経営者必見の経営技術と成功の法則

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社経営を成功に導く法則と技術

会社経営を成功に導く法則と技術

 

中小企業の経営者が考えなければならないことは多岐に亘る。

 

安定経営、業績拡大、資金調達、資金繰り、投資拡大、組織掌握、人材育成など、挙げたらキリがない。

 

一連の経営采配を、万事、完璧に揮うことができる経営者など、この世にいない。強弱はあれど、誰しも一長一短があるものだ。

 

しかしながら、経営という仕事は甘くない。一寸先は闇であり、小さな失敗が大きな失敗に発展する事も往々にしてある。

 

このカテゴリーでは、「会社経営を成功に導く法則と技術」を数多く紹介している。

 

失敗しない会社経営を実現するには、一定の経営技術を身につける必要がある。是非とも、参考にしてほしい。

会社経営を成功に導く法則と技術記事一覧

中小企業の最たる倒産原因である「経営課題の見落とし」は、会社経営の成功を支える「経営の思考法」を身につけることでカバーすることができる。経営の思考法とは、未来を起点に現在を考えるバックキャスティング的思考法と、現在を起点に未来を考えるフォアキャスティング的思考法のことである。例えば、ヒトは無意識の中で未来を意識して生きている。日常においても、出社時間を起点に外出時間が決まり、さらに外出時間を起点に...

中小企業の業績は経営者の能力に比例する。当然ながら、会社経営を成功に導くには、経営者が然るべき経営技術を身につけなければならない。会社経営において、失敗しないことは成功することよりも重要なことであり、失敗のない連続性こそが成功の秘訣である。わたしがこれまでに接したきた成功している経営者の特徴(事例)から、何かを見出して自身の能力開発に役立ててほしい。

飛躍的に会社の業績を上げるには、現状とあるべき姿をしっかり捉えることが必要だ。なぜなら、現状とあるべき姿のギャップの解消こそが、会社の業績を飛躍的に上げる確かな方法だからだ。下の図は、現状とあるべき姿のギャップイメージを示したものである。ギャップを解消するために何をすべきかを真剣に考え、それらのギャップ(経営課題)を一つひとつ解消することで、いつしかあるべき姿に到達する。これが、会社の業績を上げる...

中小企業が安定経営と拡大経営を確立するには、事業活動を経て然るべき利益を上げ、成長投資を継続することが欠かせない。利益を上げるには黒字経営が大前提になるが、利益を拡大する事ほど困難を伴うものはない。1円の利益を、10円、20円と如何に拡大していけばよいのか?利益拡大に頭を悩ます経営者は少なくないが、利益拡大の理屈は、利益拡大を支える要素を理解すると見えてくる。利益拡大を支える要素とは一体何か?答え...

経営とは、事業の営みを永遠に経ける(続ける)ということである。つまり、未来永劫にわたる事業存続こそが、会社経営の本質である。事業存続の条件は、黒字経営の持続と継続的な利益拡大にあるが、そのためには、経営者がプロフェッショナルな経営技術を身につける必要がある。プロフェッショナルな経営技術を身につけるために第一にすべきことは「経営の基本」をしっかり勉強することである。▶基本があって応用がある▶最も大事...

巷の書店に出かけると、様々な経営手法を記した経営書が並んでいることに驚く。どんぶり経営のすすめ、赤字経営のすすめ、赤字でも借金できる方法など等、逆説的な経営手法をまとめた書籍、中小企業の成功手法や中小企業のマーケティング経営論、老舗の成功パターンなど等、中小企業の過去の成功事例をまとめた書籍、松下幸之助の経営手法、カルロスゴーンの経営手法、ジャック・ウェルチの経営手法、など等、世界的大企業の経営者...

運転資金とは、会社を経営するために必要な経費のことである。仕入から人件費、水道光熱費や家賃に至るまで、事業活動を行ううえで必要な、ありとあらゆる必要経費が運転資金の対象になる。毎月の運転資金がこのくらいかかるという見積りが出来ていれば、絶対必要な売上、或いは、絶対必要な売上総利益(粗利)の金額が分かる。また、運転資金に見合う収入があれば黒字経営、運転資金に見合う収入がなければ赤字経営というように、...

