業績を左右する見通しの重要性

見通しの精度が業績を上げる

見通しの精度が業績を上げる

 

 

「社長!!その〇〇、大丈夫ですか?」シリーズ、本編は「見通し」について解説したいと思います。

 

 

 

見通しは、会社経営のみならず、人生にも深く関わりがあります。

 

なぜなら、人の言動の大部分は、未来の見通しを起点に、今(現在)が決まってくるからです。

 

農耕、狩猟、生活、仕事、そして、会社経営に至るまで、見通しが無ければ、物事がうまく成り立たないのは容易に想像できるかと思います。

 

会社を経営していると、様々な領域の見通しが気になるものです。

 

創業期であれば、創業後の計画の見通し。

 

普段の会社経営であれば、売上の見通し、資金繰りの見通し、お金の見通し、人材育成の見通し、設備投資の見通しなど等、挙げたらキリがありません。

 

当然ながら、見通しが甘いと、明るい未来はやってきません

 

例えば、見通しの甘さが原因で、創業後、間もなく業績が悪化する。

 

或いは、資金繰りが行き詰る、人が育たない、設備が老朽化する、会社が倒産する、など等です。

 

予定は未定ですので、起こりもしない未来のことばかりを考えていては気持ちが疲れてしまいますが、たかが見通し、されど見通しです。

 

やはり、日頃から万全の見通しを持っていた方が経営悪化のリスクは減りますし、大きな失敗をかわす経験値が高まるのも事実です。

 

 

見通しの中で最も大切なものは?

 

見通しの中で最も大切なものは「お金の見通し」です。

 

なぜなら、会社のお金が無くなると、会社が倒産するからです。

 

お金の見通しとひと言にいっても、正確な見通しを立てるのは単純ではありません。

 

会社のお金に関連する全ての要因に目を配らないといけないからです。

 

会社のお金に関連する要因には何がありますか?

 

売上、経費、利益、借金、利息など等、だけではありません。

 

顧客動向、市場動向、人材計画、設備計画など等、かなり広範囲にわたります。

 

これら一つひとつの要因に対する見通しが甘くなると、必然的にお金の見通しも甘くなります。

 

 

お金の見通しを正しく立てる秘訣とは?

 

より正確に未来のお金の見通しを立てるには、秘訣があります。

 

それは、お金に関連するすべての要因の過去と現在に目を配ることです。

 

なぜなら、過去の行いが現在を作り、未来はその延長線上にあるからです。

 

過去と現在を正しく捉えることが、正しい未来(見通し)を捉える秘訣なのです。

 

正しい見通しを捉える秘訣は、もう一つあります。

 

それは、理論的且つ技術的に見通しを立てる、ということです。

 

理論も技術もない、ただの思い込みや勘で立てた見通しは外れる可能性が大きいですし、当たり外れを気にするあまり気持ちが疲れますので、精神衛生上もおススメできません。

 

思い込みや勘に頼らず、理論と技術を活用することが大切なのです。

 

経営者の経験(原因と結果)、会社の数字、経済環境、景気動向など等、理論的に説明できる情報をもとに作られた見通しは、大きく外れることはありません。

 

もし万が一、見通しが外れたとしても、外れた原因を理論化できますので、容易に挽回策を見つけ出すことができます。

 

元気よく業績を伸ばしている経営者は正しい見通しを持っています。

 

正しい見通しがあれば、未来の安定経営を支える正しい決断を次々と下すことができます。

 

例えば、

 

・利益水準が下がる前に経費を削減する

 

・売上が下がってくる前に新商品を投入する

 

・市場拡大に間に合うように新規人材を採用する

 

・設備が老朽化し生産性が下がる前に設備投資をする

 

・赤字が拡大する前に商品を終売させる、或いは、事業を撤退させる

 

など等です。

 

その見通しは万全ですか?

 

そもそも、正しい見通しを持っていますか?

