経営を学ぶ|社長・起業家・後継者のための実践経営学

経営を学ぶ|社長・起業家・後継者のための実践経営学

 

社長にとって経営を学ぶことほど大切なことはありません。

 

なぜなら、会社経営の成功は社長の能力によって決まるからです。

 

このカテゴリーでは、経営を学びたい社長・起業家・後継者のための現場ですぐに役立つ実践経営学を沢山紹介しています。

経営を学ぶ|社長・起業家・後継者のための実践経営学記事一覧

経営を学びたいと思っている社長はじつに多い。一方で、経営を学ぶにも、そもそも何を学んでよいのか分からないと悩んでいる社長も意外と多い。この記事では、経営を学びたい社長は何を学べばよいのかについて、詳しく解説する。経営を学ぶ動機経営を学ぶことは、社長や起業家だけに限らず、経営感覚を身につけたいビジネスパーソンや社長の座を目指す経営幹部など、幅広い層に定着している。経営を学ぶ動機は社長のステージによっ...

経営を学ぶことは素晴らしいことだが、最も重要なことは学んだことを実践に活かすことだ。じつは、積極的に経営を学んでいるにも関わらず、会社の業績がなかなか上がらないケースは珍しくない。この記事では、経営の勉強を実践に活かす方法について、詳しく解説する。経営を学んで活かすには?経営を学んでいるにも関わらず、会社の業績が上がらないのは、社長の経営を学ぶ姿勢に問題があるからだ。例えば、経営を学ぶ目的が曖昧に...

企業経営の成果を上げるためには勉強が不可欠だが、勉強の仕方は二通りの方法がある。一つは、自分で勉強する「独学」、もう一つは、専門家の知恵を借りる「通学」だ。独学で勉強することは素晴らしいことだが、確実なのは後者の通学だ。正しい知識を効率よく習得できるし、何より、社長には時間のゆとりがないので、費用対効果を考えても、初めから専門家を活用した方が良い。経営の現場では専門的な知見がないと決断を誤るリスク...

企業は社長の力量以上に大きくならないと言うが、本当にその通りである。とりわけ小さな会社ほど、その傾向が顕著に出るため、日頃の社長業の精度が、そのまま会社の盛衰に直結する。この記事では、社長業を極める5つの経営スタンス、小さな会社の社長道について、詳しく解説する。社長とは社長とは。。。社長はタフでなければ務まらない。優しくなければ務まらない。社長は権力者ではなく、責任の所在だ。すべての責任を受け止め...

小さな会社は信用力が売上に直結する。会社の信用が仕事を生み、仕事を通じて得た信用が積みあがるほど、新しい仕事(売上)に恵まれるからだ。この記事では、小さな会社の信用力を高める3つの経営姿勢について、詳しく解説する。平凡に徹する平凡とは、当たり前のことを当たり前にやることだ。事業活動においては、仕事を通じてお客様に尽くすことが平凡の極みになる。平凡な人生を送ることが難しいように、平凡なことを実践する...

小さな会社はスピードが命だ。中小企業は、すぐに動けることが、大きな会社に勝る最大の強みだからだ。この記事では、小さな会社の経営スピードを上げる3つのマインドについて、詳しく解説する。まずはやってみる小さな会社はスピードが命だ。議論や評価から始めるのではなく、まずは小さくやってみる、やらせてみることから始めよう。やってみて失敗しても大丈夫だ。失敗の経験値が上がれば、失敗を成功に転換する力量が上がるの...

小さな会社は生産性が肝になる。生産性向上、つまり、経営資源の最大化と最適化が企業の盛衰を分かつからだ。この記事では、小さな会社の生産性を高める3つの正攻法(中小企業の生産性向上策)について、詳しく解説する。生産性の改善生産性は企業の生死を決定付ける。しかし、人を酷使して生産性を上げようとしてはならない。社員の疲弊、社員の離職、社員の使い捨てを招き、加速度的に衰退するのがオチだ。生産性は、最新の機械...

新しいビジネスは、時代のシーズとニーズのどちらかに合致した瞬間に生まれる。代り映えのしないビジネスが永遠に持続することなどあり得ないので、時代のシーズとニーズをいかにキャッチするかが、企業の盛衰を決定付ける。この記事では、シーズとニーズをシンプルに創造するノウハウについて、詳しく解説する。シンプルに考える論理的な思考とは物事をシンプルに考えることに他ならない。シンプルな論理思考を心掛けて、物事を単...

イノベーションは、企業の生命線になる。時代の流れと共にイノベーション(変革・革新)を起こし続けなければ、企業が提供する付加価値が陳腐化するからだ。この記事では、企業がイノベーションを起こすために必要な3つの経営姿勢について、詳しく解説する。独創力を鍛える至るところでAI(人工知能)が活躍し、膨大な情報に囲まれた現代社会において、独創力こそが人間が発揮できる最大の価値になる。定形文を使わず、自分の言...

事業活動が時流に乗った時の成果結果は極めて大きい。やることなすこと、すべてがうまく運び、すべてがうまく収まるものだ。それほどに時流を捉え、時流に乗ることは、企業の盛衰を分かつ重大事と言える。この記事では、時流を捉え、時流に乗る眼力を養う3つの経営姿勢について、詳しく解説する。流れに乗る経営は、流れに逆らわず、流れに流されず、が肝要だ。流れは不思議なものだ。スポーツでも一瞬で流れが変わることがある。...