経営とは、営みを経(続)けるということである。つまり、未来永劫、倒産させることなく会社経営を持続させることが経営の本質だ。企業の存続を支える要素は、持続的な成長である。当然ながら、持続的な成長企業に変貌できなければ、いづれ経営が行き詰る。逆に、持続的な成長企業に変貌することさえできれば、経営は行き詰ることなく、100年、200年続くといえる。ひとことに「持続的な成長企業」といっても、その定義はさま...

トップダウン構造にある中小企業において、経営者は絶大な権限を持つ絶対君主的な立場にある。一般的に、経営者の耳には、良い情報は入ってきても、売上低迷に繋がるような悪い情報はなかなか入ってくるものではない。例えば、☑営業の失敗☑取引先とのトラブル☑お客様からのクレーム☑社内の人間関係トラブル☑設備や機械の故障など等、会社の売上低迷に直結する原因は数知れない。また、会社の数字に疎い経営者の場合は、管理職...

中小企業で働く従業員の不満の原因の多くは会社側、つまり経営者にある。例えば、☑経営者の私欲優先の経営方針☑経営者の経営能力の低下からくる労働環境の悪化などは、従業員の不満の原因になりうる最たる理由である。例えば、経営者が私欲優先で、従業員の報酬を抑えて経営者自身の報酬ばかりを上げ続けていたら従業員はどう感じるだろうか?経営者の経営能力が低く、従業員の労働時間が増える一方で報酬が全然上がらなかったら...

社員教育に頭を悩ます中小企業経営者は少なくない。例えば、「どうしてうちの社員はレベルが低いんだろうか?」「普通はこれくらい教えなくても出来るだろう?」「普通は、これくらいは気が付くだろう?」と、自分の会社の社員のレベルの低さに思わず嘆く経営者は珍しくない。普通の20歳代や30歳代だったら、、、或いは、普通の40歳代だったら、、、極めつけは普通の50歳代や60歳代だったら、、、このような不満を持つ経...

経営者の部下の叱り方ひとつで社員のモチベーションが一気に低下することがある。何といっても部下の性格は十人十色である。同じように叱っても反応がみな違う。叱り方を誤ると、会社を辞めると言い出す部下もいる。部下の叱り方に頭を悩ます中小企業経営者も多いのではないかと思うが、そもそも、叱るというのは、こちらの不満を感情のままに相手にぶつける「怒る」のとは少し違う。あくまで人材育成の一環で相手(部下)の不足し...

経営と数字は切っても切れない関係にある。なぜなら、経営活動の結果は、すべて数字に集約されるからだ。会社経営は数字そのものといっても過言ではなく、経営者の数字力の高低が、そのまま会社の業績に直結する。下のグラフは、会社の数字を経営に活用する管理会計導入率と赤字経営率を表したものである。ご覧の通り、中小企業の管理会計導入率と赤字経営率は相関関係がある。このことからも、会社の数字が経営成績を左右する重要...

中小企業は「経営改善なくして存続はない」と言い切れる。なぜなら、資本力や経営資源に乏しい中小企業が経営改善を怠り、万が一、経営課題を見落とすと、いとも簡単に事業価値が陳腐化してしまい、市場競争からはじき出されてしまうからだ。中小企業にとって、経営改善は会社の生存を左右する最も重要な仕事なのだ。このサイトを隅々までご覧になった方は、中小企業の経営改善を正しく遂行するうえで経営者が身につけるべきスキル...

経営指標とは、経営の目標になり得るひとつの基準のことである。中小企業の会社経営において、あるべき将来の目標を明確に照らす経営指標は大変有効に機能する。例えば、目標がある経営と、目標がない経営を比べた場合、ハッキリとした将来が見えるのは目標のある経営だ。残念ながら、経営指標を有効活用している中小企業の数は意外と多くない。下のグラフは経営指標を運用する管理会計の導入率と赤字率を示したものである。ご覧の...

