流行を本物に変えるマーケティング戦略

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

流行に負けない強いビジネスの作り方

流行に負けない強いビジネスの作り方

 

流行に乗ったビジネスほど、怖いものはない。

 

なぜなら、流行はビジネスの規模拡大に役立つ一方で、ビジネスの寿命を短くする危険な作用があるからだ。

 

例えば、流行に乗ったお店の行列が1年以上も続くことは稀である。たいていは、行列が数カ月で消え、1年後には閑古鳥といったケースも珍しくない。

 

或いは、流行に乗ってお店から姿を消した食品や雑貨が、数カ月後には在庫の山といった状況も珍しくない。

 

このように、流行は、瞬間的にビジネスを拡大させる効果があるが、長期的にみると無残な結果に終わるケースが圧倒的に多い。

 

なお、流行に負けるビジネスの根本要因は、次の3つ考えられる。

 

ひとつは「流行の拡散スピードが速い」、ふたつ目は「情報ターゲットのミスマッチ」、三つ目は「ビジネスの完成度が低い」である。

 

流行の拡散スピードは、ネット社会の進化と共に加速している。

 

流行の拡散スピードが加速すると世間に対する流行情報の露出頻度が極端に増えるため、比較的短期間で世間から飽きられてしまい、流行が終息する。

 

流行で行列を作ったお店がいつしか閑古鳥になってしまうケースは、流行の拡散スピードが加速しすぎたことが大きな原因である。

 

情報ターゲットのミスマッチは、ビジネス本来のターゲット顧客以外の顧客に流行情報が流れてしまう現象である。

 

流行によって一見客が増えた結果、常連客を失ってしまうケースは、情報ターゲットのミスマッチが大きな原因である。

 

ビジネスの完成度は、流行の効果を大きく左右する。

 

例えば、ビジネスの完成度が低いと、流行で押し寄せた顧客の期待に応えることができず、結果としてリピーターが定着せず、短期間でビジネスが衰退してしまう。

 

せっかく流行に乗ったビジネスが短期間で失敗に終わるケースは、以上3つの原因に端を発していることが殆どである。

 

 

流行を本物のビジネスに変えるマーケティング戦略

 

大企業のようにテレビCM等の広告展開を継続的に展開することができない中小企業にとって、流行ほど怖いものはない。

 

万が一、コントロールのできない流行を生み出してしまうと、あっさりビジネスが破綻してしまうこともあり得る。

 

流行に負けない強いビジネスを作る方法は一つしかない。

 

それは、流行を本物のビジネスに変えるマーケティング戦略を展開することである。

 

流行を本物のビジネスに変えるマーケティング戦略成功の秘訣は、流行に負けるビジネスの根本要因である「流行の拡散スピードが速い」、「情報ターゲットのミスマッチ」、「ビジネスの完成度が低い」を徹底的に回避する戦略展開にある。

 

流行を本物のビジネスに変えるマーケティング戦略について、さらに詳しく解説していく。

 

 

流行の拡散スピードを加速させない

 

流行の拡散スピードを加速させる広告媒体の筆頭はテレビである。

 

視聴率わずか1%でも約100万人の目に触れることからも、流行を生み出す効果が極めて大きいといえる。さらに、テレビ出演者の知名度や情報発信力が高いほど、流行の拡散スピードが加速度的に速まる。

 

流行の拡散スピードを加速させないためには、テレビ露出の頻度を抑えるのが最も効果的である。

 

目先の利益に目もくれずに取材NGを貫いているお店などは、流行に負けないビジネスを作る優れた戦略展開の典型例である。

 

また、長い期間にわたって行列が絶えないお店は、流行の拡散スピードが著しく遅い口コミで評判を広めているケースが殆どである。

 

 

情報ターゲットのミスマッチを防ぐ

 

商品やサービスを流行させたいのであれば、その商品コンセプトに合致した情報媒体を選択する必要がある。

 

例えば、テレビ等の不特定多数を対象とした情報媒体を選ぶと、商品コンセプトにさほど共感していない一見客を大量に生み出し、常連客を追い出す結果を招きかねない。

 

流行の効果を持続するには、商品コンセプトに合致した情報媒体を選択し、潜在的な顧客ターゲットに対して繰り返し情報発信する姿勢が欠かせない。

 

潜在的な顧客ターゲットに然るべき情報が届くと、ビジネスコンセプトの輪郭が際立ってくるので、流行に負けないビジネス基盤が一段と整ってくる。

 

 

ビジネスの完成度を高める

 

モノ、コト、消費、どのビジネス分野においても、リピーターなくしてビジネスは成り立たない。

 

当然ながら、流行したビジネスの完成度が低いために、リピーターが獲得できなければ、流行が一巡した途端に、ビジネスが行き詰ってしまう。

 

流行に浮かれることなく、ビジネスの完成度を高める姿勢を貫くことがリピーターを獲得する秘訣であり、流行に負けないビジネスを作る基本原則である。

 

➡NEXT「競合ベンチマークで事業を拡大する方法」へ

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る