数字に弱い社長の末路

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

数字に弱いダメな経営者|数字の弱さが会社を衰退させる

数字に弱いダメな経営者|数字の弱さが会社を衰退させる

 

中小企業の経営者に最も必要な能力は何か?

 

と問われれば、「会社の数字が読み解けるか否か」だろうか。

 

こと経営能力に関して個人的な性格の欠点は、さほど重要ではない。過去の経験から、会社の数字が読み解けるか否かが、経営者の経営能力を決定づける大きな要因といえる。

 

従って、数字に弱い社長は、ダメな経営者といわざる得ない。

 

数字に弱い経営者が会社経営に及ぼす弊害は様々ある。

 

例えば、数字に弱い経営者が、数字の弱さを克服することなく放置していると、会社の業績は徐々に低迷していく。

 

事実、わたしが過去に企業再建で関わった赤字企業の経営者は全員数字に弱かった。

 

経営者の数字の弱さのレベルはさまざまだが、状況の一例を紹介すると次の通りである。

 

☑売上の増減くらいしか把握できない

 

☑人件費や経費の適正な水準やバランスが分らない

 

☑現金収支(キャッシュフロー)がプラスかマイナスか分からない

 

☑会社全体が赤字経営なのはわかるが、深刻度合が分からない

 

☑この先、会社の利益がどのように推移していくのか予測できない

 

☑大口の販売先に依存しているが会社の業績に与えるリスク度合が分からない

 

☑会社のどの事業が黒字経営で、どの事業が赤字経営なのか分からない

 

ご覧の通り、自分の会社の数字を正確に把握している経営者は皆無であった。

 

会社の数字を把握せずして、まともな経営改善など出来るはずもなく、業績悪化を見過ごしたまま、月日が経過するのを待つのみという状況であった。

 

この状況は、「ずるずると赤字の金額が拡大し、最後はお手上げとなる」という、数字に弱い社長特有の経営悪化のパターンである。

 

どんなに良い商品を販売していようが、どんなに良いサービスを提供していようが、どんなに良い社員を抱えていようが、会社が倒産してしまっては何もかもがお終いである。

 

社長が数字に弱いというたった一つの弱点が原因で、関係者全員が一瞬で不幸になることもあり得るのだ。

 

 

社長が数字に弱いと倒産リスクが格段に高まる!?

 

中小企業は経営者の能力で会社の業績が決まる。

 

数字に弱いという社長の能力不足で倒産の危機に瀕する会社をたくさん見て思うのは、「経営者さえ数字に強ければ、、、実にもったいない。」のひとことである。

 

数字を無視した会社経営は必ず行き詰る。

 

会社の成長発展に欠かせない経営改善も効果的かつ効率的に進めることができず、会社経営は自ずと場当たり的になってしまう。

 

場当たり的な経営では、会社の成長発展を後押しする独自の経営ノウハウが蓄積されず、会社の競争力は一向に磨かれない。

 

当然ながら、資本力の乏しい中小企業の競争力がひとたび低下すると、市場競争からはじき出されるのは時間の問題となる。

 

結局、経営者の数字の弱さが原因で、会社が倒産の危機に瀕してしまうのだ。

 

もうひとつ、数字に弱い経営者の特徴として挙げられるのは、資金繰り表を作成していないということだ。

 

経営者の手元に資金繰り表がなければ、1カ月先、3カ月先、半年先の資金需要を把握することはできない。

 

黒字倒産の最たる原因は、資金需要の見誤りである。

 

数字に弱い経営者は、相当なハンデを背負っている状態といっても過言ではない。

 

法則的に、数字に強い社長は、会社の業績を伸ばしている。

 

仮に数字に弱い社長であっても会社経営の本質を理解している経営者は、数字に強い参謀役(経営ブレーン)をそばにつけて会社の業績を伸ばしている。

 

会社を倒産させないためには、経営者自らが、数字の弱さを克服する努力をしなければならないのだ。

 

➡NEXT「会社の数字を開示しないダメな経営者」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る