経営のプロが教える経営指標の活用術

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

中小企業の経営指標と経営分析手法|経営者必見の経営指標と分析ノウハウ

中小企業の経営指標と経営分析手法

 

会社経営において、経営指標は会社の成長を支える重要な情報になる。

 

例えば、売上成長率、営業利益率、自己資本比率、など等、会社の実態を表す経営指標は、会社の成長戦略を考えるうえで有効に活用することができる。

 

経営指標を積極的に活用する手法を専門用語で管理会計というが、管理会計ほど経営に役立つものはない。

 

このカテゴリーでは、中小企業に適した各種経営指標と経営分析手法をたくさん紹介している。

 

中小企業経営者が管理会計を習得するには、基本の経営指標と経営分析手法をしっかりマスターしなければならない。是非とも、参考にしてほしい。

中小企業の経営指標と経営分析手法|経営者必見の経営指標と分析ノウハウ記事一覧

管理会計ほど優れた経営分析手法はない。なぜなら、日常的に管理会計を運用していると、会社の経営状況が明快になり、経営判断や成長戦略を誤るリスクがグッと低下するからだ。事実、管理会計を運用している中小企業の経営状況は極めて良好な一方で、管理会計を運用していない中小企業の経営状況は決まって芳しくない。この記事では、管理会計の概要から管理会計の導入方法、並びに、管理会計の運用方法に至るまで、管理会計の基本...

売上成長率とは、会社の売上がどの程度成長したかを示す経営指標のことである。売上成長率を、売上伸び率、或いは、売上伸長率ともいうが、売上成長率を見れば、その会社の将来性が自ずと見えてくる。例えば、売上成長率がプラス成長であれば会社の衰退リスクが低く、売上成長率がマイナス成長であれば会社の衰退リスクが高い、ということが分かる。会社の発展は、売上の成長がなければ望めないので、売上成長率は重要な経営指標の...

売上原価とは、売上から売上総利益(粗利)を差し引いた金額のことである。売上原価は、仕入や外注費など販売管理費以外の経費のことであり、売上原価の把握なしに、まともな利益管理や原価管理は絶対にできない。また、会社経営は、原価以上の売値で販売することで初めて成り立つので、売上原価の把握は経営の要といっても過言ではない。売上原価の構成イメージは下図の通りである。売上に占める売上原価の構成比が小さいほど、商...

売上総利益とは、売上から売上原価(仕入等)を差し引いた金額のことである。売上総利益は、別称「粗利(あらり)」とも云い、会社の利益指標として最も馴染みのある経営指標でもある。会社経営は利益を生み出すことで初めて成り立つので、売上総利益の把握は利益管理の要といっても過言ではない。当然ながら、売上総利益の把握なしに、まともな利益管理も会社経営も出来るものではない。売上総利益の構成イメージは下図の通りであ...

経費率とは、収入に対する経費の構成比率のことである。そして、人件費率とは、経費の一部である人件費の収入に対する構成比率のことである。経費率と人件費率は、会社の収入に対するコストバランスを示す経営指標だが、会社経営は収入以下のコストで運営することによってはじめて成り立つので、この二つの指標ほど重要な経営指標はない。当然ながら、収入以上の経費や人件費をかけてビジネスを続けていては、何れ会社が倒産してし...

営業利益とは、会社の本業の利益を示す経営指標である。営業利益は売上から仕入原価や経費を差し引くことで計算される。そして、会社の収入に対する営業利益金額の構成比率を計算すると営業利益率が分かる。営業利益と営業利益率は、会社の収益性を示す経営指標だが、会社経営は利益を生み出すことによって初めて成り立つので、この二つの指標ほど重要な経営指標はない。当たり前だが、営業利益が十分に取れないビジネスを続けてい...

