会社経営の基本|経営者必見の成功ノウハウ・成功社長の条件

会社経営の基本|経営者必見の基本ノウハウ

 

中小企業は、ヒト、モノ、カネ、情報等の経営資源が盤石ではありません。

 

加えて、中小企業の企業文化や業績状況は十人十色なので、大企業向けの経営手法や経営参考書に書かれていることを鵜呑みにして、そのまま導入しても、うまく機能しません。

 

会社経営を成功に導くノウハウは、企業の数だけ存在するといっても過言ではありませんが、普遍的に通用する経営の基本原則はあります。そして、経営の基本原則から大きく外れない限り、会社経営を大きく誤ることはありません。

 

このカテゴリーでは「経営者が抑えるべき会社経営の基本」に焦点を当てた経営ノウハウを数多く紹介しています。

 

基本を疎かにした会社経営に成功はありません。基本があって応用が身につき、基本があって型破りの進化があるものです。会社経営の成功は基本で決まり、安定経営の第一歩は会社経営の基本を知ることから始まります。

会社経営の基本|経営者必見の成功ノウハウ・成功社長の条件記事一覧

このたびは、当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。当サイト運営者のビジネスコンサルティング・ジャパン(株)代表取締役社長の伊藤です。当サイトは、すべての中小・中堅企業に通用する経営ノウハウを厳選して公開している日本最大級の経営情報サイトです。わたしはコンサルティング会社を創業して現在に至るまで、一貫して中小・中堅企業専門のコンサルタントとして沢山の会社の企業経営に関わって参りました。...

会社経営(かいしゃけいえい)とは、経営学上は組織の運営とされている。組織運営とひと言にいっても、会社組織の形態は様々ある...。果たして、会社経営とは何なのか。この記事では、会社経営は何か、会社経営の目的から成功の条件に至るまで、詳しく解説する。会社経営とは何か?会社経営とは何か?考えたことがあるだろうか?中小企業の経営者が10人いれば、その答えは十人十色かも知れないが、会社経営とは、ひとことでい...

「基本×基本=安定経営」基本なくして会社経営の成功なし。これが会社経営を成功に導く公式だ。この記事では、会社経営における基本の重要性から習得すべき基本スキルに至るまで、詳しく解説する。なぜ基本が大切なのか?すべての応用問題は「基本×基本」で答えが明らかになるが、会社経営も例外ではない。なぜなら、会社経営の基本が経営者に身についていなければ、様々な経営課題を解決する能力が低下し、ほんの少しの経営環境...

経営者のモラルは会社経営の成功に不可欠な要素といえる。なぜなら、世間に迷惑をかけない、地元に迷惑をかけない、取引先や社員に迷惑をかけない、など等、経営者のモラルある会社経営が成功を大きく左右するからだ。例えば、法律の範囲内なら世間や地元、或いは、取引先や社員に迷惑をかけようが何をしてもオッケーというモラルなき会社経営は、早晩に行き詰まる。このようなモラルのない会社経営を続けていると、必ずといってい...

中小企業の会社経営において、社長の仕事ほど重要なものはない。なぜなら、社長が本来すべき仕事を遂行している限り、そう簡単に、会社が衰退することはないからだ。この記事では、中小企業の社長が最低限すべき5つの仕事について、詳しく解説する。中小企業の成長は社長の仕事で決まる中小企業の成長は社長の仕事で決まる。なぜなら、社長の最たる仕事は決断する事であり、その決断の結果が会社の成長を形成するからだ。決断の質...

中小企業が衰退する原因は「経営課題の見落とし」に尽きる。逆に、会社の経営課題と真剣に向き合い、克服に努めている会社は間違いなく成長している。つまり、会社の成長と衰退は、経営課題と向き合う姿勢ひとつで決まってしまうのである。なぜ会社の経営課題を見落とすのかというと、会社のお金が回っていると、それなりの状態で会社経営が続いてしまうからだ。日頃の運転資金が銀行融資頼みの中小企業も少なくないが、銀行借入や...

