コミュニケーションで失敗しない秘訣

正しい社長のコミュニケーション術

正しい社長のコミュニケーション術

 

 

「社長!!その〇〇、大丈夫ですか?」シリーズ、本編は「コミュニケーション」について解説したいと思います。

 

 

 

社長は企業のトップです。

 

当然ながら、副社長以下は全員部下です。

 

年下の部下もいれば年上の部下もいるでしょうし、扱いやすい部下もいれば、扱いにくい部下もいるでしょう。

 

社会的地位においても、社長はトップです。

 

外に出れば、「社長さん、社長さん」と崇められ、お世辞の一つやふたつをかまされ、なかなか本音トークができずに困ることもあるでしょう。

 

社内外問わず、自分の思い通りにならずに腹が立つこともあるでしょうし、不愉快になることもあるでしょう。

 

もしかしたら、既にもう、日々のコミュニケーションに疲れて、嫌気がさしてる社長もいるかも知れません。

 

社長ほど、コミュニケーションに疲れるポストもないのではないかと思います。

 

 

そもそも、コミュニケーションとは何か?

 

コミュニケーションとは意思の疎通のことです。

 

理論的には、相手と意思の疎通が円滑に進んでいる限りは、コミュニケーションに疲れることはありません。

 

つまり、相手の意思、或いは、相手の意識を理解している限りは、コミュニケーションに疲れることはない、ということです。

 

とはいっても、相手の意思や意識を理解することほど、難しいことはありません。

 

なぜなら、人間は90%以上の言動を無意識レベルで遂行しているからです。

 

例えば、せっかちな人間は、無意識レベルで人を急かしたり、待ち合わせの時間よりだいぶ早く来てしまったりします。

 

このような行いに対して、「いちいちうるさい」、「来るのが早すぎる」、などと腹を立ててもしょうがないことです。

 

また、見境の無い人間は、無意識レベルで他人の物を自分のもののように扱ったり、他人の物をヒトに上げたりすることを平気でしてしまいます。(因みに借金に抵抗がない人も、見境のない人間の特長です。自分のお金と他人のお金の見境がついていないのです)

 

前例の通り、相手は無意識レベルで行っている事であり、全く悪気が無いのですから、腹を立ててもしょうがないことです。

 

無意識の正体は性格です。

 

性格は十人十色、また人間の癖は煩悩の数と同じく「108」あると云われますので、他人の性格を見抜き、根底から理解することは至難の業です。

 

 

円滑なコミュニケーションを実現するには?

 

相手の性格を理解すれば、自分の意に反する言動であっても抵抗なく受けれられるようになります。

 

相手を受け入れる余裕が心の中にできると、コミュケーションは自ずと円滑になります。

 

そのためには、客観性を持って相手を理解する癖をつけなければなりません。

 

下の図は、立場の違いで考えが変わる例えを表したものです。

 

 

上に立てば下り坂、下に立てば上り坂です。立場が変われば見解が変わる良い例です。

 

人の性格には108の癖があり、更には、性別、育ち、環境、立場などの要因も重なって、その人独自の性格(意思や意識)が形成されます。

 

相手の性格を根底から理解するには、様々な立ち位置から、客観性を持って相手を見つめる気持ちを持つことが何よりも大切です。

 

そして、相手を理解しながら、自分を理解することも重要なことです。

 

なぜなら、コミュニケーションを阻害する原因が、相手の性格ではなく、自分の性格に起因している事が往々としてあるからです。

 

因みに、自分の性格を理解することは非常に厄介です。大概の人は、自分がどんな人間であるか分からずに死を迎えるのが普通です。

 

従って、「人のふり見てわがふり直せ」の言葉通り、相手を見つめながら、自分を見つめ直す癖をつけて、自分の性格を無意識レベルから意識レベルに顕在化させることも大切なことです。

 

 

究極の社長のコミュニケーション術

 

相手の性格が理解できれば、この人にはこういうコミュニケーション、あの人にはこういうコミュケーションというように、その相手に応じたオーダーメイドのコミュニケーション術が生まれます。

 

ひとり一人の社員に対して、一つひとつの取引先に対して、或いは、家族に対して、オーダーメイドのコミュニケーションを図っていくと、「自分の手で相手をどうこうしてやろう」という傲慢さが消えて、「相手のことをもっと理解してやろう」という気持ちが徐々に前に出てくるようになります。

 

ここまでくると、コミュニケーションに疲れることは殆どなくなります。

 

逆にコミュケーションが楽しくなってくるはずです。

 

中小企業の社長業ほど、コミュニケーションが重要になってくるポストはありません。

 

円滑なコミュニケーションは、人材育成、組織掌握、内外折衝、など等、良好な会社経営を支える貴重な強みになり得ます。

 

どんなに小さな一歩でも構いません、

 

コミュニケーションに疲れる前に、相手の性格を客観的に眺めるところから始めてみては如何でしょうか?

 

 

無意識は全て許されるか?

