会社経営者が抑えるべき経営ノウハウ

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営者が抑えるべき会社経営で大切なこと

会社経営で大切なこと

 

会社経営において、経営者の勘の鋭さやカリスマ性の高さは成功に役立つひとつの要素ではあるが、会社を安定的に成長させるために必要な大切なことは、ほかにもたくさんある。

 

当然ながら、経営者が自分の能力を過信してしまい、会社経営で大切なことを見落とし続けていると、取り返しのつかない事態を招き寄せるリスクが高まるばかりとなる。

 

このカテゴリーでは「経営者が抑えるべき会社経営で大切なこと」に焦点を絞った経営ノウハウを数多く紹介している。

 

安定経営の基本原則を抑えることなく、自己流で成功できるほど会社経営は甘くない。

 

成功の第一歩は基本を学ぶところから始まる。是非とも参考にしてほしい。

会社経営で大切なこと記事一覧

日本国内の中小企業(※1)の数は約430万社(※2)で、大企業を含めた全企業数に占める中小企業の割合は99.7%(※2)である。そして、中小企業の従業員数は2,800万人(※2)で、大企業を含めた全従業員数に占める割合は約70%(※2)である。つまり、日本の会社の99%は中小企業であり、日本で働く労働者の70%は中小企業に勤めていることになる。すべての中小企業がストライキを起こしたら、日本の経済活...

会社経営には、基本の原則がある。経営の基本原則から外れた行動は失敗を早めるだけであり、大きな失敗を避けるには、基本の原則に則った会社経営を実践することが大切である。会社経営の基本原則は、経営の本質を理解すると見えてくる。経営の本質が何であるか、考えたことがあるだろうか?家業を守る為、社会に貢献する為、ヒトを育てる為、など等、経営者によって考えが分かれるかも知れないが、突き詰めて考えると一つの結論に...

会社を成長発展させる正しい経営サイクルを理解し、定着させている中小企業経営者は少なくない。例えば、私が接してきた多くの中小企業の経営者は、「今より会社を発展させたい、けれどもどこから手をつけていいか分からない」、あるいは、「様々な手は尽くしているが効果を実感できない」など、皆、漠然とした不安を抱えていた。なぜ不安が漠然としているかというと、中小企業の正しい経営サイクルを回すうえで核となる「経営思考...

中小企業の場合、節税に対するスタンスが定まっていない経営者が少なくない。例えば、行き過ぎた節税で浪費しているパターン、或いは、税務調査を極度に怖がって節税におよび腰な社長、なかには、「あの会社は税務調査のせいで倒産した」などの噂を信じ込み、税務署と敵対する中小企業経営者もいる。税務署は会社の納税手続きを助ける機関である。決して、怖がることはないし、ましてや、会社の敵ではない。会社の会計処理や税務に...

近江商人は、経営のお手本として代表的な存在といえる。江戸中期に近江商人(おうみしょうにん・おうみあきんど)が提唱した、三方よし「買い手よし、売り手よし、世間よし」の商売理念は、あまりに有名だ。三方よしの商売理念を支える要素は「会計」と「戦略眼」ではないかと思う。会計とは簡単にいって事業活動の帳簿付けである。儲かっているか、儲かっていないかは帳簿を見ればわかると云われるように、近江商人は会計の重要性...

中小企業の経営者が経営判断を誤らないためには、経営活動に根拠を与えなければならない。なぜなら、根拠のない経営活動は、行き当たりバッタリの会社経営を生み出し、経営判断を誤るリスクを高めるからだ。経営活動に根拠を与えるには、会社の数字が不可欠になる。会社の数字には、すべての経営活動の結果が表れている。経営活動には必ず会社の数字がついて回り、経営活動の良し悪しは、すべて数字に表れる。つまり、経営活動を会...

日本国内における株式会社は、毎年8万社強が誕生している。その一方で、実に、2万5千社もの株式会社がその寿命を終えている。株式会社の99%以上が中小企業なので、この数字は中小企業の実態を表している。下表は、法務省統計の登記数の推移である。株式会社設立会社清算会社破産平成27年88,80314,5589,898平成26年86,63914,12110,805平成25年81,88913,50011,736...

会社を永遠に成長させる方法は、ふたつある。ひとつは「黒字経営の持続」、もう一つは「利益拡大」である。どちらか一方が欠けると、会社は成長しない。黒字経営と利益拡大の両方が実現できて、はじめて会社の成長サイクルが正常に回り始める。中小企業の黒字経営を持続させる秘訣は難しくない。会社経営の基本原則と会社の数字をしっかり理解し、尚且つ、日頃から小さな赤字経営のリスクを摘み取り続けている限り、黒字経営が破た...