損益分岐点を分析するには、売上に対応する全ての費用を、「固定費」と「変動費」に分ける必要がある。固定費とは、売上高の増減に関わらず発生金額が一定の費用のことで、変動費とは、売上高の増減に伴い変動する費用のことである。売上高(生産高)との関係性に基づいて費用を固定費と変動費に分けることを「費用分解」というが、費用分解の正確性が低いと、利益構造を明らかにする損益分岐点の分析に大きな影響を及ぼす。当然な...

損益分岐点とは、損失が出るか利益が出るかの境目のことである。つまり、損益分岐点は、会社の採算ラインを示す経営指標である。例えば、売上が損益分岐点に達すれば赤字になることはないが、売上が損益分岐点を下回ってしまうと損失が生じて赤字経営となり倒産のリスクが高まる。この記事では、損益分岐点の計算方法と適正水準(目安)について、詳しく解説する。損益分岐点売上高の計算方法損益分岐点売上高とは、会社の採算ライ...

必要運転資金とは、事業活動を円滑に進めるために必要な現金・預金のことである。事業活動とは、端的に説明して、売り上げを作るための活動である。従って、必要運転資金とは、売上を作るために必要な経費の支払いに充当する現預金ともいえる。売上に対応する経費は、商品の仕入れ、人件費の支払い、家賃の支払い、水道光熱費の支払い、など等、挙げたらキリがないほどある。当然ながら、必要運転資金が枯渇すると経費の支払いがス...

流動比率とは、会社の支払能力を示す経営指標である。流動比率は、1年以内に現金化される流動資産と、1年以内に支払期限が到来する流動負債を用いて計算する。流動資産よりも流動負債が下回っていれば支払能力が高く、流動資産よりも流動負債が上回っていれば支払能力が低いと判断できる。流動比率の計算式は下記の通りである。流動比率=(流動資産÷流動負債)×100下図は貸借対照表の「流動資産」と「流動負債」を示したも...

当座比率とは、会社の支払能力を示す経営指標のひとつである。当座比率は、1年以内に現金化される流動資産の中でも換金性の高い現金、売掛金、受取手形等の当座資産と、1年以内に支払期限が到来する流動負債を用いて計算する。当座資産よりも流動負債が大きく下回っていれば支払能力が高く、当座資産よりも流動負債が大きく上回っていれば支払能力が低いと判断できる。なお、当座比率の計算に用いる当座資産には、換金性の低い棚...

借入限度額とは、金融機関等からの借入をする際に設定される、或いは、設定する借入金の限度額のことである。金融機関が設定する借入限度額の計算は、定形計算式で決まるビジネスローンや事業ローンと非定形計算式で決まる法人融資の二種類がある。借入金を調達する側の会社が自己防衛のために自分で設定する借入限度額の計算は、月商倍率で計算する方法が一般的である。この記事では、借入金を調達する側の会社が自己防衛のために...

債務償還年数と預貸率は、銀行融資を左右する指標である。なぜなら、何れも銀行が融資先企業を格付分析する際に用いる指標だからだ。債務償還年数は返済能力を示し、預貸率は返済余力を示すので、融資先企業の債務償還年数と預貸率が分かると、自ずと、融資限度額や金利といった融資条件が決まる。従って、銀行から有利な融資条件を引き出すには、適正な債務償還年数と預貸率をキープすることが大切になる。万が一、債務償還年数と...

負債比率とは、会社の返済余力や安全性を表す経営指標のことである。負債比率は、「自己資本(純資産=自分のお金)」と「他人資本(負債=他人のお金)」、ふたつの指標を用いて計算する。自己資本とは、自身で調達した資金(資本)のことである。自身で調達した資金(資本)なので、返済義務がない。一方、他人資本とは、他人から調達した資金(資本)のことである。他人から調達した資金(資本)なので、返済義務がある。他人資...