中小企業にとって経営改善ほど重要な活動はありません。なぜなら、経営改善を怠り、事業価値の陳腐化を招くと、たちまち市場競争からはじき出されてしまうからです。このカテゴリーでは、中小企業経営者が抑えるべき経営改善を成功させる具体的方法を詳しく解説しています。実際に私が実践し、成果を出している経営改善手法ですので、是非とも、参考にしてください。

起業とは、自らが代表者となって事業を起こすこと、つまり、会社を創業することを起業といいます。生みの苦しみという言葉がある通り、起業を成功させることは決して簡単ではありませんが、豊かな人生を実現する方法として、起業は誰にでも実現可能な選択肢であり、チャンスでもあります。これから起業する方や新規事業を計画している中小企業経営者、或いは、すでに起業している起業家のために、起業に失敗しないための基本知識と...

PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の4段階で構成されている経営マネジメント手法である。PDCAの順でサイクルを回転させることで継続的業績改善が推進され、会社の成長が一段と加速するので、会社経営に必須の経営マネジメント手法といっても過言ではない。会社経営の成功に欠かせないPDCAサイクルだが、じつは、正しく運用できている中小企業は決して多くない。計...

OODAループ(サイクル)とは、米国空軍が開発した軍事理論で、Observe(観察・感知)、Orient(情勢判断)、Decide(意思決定)、Act(行動)で構成された意思決定プロセスである。もともと軍事シーンで活用されていたOODAループ(※注)だが、現在では、企業経営や組織運営など等、幅広いシーンで活用されている。例えば、企業経営においては、環境の変化や想定外の事象に素早く対応するために、O...

QPSA活動とは、競争の優位性を決定付ける4つの要素〔Quality(品質)、Price(価格)、Service(サービス)、Access(アクセス)〕の向上を推進する経営マネジメント手法である。QPSAが向上すると競争の優位性が高まり、会社の成長が一段と加速するので、会社経営に必須の経営マネジメント手法といっても過言ではない。会社経営の成功に欠かせないQPSA活動だが、じつは、しっかり実践できて...

資金力に限りがあり大々的な広告展開が出来ない中小企業にとって、売上を上げる方法は豊富にあるわけではありません。例えば、売上を一時的に上げるために値下げやセールに頼った低価格路線を見かけますが、薄利多売戦法は売上が増える一方で利益が減少するので、中小企業にとっては、会社の寿命を縮める行為にしかなりません。また、蓄財した資金を元手に大々的なテレビ宣伝を展開した途端に経営危機に瀕する中小企業も少なくあり...

儲かっている中小企業の経営者は、売上を上げることよりも、利益を上げることの方に神経を集中して日々の経営を采配している方が多いです。例えば、安く仕入れて高く売る、先行者利益を獲得する、付加価値を上げて利ザヤを拡大する、繰り返し購入してもらい広告宣伝費ゼロで利益を落としてもらう、コストをシビアに管理して利益を増やす、など等の采配は最たる例です。利益を上げることに強い意識を持っている経営者は、如何に競合...

中小企業は、生産性で業績が決まります。なぜなら、業績に直結する会社の収益性や社員の働き方、生産効率に至るまで、会社経営のすべての領域で生産性が関わっているからです。生産性を上げるには、現状に満足しない努力を継続することが欠かせません。業績の良い中小企業は生産性の高い仕事を提供する体制が構築されているにも拘わらず、さらに生産性を上げるための努力をいといません。中小企業の生産性を上げる方法論を紹介して...