 

無意識レベルの行いは悪意が無いのだからすべて許されるのか?というと、そうではありません。

 

人に害を及ぼす質(タチ)の悪さは、無意識に勝るものはありません。

 

何といっても無意識には歯止めも、抑制も効きませんので、対象に与える破壊力が半端ありません。

 

例えば、熱々に熱した鉄板を知って触るのと知らずに触るのでは、知らずに触った方が火傷の程度が重症化します。

 

ヒトに対する無意識レベルの言動も同じように、人を傷つける、人を悩ませる、人を悲しませる、といった人の心を傷つける破壊力がかなり高いので注意が必要です。

 

相手以上に自分の性格を理解することが重要だと云われる所以は、ここにあるのです。

 

日頃から「わたしはストレスなんか一つもなく毎日が楽しい」と思っているゴーイングマイウェイな社長ほど、意外と周囲にストレスを押し付けているだけかも知れません...。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「社長!!その〇〇、大丈夫ですか?」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営力と商品力が会社を拡大する
経営力と商品力の両輪を高める活動こそが拡大経営を実現する確かな法則です。経営力と商品力を高めるためにすべきことを具体例を交えて分かりやすく解説しています。
儲かる売上を上げる方法
売上は会社の生存に欠かせない要素です。しかしながら、売上の中には経営の足を引っ張る悪い売上もあります。儲かる売上を上げる方法を紹介しています。
会社の利益を最大化する方法
会社の利益は会社の事業価値と存在意義を決定づける要素です。当然ながら、利益拡大の目標を見失うと経営は行き詰ります。適正な利益目標の捉え方を紹介しています。
成功する経営計画の立て方
計画なくして成功なし。会社経営にとって、計画はそれほどに重要な要素を持っています。会社経営を成功に導く計画の作り方、重要ポイントを紹介しています。
投資で経営に失敗しない法則
会社を経営するうえで投資は欠かせません。投資に失敗しないためには、投資基準を持ち、失敗要素を理解する必要があります。経営者が理解すべき代表的な失敗要素と基準をご紹介します。
借金で経営に失敗しない法則
借金を元手にすれば自分の財布の中身を減らすことなく商売を始めることができます。場合によっては元手0円から儲けを生み出すことさえできます。失敗しない借金の秘訣を紹介しています。
会社の生産性を上げる方法
生産性とは労働の投下に対する収益性の評価基準です。生産性の高い仕事を提供すれば、少ない労力で大きな収益を得ることが可能になります。生産性を高める方法を紹介しています。
経営に失敗する危険なリスク
会社経営に失敗しない秘訣はリスクを放置しないことです。会社の経営に大きく影響を及ぼすリスクと経営者が見逃してはいけないリスクを紹介しています。
見通しの精度が業績を上げる
正しい見通しは業績を助けますが、誤った見通しは業績の足を引っ張ります。安定経営に欠かせない見通しの重要性と共に、正しい見通しを立てる秘訣を紹介しています。
多角化で経営に失敗しない法則
多角化事業を軌道に乗せることは、新たな会社を一から立ち上げて軌道に乗せるのと同じくらいに大変なことです。失敗しない多角化経営の秘訣を紹介しています。
確かな決断力を鍛える秘訣
社長の仕事は決断する事といっても過言ではありません。なぜなら、社長の決断次第で会社の未来が決まってしまうからです。社長の決断力を鍛える秘訣を紹介しています。
確かな実行力を高める思考法
経営者の実行力なくして事業活動は成り立ちません。実行なくして明るい未来は築けないのです。経営者が実行力を身につける方法と共に、正しい実行力を養う秘訣を紹介しています。
社長の数字力を上げる方法
社長の数字力はビジネスを成功に導くうえで欠かせないものです。なぜなら、数字力の高低でビジネスの成功確率が決まってくるからです。数字力の重要性と磨き方を紹介しています。
社長が持つべき経営判断の基準
会社は経営者が下した「経営判断の連続」で事業が形作られていきます。当然ながら経営判断を誤れば会社は衰退の道を辿ることになります。経営判断を誤らない指標や基準を紹介しています。
成功する経営改善の方法
経営改善とは企業の事業価値を高める活動のことです。当然ながら、事業価値が陳腐化(低下)すると競争から取り残されてしまいます。正しい経営改善プランの作り方を紹介しています。
経営の勘どころを磨く方法
敏感、鈍感問わず、できれば勘どころに頼ることなく経営判断が下せるように、日頃から論理的判断材料を積み重ねる努力が必要です。正しい経営判断を支える鋭い勘どころの磨き方を紹介しています。
経営バランスの整え方
経営バランスが崩れた状態で経営を続けると経営悪化のリスクが次々と噴出してしまいます。経営バランスを整える方法と共に、経営者のバランス感覚を養う方法を紹介しています。
儲かる仕組みの作り方
仕組みがある会社とない会社の業績には大きな差が生じます。そして、仕組みには儲かる仕組みと儲からない仕組みがあります。儲かる仕組みの作り方を紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