中小企業の業績が低迷する原因はさまざまあるが、ある日突然、会社の業績が低迷することはない。会社の業績が低迷する原因には、必ず予兆がある。当然ながら、経営者が業績低迷の予兆を見逃すと、ずるずると会社の業績が低迷していき、復活のきっかけが掴めないまま、衰退の一途を辿る場合もあり得る。会社の業績低迷を未然に防ぐには、業績低迷の予兆を捉え、適宜、対策を打つことが大切だ。なお、中小企業の業績低迷は「経営課題...

中小企業の安定経営を実現するためには、次のふたつのポイントを抑える必要がある。ひとつは、「安定的に利益を出すこと」、もう一つは「継続的に成長投資を行うこと」である。成長投資なくして、中小企業の安定経営はあり得ない。そして、投資を行うには原資となる利益を出さなければならない。資本力に乏しい中小企業が十分な利益がないなかで無理に投資を行うと、過剰投資に陥り、会社倒産のきっかけになる場合もある。従って、...

会社の代表者である経営者は、意思決定の最高責任者である。なぜなら、副社長以下は自分の決断を委ねる相手がいるが、経営者は意思決定の最後の砦であり、全て自分の責任で決断しなければならないからだ。当然ながら、経営者は、自分の決断の失敗を他人のせいにしたり、責任転嫁できる立場にない。すべて自分のせい、というが経営者のあるべき立場である。会社の事業活動は意思決定の連続で決まるので、事業活動の結果である「業績...

会社の経営理念は必要か否か?結論を言えば、経営理念は必要である。例えば、☑会社の進むべき方向性を照らす☑組織をひとつの方向にまとめる☑会社の成長スピードを加速するなど等、経営理念の必要性(メリット)を挙げたらキリがない。会社の経営理念の中には、会社の使命、存在意義、経営姿勢、将来像、顧客像、提供価値等々、会社の将来の姿を形作る要素がすべて入っている。会社の将来の姿を形作るという点において、経営理念...

会社を創業からたった一代で大企業並みに拡大し、大成功を収めた経営者は多くない。二代目、三代目と会社を継いだ後継者であっても、一介の中小企業を大企業レベルの規模まで成長させることは難しいものだ。この手の成功を収めることのできた経営者は秀でた才能を持っていたのかも知れないが、決して才能だけで成功を収められたわけではない。人のご縁、天運、ひらめき、時世、など等、さまざまな成功要因を味方につけたからこそ、...

経営者は孤独である。経営者には、社内に本音を打ち明けられる相手が殆どいない。社外に相談相手を見つけるのも大変だ。家族でさえ、心から理解してくれることはない。そのような状況下で社員全員の生活を保証し、業績に責任を持たなくてはならない。業績が不安定だと、ひとりで不安と向き合わなければならない。ここまでくると、社長業ほど割に合わない職業はないのではないか、とも思えてくる。はたして、経営者の孤独は解消でき...

中小企業の経営者には定年がない。会社のオーナー兼経営者であれば、なおさらである。とはいっても、一生、仕事人間では、、、人生の楽しみや喜びを満足に得られないだろう。中小企業経営者がハッピーリタイアメントを実現したいのであれば、”経営者自身”と”会社を承継する側の人間”が、共に幸せになれる方法で会社を承継するのが最も望ましい選択だと思う。会社を次世代に承継できれば、経営者は晴れて自由の身になれる。とは...

経営者としての資質が劣っていると、失敗リスクが格段に高まる。会社経営を成功に導くには、相応の資質を身につけなければならない。例えば、会社経営の本質は黒字経営を持続し、利益を拡大し続けることだ。当然ながら、黒字経営が破綻すると、会社が成長から衰退に一転し、関係者全員に不幸を振りまくリスクが高まるばかりとなる。万が一、会社を倒産させてしまっては、経営者の資質以前の問題になってしまう。従って、黒字経営の...

会社経営者に必要な7つの資質(後編)である。会社経営の本質は黒字経営を持続し、利益を拡大し続けることだ。そのために経営者が身につけるべき資質は、「会社経営者に必要な7つの資質(前編)」で解説した、「黒字経営の実現」、「謙虚さ」、「相手の立場に立つ」、「頭を下げる」のほかにも沢山ある。果たして、中小企業経営者に必要な資質とは、、、。早速、最低限必要な経営者の残り3つの資質を順次解説していきたい。まず...