中小企業が生き残る最も賢い方法は、強靭な収益基盤を構築することです。そして、強靭な収益基盤を構築するうえで「経費や人件費の削減」は欠かせない取り組みになります。なぜなら、大企業や競合他社よりも低コストで、より良い品質の商品やサービスを提供できている限りは、事業価値が陳腐化することも、収益基盤が崩れることもないからです。中小企業の経費と人件費の削減方法を紹介しています。是非とも、参考にしてください。

経営者(けいえいしゃ)とは、経営学上は組織の経営に責任を持つ者とされている。経営者の呼称は、会社法上は代表取締役、役職上は社長などがあるが、果たして、経営者とは何者なのか。この記事では、経営者とは何か、経営者の使命から責任の範囲に至るまで、詳しく解説する。経営者の概念経営者の概念は幅広く、呼称も様々ある。例えば、経営者の呼称は、会社法上は「代表取締役」、労働法上は「使用者」、会社組織上は「社長」、...

わたしは経営コンサルタントとして数多くの経営者と接してきたが、社長の経営者マインドがしっかり確立されていないと、企業は間違いなく衰退する。従って、経営者マインドを確立するために、経営者マインドを自覚(セット)・意識・育成することは会社を成長させるうえで欠かせない条件になる。この記事では、経営者マインドとは何かという基本的概要からマインドセットのための意識付けや育成方法に至るまで詳しく解説する。経営...

中小企業の業績は数字力で決まる。全ての事業結果が表れている数字を起点に経営采配する、或いは、数字を活用することで失敗リスクを抑える事ができるからだ。この記事では、経営者の数字力の重要性、並びに、数字力のチェックシートに至るまで、詳しく解説する。経営者の数字力と業績の関係性中小企業の経営成績、つまり会社の業績は、経営者の能力に比例する。なぜなら、中小企業の多くはトップダウン構造にあり、経営者の意志ひ...

数字に強くなることは、経営者の絶対条件になる。なぜなら、数字に強くなることが、安定経営の絶対条件になるからだ。この記事では、会社の数字に強くなる方法について、詳しく解説する。数字に強くなることが成功条件数字に強くなることが、安定経営の絶対条件になる。なぜなら、事業活動の結果は全て数字に表れ、数字を無視した会社経営に成功はないからだ。事実、倒産の危機に陥る中小企業の経営者は総じて数字に弱く、安定的に...

ビジネス数字の勉強は、中小企業経営者にとって欠かせない。なぜなら、ビジネスの成功はすべて会社の数字の中にあるからだ。この記事では、ビジネス数字の重要性からビジネス数字の勉強法に至るまで、詳しく解説する。ビジネス数字の習得法ビジネスと数字は密接な関係にある。数字の活用なくしてビジネスの成功はないといっても過言ではない。しかし、会社の数字に苦手意識を持つ中小企業経営者は少なくない。例えば、数字の苦手な...

中小企業において、会社の経営成績は「社長の能力」で決まる。わたしはこれまで繁栄する中小企業と衰退する中小企業の両方を数多く見てきたが、会社経営の成功と失敗を左右するのは、間違いなく社長の能力である。つまり、中小企業は、社長がズッコケたら、会社もズッコケるということだ。経営に失敗しないことは、経営に成功する事よりも重要である。なぜなら、会社経営において失敗のない連続性こそが、成功を意味するからだ。社...

前編に続いて、経営に失敗する社長の特徴10選(後編)を解説する。経営に失敗する社長の特徴10選(前編)では、横柄な社長、情報に疎い社長、意志が弱い社長、数字に弱い社長、感謝しない社長の5つの経営に失敗する社長の特徴を解説した。後編においても、前編同様、中小企業経営者ができれば避けて通りたい失敗例を詳しく解説する。ひとつでも当てはまる項目があれば、会社経営に失敗する可能性が高いといえる。是非とも、ご...

成功者の定義は人それぞれ違いがあるかも知れない。例えば、長生きした人、夢を実現した人、宝くじが当たった人、社長の座に上り詰めた人、大臣になった人など等、挙げたらキリがないが、この記事では「成功している経営者」を成功者の例として取り上げる。わたしはこれまでに経営コンサルタントとして数多くの経営者と接してきたが、たとえ中小企業であっても、成功している経営者の余裕感は半端ない。例えば、☑息抜きで気軽に海...

