会社の成長は経営力と商品力で決まる!

経営力と商品力が会社を拡大する

経営力と商品力が会社を拡大する

 

会社経営の本質は、未来永劫、営みを継ける(続ける)ことである。

 

永遠に営みを続けるために経営者がすべきことは二つある。

 

ひとつは黒字経営の持続、もう一つは利益の拡大である。

 

黒字経営で生み出された利益は、成長投資のサイクルを作る。

 

成長投資は会社の付加価値を高め、競合他社よりも優位な立場を作り、更に利益を拡大する。

 

この会社経営の本質を抑えた采配をしている限り、会社が衰退することはないが、成長発展をさらに加速させるうえで抑えるべき要素が二つある。

 

それは、経営力と商品力である。

 

経営力とは何か?

 

商品力とは何か?

 

考えたことがあるだろうか?

 

経営力と商品力は、中小企業の成長発展を加速する重要な要素である。

 

経営力は成長発展の基盤を支える土台になり、商品力は成長発展を加速させる原動力になる。

 

当然ながら、経営力と商品力のどちらか一方でも弱まると、会社は成長から衰退に一転し、業績は下降線を辿り始める。

 

「経営力×商品力」の両輪を高める活動こそが、中小企業が未来永劫にわたって成長発展を遂げる確かな方法なのだ。

 

ちなみに、中小企業で最も多いパターンは、商品力はあるが、経営力がない、という状態である。

 

良い商品を持っているにも関わらず、業績が伸び悩んでいる中小企業などは、その典型である。

 

経営力と商品力について、更に詳しく解説していこう。

 

 

経営力とは何か?

 

経営力とは、成長発展の基盤を支える土台の強度のことである。

 

成長が加速するなかで安定した経営を実現するには、それなりの土台が必要だ。

 

当然ながら、土台がぜい弱だと、成長の足を引っ張ったり、成長に合わせた経営采配ができなくなる。

 

経営力なくして、会社の成長はあり得ないのだ。

 

会社の経営力の強弱を左右するのは、経営者のギャップ解消力である。

 

ギャップとは、現状と目標の間にある差のことだ。

 

正しい現状認識と目標設定が大前提になるが、現状と目標の間にあるギャップを解消する力が高ければ高いほど、成長発展を支える土台が強固になる。

 

急成長にも耐えうる経営力、或いは、急成長を後押しする経営力は、経営者のギャップ解消力で決まるといっても過言ではない。

 

会社の経営力を高めるために、ギャップを解消する場面は数多にある。

 

例えば、

 

☑経営課題を見落としていないか?

 

☑経営采配を支える計数管理は盤石か?

 

☑組織力を上げる生産性管理は盤石か?

 

☑時代の先を読む成長投資の戦略は盤石か?

 

など等、会社の成長を阻害するギャップは至るところにあるものだ。

 

経営者のギャップ解消力が弱ければ、会社の経営力が上がることはない。

 

中小企業の業績が経営者の能力で決まると云われる所以は、ここにあるのだ。

 

 

商品力とは何か?

 

商品力とは、成長発展を加速させる原動力のことである。

 

ひとことに表現すると「商品の付加価値」である。

 

商品の付加価値は、会社の成長を大きく左右する。

 

例えば、どんなに優れた商品であっても、すべての商品は常に顧客からの選択の脅威にさらされているので、ひとたび商品の付加価値が低下すると、たちまち、選択の機会から外されてしまう。

 

付加価値の向上、或いは、キープなくして、商品の継続購入はあり得ないのだ。

 

商品力を高めるためにすべきことはたった一つである。

 

それは「徹底した深堀り」だ。

 

深掘りとは、付加価値追求、用途開拓、販路開拓など等、その商品のあらゆる付加価値(ポテンシャル)を最大限に引き出す取り組みのことだが、多くの中小企業で徹底されていない。

 

顧客が喜ぶ付加価値を徹底して商品に反映させたか否か?

 

すべてをやり尽くすまで商品の深掘りは続く。

 

商品に市場サイクル(寿命)があるのも確かだが、画期的な新商品を生み出すアイデアは、深掘りをやり尽くした経験から生み出されるものだ。

 

付加価値なくして商品力が高まることはなく、商品力なくして会社の成長はあり得ないといっても過言ではない。

 

 

 

経営力×商品力が高まると会社が成長する

 

会社の経営力と商品力が高まると、会社は自然と成長発展していく。

 

逆に、経営力と商品力のどちらか一方が弱まると、途端に、会社の業績が悪化する。

 

中小企業の場合、商品力が優れているにも関わらず、経営力が低いために業績が伸び悩んでいる会社が少なくない。

 

例えば、下のグラフはわたしが経営指導に入った会社の指導開始1年前の主な経営指標のギャップを示したグラフである。

 

 

ご覧の通り、すべての指標が目標(適正ライン)に達していないことが分かると思う。

 

この会社は、競合他社よりも付加価値の高い商品を持っていた。その証拠に、過去数年にわたって売上はプラス成長を維持していた。

 

しかしながら、なかなか利益が上がらず、思うような成長投資や余裕のある資金繰りができていなかった。

 

下のグラフは、経営指導を開始してから1年後の主な経営指標のギャップを示したグラフである。

 

 

ご覧の通り、わずか一年で利益水準が高まり、成長投資の原資と資金繰りに余裕ができたことが分かると思う。

 

付加価値の高い商品を持っているにも関わらず業績が伸び悩んでいる会社は、会社の経営力さえ高めれば飛躍的に業績を改善することができる。

 

会社の経営力と商品力の研鑽は経営者の仕事である。

 

決して手を抜いてはいけない。

 

➡NEXT「儲かる売上を上げる方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談