自己資本比率とは、会社の資本力や経営の安全性を示す経営指標のことである。自己資本比率は、「自己資本(純資産=自分のお金)」と「他人資本(負債=他人のお金)」、ふたつの指標を用いて計算する。自己資本とは、自身で調達した資金(資本)のことである。自身で調達した資金(資本)なので返済義務がない。一方、他人資本とは、他人から調達した資金(資本)のことである。他人から調達した資金(資本)なので、返済義務があ...

総資本回転率とは、資本効率の適正度合いを判定する経営指標のことである。総資本回転率の計算対象になる資本とは、会社の事業活動の元手のことである。例えば、会社の設立時点の資本(元手)は、資本金である資金、いわゆる現金しかない。会社経営が始まると、現金が商品に姿を変え、商品が販売されると、商品が現金になり、再び、資金、いわゆる資本に戻ってくる。この資本→商品→現金→資本、という一連のサイクルを、資本の回...

固定比率とは、購入した固定資産が会社の自己資金でどの程度まかなわれているかを示す経営指標のことで、自己資本に対する固定資産の構成比率を求めることで計算できる。固定比率は、購入資産の返済余力を計る経営指標としてだけでなく、購入資産の投資効率を計る経営指標としても活用できる。例えば、固定比率の計算対象となる固定資産は、長期間に亘って使用可能な資産のことであり、原則、収益を生み出すために購入された資産で...

事業撤退の基準を誤ると、会社が一気に衰退してしまうことがある。事実、新規出店や多角化等での事業失敗の根本原因は、事業撤退基準の誤りにある。「見切千両」という言葉がある通り、事業を見限る選別眼は中小企業経営者にとって欠かせない能力のひとつといえる。事業を見限るうえで大切なのは、事業撤退の判断基準とタイミングである。なぜなら、事業撤退の判断基準とタイミングを誤れば、会社のさらなる成長の芽を潰す結果にな...

コストダウンの目的は二つある。ひとつは「利益の拡大」、もう一つは「競争優勢性の向上」である。会社の支出に関わる経費は全て会社のコストである。商品仕入もコスト、人件費や水道光熱費、地代家賃もコストである。コストゼロで儲けることができれば笑いが止まらないが、現実はそれほど甘くはなく、一定の売上を上げるには、必ず、一定のコストがかかる。さらに、売上とコストは対の関係性にあり、常に、会社の存続を左右する「...

労働分配率とは、売上総利益に占める人件費の構成比率のことである。労働分配率は、会社の分配可能な付加価値(売上総利益、或いは粗利)が、どの程度労働の対価(人件費)に支払われているかを示す経営指標である。労働分配率が分かると会社の人的投下の構造が明かになるので、例えば、労働分配率の高い会社は沢山の労働力を要する人的投下が大きい労働集約型の企業で、労働分配率の低い会社は少ない労働力で済む人的投下の小さい...

在庫回転率とは、商品在庫が効率よく売上に転換されているかどうかを計る経営指標のことである。在庫回転率は、主に、製造業、小売業、卸売業で重要視されている経営指標である。在庫回転率は、商品が短期間で売れていれば高く、商品が長期間に亘って売れていなければ低くなる。つまり、在庫回転率が高いほど、効率よく商品が販売されている、ということが分かる。この記事では、在庫回転率の計算式から適正水準、在庫回転率の運用...

投資なくして、会社の成長なし。会社を成長させるには、継続的な投資が不可欠である。しかしながら、投資のタイミングや投資金額を計るうえで適正な指標や基準がない中で、闇雲に投資を進めると、投資に失敗することがある。事実、投資のタイミングを誤ったり、過剰投資で会社が衰退するケースは後を絶たない。そもそも、会社の投資とはどのようなものなのだろうか?投資とは、会社の売上を上げるため、又は、会社の成長を助けるた...

資本力に乏しい中小企業が大型設備投資の判断基準とタイミングを誤ると、会社衰退のリスクが飛躍的に高まる。適正な判断基準とタイミングを持たずに闇雲に行った設備投資が、経営の足かせになることもあり得る。そして、大型設備投資の判断基準とタイミングは、何れも正しくないと失敗リスクが拭えない。例えば、投資資金が十分にあり、投資判断にゴーサインを出したとしても、投資のタイミングを誤っていれば、投資は失敗に終わる...

