運転資金の考え方と計算の基本

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

運転資金の把握は経営の基本である

運転資金の把握は経営の基本である

 

運転資金とは、会社を経営するために必要な経費のことである。

 

仕入から人件費、水道光熱費や家賃に至るまで、事業活動を行ううえで必要な、ありとあらゆる必要経費が運転資金の対象になる。

 

毎月の運転資金がこのくらいかかるという見積りが出来ていれば、絶対必要な売上、或いは、絶対必要な売上総利益(粗利)の金額が分かる。

 

また、運転資金に見合う収入があれば黒字経営、運転資金に見合う収入がなければ赤字経営というように、大まかな収支勘定の基準としても活用できる。

 

例えば、運転資金が100円かかるから100円以上の売上を作るといった確固たる基準が常に経営者の頭の中にあれば、経営の失敗リスクは格段に低くなる。

 

なぜなら、売上の水準に合わせた経費のコントロールが自然とシビアになるからだ。

 

運転資金の把握が経営の基本と云われる所以は、ここにある。

 

運転資金の把握は、会社経営全般に関わる。

 

日頃の会社経営のみならず、新規事業の立ち上げ、事業買収や吸収、事業再建、など等、全ての経営局面の成功を左右する基本要素でもある。

 

当然ながら、運転資金を無視した会社経営は成り立たない。

 

遅かれ早かれ、何れ経営が破綻する。

 

 

運転資金の考え方と計算の基本

 

業績悪化が進行している中小企業の場合、経営者が運転資金を把握していないことが度々ある。

 

日頃から運転資金を把握していないと経費の管理が杜撰になるので、十分な利益水準がキープ出来ない、或いは、赤字経営が常態化するなどのマイナス現象が顕在化してしまう。

 

運転資金の把握は、失敗しない会社経営の実現に欠かせないのだ。

 

運転資金を把握(計算)する方法は難しくない。

 

必要最低限の経費だけで3カ月間程度、会社を運営するだけで把握(計算)することができる。

 

これは家計の管理と全く同じ考えだ。

 

例えば、引っ越しなどで新しい環境に移った場合、最初の3ヶ月間は、無駄遣いせず、家賃や光熱費など必要最低限の費用で暮らしてみると、1ヶ月にどのくらいの費用がかかっているのかが明確に分かる。

 

1ヶ月に必要な最低運転資金が分かった後に、過分な資金がどの程度あり、貯蓄に回せる資金がどの程度あり、外食や娯楽に回せる資金がどの程度あり、という諸々の仕訳をしていくと、収入に見合った、余裕のある暮らしの資金繰りが見えてくる。

 

運転資金の把握が、破綻しない家計管理の出発点になるのだ。

 

会社経営も同じである。

 

運転資金の把握が、破綻しない会社経営の出発点になる。

 

⇒⇒おすすめ記事「必要運転資金の計算式と適正水準」はこちら

 

 

赤字経営脱却のカギは運転資金にある!!

 

会社経営の大原則は、収入を最大化し、費用を最小化するところにある。

 

当然ながら、運転資金が少なければ少ないほど、収入に対応する利益(リターン)は大きくなる。(これは家計も会社経営も同じだ)

 

会社経営において、運転資金は工夫次第でいかようにも減らすことができる。

 

☑不要不急の経費を一切使わない

 

☑社員の経費管理を全て立替制(事後精算)にする

 

☑ファブレス経営を取り入れて、特定の業務領域に特化する

 

☑選択と集中という考え方のもと、会社の強み以外の部分をすべて外注化する

 

☑フレキシブルな働き方を定着させて事務所を縮小する、或いは、事務所を持たない

 

など等、考えれば考えるほど運転資金の削減余地は広がる。

 

また、赤字経営を黒字経営に転換させるためには、運転資金の削減が欠かせない。

 

まずは収入以下の費用に合わせることが、早期黒字転換の秘訣である。

 

収入と費用が見合ってトントンの収支になると、徐々にではあるが、わずかながら利益が出る体質に変わっていく。

 

そして、1円でも10円でも会社に利益が残る経営状態になると、利益の再投資を検討する余地が生まれ、収入拡大の施策を行動に移すことができるようになる。

 

再投資⇒利益増加のサイクルが回り始めると、経営健全化は時間の問題となる。

 

後は、収入に見合った運転資金のコントロールができている限り、赤字経営に逆戻りすることはない。

 

赤字経営とは、収入が運転資金よりも少ない状態を表す。

 

儲けのない会社経営は、言ってみればビジネスが破綻している状態なので、どこかでボタンの掛け違いが起こり、誤った経営を引きずったまま現在に至っているということだ。

 

経営の誤りを正すことなく、運転資金を銀行借入で賄ったところで結果は見えている。

 

収入以下の費用(運転資金)に合わせる作業は、経営の誤りを正す作用があるので、とても意義深いことでもある。

 

➡NEXT「持続的な成長企業を作る経営手法を理解する」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る