営業戦略が成功を決定付ける

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社を拡大する営業戦略の実践ノウハウ

会社を拡大する営業戦略の実践ノウハウ

 

営業戦略は売上と直結している重要な活動である。営業戦略の質で会社の成長が決まるといっても過言ではない。

 

会社をさらに大きく拡大する営業戦略の実践ノウハウをたくさん紹介している。是非とも参考にしてほしい。

会社を拡大する営業戦略の実践ノウハウ記事一覧

マーケティングとは、商品が効率的に売れる環境を作る事業活動の総称である。マーケティングは、会社の売上に直結する重要な活動なので、ひとたび、マーケティング戦略を誤ると、売上が停滞し、会社衰退のきっかけを作りかねない。売上を作るために必要なものは2つある。商品と市場である。当たり前だが、どちらか一方が欠けた状態では、売上は生まれない。この売上を構成する商品と市場を繋いで、安定的に商品が市場に流れる環境...

マーケティングにおいて、重要な指標がふたつある。ひとつは顧客、もう一つはライバルである。顧客目線や顧客満足度といった指標をベースに展開するマーケティングも大切だが、やはり、ライバル企業の動向を指標に展開するマーケティングなくして、企業の成長はない。なぜなら、顧客が商品やサービスを選択するときの競争相手は、ライバルをおいて他には存在しないからだ。当たり前だが、ライバルに勝つには、ライバルを知る必要が...

中小企業にとって、ブランド力という無形資産ほど、事業拡大に役立つ資源はない。なぜなら、強いブランド力を持っていれば、たとえ競合他社より商品やサービスの質が多少劣っていたとしても、一定の競争力をキープすることができるからだ。ブランドを作る戦略展開は、商品が効率的に売れる環境を整える戦略展開の総称であるマーケティングの範疇に入る。ブランドマーケティングは、マーケティングのなかでも会社の成長と衰退を大き...

競争に勝ち市場シェアを拡大することは、会社が生き残るうえで必須のマーケティングといえる。なぜなら、競争に敗れると、即、市場から退場せざる得なくなり、会計経営が行き詰ってしまうからだ。市場での競争に勝つには、自分の会社が、市場のどの競争地位に属しているのかをハッキリさせる必要がある。当然ながら、市場での競争地位が曖昧だと、展開するマーケティング戦略そのものも曖昧なものになってしまい、効果的に市場を拡...

自社の顧客ターゲット層が明らかになると、販売拡大のペースが加速する。なぜなら、顧客ターゲット層が求めている商品やサービスの営業展開を効率よく進めることができるからだ。例えば、20代夫婦の年収400万円世代が中心の顧客ターゲット層と、50代夫婦の年収1,000万円世代が中心の顧客ターゲット層では、求める商品の値段や内容に大きな開きがでる。それぞれの顧客ターゲット層が明らかになっていれば、その顧客ター...

徹底した差別化戦略の推進なくして、資本力に乏しい中小企業が市場競争に生き残るのは難しい。なぜなら、提供する商品やサービスの差別化が弱まり、競合他社と同質化(コモディティ化)してしまうと、あっという間に、市場競争からはじき出されてしまうからだ。中小企業が生き残るために推進すべき差別化戦略の対象はたくさんある。例えば、商品やサービスの差別化、顧客層の差別化、価格帯の差別化、販売網の差別化、など等、その...

新規事業を作る仕事は、会社成長に不可欠な取組みである。なぜなら、既存事業は必ずどこかで成長ピークを迎えるからだ。会社の持続的成長を成し遂げるには、既存事業を成長ピークに持っていくことも大切だが、将来の収益源になり得る新規事業を定期的に作ることも大切である。当然ながら、新規事業を作ることなく日々を過ごしていては、既存事業の衰退とともに、会社も衰退の一途を辿ってしまうかも知れない。新規事業を成功に導く...

事業を拡大するには、成長投資の原資になる利益を拡大しなければならない。そして、利益を拡大するには、会社に利益をもたらす新たな顧客を常に創造しなければならない。つまり、事業拡大を加速させる基本戦略は、利益拡大と顧客創造にあるのだ。顧客が増えれば、会社の利益が増えて、事業が拡大するので、利益拡大と顧客創造は両輪の関係にあるが、それぞれの戦略には違いがある。例えば、利益拡大は、売上に対する利益や経費のバ...

会社の売上は、会社の強みによってもたらされる。つまり、会社の強みを磨くほど、売上が拡大し、会社の成長スピードが一段と加速するのだ。これといった会社の強みがない場合は、弱みを克服し、会社の強みを形成する努力をしなければならないが、強みと弱みがあった場合は、会社の強みを徹底的に磨くことを最優先すべきである。なぜなら、大概の会社は、会社の強みを徹底的に磨くことで、会社の弱みが克服されていくからだ。また、...

流行に乗ったビジネスほど、怖いものはない。なぜなら、流行はビジネスの規模拡大に役立つ一方で、ビジネスの寿命を短くする危険な作用があるからだ。例えば、流行に乗ったお店の行列が1年以上も続くことは稀である。たいていは、行列が数カ月で消え、1年後には閑古鳥といったケースも珍しくない。或いは、流行に乗ってお店から姿を消した食品や雑貨が、数カ月後には在庫の山といった状況も珍しくない。このように、流行は、瞬間...

ベンチマークとは、建築物などの位置や高さなどの水準点または基準点に用いる測量用語である。経済分野においても、水準点や基準点を示す比較指標(ベンチマーク)として、IT、金融、投資、或いは、会社経営の営業・マーケティングや研究開発の現場でも広く活用されている。例えば、競合企業を比較指標としてベンチマークし、自社が抱える経営課題を解決する方法、或いは、新しい商品やサービスを開発する方法はベンチマーキング...

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る