む

 

成功する経営改善の方法

経営改善とは企業の事業価値を高める活動のことです。経済は競争のうえに成り立っていますので、事業価値が陳腐化(低下)してしまうと、たちまち競争から取り残されてしまいます。当然ながら、経営改善をせずに日々を過ごしていては、会社の成長はもちろんのこと、事業の存続も危ぶまれる事態に陥りかねません。経営改善な...

≫続きを読む

 

経営の勘どころを磨く方法

経営の勘どころとは、過去の経験に裏打ちされた判断基準の一種です。中小企業の経営者の中には、勘の鋭い社長さんもいれば、勘の鈍い社長さんもいます。鋭い勘ゆえに助かることもあれば、鈍感ゆえに助かることもありますので、勘どころの良し悪しを簡単に論ずることはできませんが、こと会社経営に関しては、鋭い勘どころを...

≫続きを読む

 

経営バランスの整え方

中小企業の会社経営においてバランスは大変に重要な要素です。なぜなら、経営バランスの崩れた状態で経営を続けると、様々なリスクを高める結果に繋がるからです。例えば、頭の中で「バランスの整っている会社」と「バランスの整っていない会社」を比べてみてください。いかがですか?一生で被る経営難題や課題、経営の落と...

≫続きを読む

 

儲かる仕組みの作り方

中小企業の会社経営をするうえで「仕組み」は重要です。なぜなら、仕組みができている会社とそうでない会社の業績には大きな差が生じるからです。例えば、会社が儲かる仕組みの主な例を列記してみます。・挨拶の仕組み=サービスのキープ・営業提案の仕組み=売上のキープ・Wチェックの仕組み=品質のキープ・社員教育の仕...

≫続きを読む

 

正しい社長のコミュニケーション術

中小企業の社長は組織のトップです。当然ながら、副社長以下は全員部下です。年下の部下もいれば年上の部下もいるでしょうし、扱いやすい部下もいれば、扱いにくい部下もいるでしょう。社会的地位においても、社長はトップです。外に出れば、「社長さん、社長さん」と崇められ、お世辞の一つやふたつをかまされ、なかなか本...

≫続きを読む

 

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