成功する経営者の条件とは?男と女、成功する経営者に向いているのはどちらか?成功する経営者の条件は後で述べるとして、そもそも、男と女、成功する経営者に向いているのはどちらか?結論から言うと、男と女、どちらも経営者に向いているといえる。但し、わたしの独断の経験則ではあるが、男性と女性は持っている資質に大きな違いがある。例えば、男性は論理的思考が得意で、例えば、数字に強いという経営者に不可欠な能力は男性...

資金繰りとは、会社の現預金の収入と支出の出納管理のことである。中小企業の多くは信用取引(売掛・買掛取引)が主流なので、現預金の収入予定、或いは、現預金の残高状況に合わせて支出計画を考えないと、現預金の収支がマイナスになるリスクが高まる。万が一、現預金の支出を見誤り、現預金残高がマイナスに転じると、支払うべきお金が無くなり、黒字経営にも関わらず倒産する事態も招きかねない。資金繰りは、中小企業の安定経...

中小企業の人材育成で大切なことは、第一に、社員を理解することである。なぜなら、社員の性格、仕事ぶり、得手不得手、長所短所、貢献度等は十人十色であり、その十人十色の社員の集合体が会社の組織を形成するからだ。従って、経営者がひとり一人の社員を理解し、公平な社員評価の基準を持つことが人材育成を成功させる絶対条件になる。この記事では、中小企業の人材育成で大切なことについて、詳しく解説する。人材育成の肝は社...

資本力に乏しいい中小企業は、黒字経営であっても些細な経営判断の誤りから簡単に赤字経営に転落することがある。経営者が経営判断を誤る要因は様々だが、会社によっては黒字経営に浮上するきっかけがつかめないまま苦しんでいるケースも少なくない。この記事では、普遍的に通用する6つの黒字経営ノウハウについて、詳しく解説する。経営者の使命は黒字経営にあり経営者の使命は、黒字経営を持続し、利益を拡大し続けるところにあ...

中小企業の倒産原因は「経営課題の見落とし」に尽きる。会社の大小関係なく、いかに小さな経営課題であっても、その課題を見落とし続けると、会社経営はいとも簡単に行き詰る。この記事では、中小企業の経営課題を生み出す根本原因と解決策のヒントについて、詳しく解説する。中小企業は経営課題が命取りになる中小企業は、経営課題が命取りになる。たとえ小さな経営課題であっても、経営課題を見落とした瞬間から失敗リスクの芽が...

いつの時代も中小企業は厳しい経営環境におかれている。大企業と中小企業の格差社会、経済のグローバル化、情報弱者の増加等々...。中小企業が厳しい時代を生き抜き100年、200年と続く会社を作るには、継続的な経営改革が欠かせない。なぜなら、経営改革を怠り、万が一、事業価値が陳腐化すると、あっという間に市場競争からはじき出されるからだ。この記事では、中小企業に適した経営改革の方法や効果的な運用方法に至る...

中小企業の業績は、経営者の能力で決まる。従って、中小企業経営者が自身の能力開発のため、或いは、会社の方針確認のために経営の専門家にアドバイス(経営相談)を求めることはとても良いことだ。この記事では、中小企業の業績を押し上げる経営相談活用術を、さらに詳しく解説する。経営相談は企業成長の正攻法経営相談は企業成長の正攻法になる。とはいっても、、、経営相談しようにも何を相談したら良いのか分からない?経営相...

後継者としての自覚を認識するきっかけは人それぞれだ。☑小さい頃から、後継者になるのが自然な選択だった☑ある日突然、経営者である父親から後継者の指名を受けた☑会社経営の危機を救うために、後継者になることを決めた会社経営の経験がない後継者の中には、重責と期待が込められた経営者のポストを目の前にして戸惑いや不安を抱く者もいるが、会社経営の永続性は後継者で決まる。この記事では、後継者が経営者になるために不...