 

正しい見通しは経営(業績)を助けますが、誤った見通しは経営(業績)の足を引っ張ります。

 

冷静な眼で見通しを見直すことも、時には必要です。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「社長!!その〇〇、大丈夫ですか?」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営力と商品力が会社を拡大する
経営力と商品力の両輪を高める活動こそが拡大経営を実現する確かな法則です。経営力と商品力を高めるためにすべきことを具体例を交えて分かりやすく解説しています。
儲かる売上を上げる方法
売上は会社の生存に欠かせない要素です。しかしながら、売上の中には経営の足を引っ張る悪い売上もあります。儲かる売上を上げる方法を紹介しています。
会社の利益を最大化する方法
会社の利益は会社の事業価値と存在意義を決定づける要素です。当然ながら、利益拡大の目標を見失うと経営は行き詰ります。適正な利益目標の捉え方を紹介しています。
成功する経営計画の立て方
計画なくして成功なし。会社経営にとって、計画はそれほどに重要な要素を持っています。会社経営を成功に導く計画の作り方、重要ポイントを紹介しています。
投資で経営に失敗しない法則
会社を経営するうえで投資は欠かせません。投資に失敗しないためには、投資基準を持ち、失敗要素を理解する必要があります。経営者が理解すべき代表的な失敗要素と基準をご紹介します。
借金で経営に失敗しない法則
借金を元手にすれば自分の財布の中身を減らすことなく商売を始めることができます。場合によっては元手0円から儲けを生み出すことさえできます。失敗しない借金の秘訣を紹介しています。
会社の生産性を上げる方法
生産性とは労働の投下に対する収益性の評価基準です。生産性の高い仕事を提供すれば、少ない労力で大きな収益を得ることが可能になります。生産性を高める方法を紹介しています。
経営に失敗する危険なリスク
会社経営に失敗しない秘訣はリスクを放置しないことです。会社の経営に大きく影響を及ぼすリスクと経営者が見逃してはいけないリスクを紹介しています。
多角化で経営に失敗しない法則
多角化事業を軌道に乗せることは、新たな会社を一から立ち上げて軌道に乗せるのと同じくらいに大変なことです。失敗しない多角化経営の秘訣を紹介しています。
確かな決断力を鍛える秘訣
社長の仕事は決断する事といっても過言ではありません。なぜなら、社長の決断次第で会社の未来が決まってしまうからです。社長の決断力を鍛える秘訣を紹介しています。
確かな実行力を高める思考法
経営者の実行力なくして事業活動は成り立ちません。実行なくして明るい未来は築けないのです。経営者が実行力を身につける方法と共に、正しい実行力を養う秘訣を紹介しています。
社長の数字力を上げる方法
社長の数字力はビジネスを成功に導くうえで欠かせないものです。なぜなら、数字力の高低でビジネスの成功確率が決まってくるからです。数字力の重要性と磨き方を紹介しています。
社長が持つべき経営判断の基準
会社は経営者が下した「経営判断の連続」で事業が形作られていきます。当然ながら経営判断を誤れば会社は衰退の道を辿ることになります。経営判断を誤らない指標や基準を紹介しています。
成功する経営改善の方法
経営改善とは企業の事業価値を高める活動のことです。当然ながら、事業価値が陳腐化(低下)すると競争から取り残されてしまいます。正しい経営改善プランの作り方を紹介しています。
経営の勘どころを磨く方法
敏感、鈍感問わず、できれば勘どころに頼ることなく経営判断が下せるように、日頃から論理的判断材料を積み重ねる努力が必要です。正しい経営判断を支える鋭い勘どころの磨き方を紹介しています。
経営バランスの整え方
経営バランスが崩れた状態で経営を続けると経営悪化のリスクが次々と噴出してしまいます。経営バランスを整える方法と共に、経営者のバランス感覚を養う方法を紹介しています。
儲かる仕組みの作り方
仕組みがある会社とない会社の業績には大きな差が生じます。そして、仕組みには儲かる仕組みと儲からない仕組みがあります。儲かる仕組みの作り方を紹介しています。
正しい社長のコミュニケーション術
社長ほどコミュニケーションに疲れるポストはありません。また、社長業ほどコミュニケーションが重要になってくるポストはありません。安定経営にも繋がるコミュケーションの秘訣を紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