ダメな社長の特徴|経営に失敗する経営者の思考・傾向・共通点・診断法

経営に失敗するダメな社長の特徴|ダメ経営者が会社を倒産させる

 

中小企業の経営成績は経営者の能力で決まります。

 

当然ながら、経営能力の低いダメな社長の下での安定経営は困難です。

 

また、資本力の乏しい中小企業は、経営者のほんの些細な判断ミスで経営が悪化することが多々あります。

 

このカテゴリーでは「会社経営に失敗するダメな社長の特徴」をたくさん紹介しています。

 

失敗から学ぶ経営姿勢ほど、安定経営に役立つものはありません。中小企業の経営者に必要な能力を学び取ると共に、反面教師として経営に活かしてください。

ダメな社長の特徴|経営に失敗する経営者の思考・傾向・共通点記事一覧

経営に失敗する社長には、相応の共通項がある。そして、経営に失敗した社長のその後と末路は、じつに険しいものがある。この記事では、経営に失敗する社長の共通項、並びに、経営に失敗した社長のその後の末路について、詳しく解説する。経営に失敗するとは?経営に失敗するとはどんなことなのか?経営の失敗には小さな決断ミスや大きな采配ミスなど、大なり小なり沢山の失敗があるが、最悪の失敗は、事業活動が機能不全に陥り倒産...

わたしは中小・中堅企業専門の経営コンサルタントとして数多くの中小企業の経営実態を見てきた。再建事案も多く、会社を潰す社長の特徴がどこにあるのか、会社を潰す社長の問題行動がどこにあるのか、など等、経営に失敗する社長の実例を数多く知っている。経営の専門家の立場から、会社を潰す社長の特徴をレベル1からレベル3に分けてチェックリストを作成している。日頃の社長の言動とチェック項目を照らし合わせて、会社を潰す...

失敗は必然の結果なので、失敗を活かす経営姿勢は成功の糧になる。また、成功は失敗のない連続性で形作られるので、失敗に対する感度が高いほど、成功のチャンスが広がる。この記事では、会社経営の失敗を防ぐ失敗経営学について、詳しく解説する。成功事例は役立たない!?経営ノウハウに関連する情報世界を見渡すと成功事例をもとにした方法論で溢れている。また、成功する方法から何かを学ぶ姿勢が当たり前のこととして世間に受...

中小企業の場合、節税と浪費を混同している社長が稀にいる。節税の対策をしっかり講じることは良いことだが、行き過ぎた節税は浪費であり、会社の成長に役立たない。この記事では、節税対策が浪費になるダメ社長の事例について、詳しく解説する。節税対策が浪費になるダメ社長中小企業の場合、会社のオーナー(株主)兼経営者というケースが多く、このような支配構造にある会社において、稀に、会社を私物化している社長がいる。会...

経営者のなかには、会社の調子が良くなると羽振りが良くなり、次第に女性遊びに夢中になる社長さんがいる。そして、最初は遊びのつもりが、いつしか心を奪われて、愛人を作ってしまうダメな社長さんもいる。この記事では、愛人を作るダメ社長の事例について、詳しく解説する。愛人を作るダメな社長経営者の中には、愛人を作るダメな社長が稀にいる。家庭の事情はさておき、経営者として落ち度のない仕事をしているのであれば問題な...

中小企業の経営者に最も必要な能力は何か?と問われれば、「会社の数字が読み解けるか否か」だろうか。この記事では、数字に弱いダメな経営者の事例について、詳しく解説する。会社の盛衰は数字力で決まる会社の盛衰は数字力で決まる。こと経営能力に関して個人的な性格の欠点は、さほど重要ではない。過去の経験から、会社の数字が読み解けるか否かが、経営者の経営能力を決定づける大きな要因といえる。従って、数字に弱い社長は...

経営者が社員に対して会社の数字を開示しないと、社員の利益意識が高まることはない。なぜなら、会社の数字を知らない社員は、会社の利益が分からない状態で仕事をすることになるからだ。この記事では、会社の数字を開示しないダメな経営者について、詳しく解説する。会社の数字を開示しないダメな経営者経営者が社員に対して会社の数字を開示しないと、社員は会社の売上や利益が分からない状態で仕事をすることになるので、利益意...

高度成長期(1950~1970年代)の規模拡大の名残なのか、未だに、会社の至上目標に「売上」を掲げている売上至上主義の経営者を見かける。売上を経営の至上目標に掲げる経営方針を「売上至上主義」というが、売上しか見ていない経営者は、ダメな社長の典型例である。この記事では、売上至上主義のダメな経営者の事例について、詳しく解説する。売上至上主義のダメな経営者売上しか見ていない経営者は、ダメな社長の典型例で...