倒産の危機に瀕する中小企業の経営者は、総じて経営能力が低い。経営者に必要な能力が不足した場合の弊害は、会社の業績悪化だけに止まらない。経営能力の低い経営者は、業績悪化を招くだけでなく、社員のストレスの元凶になり、社員を不幸に導く先導者になっているケースも見受けられる。経営能力の低い経営者の実例は、反面教師として、或いは、経営改善のヒントとして有効に活用することができる。以下に紹介するケースは、わた...

倒産の危機に瀕する中小企業の経営者は、総じて経営能力が低い。経営者に必要な能力が不足した場合の弊害は、会社の業績悪化だけに止まらない。経営能力の低い経営者は、業績悪化を招くだけでなく、社員のストレスの元凶になり、社員を不幸に導く先導者になっているケースも見受けられる。経営能力の低い経営者の実例は、反面教師として、或いは、経営改善のヒントとして有効に活用することができる。以下に紹介するケースは、わた...

中小企業において社長の数字力は業績を左右する大きな要素を含んでいる。事実、業績を伸ばしている経営者は数字に強く、業績悪化に苦しんでいる経営者は総じて数字に弱い。一般的に、数字に弱い社長が数字に強くなろうと思ったら、簿記を習う、会計を習う、ビジネススクールに通う、経営塾に入塾する、などの方法が挙げられるが、時間が限られている経営者にはハードルが高い。しかも、財務諸表をスラスラと読み解くには、最低限、...

プロになりたければ、プロに学ぶのが一番早い。会社経営においても、この真理は変わらない。プロ経営者になりたければ、プロ経営者に学ぶのが、最も効率的かつ効果的な方法である。なぜなら、独学というあやふやな環境では、素人レベルから抜け出すのに時間がかかり、なかなかプロの経営者になることができないからだ。プロ経営者になるために経営者が教えを受ける経営のプロは社外であっても、社内であっても問題ないが、自分より...

組織力が向上すると、業績が上がる。一方、組織力が低下すると、業績が下げる。このように、組織力と業績は、比例関係にある。中小企業の場合、社員数が少ないほど、組織力の低下が及ぼす業績への悪影響が大きくなる。じつは、組織力の低下で業績が悪化する中小企業は少なくない。事実、過去に調査に入った倒産の危機に瀕した中小企業は、組織に大きな問題を抱えていて、組織力が著しく低下していた。組織力の低下は、企業の死活に...

人材が限られてる中小企業にとって、社員のモチベーションをどう維持し、社員のモチベーションをどのようにして上げていくのか?社員のモチベーションを上げるための動機付けをに如何にしていくか?など等、社員のモチベーションに悩みを抱える経営者は少なくないと思う。何といっても、社員のモチベーションは会社の業績に直結する重要な要素である。当然ながら、社員のモチベーションが上がると、会社の業績は自ずと上向く。そも...

社員のモチベーションをアップさせる要因が何だかお分かりだろうか?答えは、会社の将来性である。会社の将来性は、社員のモチベーションを左右する重要な要素を持っている。なぜなら、社員が会社の将来性に不安を感じると、積極的な姿勢から内にこもった消極的な姿勢に一転し、会社全体がモチベーションの低い組織になってしまうからだ。例えば、会社の将来性が暗いと、社員の心の中に安心とゆとりが生まれないので、組織のモチベ...

経営者のコミュニケーション能力が高ければ、社員の力が最大化されて組織力が強化される。組織力が強化されると、業績が上がるので、経営者のコミュニケーション能力は会社の業績を左右する重要な要素を持っている。経営者のコミュニケーションの対象である社員は、1+1がプラス10にもなることもあれば、1+1がマイナス10にもなり得る、不思議な経営資源である。当然ながら、経営者のコミュニケーション能力が高ければ、社...

会社は家業的規模から始めり、成長と共に事業へと変貌していく。普通の起業家であれば、家業から事業へ、そして事業の更なる成長を目指して、会社を経営するのではないかと思う。家業が事業レベルまで成長すれば、会社の社会的価値や自分の生活水準が上がるのだから、当然といえば当然である。家業から事業レベルへの成長を目指すうえで気をつけるべき点がある。それは、経営者の思考だ。例えば、経営者の思考が家業から抜けきらな...

管理会計とは、会社の数字を有益な情報に変換し、中小企業の経営力を上げる会計手法のことである。学問的には統計学のひとつだ。中小企業の経営力を上げるうえで、管理会計ほど優れた効果を発揮するツールはない。なぜなら、管理会計は会社の数字を良質な情報に変換させるフィルターのようなものだからだ。良質な情報量が増えれば増えるほど会社の経営力が上がるので、管理会計の有り無しで中小企業の成長と衰退が決まるといっても...