経営指針とは、会社が進むべき方向性を定めたものである。経営ビジョンや経営理念などの企業方針の総称でもあるが、企業のトップである社長が持つ経営指針は、会社の盛衰に大きな影響を及ぼす。この記事では、経営に確かな指針を持ち繁栄の根を張る3つのポイントについて、詳しく解説する。経営指針を持つ社長は、自分の心にしっかりとした会社経営の指針を持ち、関係者の生活に責任を持って、社員と会社を立派に育て、それを次の...

経営者は上品でなければならぬ、というのは私の持論である。一流芸人の明石家さんま氏も、芸人の一流と二流を分かつのは「上品さ」と言っているが、とにかく、言動が上品であれば、周囲の助けも、成功のチャンスも自ずと増える。この記事では、社長の品格が会社の盛衰を決める理由、並びに、一流と二流を分かつ品格の重要性について、詳しく解説する。企業の品格を高める今の時代、経営者のみならず、企業においても上品さが大切だ...

経営をデザインする仕事は、社長業の醍醐味である。しかも、会社経営のデザインがうまくいけば、自分の人生も上向くので、社長業の中でも極めて重要な仕事でもある。この記事では、楽しく面白く経営をデザインする3つの重要スタンスについて、詳しく解説する。社長はデザイナー社長業の面白さはデザインにある。経営者は、会社の最高責任者として、しなやかに、したたかに、すべての事業活動のデザインを自分の裁量で行うことがで...

人が育てば、業績が伸びる。組織力と業績は比例関係にあり、この法則は、企業繁栄の原理原則である。この記事では、人を育てるのが上手い社長がやっている6つのマネジメントについて、詳しく解説する。原石を磨くダイヤモンドは原石を多面的に磨くことで光の魅力が際立ち、価値が高まる。会社組織も同じで、人財という原石を磨くことで魅力がより際立つ。小さな会社ほど今いる社員で勝負し続けなければならないので、人財という原...

リーダーシップは、成功社長の必須スキルといって過言ではない。経営資源に限りのある中小企業ほど、社長のリーダーシップで会社の成長が決まるからだ。この記事では、リーダーシップの基本概要からリーダーシップを学ぶための基本ノウハウに至るまで、詳しく解説する。リーダーシップとは?リーダーシップの概念は古くから様々な議論がなされ、定義も多岐にわたる。例えば、社長学的には「地に足のついた経営哲学を持ち、高い目標...

数字力は、成功社長の必須スキルといって過言ではない。事業活動の全ての結果が表れる数字という客観的情報なくして、正しい決断はできないからだ。この記事では、数字力の基本から数字力を学ぶための基本ノウハウに至るまで、詳しく解説する。数字力とは?数字力とは、あらゆる会社の数字を活用する力のことで、数字力に長けている経営者ほど、好業績をキープしている。例えば、会社の業績は社長の決断の連続で形成されるが、事業...

組織運営は、会社経営の生命線になる。なぜなら、事業は人なりの言葉通り、組織のパフォーマンスを上げなければ、経営成績を上げることが出来ないからだ。この記事では、組織運営の基本から組織運営を学ぶための基本ノウハウに至るまで、詳しく解説する。組織運営とは?組織運営は会社経営の根幹を成す。なぜなら、経営学上の会社経営は組織運営の事であり、事業は人なりの言葉通り、良好な組織運営なくして、まともな会社経営など...

わたしが経営コンサル会社を創業したのは2008年だが、創業当初は企業再建の仕事が中心だった。企業再建とは調子の悪い会社を半年から1年ほどかけて良好な経営状態に再建する仕事である。とてつもない覚悟と根気のいるタフな仕事だったが、マイナスの経営状態を短期間でプラスに転換する仕事は、経営コンサルタントとしての能力をどんどん磨いてくれた。また、倒産する会社の特徴や会社を潰す社長の特徴がどこにあるのか、など...

潰れない会社の作り方は、成長し続ける会社の特徴に焦点を当てれば良い。成長し続ける会社の代表的な特徴は「経営改善が定着している」ことと「社長が成長し続けている」ことだ。わたしは常日頃から、社長が変われば社員が変わり、社員が変われば業績が好転する、という法則に従った経営サポートに徹している。たとえ経営状況が厳しかったとしても、社長さえ変われば(成長すれば)、業績はどんどん好転するからだ。一例をあげると...

中小企業のじつに7割の会社が赤字経営に苦しんでいると云われている。不思議なことに赤字経営でありながら、倒産しない会社が沢山あるのも事実だ。会社が赤字経営でも倒産しない理由は様々あるが、例えば、次のような経営状況であれば、会社が赤字であっても潰れない。赤字金額が減価償却費よりも少ない銀行借入で運転資金を補てんしている身銭をきって運転資金を補てんしている何れのケースも、赤字でも潰れない会社の典型パター...

当サイトのコラム記事はビジネスコンサルティング・ジャパン株式会社が執筆・監修しています

 






 


人気記事ランキング

なぜ会社が衰退するのか?なぜ会社経営に失敗するのか?私の経験から分かった中小企業の成長と衰退の法則と共に、会社経営の成功のカギを詳しく解説しています。

企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。企業存続の絶対条件について解説しています。

経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


実践ノウハウ:経営コンサル直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る