経営バランスが崩れると業績が傾く

経営バランスの整え方

経営バランスの整え方

 

会社経営においてバランスは大変に重要な要素を持っている。

 

なぜなら、経営バランスの崩れた状態で経営を続けると、様々な衰退リスクが噴出してしまうからだ。

 

例えば、頭の中で「バランスの整っている会社」と「バランスの整っていない会社」を比べてみてほしい。

 

いかがだろうか?

 

一生で被る経営難題や課題、経営の落とし穴や逆境など、会社の成長を阻害する要因が数多く噴出するのは、後者の「バランスの整っていない会社」であることは容易に想像がつくだろう。

 

バランスの良し悪しで、状況が悪化するのは人間の身体や人間の生活も一緒である。

 

偏食は生活習慣病のリスクを高めるし、借金過多は生活の破たんリスクを高める。

 

何事も、バランスなくして、安定はあり得ない。

 

つまり、中小企業の安定経営を実現するためには、経営バランスを整えることが欠かせないのだ。

 

 

経営バランスの整え方

 

中小企業の経営バランスの整え方は難しくない。

 

”収入に合わせて支出をコントロールする”だけのことだ。

 

「入るを量りて出ずる為す(いるをはかりていずるをなす)」という言葉がある。

 

言葉の意味を要約すると、「収入に応じた支出計画を考えなければ、貯金はたまらない」ということだが、これは、経営バランスを整えるうえで、最も大切な教えを表している。

 

なぜなら、会社は、お金で始まり、お金で終わるからだ。

 

どういう事かというと、会社のお金が無くなると、会社が倒産する、ということである。

 

収入よりも多い経費を使い続けたらどうなるだろうか?

 

答えは、明白だろう。

 

収入に応じた経費バランスを整えることが、中小企業の経営バランスを整えるはじめの一歩になるのだ。

 

 

経費バランスの整え方

 

収入に応じた経費バランスを整えて、経営バランスを整えるには、明確な指標が必要だ。

 

例えば、100万円の収入に対して、99万円の経費を使い、1万円の利益(貯蓄)を残せば、経営バランスが整うのかというと、答えはノーである。

 

収入の1%程度の利益(貯蓄)では、持続的成長を支える十分な費用(成長投資や設備の保守保全費用など等)が捻出できない。

 

また、ギリギリの利益では、経済環境の少しの変化で、利益部分が消し飛んでしまい、赤字経営に転落してしまうかも知れない。

 

それでは、儲けの利益幅が大きければ良いのかというと、これも答えはノーだ。

 

少し極端な例ではあるが、100万円の収入に対して、50万円の経費を使い、50万円の利益(貯蓄)が残っている会社があったとする。

 

収入の50%もの利益(貯蓄)があれば、経営バランスが整うかというと、そうでもない。

 

なぜなら、高すぎる利益水準は、会社の内部環境に無理が生じている可能性が高いからだ。

 

例えば、保守保全の不足、管理体制の不備、労働環境の悪化、取引先への無理強い、など等である。

 

誰かの犠牲の上に成り立っている行き過ぎた利益は、けっして長続きしない。

 

早々に破たんすると思った方がよい。

 

それでは一体、中小企業の収入に応じた経費バランスを正しく整える明確な指標とは、どのようなものなのだろうか。

 

 

経費バランスの明確な指標とは?

 

 

中小企業の経費バランスを整えるうえで活用できる経営指標は「売上総利益高経費率」である。

 

売上総利益高経費率とは、売上総利益に対する経費の構成比率のことである。

 

計算式は下記の通りである。

売上総利益高経費率=〔販売管理費(経費)÷売上総利益〕×100

 

経費バランスが整う適正範囲は、売上総利益高経費率80~90%である。

 

この適正範囲内で経費がコントロールされている限りは、中小企業の経営バランスが崩れることはない。

 

逆に、経費バランスが適正範囲内から外れてしまうと、経営バランスも崩れてしまい、さまざまな衰退リスクが噴出することになる。

 

売上総利益高経費率は業種業態問わず、すべての中小企業で活用できる便利な経営指標である。

 

この指標を日頃からモニタリングすることが、経営バランスを整える秘訣になる。

 

是非とも、導入してみてほしい。

 

 

経営者のバランス感覚も大切なポイント

 

経営バランスを整えるために経費バランスを整えることは、会社の持続的成長を実現するうえで欠かせないことだが、中小企業の経営バランスを整えるためにすべきことは、他にも沢山ある。

 

例えば、経営者のバランス感覚である。

 

経営者の偏った知識、偏った経験、偏った思考では、バランスの整った会社経営を実現するのが難しくなる。

 

例えば、経営者のバランス感覚が悪ければ、業績が伸び悩む、或いは、社員や取引先の不満が噴出する、等といった衰退リスクが高まる一方になる。

 

経営者の偏ったバランス感覚を中心(中庸)に持ってくるには、徹底して経営の基本を学ぶことが欠かせない。

 

何事もそうだが、基本は強靭なバランス感覚を養う。

 

当然ながら、基本が身についてないうちに、応用や自己流に走ってしまうと、崩れたバランスで走り続けることになる。

 

アンバランスな状態で走り続けると、転ぶのは時間の問題だ。

 

場合によっては失敗するしか道がないといった結末を迎える可能性もあり得る。

 

会社経営において、失敗しないことは、成功することよりも重要なことだ。

 

転んだ後で、基本の重要性に気が付いても時すでに遅しである。

 

会社経営に不安がある、或いは、経営能力の不足を実感している、といった症状がある場合は、経営者の経営バランスが崩れている可能性が高い。

 

経営のプロに基本を習う、経営ブレーンを活用する、経営参謀をつけるなど等、経営者のバランス感覚を養う方法は沢山ある。

 

崩れた経営バランスを放置しないことが安定経営の秘訣である。

 

➡NEXT「儲かる仕組みの作り方」へ

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談