コミュニケーションで失敗しない方法

社長の正しいコミュニケーション術

社長の正しいコミュニケーション術

 

中小企業の社長ほど、コミュニケーションに疲れるポストもないのではないかと思う。

 

何といっても、社長は組織のトップである。

 

当然ながら、副社長以下は全員部下である。

 

年下の部下もいれば年上の部下もいるだろうし、扱いやすい部下もいれば、扱いにくい部下もいるだろう。

 

社内にいるだけでコミュニケーションに疲れている社長も少なくないだろうが、社長は社外においてもコミュニケーションのストレスを抱えてしまう。

 

なぜなら、社長は、社会的地位においてもトップだからである。

 

外に出れば、「社長さん、社長さん」と崇められ、お世辞の一つやふたつをかまされ、なかなか本音トークができずに困ることもあるだろう。

 

社外であっても、社長のプライドが邪魔して、コミュニケーションがうまくいかない時もあるだろう。

 

社内外問わず、自分の思い通りにならずに腹が立つこともあるだろうし、不愉快になることもあるだろう。

 

ここまでくると、社長ほどコミュニケーションに疲れるポストはないと、つくづく思う。

 

もしかしたら、既にもう、日々のコミュニケーションに疲れて、嫌気がさしてる社長もいるかも知れない。

 

 

そもそも、コミュニケーションとは何か?

 

コミュニケーションとは意思の疎通のことである。

 

理論的には、相手と意思の疎通が円滑に進んでいる限りは、コミュニケーションに疲れることはない。

 

つまり、相手の意思、或いは、相手の意識を理解している限りは、コミュニケーションに疲れることはない、ということだ。

 

とはいっても、相手の意思や意識を理解することほど、難しいことはない。

 

なぜなら、人間は90%以上の言動を、無意識レベルで遂行しているからだ。

 

例えば、せっかちな人間は、無意識レベルで人を急かしたり、待ち合わせの時間よりだいぶ早く来てしまったりする。

 

このような行いに対して、「いちいちうるさい」、「来るのが早すぎる」、などと腹を立ててもしょうがないことである。

 

また、見境の無い人間は、無意識レベルで他人の物を自分のもののように扱ったり、他人の物をヒトに上げたりすることを平気でしてしまう。(因みに借金に抵抗がない人も、見境のない人間の特徴である。自分のお金と他人のお金の見境がついていないのだ)

 

前例の通り、相手は無意識レベルで行っている事であり、全く悪気が無いのだから、腹を立ててもしょうがない。

 

コミュニケーションに疲れる最大の要因は、双方の無意識レベルの言動にある。

 

無意識レベルの言動さえ理解できれば、コミュニケーションに疲れることは無くなる。

 

無意識の正体は性格である。

 

性格は十人十色、また人間の癖は煩悩の数と同じく108個あると云われているので、他人の性格を見抜き、根底から理解することは至難の業である。

 

 

円滑なコミュニケーションを実現するには?

 

相手の無意識レベルの言動、即ち、相手の性格を受け入れる余裕が心の中にできると、コミュニケーションは自ずと円滑になる。

 

例えば、相手の性格を理解していれば、たとえ自分の意に反する言動であっても抵抗なく受けれられるようになる。

 

そのためには、客観性を持って相手を理解する癖をつけなければならない。

 

下の図は、立場の違いで考えが変わる例えを表したものである。

 

 

上に立てば下り坂、下に立てば上り坂になる。

 

立場が変われば見解が変わる良い例である。

 

人の性格には108個の癖があり、更には、性別、育ち、環境、立場などの要因も重なって、その人独自の性格(意思や意識)が形成される。

 

相手の性格を根底から理解するには、様々な立ち位置から、客観性を持って相手を見つめる気持ちを持つことが欠かせない。

 

そして、相手を理解しながら、自分を理解することも忘れてはならない。

 

なぜなら、コミュニケーションを阻害する原因が、相手の性格ではなく、自分の性格に起因している事が往々にしてあるからだ。

 

因みに、自分の性格を理解することは非常に厄介である。大概の人は、自分がどんな人間であるか分からずに死を迎えるのが普通だ。

 

従って、「人のふり見てわがふり直せ」の言葉通り、相手を見つめながら、自分を見つめ直す癖をつけて、自分の性格を無意識レベルから意識レベルに顕在化させることは、とても大切なことなのだ。

 

 

究極の社長のコミュニケーション術

 

相手の性格が理解できれば、この人にはこういうコミュニケーション、あの人にはこういうコミュニケーションというように、その相手に応じたオーダーメイドのコミュニケーション術が生まれる。

 

ひとり一人の社員に対して、一つひとつの取引先に対して、或いは、家族に対して、オーダーメイドのコミュニケーションを実践すると、「自分の手で相手をどうこうしてやろう」という傲慢さが消えて、「相手のことをもっと理解してやろう」という気持ちが徐々に前に出てくるようになる。

 

ここまでくると、社長自身がコミュニケーションに疲れることは殆どなくなる。

 

逆にコミュニケーションが楽しくなってくるはずだ。

 

中小企業の社長業ほど、コミュニケーションが重要になってくるポストはない。

 

社長の円滑なコミュニケーションは、人材育成、組織掌握、内外折衝、など等、会社の安定経営を支える貴重な強みになる。

 

どんなに小さな一歩でも構わない。

 

コミュニケーションに疲れる前に、相手の性格を客観的に眺めるところから始めてみては如何だろうか?

 

 

無意識は全て許されるか?

 

無意識レベルの行いは悪意が無いのだからすべて許されるのか?というと、そうではない。

 

人に害を及ぼす質(タチ)の悪さは、無意識に勝るものはない。

 

何といっても無意識には歯止めも、抑制も効かないので、対象に与える破壊力が半端ない。

 

例えば、熱々に熱した鉄板を知って触るのと知らずに触るのでは、知らずに触った方が火傷の程度が重症化する。

 

ヒトに対する無意識レベルの言動も同じである。

 

無意識レベルの言動は、人を傷つける、人を悩ませる、人を悲しませる、といった人の心を傷つける破壊力が極めて高いので注意が必要だ。

 

相手以上に自分の性格を理解することが重要だと云われる所以は、ここにある。

 

日頃から「わたしはストレスなんか一つもなく毎日が楽しい」と思っているゴーイングマイウェイな社長ほど、意外と周囲にストレスを押し付けているだけかも知れない...。

 

正しいコミュニケーション術が身についているか否か、時には冷静に見つめ直すことも必要だ。

 

➡NEXT「経営者を助ける極上経営ノウハウ」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談