経営ノウハウとは、中小企業の成長発展を支える経営技術であり、知的財産でもある。従って、経営ノウハウの蓄積量が多いほど、その会社の屋台骨が強化され、会社経営の安定度が増す。この記事では、経営ノウハウとは何か、並びに、業績をけん引する経営ノウハウの作り方について、詳しく解説する。経営ノウハウとは何か?経営ノウハウとは、安定経営を支える経営技術であり、知的財産でもある。当然ながら、ライバル会社に経営ノウ...

会社の経営理念は、企業の成長発展を牽引する重要な要素になる。なぜなら、経営理念は経営者の志や意思を明確に示す羅針盤になるからだ。この記事では、経営理念の基本概要から効果に至るまで、詳しく解説する。経営理念とは何か?経営理念とは、企業、或いは、社長の経営姿勢を明快にする「指針・考え方・価値観等」のことで、企業の成長発展をけん引する重要な要素になる。経営理念には、経営者の経営姿勢が明快に示されているの...

会社経営において、自信のない経営判断ほど怖いものはない。なぜなら、資本力に乏しい中小企業ほど、経営者のほんの小さな経営判断ミスが原因で会社が衰退するからだ。この記事では、経営判断の自信を高める方法について、詳しく解説する。自信のない判断は恐怖を招く自信のない判断ほど怖いものはない。例えば、船舶の運転免許を持っていない船長の客船に乗る乗客はいるだろうか?パイロットの免許を持っていない機長の飛行機に乗...

判断とは、物事を選択したり、方針を決めることだ。そして、そうした判断の拠り所になる情報・事情・数値・経験・勘等の根拠の事を、判断基準という。この記事では、経営者が持つべき判断基準について、詳しく解説する。判断とは|判断基準とは?判断とは、物事を選択したり方針を決めることで、そうした判断の拠り所になる情報・事情・数値・経験・勘等の根拠の事を、判断基準という。経営者の仕事は「判断/決断すること」と云わ...

会社の内と外、社長の仕事はどちらが重要か?結論からいうと、どちらの仕事も重要で、中小企業を成長に導くには、社長が先頭に立って、会社の内と外の仕事をこなすことが欠かせない。この記事では、会社の内と外にある社長の仕事の重要性について、詳しく解説する。社長の仕事は会社の内と外にある社長の仕事は、会社の内と外にある。会社の内の仕事の代表例は、経営管理、計数管理、実績検証、計画策定、研究開発等があり、会社の...

大企業であれ、中小企業であれ、赤字経営は不幸の始まりである。なぜなら、赤字経営の行きつく先は会社の倒産だからだ。従って、経営者であれば赤字経営を決して容認してはいけない。この記事では、赤字経営を黒字化する基本の道筋から黒字化の具体的方法に至るまで、詳しく解説する。黒字化とは?黒字化とは、マイナス収支(赤字経営)からプラス収支(黒字経営)に収支を改善する取り組みのことだ。会社経営の存続は、売上以下の...

会社の利益は、会社のお金の唯一の供給源になる。会社はお金がなくなると経営が破たんするので、お金を生み出す利益は、会社経営の存続を保障する唯一無二の要素といっても過言ではない。言い換えれば、利益を生み出し続けている限りは、会社の経営が破たんすることはない、とも言える。但し、利益はただ単に上げれば良いというものではない。利益は、顧客が同意する範囲でしか上げることができず、顧客の同意なしの利益増加策は危...

会社経営を成功させるには、経営に失敗しないための「経営のコツ」を習得しなければならないが、経営のコツを習得することは容易ではない。例えば、大学や専門学校で経営学や会計学を優秀な成績で修めたとしても、実践のない経営理論は役に立たないし、優秀な経営者になれるとも限らない。当然ながら、経営のコツも磨かれない。この記事では、会社経営に失敗しないために抑えるべき経営のコツについて、詳しく解説する。経営のコツ...

先行投資とは、投資の対価を得るために先行して投資するお金や時間のことだ。先行投資は、会社経営のみならず、経営者や一個人の成長のための必須条件になり、成功者ほど先行投資に抵抗がない。この記事では、成功する経営者の先行投資の考え方について、詳しく解説する。先行投資とは?先行投資とは、投資の対価(リターン)を得るために先行して投じるお金や時間のことだ。会社経営においても先行投資は重要で、とりわけ、経営者...

