組織運営を学ぶ|組織マネジメントのポイント・原則・具体例

組織運営を学ぶ|組織マネジメントのポイント・原則・具体例

 

組織運営は、会社経営の生命線になる。

 

なぜなら、事業は人なりの言葉通り、組織のパフォーマンスを上げなければ、経営成績を上げることが出来ないからだ。

 

この記事では、組織運営の基本から組織運営を学ぶための基本ノウハウに至るまで、詳しく解説する。

 

 

組織運営とは?

 

組織運営は会社経営の根幹を成す。

 

なぜなら、経営学上の会社経営は組織運営の事であり、事業は人なりの言葉通り、良好な組織運営なくして、まともな会社経営などできないからだ。

 

人の集合体である組織の運営が円滑になるほど、事業活動の様々な成果が上がり易くなり、経営成績がどんどん好転する。組織力と業績が比例関係にあると云われる所以はココにあるが、それほどに組織運営が会社経営の肝になる。

 

中小企業における組織運営の最高責任者は経営者になるので、安定経営を実現するために、組織のマネジメントスキルをしっかり学び、実践することが不可欠になる。

 

 

組織運営のポイント

 

組織運営を円滑に運ぶポイントは多岐にわたるが、大切なことは必要なスキルをしっかり身につけることだ。

 

例えば、円滑な組織運営を実現するには、人事評価、人事制度、社員教育、幹部育成、後継者育成、コーチング等のスキルやポイントを抑える必要がある。

 

更に、リーダーシップ、コミュニケーション、マネジメント、数字力など等、社長の必須スキルの習得度も組織運営に大きな影響を及ぼす。

 

組織運営で注意すべきポイントは、これからのスキルやポイントをしっかり抑えた組織運営を実践し、組織崩壊を招かないことだ。

 

組織崩壊が深刻化すると、経営者が多大なストレスを抱えるだけでなく、働く社員、とりわけ、やる気のある社員にも悪影響を及ぼし、加速度的に組織と共に業績が悪化する。

 

 

組織運営の原理原則

 

組織運営の原理原則として抑えるべきポイントは、社員をコントロールしないことをだ。

 

社員をコントロールするのではなく、社員に好影響を与える環境作りを経営者が先頭に立って推進することが円滑な組織運営を確立する原則になる。

 

例えば、社長が率先して、明るさ、プラス思考、変化への強い耐性、他人のせいにしない責任感、陰で努力ができる自己評価、など等の姿勢を普段から見せていれば、影響を受ける社員が増えて、組織運営が円滑になる。

 

よく「他人に影響を与える人間になるのが本物のリーダー」と云うが、指図やコントロールをせずとも、社長の影響力が大きければ社員はついてくるものだ。また、社員は理屈ではなく、感情についてくるので、社長の熱意やリーダーシップが大きいほど、組織運営が円滑になる。

 

 

組織運営の成功具体例

 

組織運営の成功具体例を紹介するが、成功条件は3つある。

 

それは、社長のリーダーシップ、強い顧客志向、公平な人事評価基準である。

 

組織の力を一点に集中させる社長のビジョンやリーダーシップをしっかり示せば、自ずと組織運営が円滑になる。

 

組織の顧客志向が強い程ほど、社員の不平不満が無くなり、顧客に尽くす当たり前の仕事が全力で遂行できる組織風土が定着する。

 

公平かつ明快な人事評価基準があれば、社員の反発や離職リスクを抑えることができ、更に、社員は自主的に能力開発に努めることができ、一方の会社側も社員の能力開発を上手に手助けすることができる。

 

この3つの成功条件をしっかり実践・定着させることが出来れば、組織運営は自ずと円滑になり、成功が近づく。

 

 

組織運営を学ぶ

 

事業は人なりの言葉通り、会社成長は組織運営の精度で決まるので、如何にして、組織運営を学び、組織力を引き上げるかが企業の生命線になる。

 

最後に、組織運営を学ぶ基本ノウハウとして、当サイト内のお薦め記事を紹介する。

 

組織崩壊のプロセス

組織崩壊とは、組織本来のパフォーマンスが低下することだ。会社経営において、組織が崩壊すると業績が悪化し、簡単に倒産の危機に瀕する。この記事では、組織崩壊のプロセスから内部崩壊が招く会社衰退の原理に至るまで、詳しく解説している。【この記事を読む

 

人事評価の本当の目的とスゴイ効果

人事評価と聞くと厳格な組織管理を思い浮かべる経営者も多いと思うが、これらは人事評価の枝葉に過ぎない。人事評価の本当の目的は、社会で広く通用する社員を育てるところにある。社員が育てば、自ずと会社の業績が拡大するので、人事評価の効果は計り知れない。この記事では、人事評価の目的とスゴイ効果について詳しく解説している。【この記事を読む

 

社員のリストラは最悪の方法

昨今は、社員のリストラが普通の経営采配として見受けられるようになった。特に大企業のリストラは珍しくなく、ある年のリストラ対象者は1万人強というデータも残っている。この記事では、社員のリストラのデメリットと共に、社員に感謝し大切にすることでリストラを回避する方法について、詳しく解説している。【この記事を読む

 

社員のモチベーションを上げる方法

社員のモチベーションは会社の業績に直結し、事実、社員のモチベーションが上がれば会社の業績も上がり、社員のモチベーションが下がれば会社の業績も下がる。この記事では、社員のモチベーションを上げる動機付けから社員のモチベーションを上げる具体的方法に至るまで、詳しく解説している。【この記事を読む

 

シニア社員のモチベーションを上げる方法

元気なシニア社員は増える一方なので、シニア社員の活用が組織力を決定づけると言っても過言ではない。この記事では、シニア社員のモチベーションを上げる方法について、詳しく解説している。【この記事を読む

 

➡NEXT「社長・起業家・後継者のための実践経営学」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る