投資は会社経営の至るところに関わってくる。投資の範囲は設備増設や商品開発だけに止まらない。人材採用、社員教育、広告展開、試験研究、など等、中小企業の投資分野は多岐にわたる。投資は、会社の成長を後押しするので、なくてはならないものだが、しっかりした投資計画がなければ成功しない。例えば、投資した途端に会社が衰退する、或いは、多角化投資が失敗して会社が衰退する、といった状況は、経営者が然るべき投資計画を...

企業の経済活動の成果、いわゆる獲得利益のことを「企業の果実」という。企業の果実は、中小企業の収益性と競争力の分析に用いる経営指標として活用できる。例えば、企業の果実が多いほど、企業の果実が効率よく得られるほど、その会社の収益性は高いといえる。当然ながら、企業の収益性が高ければ、それだけ競争力も高いということになる。つまり、企業の果実の収縮が分かれば、会社の収益性と共に、競争力の判定もできるのだ。企...

企業の付加価値は、いろいろな計算方法がある。単純に「売上」を付加価値と捉える見方もある。売上から仕入を差し引いた「売上総利益(粗利)」を付加価値と捉える見方もある。はたまた、売上から全ての諸経費を差し引いた「営業利益」を付加価値と捉える見方もある。どれも正しそうに見えるが、果たしてどうだろうか?そもそも、付加価値とは、ある「モノ」が有している価値と、それを生み出す元となった「モノ」の価値との差のこ...

社員一人当たりの付加価値とは、一人の社員が生み出す会社の付加価値のことである。社員一人当たりの付加価値は、会社の労働生産性を計るうえで欠かせない、超重要な経営指標のひとつである。例えば、社員一人当たりの付加価値が高い会社は、社員一人当たりの収益性が優れているということなので、会社全体の生産性が非常に高いといえる。社員一人当たりの付加価値は、会社の付加価値を社員数で割ると算出されるが、このままでは労...

労働生産性とは、労働の投下に対する収益性を評価する経営指標のことである。労働生産性は、少ない労働で大きな収益を生み出す割合が大きいほど良いといえる。そして、労働生産性は、常に「労働の投下」と「労働の投下に対応する収益」が対の関係にある。つまり、労働生産性が高い会社は、少ない労働で大きな収益を、労働生産性の低い会社は、大きな労働で、少ない収益を生み出していることになる。労働生産性は安定経営を実現する...

人時生産性とは、労働の投下に対する時間当たりの収益性を評価する経営指標のことである。人時生産性(にんじせいさんせい)は、少ない人員且つ少ない労働時間で大きな収益を生み出す割合が大きいほど良いといえる。そして、人時生産性は、常に、「労働の投下」と「労働の投下に対応する収益」が対の関係にある。つまり、人時生産性が高い会社は少ない人員且つ少ない時間で大きな収益を、人時生産性の低い会社は沢山の人員且つ沢山...

会社の販売先毎に優劣をつける分析方法を売上ABC分析という。売上ABC分析は、売上の良否を判定するだけに止まらず、あらゆる経営分析に応用できるので、中小企業経営者が覚えておきたい分析手法のひとつである。売上ABC分析を行う上で、まず抑えるべきポイントは「20:80の法則」である。20:80の法則は、売上ABC分析の基準になり得る、欠かせない法則である。20:80の法則は、イタリアの経済学者ヴィルフ...

中小企業は販売先毎にリスク管理を行わないと、思わぬところで倒産の危機を迎えることがある。例えば、売掛金の貸し倒れ、連鎖倒産などは、中小企業の最たる販売リスクである。販売先のリスク管理の項目は、売上構成比率(占有率)、与信リスク、品質リスク、など等、さまざまある。どれも重要なリスク管理項目ではあるが、この記事では、リスク管理を怠った場合に最も倒産リスクが高い「売上構成比率(占有率)」のリスク管理手法...

