経営計画の立て方で成功が決まる

成功する経営計画の立て方

成功する経営計画の立て方

 

計画なくして、成功なし。

 

会社経営にとって、計画はそれほどに重要な要素を持っています。

 

社会的にも計画の重要性は増しており、例えば、人事評価などでも、結果と同等以上に計画(プロセス)を評価する動きが加速しています。

 

段取り八分、準備万端、人事を尽くして天命を待つ、など等、計画の重要性を表した云われやことわざも沢山あります。

 

中小企業の会社経営においても、計画はあらゆる領域で活用され、経営を助ける働きをします。

 

経営計画、改善計画、営業計画、予算計画、投資計画、人事計画、など等、その領域は広範囲にわたります。

 

計画が無ければ中小企業の経営が成り立たない、といっても過言ではありません。

 

ちなみに、計画は、精度の高低で業績への影響度が変わってきます。

 

当然ながら、精度の高い計画は業績を押し上げます。

 

一方、精度の低い計画は業績を押し下げ、場合によっては、致命的な判断ミスを引き起こすきっかけを作ることもあります。

 

例えば、まったく計画のない場当たり的な会社経営を続けた結果、行く末がどうなるかを想像してみてください。

 

結果は、想像に難くないでしょう...。

 

計画の立て方ひとつで、会社経営の明暗が分かれてしまうのです。

 

 

計画に必要な絶対的要素とは?

 

計画に必要な絶対的要素があります。

 

何だかお分かりですか?

 

これがなければ計画は成り立ちません。

 

答えは「目標」です。

 

計画とは、目標を達成するためにあり、目標から逆算してやるべきことを決定するためにあるのです。

 

当然ながら、目標のない計画は、計画ではありません。

 

計画のない仕事は、ただの時間つぶし、或いは、ながら仕事となり、生産性に全く貢献しない(時間と労力を無駄にする)、もったいない行為になってしまいます。

 

計画は「目標」と「やるべきこと」のふたつがなければ成り立たないのです。

 

 

精度の高い計画を作るには?

 

計画を立てるうえで、

 

・目標設定

 

・目標達成のためにやるべきこと

 

この二つの精度が高ければ高いほど、計画の精度が向上します。

 

 

目標設定のポイントとは?

 

目標設定をする際に重視すべきポイントは、「時間軸」と「段階」です。

 

例えば、5歳の男の子が将来プロ野球選手になるという目標を掲げたとします。

 

目標設定が「プロ野球選手」ひとつであれば、やるべきことが広範囲にわたりすぎて、どこから手をつけて良いのか分からなくなり、実現性の高い計画はなかなか作れません。

 

時間軸と段階を考慮して、現状⇒「強豪リトルリーグへの入団」⇒「レギュラー獲得」⇒「強豪中学校への入学」⇒「レギュラー獲得」⇒「強豪高校への入学」⇒「レギュラー獲得」⇒「甲子園出場」⇒「甲子園での活躍」⇒「ドラフト会議での指名(プロ入り)」というように、時間軸に合わせて、段階を経て目標を設定すると、やるべきことが明確になり、計画の実現性がグッと増します。

 

中小企業の会社経営においても同様です。

 

現状⇒「健全経営(黒字経営)」⇒「地域ナンバーワンorオンリーワン」⇒「事業規模拡大」⇒「上場」というように、時間軸と段階を意識した目標設定が、実現性の高い計画を作る秘訣となります。

 

 

目標達成のためにやるべきことのポイントとは?

 

目標達成のためにやるべきことを決定する際に重視すべきポイントは、「現状認識」と「優先順位」です。

 

現状認識とは、現状と目標との差を認識することです。

 

優先順位とは、現状と目標との差を解消するためにやるべきことの優先度を順位分けすることです。

 

立派な計画はあるが、現状が変わっていない。

 

立派な予算はあるが、まったく予算が達成できない。

 

など等、計画未達の最大の原因は、「現状認識」と「優先順位」の誤りにあります。

 

例えば、この計画を達成するには、こっちよりもこちらを優先した方が良い、或いは、この計画を達成するには、これをやってから次に進んだ方が良い、など等、計画達成の道筋には現状認識と優先順位の判断が至るところに出てきます。

 

当然ながら、現状認識と優先順位を誤ると、目標を達成するどころか、会社の業績が悪化してしまうことがあります。

 

これは、人生の成功と失敗の法則にも当てはまります。

 

 

計画は成功の道しるべ

 

中小企業において正しい計画を持っている会社は決して多くありません。

 

計画の立て方が誤っている、計画はあっても内容が妥当ではない、そもそも計画がないという中小企業も珍しくありません。

 

計画は成功の道しるべです。

 

計画はありますか?

 

目標設定は確かですか?

 

目標達成のためにやるべきことは妥当ですか?

 

計画のない会社、或いは、計画未達が続いている会社は、一度、冷静かつ客観的な眼で計画を見直してみては如何でしょうか?

 

成功できない理由は、計画の立て方にあるのかも知れません。

 

➡NEXT「投資で経営に失敗しない法則」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