中小企業の成長に、経営目標は欠かせない。なぜなら、経営目標は経営者から末端社員に至るまで、ひとつの組織集団に明確な行動原理を指し示すからだ。明確な目標がある組織集団と、目標がない行き当たりバッタリの組織集団、両者の成長スピードの違いは、容易に想像がつくだろう。当たり前だが、経営目標がない中小企業が成長することは稀である。場合によっては、衰退しかないという結末もあり得る。然るべき経営目標を立てて、目...

経営目標は、会社の将来のあるべき姿を表す。明確な経営目標は、今やるべき事を明確に指し示すので、成長発展の源泉にもなる。当然ながら、明確な経営目標がある会社と、経営目標がない会社、両者の業績の差は、時の経過と共に大きな差が生じていく。例えば、経営目標がない会社は、今やるべきことが曖昧になり、経営者のみならず、そこで働く社員達もどこに向かって進んでいいのか分からなくなってしまう。これでは、成長しないな...

スワット(SWOT)分析とは、自社の強みと弱み、外部の機会と脅威を明らかにして、会社を更なる成長に導く経営戦略を考えるための情報分析手法のことである。スワット分析は下記4つの要素の頭文字を取ってSWOT分析ともいう。強み(Strengths)弱み(Weaknesses)機会(Opportunities)脅威(Threats)スワット(SWOT)分析は、会社の内部環境である強みと弱みと、会社の外部環...

会社の経営状態や経営者の考え方に触れて、「あぁ、この会社は長く続かないな」と思うことがある。このような思いを抱かせる中小企業の特徴は「経営管理が杜撰」ということだ。(この特徴は倒産の危機に瀕する中小企業にも共通している)経営管理が杜撰な会社は、一時は経営が安定していたとしても、経営者が交代した途端、或いは、経済環境が変化した途端に業績が悪化することがよくある。会社経営は何でもかんでも管理すれば良い...

経営者に求められる仕事の代表格は「判断」と「決断」である。経営者が物事を判断し決断する。そして、その判断と決断の正否を常に検証する。これが会社の最高責任者である経営者に求められる仕事であり、会社経営を成功に導く法則でもある。経営者が、物事の良否を判断し、その判断をベースに物事を最終決断するところから、会社の業績が形作られていく。当然ながら、経営者の判断と決断が正しくなければ、会社の存続はない。経営...

予算管理とは、事業計画の実効性を高めるために収入と支出の計画を作成・運用する管理会計手法のひとつである。予算管理の目的は、事業活動の計画性を高めるところにある。例えば、収入予算は販売計画を示し、支出予算は経費計画を示す。販売計画は、営業活動、開発活動、商品活動などの予算を管理するために、経費計画は、投資計画、採用計画、利益計画などの予算を管理するために作成・運用されるが、各分野の予算精度が高ければ...

経営ブレーンを活用することなく、会社を成長させることは難しい。なぜなら、経営ブレーンは経営者の能力不足を補完し、会社成長の原動力となる経営力を一段と高めるからである。何といっても、中小企業の経営者が考えるべき事柄は多岐にわたる。トップダウン構造にある中小企業は全ての経営判断と決断が経営者に集中するので、その範囲は果てしなく広がる。会社の規模が小さいうちは経営ブレーンがいなくても、それなりの会社経営...

情報を制するものは、経済を制するといわれているが、情報の影響力は経済だけに留まらない。権力、政治、戦争、そして会社経営に至るまで、情報の優劣如何で勝敗が決する領域は数多にある。たとえ相手よりも能力が劣っていたとしても、情報の優劣如何で勝負に勝てることもある。例えば、日露戦争はロシアよりも優位な情報を掴んだ日本が勝利したが、第二次世界大戦では、連合国よりも情報に劣った日本が敗北した。また、情報先進国...

経営と意思決定には大きな関連性がある。なぜなら、経営活動の結果は、経営者の意思決定の連続で形作られていくからだ。つまり、会社の規模は、経営者の意思決定次第で大きくもなれば、小さくもなるということだ。例えば、年商が1億円で止まる会社もあれば、あっという間に10億円を突破する会社もある。会社の規模以前に、誤った意思決定が原因で倒産する会社もある。経営者の意思決定が会社の経営に及ぼす影響は計り知れないが...