パレート分析とは、「20:80の法則(パレートの法則)」を活用した分析方法のことである。パレート分析の根底を支える「20:80の法則」は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(べきじょうそく)で、パレートの法則という。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論である。パレート分析は、会社経営のあらゆる面で応用可能な分析手法である...

本部経費とは、主に管理部門の経費のことである。営業部門が複数ある場合は、管理部門である本部経費と、営業部門の直接経費を分けて集計しないと、営業部門の真の利益が見えなくなってしまう。当然ながら、各営業部門の経費集計が不明瞭では、正しい損益を把握することはできず、経営判断を誤るリスクと共に、会社衰退のリスクが高まるばかりとなる。複数の営業部門がある企業においては、本部経費の集計なくして、正しい会社経営...

中小企業の場合、会社のオーナー兼経営者であることが一般的である。会社のオーナーは、自身の役員報酬の金額を自由に決定することができる。オーナー自身が株式を100%保有していれば、第三者に対して経営情報や経理帳簿の開示義務もないので、他人に詮索されることなく、際限なく役員報酬を引き上げることもできる。一代限りの会社経営であれば問題ないと思うが、会社を次世代へ引き継ぐことを意識している経営者であれば、経...

持株比率とは、株式の出資割合を示す経営指標のことである。持株比率に応じて株主の権利(支配権)が変わってくるので、持株比率は重要な経営指標といえる。持株比率の計算対象である「株式」とは、株式会社の設立資本金の出資額に応じて交付される一種の権利のことである。そして、株式が交付された設立資本金の出資者のことを「株主」という。現在は1円の設立資本金で株式会社の設立が可能だが、2006年4月以前は、1,00...

飲食業は景気や流行に左右されやすく、安定した経営を実現するのが非常に難しい業種である。健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが欠かせない。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標である。(それぞれの経営指標をクリックすると計算方法と適正水準が分かる)営業利益率の水準経費率と人件費率の水準1人1時間当たりの付加価値上記...

美容業は景気や流行に左右されやすく、安定した経営を実現するのが比較的難しい業種である。健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが欠かせない。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標である。(それぞれの経営指標をクリックすると計算方法と適正水準が分かる)営業利益率の水準経費率と人件費率の水準人時生産性上記3つの経営指標の...

製造業は景気や流行に左右されにくく、比較的安定経営を実現しやすい業種である。とはいっても、健全な会社経営並びに効率の良いモノづくりを実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが欠かせない。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標である。営業利益率の水準経費率と人件費率の水準労働生産性の高低上記3つの経営指標の適正水準をクリアすることが、製造業の成長を実現する最...

小売業は景気や流行に左右されやすく、安定した経営を実現するのが比較的難しい業種である。健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが欠かせない。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標である。営業利益率の水準経費率と人件費率の水準1人1時間当たりの付加価値上記3つの経営指標の適正水準をクリアすることが、小売業の成長を実現す...

ホテル・旅館業は景気に左右されやすく、安定経営を実現するのが比較的難しい業種である。健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが欠かせない。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標である。営業利益率の水準経費率と人件費率の水準労働生産性の高低上記3つの経営指標の適正水準をクリアすることが、ホテル・旅館業の成長を実現する最...

ネットショップ・通販業は購入者が一般消費者なので、一定水準の顧客数を確保できれば安定した経営を実現しやすい業種だが、健全な会社経営並びに効率のよい現場運営を実現するためには、財務諸表の分析を通じて日頃から経営課題を抽出することが欠かせない。例えば、下記の経営指標は常時モニタリングしたい指標である。(それぞれの経営指標をクリックすると計算方法と適正水準が分かる)営業利益率の水準経費率と人件費率の水準...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る