中小企業を支える管理会計の基本

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

管理会計は中小企業の経営力を上げる|管理会計の基本機能と効果

管理会計は中小企業の経営力を上げる

 

管理会計とは、会社の数字を有益な情報に変換し、中小企業の経営力を上げる会計手法のことで、学問的には統計学のひとつである。

 

中小企業の経営力を上げるうえで、管理会計ほど優れた効果を発揮するマネジメントツールはない。

 

なぜなら、管理会計は会社の数字を良質な情報に変換させるフィルターのようなものだからだ。

 

良質な情報量が増えれば増えるほど会社の経営力が上がるので、管理会計の有り無しで中小企業の成長と衰退が決まるといっても過言ではない。

 

この記事では、会社の経営力向上に役立つ管理会計の基本機能と効果について、詳しく解説する。

 

 

 

管理会計の基本は数字の活用から始まる

 

管理会計の基本は、会社の数字を活用するところから始まる。

 

会社の数字とは、端的に、事業活動の結果である。例えば、人を雇えば人件費が発生するし、モノが売れれば売上が発生する。

 

すべての事業活動は、会社の数字に集約されるが、会社の数字を漠然と眺めているだけでは、中小企業の経営力は向上しない。

 

会社の数字を経営に活かすには、数字の傾向や性質を分析しなければならない。

 

そこで活躍するのが、管理会計である。

 

管理会計の基本機能と効果は、5つの作業ステップを理解することでみえてくる。

 

中小企業が経営力を上げるには、管理会計の基本をしっかり理解することが大切だ。それぞれの作業ステップと共に、管理会計の基本機能と効果を詳しく解説する。

 

 

管理会計の基本ステップ1「収集・把握」

 

管理会計第一のステップは「収集・把握」である。

 

収集・把握とは、会社の数字を認識する工程のことだ。

 

もとになる会社の数字は財務諸表、売上台帳、顧客台帳、など等、経営に関わっている全ての数字が対象になる。

 

これらのデータは、会社の数字を有益な情報に変換する出発点になるので、日頃から整合性を高めておく必要がある。

 

なぜなら、元データの整合性がいい加減では、有益な情報として活用できないからだ。

 

会社の数字は至るところに転がっている。

 

財務諸表だけが会社の数字ではない。売上帳、仕入帳、商品台帳、顧客台帳、勤怠表、など等、あらゆる事業活動に、数字がついて回る。

 

無造作に転がっている数字を如何に見つけるかが、管理会計の効果を最大化する重要なポイントになる。

 

この収集と把握は、管理会計の効果を左右する出発点となる作業なので、決して、疎かにしてはならない。

 

 

管理会計の基本ステップ2「整理・分析」

 

管理会計第二のステップは「整理・分析」である。

 

整理・分析とは、収集・把握した経営データを整理分析する工程のことだ。

 

データの整理は年単位、月単位、週単位、など等、一定期間に区切ると分析データとして採用しやすくなる。

 

データの分析は、さまざまな経営指標を用いた分析のほか、平均や傾向の分析、推移や定点観測など等、様々な角度から数字を分解することで、有益なデータに整理されていく。

 

また、分析した数字をあらゆる角度から対比することも重要な作業になる。例えば、前年対比、前年同月対比、前年同週対比、など等、対比の手法は様々ある。

 

データの分析・整理、並びに対比の精度が、管理会計の有益性を決めるといっても過言ではない。

 

 

管理会計の基本ステップ3「取捨・選択」

 

管理会計第三のステップは「取捨・選択」である。

 

取捨・選択とは、整理・分析された経営データを取捨選択する工程のことだ。

 

会社の数字を収集し分析した結果の中には、経営判断の根拠材料として重要性が高いものがある一方で、重要性の低いものもある。

 

重要性の低い経営データの収集や分析を行っていては時間のムダとなる。

 

時間のムダは、即、コストロスに繋がるので、重要性の高低に応じて、会社の数字を取捨選択しなければならないのだ。

 

経営データの分析結果を取捨選択する作業を継続していると、数字の勘が磨かれる。そして、勘が磨かれると会社の数字を見渡しただけで、使える数字に反応できるようになる。

 

つまり、会社の数字に対するピントが合ってくるのだ。

 

また、取捨選択を通じて使える数字と判定された情報は、経営判断を支える良質な情報になる。

 

良質な情報の精度が高まるほど、経営判断を誤るリスクが低下するが、これこそが、管理会計の最大の効果といっても過言ではない。

 

 

管理会計の基本ステップ4「予測・推定」

 

管理会計第四のステップは「予測・推定」である。

 

予測・推定とは、取捨・選択された経営データを予測や推定に活かす工程のことだ。

 

3つのステップを経て分析された数字は、将来予測、或いは行動成果の推定に活用できる。

 

例えば、せっかく分析した数字を過去の行動根拠や検証だけに限定活用するのはもったい。将来予測や、行動成果の推定に活用してこそ、管理会計の効果が最大限に活かされる。

 

管理会計は、過去と未来を見通す情報を提供してくれる。

 

そして、長期的に管理会計を運用していくと、予測と推定の精度が高まり、会社の経営力も自ずと高まっていく。当然ながら、会社の衰退リスクもグッと低下する。

 

先行きに不安を抱える中小企業にとって、これほど心強い管理会計の効果はない。

 

 

管理会計の基本ステップ5「表現・伝達」

 

管理会計最後のステップは、先の4つのステップを経た経営データを「表現・伝達」する工程である。

 

せっかくの有効な数字を、経営者ひとりの胸の内に収めていてはもったいない。数字を会社全体に活用するためには、会社の社員に対して伝えなければならない。

 

また、管理会計ではじき出された数字は、会社経営において重要な意思決定の根拠として活用できる。

 

社員に数字を伝えることで、経営者と社員の間に「数字」という共通言語も生まれる。

 

行動も、目標も、修正も、数字という共通言語があれば、意思決定がスピーディーになり、効果的な業績改善が可能になる。

 

以上、管理会計5つの作業ステップと基本機能と効果を理解すれば、会社に管理会計を導入することで得られるメリットが如何に大きいものか、お分かりだろう。

 

➡NEXT「売上と利益、2倍にするのはどちらが簡単か?」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る