利益意識の低い経営者はダメ社長の典型である。なぜなら、経営者の利益意識が低いと、会社経営の障害になり得る弊害が噴出し、会社の衰退リスクが飛躍的に高まるからだ。事実、わたしが再建に関わった中小企業の殆どは、経営者の利益意識が著しく低かった。例えば、次のようなケースは、経営者の利益意識が低い会社にありがちな典型的な弊害である。☑利益目標がない☑利益を把握していない☑月次決算の仕上がりが遅い☑利益と借金...

どんぶり勘定の経営者と聞くと、ダメな社長と連想する方も多いと思う。どんぶり勘定とは、会社の収支管理がいい加減なこと、或いは、あるに任せて無計画にお金を使うことである。この記事では、どんぶり勘定のダメな経営者の失敗パターンについて、詳しく解説する。どんぶり勘定のダメな経営者どんぶり勘定のダメな経営者が陥る最たるパターンは、財務諸表ではなく、通帳を基準にお金をコントロールすることだ。どんぶり勘定の経営...

杜撰な現金管理は、業績悪化の原因になるばかりか、不正や横領の温床にもなりかねない。事実、会社のお金を社員が着服する横領事件の殆どは、杜撰な現金管理が原因で起きている。この記事では、横領されるダメ経営者の現金管理パターンと横領を防ぐ現金管理方法について、詳しく解説する。杜撰な現金管理が横領事件を招く!!杜撰な現金管理から端を発した横領事件はじつに多い。以下は横領事件の抜粋だが、なかには24億円という...

社員を消耗品のように使い捨てるブラック社長は意外と多い。ブラック社長はサービス業に多い傾向にあるが、昨今は様々な業界で見受けられる。この記事では、ブラック社長の典型例からブラック社長の脱却方法に至るまで、詳しく解説する。ブラック社長の末路会社の経営資源である、ヒト、モノ、カネ、情報の中で最も大切なものは「ヒト(社員)」である。なぜなら、社員の能力を最大限に活用することができれば会社の業績は伸びるが...

会社の経営が順風満帆に進むと、つい本業以外の事業や株式投資に手を出して失敗するダメな経営者がいる。本業以外の事業や株式投資等に経営者が没頭するほど、会社の衰退リスクが高まり、たとえ、安泰な経営状態であっても、簡単に倒産危機に瀕することがある。この記事では、株式投資で失敗したダメな経営者の事例について、詳しく解説する。経営が安泰でも倒産危機がやってくる経営が安泰でも、経営者の誤った判断がきっかけで倒...

宗教文化ほど尊いものはなく、恐らく、この世から宗教がなくなると人間社会は崩壊するだろう。会社の経営者が宗教心を持つことは素晴らしいことだが、一方で、会社に宗教を持ち込むと、会社衰退に繋がる様々な弊害を生み出すので注意が必要だ。この記事では、会社に宗教を持ち込むダメ経営者の事例について、詳しく解説する。会社に宗教を持ち込むダメ経営者以前、調査に入ったことのある会社での話である。この会社は創業家一族が...

ダメな社長ほど公私混同が酷い傾向にある。そして、公私混同の酷い社長は、至るところで会社経営に弊害をもたらす。この記事では、ダメ社長にありがちな公私混同の事例と弊害について、詳しく解説する。ダメな社長ほど公私混同が酷いダメな社長ほど公私混同が酷く、社長の公私混同が行き過ぎるほど会社経営に様々な弊害をもたらす。例えば、社員の不平不満、労働環境の悪化、会社の業績低迷、など等、社長の公私混同から端を発する...

経営者にとって法律順守は最低限のマナーだ。従って、会社の法律違反を見逃す経営者はダメ社長といわざる得ない。この記事では、会社の法律違反を見逃すダメ経営者の事例について、詳しく解説する。会社の法律違反を見逃すダメ経営者会社経営に関わる法律違反は多岐にわたる。法定労働時間の超過や残業代の未払いは労働基準法違反、脱税は税法違反、粉飾は会社法違反や金融商品取引法違反、販売価格の強制や不公平な取引解消は独立...

社会人たる者、指示がなければ動けない「指示待ち人間」では、社会で通用しない。ましてや会社の経営者が指示待ち人間であれば、社長失格といっても過言ではない。この記事では、指示待ち人間のダメな経営者の事例について、詳しく解説する。指示待ち人間のダメな経営者中小企業の経営成績は、経営者の能力で決まる。社長が指示待ち人間という事は、経営者の決断力と実行力が脆弱ということだが、決断力と実行力がない指示待ち社長...

ブランド品は誰がどこから見ても、それ相応の客観的評価が備わっているので、ブランド品で身を固めれば、周囲の評価に安心していられるメリットが得られる。一方で、ブランド志向の度が過ぎると、外面的な評価を気にするあまり、本質的なことを見落とすデメリットが生まれる。この記事では、ブランド志向のダメな経営者の事例について、詳しく解説する。視野を狭めるブランド志向の弊害ブランド品で身を固めていれば、周りからの評...

 









 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る