建築家アントニオ・ガウディ(1852-1926)は計画で成功した人物である。ガウディは世界的建造物であるサグラダ・ファミリア(1880年代初頭着工-2026年完成予定)の設計主であり建築家である。本人没後も今なお建築が継続され、没後100年後に完成の目途がたっているのは、ガウディが当該建築物の緻密な完成モデル(模型やデッサン)を残していたからだ。完成モデルは、計画の最終到達点を示す。ガウディの弟子...

会社の安定経営を実現するには、徹底したリスクマネジメントが欠かせない。なぜなら、資本力に乏しい中小企業の安定経営の秘訣は、徹底したリスクマネジメント(リスクヘッジ・リスク回避)にあるからだ。リスクマネジメントには様々な手法があるが、リスクマネジメントの要点は「小さなリスクを放置しない」ところにある。例えば、上場企業の大型倒産、航空機の墜落事故、ホテルの大規模火災など等、日常では起こり得ない大事故は...

ボトルネックとは瓶の首にあたる部分で、流れをせき止めている部分、つまり、流れの障害になっている部分を表す。経営課題、会社の弱み、顧客の要望など等、会社の成長を阻害する要因は全てボトルネックといえる。「ボトルネックなどひとつもない」という会社はあり得ない。どんな会社にも、成長を阻害するボトルネックが潜んでいる。例えば、毎日毎日、どんなに綺麗に掃き清めていても、あすになれば塵が積もる。会社のボトルネッ...

生産性は、経営資源の投下と収益の関係性から測定することができる。生産性を測定する経営資源の投下と収益は常に対の関係にある。つまり、生産性が高い会社は少ない経営資源で大きな収益を、生産性の低い会社は大きな経営資源で少ない収益を生み出している、といえる。生産性の向上は、会社経営の成長を左右する要素であり、とりわけ製造業にとっては会社存続を左右する重要な取り組みである。事実、できる限り生産性を高めて、収...

コスト削減(経費削減)は、会社の事業価値を高めるうえで必要不可欠な活動である。なぜなら、同じ商品を競合他社よりも低コストで提供できれば、市場競争を優位に展開することが可能になるからだ。市場での優位性が高まれば、結果として事業価値も高まり、会社の競争力はますます強化される。会社の事業価値、いわゆる、利益(収益)は、売上の最大化と経費の最小化の掛け算で大きくなるので、コスト削減(経費削減)は会社経営に...

会社の経営資源が均衡した二つの中小企業があった場合、成長と衰退を分かつ要素は、仕事の優先順位である。例えば、経営者が仕事の優先順位を誤らなければ会社は間違いなく成長する。逆に、経営者が仕事の優先順位を誤ってしまうと、会社はいとも簡単に衰退する。仕事の優先順位は、それほどに重要な要素を持っている。中小企業が成長を遂げるには、仕事の優先順位を正しくつけて、その仕事を正しくこなすことが欠かせない。正しい...

繰り返し商品を継続購入してくれる顧客のことを「リピート顧客」という。企業にとって、将来の売上を保障してくれるリピート顧客ほど、ありがたい存在はない。しかも、リピート顧客の1回あたりの購入単価は、新規顧客の数倍である。一方で、リピート顧客の獲得コストは、新規顧客の数分の一で済む。会社経営の本質は、「売上の最大化×経費の最小化」にあるので、リピート顧客を増やすことは、経営の本質にも合致している。リピー...

中小企業倒産防止共済制度(経営セーフティ共済)とは、取引先事業者の倒産の影響を受けて、中小企業が連鎖倒産や経営難に陥ることを防止するための共済制度である。中小企業倒産防止共済法に基づき、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営している。倒産防止共済は少額の掛け金から加入でき、一定の契約期間を経て解約した場合は、掛け金が全額返金されることから、主に経営に不安を感じている中小企業が利用している保険の一種...

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る