投資基準を誤ると経営に失敗する

投資で経営に失敗しない法則

投資で経営に失敗しない法則

 

中小企業の会社経営をするうえで、投資はとても大切な要素です。

 

なぜなら、投資をしなければ、会社が成長することは無いからです。

 

投資には、色々なものがあります。

 

お金のかかる投資、お金のかからない投資、

 

或いは、

 

新規市場の開拓、新商品の開発、新規人材の採用、人材の育成、設備投資、設備保全、システム開発、システム保全、広告投資、など等、挙げたらキリがありません。

 

中小企業が成長を加速させるためには、会社が保有している経営資源を最大化するため、或いは、経営環境を最適化するには、様々な分野の投資をうまく実行に移していかなければなりません。

 

そして、投資の対価(ご褒美)として会社の成長(リターン=利益)が得られる、というのが健全な投資活動の理です。

 

 

安易な投資は失敗する

 

投資が成功すると、会社が保有している経営資源が最大化、或いは、経営環境が最適化します。

 

一方で、投資が失敗すると、経営資源が棄損する、或いは、経営環境が悪化します。

 

わたし自身、広告投資で失敗して2,000万円すった、新商品投資で3,000万円すった、新規事業投資で1億円すった、など等、投資が失敗して経営資源であるお金が無くなり、良好な経営環境を保証する収益性が悪化した中小企業の実例を数多とみてきました。

 

規模やジャンルを問わず、どんな会社の経営にも投資活動が関わっています。

 

投資は会社の成長に欠かせない要素ではありますが、「失敗すると危険な結果が待っている」ということを、中小企業経営者は肝に銘じなければいけません。

 

 

投資の失敗には理由がある

 

日本のプロ野球界で選手・監督として活躍した野村克也氏は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という肥前平戸藩主・松浦静山の名言を引用して勝負の理を語りました。

 

会社経営においても、「成功は偶然の賜物、失敗は必然の結果」と云われるように、失敗には必ず法則があります。

 

投資に失敗しないためには、経営者が投資基準を持つ、並びに、投資の失敗要素を理解する必要があります。

 

中小企業の代表的な投資の失敗要素と投資基準をご紹介します。

 

 

現場を見ていない

 

現場を知らずして、投資は成功しません。

 

現場の社員、現場の仕事、市場の状況、市場の反応、現状の商品動向、競合の商品動向、など等、現場を取り巻く諸々の状況を分析しなければ、投資の妥当性や成功確度は見えてきません。

 

たとえ、投資の妥当性や成功確度を詳細に検証したとしても投資が成功する可能性は100%ではありませんが、やはり、現場を抑えた上で投資の正否を判断しないと後で痛い目にあいます。

 

投資の成功ハードルは、それほど高いものなのです。

 

ちなみに、普段から現場を重視していない社長さんが、知人などから聞いたアドバイスをもとに推し進めた投資も大概は失敗します。

 

 

損益を見ていない

 

損益を見ずして、投資は成功しません。

 

損益とは、損益計算書の業績結果のことです。

 

普段の経営が、或いは、その投資の結果が、黒字経営なのか?赤字経営なのか?をしっかりと把握しなければ、投資が失敗する確率が極めて高くなります。

 

投資の結果、赤字経営になった、或いは、運転資金が枯渇したなどの事態は、普段から損益を見ていれば起こり得ないことです。

 

過大投資で経営に失敗する会社の多くは、損益を見ていないことが一番の原因だと思います。

 

失敗しない投資を実現するには、投資後の損益(投資資産の減価償却費を加味)で、売上総利益高営業利益率10~20%の範囲の利益水準をキープすることが必要です。

 

 

キャッシュフローを見ていない

 

キャッシュフローを知らずして、投資は成功しません。

 

キャッシュフローとは現金収支のことです。潤沢な資金がない中小企業の場合、常に、キャッシュフローを重視した投資を心掛けなければなりません。

 

キャッシュフローを重視するとは、現金のプラス収支を重視するということです。

 

例えば、2年以内に資金回収できない投資、用途不明の土地建物や設備への投資、自社ビルの購入など等、プラスのキャッシュフローを生み出さない投資はすべきではありません。

 

会社は、会社のお金が無くなった途端に倒産します。

 

投資のみならず、お金の動きを常に把握することは会社経営の鉄則です。

 

 

この他にも気を付けたい投資の例

本業とは関係ない分野への投資、流行に乗った投資、一時的な急成長に乗った投資、名誉欲や優越感を満たすためだけの投資、儲け度返しの投資、株式投資、経営者の独りよがりな社員教育への投資、など等があります。

 

➡NEXT「借金で経営に失敗しない法則」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