財務諸表とは、会社の資産状況や損益状況等、事業活動の成績が集計された経営資料のことだ。財務諸表は、社長の決断を支える根拠資料にもなるので、中小企業経営者にとって、財務諸表の理解は必須スキルといっても過言ではない。この記事では、財務諸表の見方や読み解き方に至るまで、簡単に理解できるように図解で分かりやすく解説する。財務諸表とは?中小企業の財務諸表は、「貸借対照表」、「損益計算書」、「株主資本等変動計...

中小企業の経営者にとって、減価償却ほどややこしく、分かりづらい会計制度はないのではないかと思う。事実、わたしも会計知識を習得するまでは、減価償却はチンプンカンプンだった。減価償却は会計上だけではなく、会社の投資戦略やキャッシュフローにも大きく関わっているので、理解が浅いと会社経営に失敗するリスクが高まる。この記事では、減価償却制度の仕組みを、超分かりやすく解説する。減価償却とは?減価償却とは、資産...

会社の資金繰りを改善する有効な方法は、キャッシュフロー重視の経営に徹することに尽きる。キャッシュフロー重視の経営とは、現金の収入と支出を巧みにコントロールして、常に現金収支のプラスを維持する経営姿勢のことだ。この記事では、資金繰りを改善するキャッシュフロー経営の基本、並びに、資金繰りを改善する具体的方法について、詳しく解説する。会社の資金繰りは社長の経営姿勢で決まる会社の資金繰りの良否は、社長の経...

低価格路線とは、安さを武器に市場拡大を推進する戦略だが、中小企業において、低価格路線や低価格戦略の末路は決して明るくない。事実、資金面に限りのある中小企業は、低価格路線で経営に失敗するケースが非常に多い。この記事では、低価格路線や低価格戦略の末路、並びに、低価格路線・戦略の失敗リスクについて、詳しく解説する。低価格路線・戦略に成長発展なし既存市場に後発参入する場合は、低価格が集客の役に立ち、事業規...

インターネットとは、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルな情報通信網のことだ。情報技術、並びに、コンピュータ技術等の総称であるIT技術(information technologyの略)の中で、最も中小企業の会社経営に影響を及ぼした技術は「インターネット」といえる。この記事では、中小企業のインターネット活用術、並びに、会社経営に役立つIT技術の活用法について、詳しく解説する。イ...

組織力は、会社の業績を如実に表す。事実、業績好調な会社ほど組織力が盤石で、業績不調な会社ほど組織力が脆弱だ。この記事では、組織力強化のためにすべき社長の仕事について、詳しく解説する。組織力が低下すると業績が悪化するわたしは過去に数千名超の中小企業の社員と面談してきたが、実際に面談して分かったことは、業績好調な会社ほど組織力が盤石で、業績不調な会社ほど組織力が脆弱なことだ。つまり、会社の組織力が、そ...

ビジネスを成功に導くために必要な要素に、お金、人脈、情報、才能、努力などがあるが、これらに劣らぬ大事な要素がある。それは「運(うん)」である。運は、ビジネスの成功に不可欠な要素で、運を味方につけることができると、ビジネスチャンスは大きく広がる。この記事では、強運を呼び込む逆転の発想法について、詳しく解説する。運がなければ成功しない!?潤沢な資金を保有し、優れた人脈や情報を持ち、素晴らしい才能にも恵...

経営者が成功したければ、優れた決断力と人徳を身につける必要があり、そのためには「六方心」の姿勢が欠かせない。六方心とは「前後左右」に加えて「上下」に対しても心して対峙する姿勢を表した言葉だが、経営者が六方心を実践すると、優れた決断力と人徳が醸成される環境が自然と整う。この記事では、優れた決断力と人徳形成に役立つ六方心の実践法を、詳しく解説する。決断力を高める六方心の注意六方心の注意は、社長の決断力...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る