売上と利益、2倍にするのはどちらが簡単か?結論から言うと、売上と利益、2倍にするのが簡単なのは利益である。なぜなら、利益を2倍にする労力は、売上を2倍にする労力の数分の一で済むからだ。例えば、売上が1,000万円で、利益が100万円の会社があったとする。売上を2倍にするには、新たに1,000万円分の市場開拓に成功しなければ、売上が2倍の2,000万円に到達しない。一方、利益を2倍にするには、100...

会社のお金の流れのことを、キャッシュフローという。キャッシュフロー重視の経営は、会社の利益を押し上げる効果がある。なぜなら、キャッシュフロー重視の経営は、会社のお金の動きを可視化し、経営者に明快な損得基準を与えるからだ。会社はお金で始まりお金で終わる。つまり、会社からお金が無くなれば倒産してしまうということだ。お金の源泉は利益なので、利益拡大を後押しするキャッシュフロー重視の経営は、会社の生存を保...

利益拡大の秘訣は、在庫管理にあるといっても過言ではない。なぜなら、在庫はお金そのものであり、利益の源泉でもあるからだ。例えば、在庫管理の精度は、間違いなく会社の利益水準に影響を及ぼす。当然ながら、いい加減な在庫管理から利益は生まれない。むしろ、利益の減少リスクを高めるだけである。利益を生み出す在庫管理の方法は簡単である。効率よく商品が回転するように、儲かる在庫管理を徹底すれば良いのだ。例えば、仕入...

接待営業は売上増加に有効か否か?結論から言うと、有効ではない。接待営業とは、取引攻勢をかけている相手先、或いは既に取引のある特定のキーマンに対して飲食機会や贈答物を提供するなど、いわゆる接待交際を通じて取引を担保する営業手法のことである。接待営業の当事者同士の関係は密になるかも知れないが、そこに信頼関係が生まれることは殆どない。お金の切れ目が縁の切れ目というように、さほどの信頼関係は生まれない。ま...

新規事業を成功に導く秘訣は、独立採算の損益管理にある。なぜなら、新規事業の損益管理がいい加減だと、新規事業の成功率が著しく低下すると共に、会社全体の損益管理もいい加減なものになってしまうからだ。例えば、新規事業を独立採算で損益管理しなければ、新規事業の損益は不明瞭になる。新規事業の損益が不明瞭だと、成功と失敗の境界線が不明瞭になるので、事業撤退、或いは、事業への積極投資の経営判断基準が曖昧になって...

新規事業のアイデアは会社成長の源泉になる。一方で、新規事業は、アイデアを誤ると簡単に会社が衰退する。新規事業のアイデアを生み出さなければ会社の更なる成長はあり得ないが、新規事業のアイデアには、会社衰退という副作用が常に潜んでいることを忘れてはならない。事実、新規事業の失敗で衰退の一途を辿った中小企業は少なくない。新規事業の成功アイデアの作り方は、事業を成立させている要素を理解すると見えてくる。例え...

会社を経営していると不測のクレームに直面することがある。このような時に、クレームの発生を後悔する、損得勘定する、責任追及する、など等、事態の解決に役立たない言動は意味を成さない。クレーム対応は、いま起きている事に意識を集中させ、最善を尽くすことが円満解決の秘訣である。起きたことはしょうがない。経営者は冷静さ保ち、事態が好転するようクレーム対応に最善を尽くすのみである。例えば、顧客に不良品を届けてし...

中小企業が大企業との取引で注意すべき点はたくさんある。万が一、大企業との取引条件を誤ると、いとも簡単に倒産の危機に瀕することもある。大企業と中小企業では、会社を取り巻くすべての経営環境に大きな違いがある。従って、中小企業が大企業との取引を検討する際は、相当、慎重になる必要がある。例えば、大企業は大きな市場を保有しているので、「大量に販売する代わりに価格を抑えて欲しい」という殺し文句で、中小企業に薄...

個人情報保護法は、お客様や従業員情報を保有する全ての会社にかかわる法律である。「個人情報の保護に関する法律」(以下「個人情報保護法」といいます。)は、情報化の急速な進展により、個人の権利利益の侵害の危険性が高まったこと、国際的な法制定の動向等を受けて、平成15年5月に公布され、平成17年4月に全面施行された。その後、情報通信技術の発展や事業活動のグローバル化等の急速な環境変化により、個人情報保護法...

マイナンバーの取得・利用・提供は、番号法によって限定的に定められている。マイナンバー制度は行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現のための社会基盤として導入された。マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人物の情報であることを確認するために活用される。中小企業経営者が知っておきたい、マイナンバー制度の概要と概略、並びに...

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る