経営者の能力が成功を決定付ける

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営者の能力を高める実践ノウハウ

経営者の能力を高める実践ノウハウ

 

中小企業の成長と衰退は、経営者の能力で決まるといっても過言ではない。

 

なぜなら、経営采配、決断の精度とスピード、事業拡大のアイデア、経営者を支える右腕の実力、など等、会社の成長スピードを加速する要素は、すべては経営者の能力次第で決まるからだ。

 

経営者の能力を高める実践ノウハウを紹介している。是非とも、参考にしてほしい。

経営者の能力を高める実践ノウハウ記事一覧

会社は社長の器で決まると、良く言われる。これまで、数百名を超える中小企業の社長にお会いしてきた私の経験からも「会社は社長の器で決まる」とつくづく思う。事実、社長の器以上の人材は集まらない、或いは、社長の器以上のブレーンは集まらない、というように、社長の器次第で会社の発展性が決まることは良くあることである。社長の器を測定するうえで便利なツール(下図参照)がある。上の図の通り、社長の器を構成するスキル...

事業は人なりとは、経営の神様と謳われた松下幸之助氏が経営の心得として提唱した言葉として有名である。わたし自身も、数多くの中小企業の盛衰をじかに見てきた経験から、つくづく「事業は人なり」と思う。また、数多くの経営者が、中小企業の経営課題として、或いは、新規事業の失敗原因として「人材不足」を挙げている現状を鑑みても、事業は人なりと考えている経営者が如何に多いかが分かる。事業は社員一人ひとりの働きのうえ...

会社は、社長の覚悟を固めた瞬間から大きくなる。なぜなら、社長があらゆるリスクを一身に背負う覚悟を固めると、会社発展のための行動原理が明快になり、会社の成長スピードが加速するからだ。例えば、本業に集中する、過去を断ち切る、といった社長の覚悟は、間違いなく会社の成長発展を後押しする。この記事では、わたしのコンサル先企業の社長や長年交友がある社長の実例を用いて、会社を大きくする社長の覚悟の具体例を紹介す...

新任社長や後継者が社長の座に就いた時に持つべき心得は「変化を求めない」ということだ。ヤル気のある新任社長や後継者ほど社長就任直後から大きな変化を求めたがるが、闇雲な変化は衰退リスクを飛躍的に高める。例えば、闇雲な変化が原因で、業績が悪化する、或いは、取引先や販売先を失う、といった事態を招くと、新任社長や後継者に対する信頼は一瞬で失墜する。社長の座に就いた最初の1年間は「変化を求めない」という堅実な...

社長のリーダーシップは会社の成長に欠かせない要素である。なぜなら、社長のリーダーシップがなければ、会社が安定することも、社員の士気が高まることもないからだ。特に経営資源の乏しい中小企業は、社長のリーダーシップ如何で会社の成長が決まると言っても過言ではない。リーダーシップの定義はじつに曖昧だが、新しい未来を提示する先見性、安定経営を実現する経営力、社内外の人を魅了する求心力の3つは社長のリーダーシッ...

経営マネジメントは、経営者の必須スキルといっても過言ではない。なぜなら、経営マネジメントを放棄した会社に、明るい未来はないからだ。経営マネジメントは大企業の社長であっても中小企業の社長であっても、やるべきことは変わらない。経営マネジメントの基本は「顧客創造のために経営資源の最大化と利益拡大を同時に推進すること」である。例えば、経営資源であるヒト、モノ、カネ、情報を有効活用して顧客創造を成し遂げ、経...

中小企業において社長の経営管理能力ほど重要なものはない。なぜなら、社長の経営管理能力によって、会社の成長と衰退が決まってしまうからだ。経営者がすべき経営管理の範囲はじつに幅広い。例えば、経営管理、計数管理、組織管理、リスク管理など等、挙げたらキリがない。経営管理能力がどれか一つでも劣ると、そこが原因で会社衰退のリスクが高まってしまうので、経営管理能力を高める努力は経営者の必須課題といって過言ではな...

経営者の仕事は決断すること、と云われるように経営者にとって決断ほど身近なものはない。会社の業績は、経営者の決断の連続で形作られていくので、正しい決断は会社の拡大スピードを加速させる。一方、誤った決断は会社衰退のリスクを高め、経営者の不安の種を作り出す。事実、自分の決断を思い返し、得も言われぬ不安感に押しつぶされ、眠れない夜を過ごした経験のある経営者は少なくないだろう。中小企業は、すべての決断が経営...

経営努力なくして、会社の成長はない。なぜなら、経営者がライバルと競いあう気概を持ち、さらに、そのライバルに打ち克つ経営努力を継続しなければ、何れ、市場競争からはじき出されてしまうからだ。例えば、小さな中小企業から出発したマクドナルドの創業者であるレイ・クロックは自身の著書“成功はゴミ箱の中に”の中で、次のように話している。「競争相手のすべてを知りたければゴミ箱の中を調べればいい。知りたいものは全部...

中小企業が経営相談を受けるメリットは様々あるが、最も大きなメリットは「飛躍のチャンスが見つかる」ということである。なぜなら、経営相談を受けると、会社の経営課題と課題解決のための有益なアドバイスを得ることができるからだ。会社が飛躍するチャンスは「今すべきことに全力を注ぐ」ことで得られるので、経営相談は飛躍のきっかけ作りに最適である。たとえ有料の経営相談であっても、数万円で飛躍のチャンスが見つかると思...

経営環境の変化は、絶えることがない。時間の経過とともに刻一刻と変わるのが経営環境なので、変化を見落とし、経営環境についていけなくなると、会社は簡単に衰退する。当然ながら、経営環境の変化を目の前にして「今のままで良い」という考えは成り立たない。経営環境の変化に対応する経営采配なくして会社の成長発展はなく、資本力のない中小企業は、経営環境の変化への対応力がなければ衰退は必至といっても過言ではない。例え...

経営者の読書効果は非常に高い。なぜなら、手軽に教養を身につけることができ、尚且つ、手軽に成功体験や成功理論に触れることができるからだ。わたし自身も、月に数冊の読書を習慣にしている。20代の頃は、先輩社長に薦められた山岡荘八著書の「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」を一気呵成に読破したが、経営者のスタンスを学ぶ良い機会になった。今現在は経営関連に限らず、美術、料理、建築、文化、歴史、小説など等、幅広...

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る